ペールエールはこの日、坂路を元気いっぱいに駆け上がった。安田隆師は「状態はいいですよ」と話す。新馬戦は中京の重馬場を苦にせず力強く抜け出して快勝。2戦目の新潟2歳Sは切れを求められる馬場、展開でウーマンズハートの2着。久々だった前走デイリー杯2歳Sも3着にまとめた。3走とも違う競馬場でも崩れず、結果を出してきた。

1番人気に推されたデイリー杯は、勝ち馬に0秒3差をつけられたが、師に悲観の色はない。「展開がぐちゃぐちゃになった。マークされたし、早めに動いていく競馬になった。前で運んだ馬がつぶれていった競馬。その中でよく頑張っていたと思う」と振り返る。どんな馬場、展開でも最後まで頑張れる。その気持ちの強さでG1を狙う。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ