ディープボンド(牡、大久保)はEコースで調整し、ゲートの駐立を確認した。大久保師は「フレッシュな感じで、いいと思います」と好感触だった。

京都新聞杯を勝って挑むのは父キズナと同じ。「回復が早かった。オンとオフがしっかりしていて、賢い馬です」と評価した。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ