土曜東京メインはダイヤモンドS(G3、芝3400メートル、22日)。前走で3勝クラスを突破し、オープン入りしたロサグラウカ(牝5、尾関)は昇級戦でも通用の可能性を秘める。

19日は美浦ウッドで5ハロン68秒6-12秒5をマークし、。ミトロジー(古馬1勝クラス)に半馬身先着した。尾関師は「攻め馬の雰囲気は前回より今回の方がいい。体質が強化されたのかな。東京の3400メートルをこなしてくれるかどうか」と話した。ハンデは52キロと最軽量。軽ハンデの馬が穴をあけているレースだけに軽視は禁物だ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想