追いかけているケイアイノーテック/ダービー卿CT

中山11R ずっと追いかけている(11)ケイアイノーテックで勝負だ。なかなか展開がはまらず結果が出ないが、状態はすごくいい。前走の東京新聞杯は津村騎手がテン乗りで、この馬の良さを引き出せなかった。ある程度早めに動いて長く脚を使わせる。この必勝パターンは、1度乗って感覚をつかんだはず。仕掛けのタイミングさえ合えば、頭まで突き抜ける脚は持っている。

G1勝ちは東京のNHKマイルCだが、中山もニュージーランドTで頭差2着があり、まくり合戦になるコース形態もこの馬には合う。トーラスジェミニがハナを切りそうだが、レイエンダやボンセルヴィーソなどが早めに動けば、坂を上がってもつれる。混戦のゴール前で抜け出すのは、ケイアイノーテックだ。単3000円、複7000円。(ここまでの収支 マイナス1万9100円)