ダノンスマッシュとドンキちゃん、楽しみ高松宮記念

こんにちは。24日は中京競馬場でG1高松宮記念が行われます。日本短距離界の頂点に君臨していたファインニードルが昨年電撃引退したこともあり、波乱の様相です。そんな中、特に注目しなければならないと感じている馬がいます。それはダノンスマッシュです。もちろん、実績から大きな注目を集める馬ですが、私は違う点からも注目しています。

ダノンスマッシュを管理する安田隆行厩舎は、年始から調教師全国リーディング1位を続けている絶好調の厩舎です。ダノンスマッシュの父は、日本が誇る世界最高峰スプリンターのロードカナロアで、そのロードカナロアを現役時代管理していたのも安田隆厩舎です。つまり安田隆厩舎は最強スプリンター親子をそろって管理するという、日本競馬の歴史でも珍しい“経歴”を持つ厩舎なのです。ただでさえ勝つことの難しいG1レースを、2世代にわたって同じ厩舎の管理で制覇するかもしれないと考えると、改めて競馬には人と馬のドラマがあるなと感じ、感動的な気持ちになります。

ダノンスマッシュの一番のライバルは、私が一緒に遠征に行ってから自分にとってアイドル的な存在となっているレッツゴードンキちゃんです。前走の内容からも年齢的な能力の衰えを感じさせません。むしろ先行集団で積極的な競馬をしたことは、今回のG1の舞台で生かされるのではないかと思います。今年の日本短距離界の中心はこのレースで決まると思うので、新たなスターが現れるのか、それとも古馬が復権するのか、非常に楽しみな一戦です。皆様も電撃の6ハロン戦を現地でお楽しみ下さい。

このコラムが掲載される頃、私はちょうどドバイへ向けて出国していると思います。

今回の遠征では、UAEダービーに出走するデルマルーヴルの遠征のお手伝いをさせていただきます。来週は現地から情報をお届けしますので、ご期待下さい。(レースホースコーディネーター)

日本で一番かわいい顔の女子!(レッツゴー)ドンキちゃん!
日本で一番かわいい顔の女子!(レッツゴー)ドンキちゃん!