凱旋門賞の主要前哨戦のひとつフォワ賞(G2、芝2400メートル=パリロンシャン)の枠順が14日、確定した。

発走は日本時間16日午後11時35分。クリンチャー(牡4、宮本)は、4番枠に入った。この日はエーグル調教場のダート直線コースでキャンターなどを行った。宮本師は「折り合いに気をつけて調整してきました。今日の動きも充実していました。環境の変化に動じることもなく、良い状態です」と好調を伝える。

6頭立てはサトノダイヤモンド(4着)、サトノノブレス(6着)が出走した昨年のフォワ賞と同じ。少頭数でもライバルは強力で、特にA・ファーブル厩舎3頭出しの地元フランス勢が大きな壁となって立ちふさがりそう。大将格は、前走でG1サンクルー大賞を勝っているヴァルトガイスト(牡4)。なお、日本での馬券発売は行われない。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ