マイネルラクスマン3着粘り能力あり/土曜東京4R

◆先週の柴田大知◆

土曜東京4Rマイネルラクスマンは、2番手から粘って3着に入った。「状態がすごく良くなっていました。まだ、オンとオフが極端すぎて一気に掛かってしまったり、うまくコントロールできないところはありますが、そのあたりが分かってくれば、走ってくると思います」。幼くて勝手に走っている感じ。それでも3着に粘れるのは能力がある証拠。これから変わってきそう。

日曜東京4Rマイネルインパクトは、最後方から大外を伸びて3着。変わり身を見せた。「体が出来てないので器用に走れない。それでも最後はジワーッと伸びてくれました。お母さんのマイネヌーヴェルもそうでしたが、奥手の血統で少しずつ良くなるタイプかもしれません。現状は東京のような広いコースが合っています」。能力があることは分かった。長い目で見たい。【水島晴之】

<9日コメント>

東京1R・アルヒミスト(10着) あまり変わり身がなかった。初戦と同じくらいは走っているんですが。距離は延ばした方がいいと思います。

東京2R・イデアイホマジョル(6着) 頑張ってはいるんですが。スタートが速いし、気もいいので距離は詰めてもいいかもしれません。

東京3R・マイネルキアロ(12着) 使って良くなりそうな感じはありました。ただ、コース的に東京はどうか。

東京7R・キューンハイト(7着) 精いっぱい走っています。東京よりもごまかしの利くコースが合っています。

東京8R・アピールバイオ(17着) 流れに乗せていきましたが、最後はバタバタになった。牧先生とは「少し距離が長いかも」と話しました。

東京12R・コスモコレクション(13着) 東京は不向きだし、このクラスでは厳しいですね。

<10日コメント>

東京1R・マイネルフェラッカ(9着) ダートで少しはいいが、大きな変わり身はなかった。

東京2R・ポレーナ(7着) 馬は少し良くなっていました。ただ、気持ちはあるが非力なので。徐々に良くなってくるでしょう。

東京3R・マイネルエピキュア(8着) 初戦に比べたら内容が良くなりました。まだ体が緩くて踏ん張れないが、しっかりすれば走ってくると思います。

東京5R・ケンシ(8着) しっかり走るがワンペースで切れない。ダートがいいかもしれません。

東京6R・ラウダーテ(6着) 内枠で動けなかったのが痛い。軽い走りをするので芝向き。思ったより頑張ってくれました。

東京7R・ロードダヴィンチ(7着) 間隔が空いた分、最後は止まってしまったが、すごく乗りやすい馬です。ひとたたきで変わってくれるでしょう。

東京8R・サクラボヌール(10着) 前半は無理せず、しまいだけ伸ばす競馬をしました。最後は窮屈なところでも、やめずに走ってくれました。

東京9R・メイショウイサナ(8着) うまく乗れましたが、もう少し上がりのかかる馬場の方がいいかもしれません。

東京10R・デスティニーソング(11着) スタートがもうひとつで、流れも合わなかった。このクラスでは少し荷が重いのかもしれません。

東京11R・トミケンキルカス(10着) もう少し粘れるかと思ったんですが、追いだして止まった。外枠もこたえましたね。