<神戸新聞杯:1週前追い切り>

菊花賞トライアルの神戸新聞杯(G2、芝2400メートル、22日=阪神、3着以内に優先出走権)で復帰する皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3、角居)が11日、Cウッドで1週前追い切りを行い、抜群の動きを見せた。

ルメール騎手を背に併走する自厩舎の2頭を後ろで見ながら単走追い。直線で仕掛けられると一気に前の2頭に追いつきかわした。6ハロン83秒1-11秒9。ルメール騎手は「すごくいい。しっかり追ってという指示だったが、その必要はなかった。心身とも充実している」と絶賛だった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ