ジュランビル(牝4、寺島)は坂路で最終調整。「久々でまだ体に余裕があるかもしれないが動きはいい」と寺島師。

近走は1200メートルを中心に戦っているが、昨春は京都芝1400メートルの橘Sで2着に好走。「このクラスだと千四の方がレースがしやすいかもしれない」と一発を狙う。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想