6カ月休み明けのワールドプレミア(牡、友道)は、角馬場からCコースを半周した。雨の中でも気分は良さそうで、元気な様子。

悩まされたソエの症状も問題なく、帰厩後は十分な乗り込み。最終追いも軽快な走りだった。安田助手は「春はソエをかばいながら頑張った。もうひと頑張りしてもらいたい。ちょっと時計のかかる馬場の方がチャンスはあると思う」。雨は歓迎だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ