<モルニ賞>◇18日=ドーヴィル(フランス)◇G1◇芝直線1200メートル◇2歳牡牝◇出走8頭

ゴドルフィンが所有する地元フランスのアースライト(牡2、A・ファーブル、父シャマーダル)がデビュー4連勝でG1初制覇を果たした。M・バルザローナ騎手騎乗で勝ちタイムは1分12秒00。

ゴール前は英国からの遠征馬デットーリ騎乗の1番人気ラッフルプライズ(牝2、M・ジョンストン、父スレードパワー)との追い比べになったが、首差で制した。

モルニ賞は2歳戦の重要な2歳G1。アンドレ・ファーブル師は92年ザフォニック以来の2勝目となった。レーシングポスト電子版は「モルニ賞は欧州で行われる2歳馬のベストレースの1つだと思っていますし、うれしいです。自信はなかったけど、いい走りを見せてくれました。シャマーダルは素晴らしい種牡馬です」というファーブル師のコメントを伝えている。

今後はデューハーストS(G1、芝直線1400メートル、10月19日=ニューマーケット)が視野に入っている。