<コーフィールドC>◇19日=コーフィールド(オーストラリア)◇G1◇芝2400メートル◇3歳上◇出走18頭◇1着賞金約2億2700万円

日本から参戦したメールドグラース(牡4、清水久)が、海外でG1初制覇を果たした。

外枠もあり、道中は18頭立ての後方2番手を追走。最終コーナーの手前から鞍上・レーン騎手が上昇を告げると、直線では外から馬群をのみ込んだ。

日本では1000万クラスから5連勝、重賞3連勝中だったが、初の海外遠征となったオーストラリアでもその勢いを維持。世界の強豪を打ち破り、6連勝でG1初制覇を飾った。

2着は、ウィリアムズ騎手騎乗のヴァウアンドディクレア。3着はフランケル産駒ミラージュダンサー。

国内で発売された馬券の払戻金は以下の通り。

馬連(3)(14)は1880円、馬単(3)(14)は2420円、3連複(2)(3)(14)は6960円、3連単(3)(14)(2)は2万6200円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ