夏の中京最終週の日曜メイン中京記念(G3、芝1600メートル、21日)でジャンダルム(牡4、池江)が1年8カ月ぶりの復活Vを狙う。

デビュー戦から連勝でデイリー杯2歳Sを制覇した素質馬。クラシックでは振るわず、昨秋はマイル戦線に路線を替えるも、結果が出なかった。課題は精神面。

5カ月の放牧を経て仕切り直しの一戦に星井助手は「落ち着きがポイント。プールにいってメンタル面を鍛えている。帰厩後は、き甲が抜けて大人っぽい体つきになったし、十分に乗り込んでいる」と心身ともに成長が見込める。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ