白毛馬としてJRAで初めて勝利を挙げたホワイトベッセル(せん)が死んでいたことが8日、分かった。13歳だった。

 引退後は京都競馬場で誘導馬を務めていたが、JRAによると、3日に馬房で起きあがれない状態でいるのが発見されたという。頸椎(けいつい)損傷と診断され、獣医師の判断で安楽死となった。同じ白毛の母シラユキヒメの第2子として07年2月に安田厩舎からデビュー。同4月の2戦目で初勝利を挙げ、11年の引退までに3勝をマークした。ユキチャンやブチコなどの兄にあたる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ