ショウナンタイガ(牡4、池添兼)は金曜の朝、坂路を強めのキャンターで流した。

「前走後もいい状態を維持している」と池添兼師は満足げ。今回はファルコンS4着以来、約10カ月ぶりの1400メートル戦となるが「それぐらいはもってくれないと」と池添兼師は期待する。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想