<追い斬り激論:ローズS>

秋華賞トライアル、ローズS(G2、芝1800メートル、15日=阪神、3着まで優先出走権)の追い切りが11日、東西トレセンで行われた。「追い斬り激論」で太田尚樹記者が昨年の2歳女王ダノンファンタジー(牝3、中内田)を信頼。木村有三記者は桜花賞2着のシゲルピンクダイヤ(牝3、渡辺)をプッシュした。

  ◇   ◇   ◇  

木村 涼しくなったと思ったら、急に暑くなってきたな。水曜は栗東でも熱中症になりそうやったわ。

太田 晴れたと思ったら、雷雨も降るし・・・。「女心と秋の空」ですね。

木村 そうそう。難解な“女心”を読まないといけないのが今週のローズSや。イチ押しはどの乙女?

太田 ダノンファンタジーです。

木村 追い切りは2週続けて川田騎手が乗って、Cウッド単走で4ハロン50秒0-11秒8か。陣営の感触はどう?

太田 猿橋助手は「やれば時計は出るので、半マイルから。外めに出した時に、ある程度かんでいたみたい。でも、追い切りで難を見せても競馬で上手に走ってくれる。いい競馬で本番に向かってくれれば」と話していました。

木村 やや引っ掛かり気味に見えたけど大丈夫?

太田 春は、桜花賞4着でオークス5着。何だかんだいって掲示板は確保して、大きく崩れてません。競馬でも、引っ掛かって沈んだことはないですから。調教でガスを抜いて、実戦ではスムーズに走る。お利口さんな馬ですよ。猿橋助手は「体重は470キロくらい。成長する時間があったし、太くて動けないことはない。いい具合に夏を越したと思う」とパワーアップも感じていました。で、先輩は、どの馬が良く見えました?

木村 シゲルピンクダイヤが、いいフットワークをしてたな。渡辺師が乗って、Cウッドで6ハロン83秒2-12秒0。2歳未勝利のラヴォアドゥースを3馬身半追走し、3馬身先着した。直線では余力を残しながらも、伸びが良かった。師も「動きはいい」と満足顔やったで。

太田 気性はどうですか? 12着に負けたオークスは、ゲート入りの時に自分の脚を蹴って外傷したらしいじゃないですか。

木村 正面スタンド前スタートのオークスとは違い、今回は2コーナー奥からのスタートだし、ワンターンに戻るのも集中力持続につながりそう。渡辺師も「落ち着きがある。以前は調教でも立ち上がったり、尻っぱねをしていたけど、今はしていないから。真面目に走れば十分やれる」と成長を感じていた。阪神も2度走って2着2回や。デスクから秋競馬は「色気を持った狙い目にしろ」と指令が出ている。オッズも考えて、もうけまくるで~。

太田 僕はファンタジー推しですけど、先輩のように幻想馬券で散財しないように、気をつけます・・・。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ