土曜メインで、クラシックの登竜門、東京スポーツ杯2歳S(G3、芝1800メートル、16日)が行われる。母に3冠牝馬アパパネを持つ良血馬で極ウマのクラシック番付でも牡馬横綱のラインベックが、デビュー3戦目を迎える。

新馬戦と中京2歳Sを連勝した後、じっくりと成長をうながされた。「その間に気性のコントロールをうまくできるようになった。まだ体形は幼いけど、すごく体もしっかりとして乗った感じもパワーがついた」と大江助手は大きな進化を感じている。

次週のジャパンCに5頭を送り込む予定の友道厩舎は16年マカヒキ、18年ワグネリアンと現役2頭のダービー馬を出す。東スポ杯2歳Sは2年前にワグネリアンが勝利した舞台で、ラインベックもダービーから逆算したローテーションをとられている。「今の時期に東京を経験できるのがいい。先につながると思う」と大江助手は来春を見据える。友道厩舎所属のディープインパクト産駒でオーナーは金子真人HD。マカヒキ、ワグネリアンとの共通点は多い。3連勝を飾り、あらためて来年ダービーの主役候補を印象づけるか。【岡本光男】

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ