<淀短距離S:追い切り>

月曜京都メイン淀短距離S(芝1200メートル)もリステッドだ。京阪杯4着のアンヴァル(牝4、藤岡)は坂路でラスト重点に追われて4ハロン54秒2-12秒1。

藤岡師は「具合はいい。体がしっかりしてきて力をつけた」と充実ぶりを評価する。前走は18頭立ての17番枠が懸念されたが、2着馬とはタイム差なしと好走した。各路線で幅を利かせる明け4歳世代。「(2勝を挙げている)京都はいいし、良馬場でやれれば」。

祖母アルーリングアクト、母アルーリングボイスに続く母子3代重賞制覇へ、今年初戦で弾みをつけたい。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ