2歳女王決定戦の阪神JF(G1、芝1600メートル)は今日8日、阪神競馬場で発走する。

土曜の栗東トレセンの開場時間は午前3時半だ。気温は3度。寒さを感じさせないくらい、レシステンシアは元気いっぱいにCウッドを回っていた。前走後に北村友騎手は精神面を課題に挙げたがここまでは落ち着いた雰囲気。「不安材料はない。いい状態です」と調教をつける内田助手の手応えも良かった。

デビュー前からの評判馬。期待通りに2連勝を飾り、無敗Vをかけて挑む。「2歳の牝馬としてはすごくいいものを持っているし、誰が乗ってもそう思うと思う。変わらずいい状態でもっていく、持っている力を壊さないようにすることが大事」。内田助手は90年にメジロマックイーンで菊花賞を制し、重賞7勝を挙げた元ジョッキーだ。最後のバトンを渡す前日の調教を終えてほっとした表情。勝った前走と同じような雰囲気で、北村友騎手に託す。【辻】

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ