<極ウマPOG取材班がモーリス&ドゥラメンテ以外の新種牡馬産駒10頭>

今年の2歳新種牡馬はモーリスとドゥラメンテが圧倒的な存在感を放っているが、他にも魅力的なフレッシュマンサイアーがそろう。各種牡馬で厳選1頭ずつを紹介したい。

◆シャイニングライト(牡、武井、父エイシンヒカリ、母ニューアイデア)は香港カップ、イスパーン賞を制した逃げ切った快速馬エイシンヒカリの初年度産駒。28日には美浦ウッドで5ハロン67秒0のタイムをマークしている。祖母アサーティヴラスはオーストラリアのG1を2勝し、オーストラリアンオークス2着の実績がある。

◆アムールポエジーの18(牡、父クリエイター2、母アムールポエジー)はベルモントS、アーカンソーダービーを勝ったクリエイター2の初年度産駒。クリエイター2はタピット産駒で日本調教馬ラニが参戦した16年ベルモントSを制している。母はペルーの女王だった。日本への適性は未知数だが、実績からはスタミナを秘めているはず。社台ファームの生産馬でセレクトセール出身。本馬の母は関東オークス馬なので、ダート適性は間違いないだろう。

◆ジャカランダレーン(牝、父ラブリーデイ、母ウリウリ)は15年の宝塚記念、天皇賞・秋を制したラブリーデイの初年度産駒。母ウリウリのダービー馬マカヒキの全姉という血統になる。母の父はディープインパクトで、金子真人オーナー血統だ。ラブリーデイが本格化したのは古馬になってからだが、2歳時に新馬、野路菊賞を連勝し、京王杯2歳Sで2着。皐月賞、ダービーに出走している。産駒から仕上がりの早い馬が出てきておかしくない。

◆トレジャーアイル(牡、宮田、父ミッキーアイル、母スーヴェニアギフト)は14年NHKマイルC、16年マイルCSを逃げ切ったミッキーアイルの初年度産駒。サンデーレーシングの所有馬。母スーヴェニアギフトの子はシュプリームギフト、ベステゲシェンク、ロワアブソリュー、デアレガーロなど活躍馬が多数。美浦トレセンでデビューへ向けた調整が進んでおり、13日の東京芝1400メートルを予定されている。

◆エナジーロッソ(牝、高柳大、父ホッコータルマエ、母エナジーハート)はダートでG1・10勝を挙げたホッコータルマエの初年度産駒。20日に栗東坂路で4ハロン52秒7-ラスト12秒5をマーク。27日にはCウッドで長めから古馬と併せている。ホッコータルマエ自身は3歳1月のデビューだったが、2戦目に勝ち上がり、4月には2勝目。7月のジャパンダートダービーに出走している。早期からの活躍も期待できる。

◆ロンドンブリッジの18(牝、父ダノンシャーク、母ロンドンブリッジ)は14年のマイルCSを制したダノンシャークの初年度産駒。母は98年の桜花賞2着ロンドンブリッジで、下河辺牧場の良血馬だ。半姉にはオークス馬ダイワエルシエーロ、半兄に18年中京記念を勝ったグレーターロンドンがいる。

◆ユングヴィ(牡、大江原、父ミュゼスルタン、母ハンナ)は14年の新潟2歳Sを制し、15年のNHKマイルCで3着に入ったミュゼスルタンの初年度産駒。父は故障に泣いたが、デビュー前のトレセンで2足歩行した姿から「平成のシンザン」と話題になり、ドゥラメンテが勝ったダービーでも6着に入った。母ハンナはディープインパクト産駒で同じく大江原厩舎所属。28日には美浦ウッドで父の主戦柴田善騎手を背に5ハロン66秒6の時計を楽々マーク。産駒数はかなり少なくなりそうだが、大物登場が期待できる。

◆アイリスクォーツ(牝、高野、父アジアエクスプレス、母スペクトロライト)は3戦無敗、初めての芝のレースで朝日杯FSを制したアジアクスプレスの初年度産駒。父がストームキャット系でヘニーヒューズ産駒なので、芝、ダート問わず、前向きで一生懸命に走る産駒が多くなりそうだ。キャロットファームの所有馬で、母の全妹がオークス3着のビッシュという血統。

◆トーホウスザク(牡、谷、父トーホウジャッカル、母トーホウドルチェ)は14年の菊花賞を制したトーホウジャッカルの初年度産駒。父は東日本大震災が発生した11年の3月11日生まれ。3歳の5月にデビューし、7月の中京で初勝利を挙げると、一気にクラシック最終戦を制している。父と同じ谷厩舎の管理馬。母トーホウドルチェはダート統一重賞で活躍し、通算7勝を挙げた。27日には栗東坂路で4ハロン53秒6-ラスト12秒8の時計を出しており、期待が高まる。

◆ジュリオ(牡、木村、父リオンディーズ、母ヒストリックレディ)は1戦1勝のキャリアで15年朝日杯FSを勝ったリオンディーズの初年度産駒。半兄エピファネイアが初年度産駒からデアリングタクト出しており、こちらはキンカメ系になるが、シーザリオの血を引いた大物を多く出しそうだ。3代母は2冠牝馬ベガ。母は未出走だが、半妹ハープスターは桜花賞馬に輝いている。4月上旬に美浦トレセンでゲート試験に合格。ノーザンファーム天栄で調整されている。

【極ウマPOG取材班】

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!