アメリカ(北米)競馬の年度表彰にあたる「エクリプス賞」各部門の受賞馬および受賞者が23日に発表された。

年度代表馬にはブリックスアンドモルタル(牡6、父ジャイアンツコーズウェイ)が選ばれた。5歳だった昨シーズン(19年)はペガサスワールドカップターフを皮切りにラストランとなったBCターフまで6戦無敗(うちG1・5勝)という成績を残した。

最終候補に残っていたのはブリックスアンドモルタル、マキシマムセキュリティ(ケンタッキーダービー17着降着もフロリダダービーなどG1を3勝)、ミトレ(BCスプリントなどG1を4勝)の3頭だったが、ブリックスアンドモルタルが204票を集め、19票のミトレ、14票のマキシマムセキュリティを圧倒した(それ以外の票および棄権が計4票)。芝のレースを中心に走った馬の受賞は13年のワイズダン以来6年ぶり。

ブリックスアンドモルタルの通算成績は13戦11勝3着2回。同馬は今年から日本の社台スタリオンステーションで種牡馬になっている。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想