<柏山自夢・ケイバーメトリクス最終解答:東京12R>

東京競馬が開幕だ。令和になれば、5週連続でG1も。長い直線を生かした力勝負、熱戦を期待したい。

ただその前に、今だから狙える馬に注目だ。ディープインパクト産駒。昨年以降、開催1、2日目(連続開催除く)の芝1400メートル以下で9勝はダイワメジャー(11勝)に次ぎ、ロードカナロアと並ぶ2位。複勝率36・5%は出走20回以上の父別で1位だ。複勝回収率も103%と、ともに開催全体(順に25・4%、61%)の1・5倍前後まで跳ね上がる。前述2頭の複勝率が開催1、2日目と全体でほぼ同じ(ダイワメジャー=開催1、2日目31・3%、全体32・8%。ロードカナロア=開催1、2日目29・3%、全体31・7%)であることも、この数字を際立たせる。【開催序盤の芝短距離はディープインパクト産駒】を信頼したい。

◆東京12R 少頭数でも前に行きたい馬がそろった。33秒台前半の末脚を備える◎ダノンディーヴァがディープ産駒らしさを見せる。4走前に現級3着。牝馬限定なら大いばりだ。単勝(2)。馬連(2)-(5)(11)(3)(7)(9)。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ