心地よい英ニューマーケットの気候 バスラットレオン&キングエルメスは調整順調

こんにちは。先週、阪神競馬場で行われた宝塚記念を観戦されましたか? 私個人としては、タイトルホルダーの強さがより際立つ素晴らしいレースだったと感じました。

レース後、陣営が横山和生騎手と凱旋門賞へ挑戦することを表明したので、このコンビがパリロンシャン競馬場でどのような競馬をしてくれるのか、今からとても楽しみです。今後の動向に注目したいと思います。

話は変わりまして、前回のコラムでお伝えした通り、私は現在イギリスのニューマーケットで矢作厩舎の2頭、バスラットレオンとキングエルメスと滞在しています。つい数週間前、ロイヤルアスコットに挑戦した日本馬2頭と同じ、ロジャー・ヴァリアン厩舎へ入れ違いで到着しました。

コロナの影響やウクライナ情勢の影響で、関空→仁川→フランクフルトと移動。フランクフルトで1泊休憩をしてから、イギリスのスタンステッド空港へチャーター便で移動してきました。これほど長い輸送をしたにもかかわらず、人馬ともに輸送を順調にクリアできことは、本当によかったです。到着後、まずは輸送の疲労回復に努めて、昨日から予定通りの調教メニューをこなしています。

こちらの気候は朝と夜が肌寒いですが、日中が暑いぐらいの日差しなので、馬たちにとってはとても心地よい感じです。ここから、調教のピッチを徐々に上げて行くので、ファンの皆さま、応援をお願いします。来週はまたニューマーケットから2頭の近況をお伝えします。日本はかなり暑いと聞いたので、熱中症に気をつけて競馬観戦をしてください。

(レースホースコーディネーター)

英国に到着した時のバスラットレオン
英国に到着した時のバスラットレオン
英国に着いた時のキングエルメス
英国に着いた時のキングエルメス
ロジャー・ヴァリアン厩舎での調教の様子です
ロジャー・ヴァリアン厩舎での調教の様子です