シフルマン(牡、中尾)は11番からの発走となった。「周りを見ながら行ける真ん中の枠はいい」と宝来助手。

神戸新聞杯は瞬発力勝負となり6着だったが「切れる馬ではなく、長くいい脚を使えるタイプ」だけに、距離が延びる本番は前進を期待できそうだ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ