行きたがる面がどうか/シェルズレイ18

シェルズレイの18。

父オルフェーヴル、牡、2月7日生まれ。馬体重477キロ。堀厩舎入厩予定。

半兄シャイニングレイはG2時代の14年ホープフルS優勝など、重賞2勝。母もローズS、チューリップ賞で2着に入るなど、早い時期から活躍した。

ノーザンファーム空港の高見優也厩舎長

「今は坂路で1ハロン14秒台までやることができています。一本調子というか行きたがる面があるので、そのあたりがどうかですね。この血統らしさというか。体は問題ないですよ。気性面だけが気がかりですね。テンからカッと行くので、その辺がうまく折り合えば。4月には移動の予定です」

※3月19日に取材。