ジャックルマロワ賞G1

8月14日(日) 仏ドーヴィル競馬場
芝1600メートル

日本馬バスラットレオン(牡4、矢作)は7着に敗れた。98年タイキシャトル以来、24年ぶり2頭目の日本馬によるジャックルマロワ賞制覇はならなかった。
抜群のダッシュでゲートを飛び出すと迷わずハナを奪った。1頭だけ外ラチ沿いに持ち出し、馬群を率いた。
勝負どころで満を持して追い出されたが、最後は欧州の強豪マイラーの伸びが上回った。
今年は2月下旬にドバイのダートG2ゴドルフィンマイルで海外重賞初参戦Vを決めた。
その後は欧州に矛先を向け、前走は英国のサセックスSで世界ランク1位のバーイードに屈し4着。
半月で英仏G1を転戦するタフな挑戦は実らなかったが、貴重な経験となったに違いない。
勝ったのは英国馬インスパイラル(牝3、J・ゴスデン)。デットーリ騎手はこのレース3連覇で7度目の勝利となった。

◆海外馬券売得金 JRAは14日、ジャックルマロワ賞の売り上げが10億9961万7200円だったと発表した。馬券式別で最もシェアを占めたのは3連単の43.1%(4億7410万8800円)だった。

PDF成績

PDF出馬表

海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、ジャックルマロワ賞のPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

ジャックルマロワ賞が行われるドーヴィル競馬場について解説します。

データここをクリック

過去のジャックルマロワ賞からデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

昨年のVTR

L・デットーリ騎乗のパレスピアが連覇を果たした。馬群が一団となって進む中、1番人気のパレスピアは後方待機。勝負どころでゴーサインを出すと、勢い良く先頭へ躍り出た。ラストはラチ沿いを走る2番人気のポエティックフレアが懸命に伸びてきてが、首差で接戦を制した。パレスピアは春から4連勝でGⅠ5勝目を飾った。3着は道中ハナを切ったオーダーオブオーストラリア。

photo写真ニュース

フィーチャー

的中情報

佐藤哲三が24日中京9Rで3連単3万2590円的中!

9月24、25日の的中実績

◆藤本真育 アナが咲いた(25日中山11Rオールカマー=馬連1万970円)
◆奥田隼人 奥田の細道(25日中京10R桶狭間S=3連複4530円)
◆田中洋平 テクニカル6 バージョンα(25日中山10R内房S=馬連5750円
◆佐藤哲三 哲三塾(25日中京10R桶狭間S=3連複4530円、中山10R内房S=3連複1万6230円)

◆舟元祐二 最終Vゴール(24日中山12R=3連複9150円)
◆桑原幹久 緩急自在にいい幹じ(24日中山10R九十九里特別=馬連4090円)
◆下村琴葉 当たるコトノハ(24日中京7R=馬連1020円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(24日中京4R=3連複490円)
◆佐藤哲三 哲三塾(24日中京9R野路菊S=3連単3万2590円、中山12R=馬連830円)