昨年の覇者アレスバローズ(牡7、角田)は小倉への輸送を5度経験していて落ち着いた様子だった。川島助手は「去年も勝っていますからね。問題ないです。攻めもしっかりやっていて、調子は良さそうです」と話した。

昨年同様、今年も良馬場で持ち味を生かせそうだ。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想