速い時計でも動ける/アドマイヤキラメキ18

アドマイヤキラメキの18。

父キズナ、牡、5月4日生まれ。馬体重484キロ。入厩先未定。

半兄トーセンスターダムはデビュー3連勝できさらぎ賞優勝。14年の3冠競走に皆勤した。5歳でオーストラリアに移籍し、G1・2勝。現在は種牡馬として活躍している。近親にはカンパニー、トーセンジョーダン、トーセンホマレボシなど、著名馬多数。19年セレクトセール1歳部門で1億3000万円(税抜き)にて落札された。

ノーザンファーム空港の大木誠司厩舎長

「今は坂路で1ハロン14秒前後。最初はすごく硬くて大丈夫かなと思ったけど、調教をするにつれてしっかり動けるようになってきました。キズナ産駒は硬い子が多いイメージもあって、この馬も例に漏れずというか。でも、速い時計を出しても動けているので、楽しみですね。距離はあった方がいいのかなという印象。2000メートル前後がいいと思います。4月中にノーザンファームしがらきに移動すると思います」

※3月19日に取材。