<安田記念:追い切り>

アーモンドアイの最終追い切りを終えたクリストフ・ルメール騎手は3着に敗れた昨年のリベンジ、G1・8勝目へ向け、「ダブルのチャレンジです」と意気込みを語った。

「(ヴィクトリアMは)楽勝でした。すごくいい競馬でたくさん能力を発揮しました。いい練習でした。スムーズなレースなら最後にすごくいい脚を使う馬。彼女の瞬発力が出たとき、すぐにレースが終わりました。素晴らしかった。さすがでした。すぐに次のレースのことを考えたので、ムチがいらなかったし、ハードプッシュもいらなかった。安田記念のいいトライアルでした。(今朝の追い切りは)状態が良さそうです。いい追い切りをしました。いつもどおり、心身ともに充実しています。フットワークも息も全部良かったです。国枝先生も喜んでいました。3、4コーナーから走りたい感じで、直線はパワーをキープしました。手前を替えてから加速して、すごくいいストライドでした。あまり疲れていません。いい追い切りでした。(去年の安田記念は)スタートでぶつけられて、ポジションを探しました。G1で1600メートルですから、大変なことになりました。直線はいい脚を使ったけど、インディチャンプが止まらなかった。彼もすごくいい馬です。それも競馬です。今年はいいスタートをして、いいポジションを取れればよく頑張れると思います。

今年はアーモンドアイとG1・8勝目の新記録を取りたい。昨年のリベンジと新記録、ダブルのチャレンジです。(馬体の変化は)ちょっとだけあります。大きくなったし、大人になりました。今年5歳です。体がトップの状態になりました。(アーモンドアイの一番すごいところは)瞬発力です。ストライドはすごく長いです。パワーも出て、スタミナもあって、ゴールまでスピードを維持できます・・・、有馬記念以外は。(以前にフェラーリのようなだと形容したが)まだフェラーリです。今年の安田記念はメンバーが本当に強いです。だから、みんな、好きな馬を応援してください」(ルメール騎手)。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ