17日新潟5R(芝2000メートル)でハーツクライ産駒のクロスキー(牡、国枝)がデビューを迎える。

兄姉にバウンスシャッセ、ムーンクエイク、コントラチェックなど、重賞ウイナーがずらりと並ぶ超良血馬。最終追いは三浦騎手を背に、美浦坂路を馬なりで、4ハロン53秒8-12秒8。国枝師は「まずまず仕上がった。馬体は少し立派なのでここを使って良くなりそう。母リッチダンサーの子は藤沢和厩舎で兄姉が走っているし、素質は高そう」と将来性を評価する。兄姉に続く重賞制覇へ向けて、初戦の走りに期待だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ