<仏2000ギニー(プールデッセ・デ・プーラン)>◇1日=ドーヴィル(フランス)◇G1◇芝直線1600メートル◇3歳牡◇出走9頭

ゴドルフィンのヴィクタールドラム(牡3、A・ファーブル、父シャマーダル)がラチ沿いを突き抜けた。ミカエル・バルザローナ騎手で勝ちタイムは1分34秒14。

昨年の凱旋門賞デーの2歳G1ジャンリュックラガルデール賞を3戦無敗で制し、今年初戦となった5月11日のG3フォンテーヌブロー賞(3着)は初黒星を喫したが、鮮やかな巻き返し。管理するアンドレ・ファーブル師は同レース9勝目。今年4月に死んだ05年覇者の父シャマーダルとの父子制覇となった。

1馬身半差の2着はザサミット(牡3、H・パンタール、父ウートンバセット)。3着にはG1クリテリウムインターナショナル覇者アルソン(牡3、A・ファーブル、父アレイオン)が入った。

今年の仏2000ギニー、仏1000ギニーは新型コロナウイルス禍で大きく日程が変更。競馬再開後はパリ近郊の競馬場で再び競馬が中断となり、ドーヴィル競馬場の直線コースが舞台となった。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ