<UAEオークス>◇20日=メイダン◇G3◇ダート1900メートル◇3歳牝◇出走6頭

武豊騎手騎乗の日本馬セラン(牝3、松永幹)の挑戦は3着に終わった。

スタートは五分に出て、序盤は6頭立ての4番手。向正面で好位3番手の外まで押し上げたが、直線入り口から勝ち馬が独走態勢に入り、引き離された。

それでもキャリア5戦目、1勝クラスを勝ったばかりでの海外挑戦で、見せ場十分の3着。高い能力を示し、今後の夢もふくらませた。

ぶっちぎりの圧勝を飾ったのはM・バルザローナ騎手騎乗のダウンオンダバユー。2着はコスグレイヴ騎手騎乗のドバイラヴ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想