テクニカル6は「バージョンα」へとリニューアルしました。パターン別で軸馬と相手馬を推奨するニュースタイルをお楽しみください。コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【福島10R/さくらんぼ特別】

このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は70+67+63=200。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ4~6位を中心に、コンピ4~14位へと手広く狙っていきたい。

コンピ4~6位の中から1番期待できそうなのは、コンピ4位(62)のシオミチクレバ。福島芝1200メートルは1戦1勝と、昨年未勝利を卒業したコース。またその時に騎乗していた騎手が、前走に引き続き手綱を取る蛯名正義騎手で、今回は好走する条件がそろった印象だ。前走は久々の競馬で調子が出ず11着と馬群に沈んだが、今回は調教でしっかり動いている様子。上積みが見込めるたたき2戦目で、前走の巻き返しを期待したい。

続いてコンピ5位(61)シセイタイガを推す。この馬は昨年の当該レースの3着馬で、昨年も雨が降る不良馬場というコンディション。今年も同じようなレースコンディションになりそうで、舞台適性はピカイチと言えるだろう。さらに今回は鞍上(あんじょう)にレーン騎手を手配。福島競馬場はオーナーのお膝元だけに、厩舎サイドの勝負気配を感じる。一発があってもおかしくない材料がそろっているので注意が必要だ。

最後はコンピ6位(58)のシャインサンデー。当該コースはこれまで8戦して1,3,3,2,2,1,8,6着と好成績。6着に敗れた前走は、直線で馬群に囲まれる形になってそのままゴールしたが、それでも着差は0.3秒差だけ。スムーズに外に出してしっかりと追えていれば、もっと上の着順を狙えたとみる。今回は武豊騎手に乗り替わるので、この馬のポテンシャルを最大限に引き出してくれるはずだ。

今回は馬連で(4)(8)(9)-(1)(2)(3)(4)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)の27点。

馬連多点買いの当たる確率は5回に1回ほどですが、穴狙いなので高配当を期待できます。買い目点数が多いと感じる場合は、軸馬を1~2頭に絞ってお好みの点数に調整してください。