阪神開幕週のメインは鳴尾記念(G3、芝2000メートル、6日)。昨年の菊花賞2着以来となるサトノルークス(牡4、池江)の底力は侮れない。

3日の追い切りは、今回が初コンビとなる武豊騎手が乗ってCウッドで3頭併せ。安田記念出走のペルシアンナイトには1馬身遅れたが、ラストは11秒8と鋭く伸びていた。鞍上は「最後方からよく頑張っていた。のんびりしてるイメージだったが結構行くね。動きはいい」と好感触を持ったよう。阪神はすみれS勝ちなど【2・1・0・0】で舞台も合っている。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ