土曜メインの函館日刊スポーツ杯(3勝クラス、芝1200メートル、20日)はハウメア(牝5、藤沢和)が主役。

前走のTVh杯は軽ハンデの勝ち馬にあと1歩及ばなかったものの、ラスト3ハロンはメンバー最速の33秒6の脚を使って2着。舞台適性の高さを見せた。最終追い切りは函館ウッドチップで5ハロン67秒8-13秒0(馬なり)。レッドサイオン(3歳1勝クラス)を2馬身追走し併入した。大江原助手は「昨年も勝っている舞台。改めて期待したい。馬は変わらず順調」と話した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ