ベルモントステークスG1

日本代表マスターフェンサー(牡、角田)は猛追及ばず5着に敗れた。最後方追走から大外へ持ち出し、ゴール前では目を引く伸びを見せたが、勝ち負けには加われなかった。日本調教馬初の米ダートG1制覇はならなかった。

ルパルー騎手は「非常に良い状態。3コーナーでペースが上がった際に少し置かれてしまった。直線では非常に良い脚を使ってくれた」とねぎらった。角田師は「チーム一丸で1着を目指していたので悔しい思いがある」。今後については「馬の様子を見て決めたい」とした。

レースは重賞未勝利だったサーウィンストンが中団から抜け出して制した。JRAのオッズでは8、1、10番人気の決着で3連単は22万円超の好配当となった。

PDF成績海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF出馬表

 海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、ベルモントステークスのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

 ベルモントステークスが行われるベルモントパーク競馬場について解説します。

データここをクリック

 過去のベルモントステークスからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2018年のVTR

 5戦5勝で米3冠に王手をかけたジャスティファイが最内枠から逃げの手。4コーナーで徐々に後続を突き放すと最内を追い込んだ2着グロンコウスキーを1馬身4分の3差振り切り完勝。77年シアトルスルー以来41年ぶり2頭目の無敗の3冠馬となった。管理するバファート厩舎は15年アメリカンファラオ以来2頭目の3冠馬誕生。ベルモントSは、ポイントギヴン、アメリカンファラオに続き3勝目となった。

photo写真ニュース

フィーチャー

的中情報

辻敦子が18日京都9Rで3連複1万9290円的中!

1月18、19日の的中実績

◆三上広隆 のるかそるか(19日中山7R=馬連630円)
◆三嶋毬里衣 まりえのころころ馬券(19日中山9R初富士S=複勝220円、3連複8530円)
◆水島晴之 水島晴之の単複で買え!(19日中山11R京成杯=単勝2090円、複勝410円)
◆北斗の馬券(19日中山11R京成杯=馬連2760円)
◆佐藤哲三 哲三塾(19日京都10R北大路特別=3連複2300円、中山11R京成杯=3連複8480円、小倉11R巌流島特別=3連複3920円)


◆辻敦子 ひみつのアツコちゃん(18日京都9R木津川特別=3連複1万9290円)
◆平本果那 福娘・平本果那 願ったりカナッタリ(18日京都11R羅生門S=馬連3620円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(18日中山6R=ワイド1300円、760円、小倉10R小倉城特別=馬連1060円、ワイド420円、1130円)
◆佐藤哲三 哲三塾(18日中山9R菜の花賞=3連複1万4460円、中山10R初凪賞=3連複4240円、中山11RニューイヤーS=単勝540円)