テクニカル6は「バージョンα」へとリニューアルしました。パターン別で軸馬と相手馬を推奨するニュースタイルをお楽しみください。コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【東京11R/パラダイスS】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は76+65+64=205。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ4~6位を中心に、コンピ4~14位へと手広く狙っていきたい。

コンピ4~6位の中から1番期待できそうなのは、コンピ4位(63)のルークズネスト。3歳のファルコンSでは、G1馬グレナディアガーズに勝利する大金星。古馬重賞でもスワンSで0.2秒差の4着など、あと1歩のところまで来ている。当然、オープン特別レベルであれば、すでに勝ち負けできる立場だ。ハンデも想定内のラインでとどまり、ここは重賞ウィナーとしての意地を見せたい。

続いてコンピ5位(60)のコムストックロードを推す。東京芝1400メートルはこれまで2戦して1着、3着と、相性バツグンの成績。今回古馬と初対戦になるが、3歳牝馬とあってハンデ50キロはかなり魅力的だ。また前走はG3の葵Sで2着していて、能力的にも十分足りていると評価する。葵Sはスプリンターの出世レースだけに、ここでも楽しみな存在だ。

最後はコンピ6位(56)のサンクテュエール。新馬戦以降、出走したレースはすべて重賞。今回が新馬戦以来の非重賞の一戦だ。成績的にはパッとしないように見えるが、1400メートルのレースはたった1回のみ。それが2走前の京都牝馬Sで、前残りの展開の中、ジリジリ脚を延ばして5着と大健闘。もともとはマイルが主戦場で、中距離からの距離短縮となれば期待できる。

馬連で(1)(4)(7)-(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(14)(15)(16)の27点。

馬連多点買いの当たる確率は5回に1回ほどですが、穴狙いなので高配当を期待できます。買い目点数が多いと感じる場合は、軸馬を1~2頭に絞ってお好みの点数に調整してください。