コスモタイシしまいの伸びは目立つ/日曜福島3R

◆先週の柴田大知◆

日曜福島3Rコスモタイシは、後方から大外を追い上げて鼻差の2着。「返し馬から気合が入っていた。これなら前半から進んでいくと思ったんですが、スタートで両側から寄られたらひるんでしまって。ちょっと気の弱いところがあるようです。向正面で怒りつけたらようやくエンジンがかかって、外へ出してからはすごい脚を使ってくれました。メリハリをつけるという点では、良かったのかもしれません」。しまいの伸びは目立った。ある程度ついていった時、どれくらい脚を使えるか。そのあたりが今後の課題だ。

土曜福島5R新馬のマイネルラクスマンは、3角から長く脚を使って3着に入った。「思ったより走ってくれました。前半は進んでいかず、向正面でハミを取ったと思ったら、コーナーでは戸惑ってしまって。まだ、レースが分かってない感じですが、覚えてくればもっとやれると思います。調教より実戦タイプの印象です」。まだ幼くて集中力も散漫だが、しまいはしっかりと脚を使った。使いながら変わってきそう。【水島晴之】

<13日コメント>

福島1R・コスモカッティーボ(2着) 1200メートルでもうまく対応できたし、頑張っていると思います。競馬で一生懸命走るタイプですね。

福島6R・テンジュイン(3着) いいスピードがあります。ただ、一生懸命走りすぎるので、コントロールできるようにならないと。そこが課題です。

福島7R・コスモビックラコグ(3着) よく頑張っていますが、跳びが大きくて器用じゃない。どちらかといえば広いコース向きでしょう。

福島8R・アドアステラ(3着) 流れが速かったので後ろの位置になりましたが、馬混みにも入っていけるし、相手なりに走れることは分かりました。

福島9R・マイネルザウバア(9着) 楽に逃げられましたが、たまっている感じがしませんでした。中1週がこたえていたのかもしれません。

福島10R・マイネルクラフト(8着) 動きたい時に、反応できませんでした。返し馬からうるさかったし、苦しいところがあるのかもしれません。

福島11R・ハニージェイド(5着) 最後はすごい脚を使ってくれました。ただ、1150メートルは忙しい。1200~1400メートルが合いますね。

<14日コメント>

福島2R・グランデエス(9着) スタートが良かったので先行したが、最後は余力がなかった。1700メートルは長いですね。

福島5R・コスモビートイット(2着) ソエを気にしてか、前半は進んでいかず。怒りながら直線に向いてようやく本気になってくれました。走りはすごくいい馬です。

福島6R・ビジュティエ(8着) スタートが良すぎて前へ。流れも速く、脚がたまらなかった。もう少し控えた方がいいですね。

福島8R・シュピールカルテ(4着) かぶされない方がいい馬。最後まで集中して走ってくれました。

福島10R・ナムラムート(10着) 楽なペースで行けましたが、その割に最後は止まりすぎ。ちょっと重かった(16キロ増)のかもしれません。

福島11R・エントリーチケット(12着) 前半はまったく進まないし、追っても反応しなかった。休み明けの影響があったとしか思えません。