カペラSを連覇したコパノキッキング(せん4、村山)は、世界挑戦の可能性も含めて来年のスケジュールを練ることになった。

村山師が10日に「次走は未定です。海外を含めていろんな選択肢を考えていきたい」と話した。日本人女性騎手として初めてJRA重賞を制した藤田菜七子騎手については「ちょうどいい位置につけてくれたね」とその騎乗を称賛していた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!