シーズララバイが馬群を割って抜け出す/外房特別

中山7R 武豊騎手が4000勝へ「あと3」とした。日曜日での達成に期待がかかるが、8グッドジュエリーは1勝を計算できる馬だ。未勝利勝ちは4角で落馬のアオリを受け、かなり外へ膨れたが、そこから豪快に差し切った。堀井師は「最初から期待していた馬だが、脚部不安で結果が出なかった。前走の勝ち方は良かったし、さらに上向いている。500万でウロウロする馬じゃないと思います」と期待大だ。単3000円、複3000円。

中山10R 最内枠を引いた1シーズララバイを狙う。ダートも悪くはなかったが、切れ味を発揮するには芝がいい。問題は折り合い。紫苑S以来7、8枠が当たることが多く、前に壁ができずにチグハグな競馬が続いた。それが敗因だとすれば、最近の成績は度外視できる。竹内師は「気持ちは切れてない。状態はすごくいい。うまく内で脚がたまれば」。馬群を割って一気に抜け出す。単1000円、複3000円。(ここまでの収支 マイナス13万8900円)