テクニカル6は「バージョンα」へとリニューアルしました。パターン別で軸馬と相手馬を推奨するニュースタイルをお楽しみください。コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【中京8R】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は67+66+65=198。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ4~6位を中心に、コンピ4~14位へと手広く狙っていきたい。

コンピ4~6位の中から1番期待できそうなのは、コンピ4位(63)のパイプライナー。前走は同型馬が多くて逃げることができず、3番人気の期待を裏切っての6着という成績。結果的にはペースが速くなっても、行き切った方が良かったようにも見える。今回は内にベッサメモーがいるが、この馬は前走逃げて大敗していて、今回は控えてくる可能性が高そう。好スタートを決めてハナを切れれば、ゴールまで独走もあるだろう。

続いてコンピ5位(62)セイカヤマノを推す。前走は水の浮きそうな不良馬場に苦しみ、末脚不発で12着に沈んだ。しかし近走は2,3,4,2,12着と、当該クラスをいつ勝ち上がってもおかしくない成績。前走の大敗で人気を落とすようなら、配当妙味をもたらすおいしい馬になる。また中京ダート1200メートルは、これまで2戦して2着が2回と相性が良く、リベンジにふさわしい舞台だ。

最後はコンピ6位(57)のクリノキングボス。この馬も近2走の敗因がはっきりしていて、前走は適性の低い芝のレースでまったくの参考外。2走前は上がり2位の脚で追い込むも、行った行ったの競馬で差し届かずの7着だった。馬券に絡むレースでは、毎回まくるように上がっていくのだが、今回は主戦の幸英明騎手に乗り替わり。勝手を知る鞍上(あんじょう)に手が戻ることで、前進は間違いないだろう。

今回は馬連で(7)(12)(13)-(1)(3)(4)(5)(6)(7)(9)(10)(12)(13)(14)の27点。

馬連多点買いの当たる確率は5回に1回ほどですが、穴狙いなので高配当を期待できます。買い目点数が多いと感じる場合は、軸馬を1~2頭に絞ってお好みの点数に調整してください。