社台スタリオンステーション(SS、北海道安平町)の種牡馬展示会が6日、行われた。

 16年の米最優秀短距離馬ドレフォン(牡5)は社台SSにとって、ウォーエンブレム、スウェプトオーヴァーボード以来約15年ぶりの米国馬の種牡馬入りとなった。種付け料は300万円。ノーザンファーム吉田勝己代表は同牧場の繁殖牝馬50頭を交配させる予定で「スピードがあり素晴らしい馬」と期待は大きい。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ