マーフィー騎手が日本に来て驚いたこととは

こんにちは。今回はオイシン・マーフィー騎手が私に話してくれた、日本に来て感じたことについてお話しします。

マーフィー騎手は、2016年から3年連続で香港の短期免許を取得しており、私が初めて会ったのも香港でした。アジア圏での生活が初めてではない中で、日本ならではの良さを感じる部分は多くあると話していました。まず、どこに行っても街が清潔で、高速道路にある公衆トイレまでもがきれいなのは日本だけだとすごく驚いている様子でした。また、その他にも、競馬ファンを含め日本の人々が皆とても心優しく、また礼儀正しいことに、驚きとともに感謝の気持ちを感じているようです。

日本の印象について彼から聞いた話で私自身とても驚いたのが、コンビニやスーパーなど買い物をした時の包装がとてもきれいで丁寧にされていて、購入したものを大事に手渡ししてくれることに驚いたということです。電車でのラッシュアワーなど、急いでいたり焦ったりする様子と、お店でとても丁寧に接してくれる様子に、すごくギャップを感じたようです(笑い)。

マーフィー騎手の日本での騎乗は残り2週間となりましたが、これからも日々日本の良さを感じてもらえることを願いたいです。皆さんにも応援していただき、競馬場にぜひ会いに来て彼に声をかけてあげてください。マーフィー騎手は日本語を話せるように熱心に勉強しているので、分かりやすい日本語で話しかけてくれると助かります(笑い)。(レースホースコーディネーター)

妹達と横浜中華街を訪れたマーフィー騎手
妹達と横浜中華街を訪れたマーフィー騎手
鎌倉の竹林で癒やされるマーフィー騎手と妹達
鎌倉の竹林で癒やされるマーフィー騎手と妹達
鎌倉の大仏の前で、マーフィー騎手と一緒にお決まりのポーズ(笑い)
鎌倉の大仏の前で、マーフィー騎手と一緒にお決まりのポーズ(笑い)