<阪神5R>◇16日=阪神◇2歳新馬◇芝1600メートル◇出走9頭

阪神5Rは1番人気のライティア(牝、石坂正、父ディープインパクト)が差し切った。道中は後方で運び、3コーナーからまくり気味に進出。余裕十分に抜け出した。16年オークス馬の全姉シンハライトも管理した石坂正師は「こっちの方がやりやすい。ちょっとおだやかだから」と気性の良さを強調。今回の馬体重は418キロだったが「430キロくらいで桜花賞に出られれば」と期待した。

鞍上の北村友一騎手(32)は現役30人目のJRA通算700勝を達成。「たくさんいい馬に乗せていただいて、ここまで1つ1つ勝ち星を重ねることができてうれしく思います。もっと上手になりたいですし、感性というか競馬勘というものを研ぎ澄ませていきたい」と節目の勝利を喜んだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ