日刊スポーツ

大坂なおみ、女子のスポーツ促進へプログラムで支援

新着ニュース

大坂なおみ、女子のスポーツ促進へプログラムで支援

プレー・アカデミー with大坂なおみのロゴ

女子テニスで、18年全米、19年全豪優勝の大坂なおみ(22=日清食品)が、第2の「なおみ」発掘に手を差し伸べる。

ウエアを契約するナイキと、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団と手を組み、女子のスポーツ参加を促進する助成プログラム「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」を設立すると4日、発表した。

テニスだけでなく、多くのスポーツに日本の女の子が参加できるように、大坂が支援する。助成金の援助から、コーチ研修、強化トレーニングなどのイベント開催を、地域を通じて行う。「私は3歳でテニスを始めて人生が変わった」と大坂は言う。それと同じ体験を味わってもらいたいと願っている。

そのプログラムは、大好きな東京からスタートさせる予定だ。ナイキによると、女の子が15歳までにスポーツをやめてしまう割合が、東京は世界の中で最も高い都市の1つだという。そこで大坂は「何か私にできることはないかと考え、次世代の女子に多くの場を提供したいと思った」と話している。

4大大会で2度の優勝を果たし、アジア女子で史上初のシングルス世界1位にもなった。その後、常々、大坂は「子どもたちのロールモデル(手本となる人)になりたい」と話していた。新型コロナウイルスで世界が閉塞(へいそく)感を味わう中、大坂が明るい未来を切り開く。

関連するニュースを読む

パラアーチェリー大会、感染拡大防止のため中止発表

日本身体障害者アーチェリー連盟(JPAF)は4日までに、10月18日にさいたま市の埼玉県障害者交流センターで予定していた第6回JPAF杯トーナメント大会を新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止すると発表した。

同大会は出場標準記録をクリアした日本トップクラスのパラアーチャーが参加する国内最高峰トーナメントで、東京パラリンピック代表に内定している上山友裕(32=三菱電機)も4連覇を目指して出場を予定していた。

JPAFは「東京を中心としたコロナウイルス感染拡大は一向に収まる気配がなく、選手及びスタッフ、関係者の安全、安心が確保できない」としている。

関連するニュースを読む

バレーボール男子代表の石川祐希が感染予防呼びかけ

新型コロナウイルス感染予防を呼び掛けるポスターを持つバレーボール男子日本代表の石川

バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、新型コロナウイルスの予防を呼び掛ける活動で、ガイドブックとワークシートを作成したと発表した。自身が実践している予防策を紹介したり、競技に励む子どもたちが感染予防へ何が必要かを考えたりしてもらえる内容。リモート会見に応じた石川は「選手自身が感染予防をしていくことが大事」と意識の高まりを期待している。

イタリア国内で感じたコロナの猛威や帰国後も続く影響を受け止め、石川が予防の徹底を呼びかける活動に乗り出した。ウィズ・コロナ時代にスポーツを楽しむ上で「何かを変えなきゃいけないと感じました」。神戸大医学部付属病院の監修を受け、作成に至ったと経緯を説明した。

石川自身が考える2つのポイントを示し、コロナと共存しながら安全に競技を楽しむための方法を6つの切り口から紹介。自身もサーブを打つときに無意識に靴の裏を触るルーティーンがあったが、今後は改善するつもりだ。「この状況の中でどうやったらバレーボールを楽しめるか。仲間と一緒に考えてほしい」と呼び掛けた。【平山連】

関連するニュースを読む

原英莉花4バーディー68「1発だけ、いいボール」

応援の横断幕を背に、1番のティーショット後、笑顔を見せる原英莉花

<女子ゴルフ:ISPSハンダ・医療従事者応援!!チャリティレディース>◇最終日◇4日◇静岡・伊豆大仁CC(6513ヤード、パー72)◇賞金総額3000万円(優勝賞金600万円)

70位で出たツアー1勝の原英莉花(21=日本通運)は、4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算2アンダーの142でホールアウトした。

第1ラウンドでは上半身と下半身が連動していなかったが、この日は「ボールに力が伝わるようになった。ドライバーで、この2日間で1発だけですけど、いいボールが打てた」と収穫も口にした。527ヤードの13番パー5で、残り210ヤード余りまで飛ばしたティーショットに、これまでの体力強化中心のメニューに手応えをつかんだ様子だった。

6月末に行われた今季開幕戦のアース・モンダミン・カップから、2戦目のNEC軽井沢72(14~16日、長野)まで、1カ月半もの期間が空いた。2日間とはいえ、その中で試合を経験したことには「プライベートラウンドは、あまりしない方なので、緊張感のある中でどのようなボールが出るかというデータが取れたのは、いい収穫になったと思う」と語った。今大会は賞金の一部を、医療機関に寄付することが出場資格のチャリティー大会。「よくよく考えると、私たちがチャリティーをしているというか、させてもらっている」と、試合の場を提供してもらってことを含め、主催者に感謝していた。

応援の横断幕を背に、1番でティーショットを放つ原英莉花
1番のティーショット後、笑顔で後半のラウンドに向かう原英莉花
8番、パットを沈める原英莉花
7番、ティーショット前にコースを見渡す原英莉花

関連するニュースを読む

NBA八村 前半2得点、3リバウンド、4アシスト

ペイサーズ戦でプレーする八村(AP)

<NBA:ペーサーズ-ウィザーズ>◇3日(日本時間3日)◇米フロリダ州オーランド

東地区9位ウィザーズのルーキー八村塁(22)が再開後3戦目となる同5位のペーサーズ戦に先発した。

前試合、同地区8位ネッツとの直接対決で敗れ、9得点に終わり「勝ちたい一戦だったが、こういう形になってすごく悔しい」と話していた八村。ブルックス監督は試合前「バウンスバック(立ち直ること)に期待している」と話していた。反省を生かし、第1Q序盤から積極的に仕掛けたが、ディフェンス力の高い相手に、シュートチャンスをなかなか得ることができない。得点は残り5分、得意のミドルレンジからジャンプシュートを決めた1本のみだった。

第2Qは残り5分から登場。プレーオフ(PO)進出を決めている強豪相手に序盤から、リードを保ち続けたが、残り5分で逆転され、9点ビハインドで前半を折り返した。前半の八村は2得点、3リバウンド、4アシストだった。

この試合を除き、残り5戦。9位が確定し、無条件でのPO進出はなくなった。ウィザーズは8位チームと4ゲーム差以内で行われるPO進出決定試合(プレーイン・トーナメント)での進出を狙っている。

関連するニュースを読む

コラム

日本フィギュアの歴史

「天才」伊藤みどり、欧米勢に勝つためのジャンプ

危険も顧みず、ピョンピョンと氷上を跳びはねる幼児がいた。4歳の伊藤みどり(48)。「普通に歩くより、一蹴りして滑る。足を振り上げると跳べて、ミニスカートをひらひらさせながら、くるくる回った」。転倒はいつものことで、頭を打つことも少なくなかったが「怖さはなかった」という。

男の子みたいに、活発な女の子。体育は大好きで、短距離走では常に1番。氷上でも抜群の運動神経を発揮し、先輩たちの動きを見よう見まねでジャンプを繰り返した。まだ5歳だったが、名古屋スポーツセンターで指導していた山田満知子コーチ(74)の目に留まる。小学1年だった6歳から本格的にフィギュアを開始した。

始めて2年足らずの8歳で、3回転ジャンプをマスターした。山田コーチから強制されたわけではない。1回転ジャンプを教わると、自然に2回転、2回転半そして3回転とステップアップできた。「何となくこんな感じかなと。ジャンプ練習が楽しくて仕方なかった」。小学5年からは山田コーチの自宅に住み込んで、競技に集中した。同年12月の全日本選手権では4種類の3回転ジャンプを成功させて3位入賞。「天才スケーター」のあだ名がついた。

80年12月、全日本フィギュア選手権を前に3回転ジャンプの練習をする伊藤みどり

伊藤と山田コーチの目標は当初から世界だった。フィギュアの伝統があり、日本人と比べてスタイルの良い欧米勢に対抗するにはどうするか。「同じことをして(欧米勢に)埋もれてしまったら、負ける」。小学6年時にはアクセル以外の5種類の3回転ジャンプを成功させている。当時は世界のトップでも1、2種類しか跳べなかった時代。逆にいうと、3回転をたくさん跳んでも勝てるわけではなかったが、得意のジャンプで勝負する決意は、師弟ともに強かった。

伊藤のジャンプの高さは約60センチ。他の選手より10センチ以上高く、男子のトップ選手に肩を並べていた。跳び方も特徴があり、膝がくの字に曲がっている。本来なら駒のように軸は細い方が良く、脚を伸ばして跳ぶことが基本で、見た目もいいとされている。だが、山田コーチは矯正しない。「回りやすいなら美しくなくても良いと。個性を伸ばしてくれた。山田先生がいなければ、今の伊藤みどりはいない」と恩師との出会いに感謝した。

ジャンプを武器に、中学2年で、84年サラエボ五輪出場権を目の前にする。条件は直前1月の全日本選手権優勝。だが、ショートプログラムの最後のダブルアクセルで尻もちをついてしまう。2位で初の五輪はお預けになった。「ダブルアクセルの失敗で五輪に行けなかった。悔しくて、その後はダブルアクセルをたくさん練習した。今になって思えば、それがトリプルアクセルを苦労せずに完成できたことにつながっていたのかもしれない」。そして中学3年から代名詞になるトリプルアクセルへの挑戦が始まる。(敬称略=つづく)(2017年11月23日紙面から。年齢は掲載当時)

◆伊藤(いとう)みどり 1969年(昭44)8月13日、愛知県生まれ。4歳からスケート、6歳から本格的にフィギュアスケートを始める。全日本選手権は11歳の80年度大会で3位となり、15歳の84年度大会から91年度大会まで8連覇、95年度大会も制し、計9度の優勝は女子では史上最多。88年カルガリー五輪5位。89年世界選手権でアジア人として初優勝。92年アルベールビル五輪銀メダル。145センチ。

日本フィギュアの歴史

日本初メダル期待「絵美スマイル」に隠された苦悩

スケート靴は捨てるつもりだった。

18歳、高校3年だった渡部絵美(58)は78年の全日本選手権で最多6連覇を達成。上智大進学も決まり、キャンパスライフを満喫しようと思っていた。通学して10日余りたったころ、複数の五輪金メダリストを育てたイタリア人のカルロ・ファッシから電話が来た。

「もう1年だけやろう」と、上智大には休学届を提出。米デンバーにあったファッシの自宅の屋根裏に居候した。きめ細かくも、常にポジティブな指導法は肌に合う。「気づきがあった。今まではやらされていた練習だったが、自分からやりたいとなった。スケートの面白さが分かってきた」。

80年2月、レークプラシッド五輪本番前に笑顔を見せる渡部絵美

70年代後半に入ると、女子も3回転時代が到来。渡部もファッシの指導もあり、サルコー、トーループと2つの3回転ジャンプを習得した。12歳から武器としてきたダブルアクセルの世界的評価も高まる。踏み切り、回転、着地と教科書通りの正確なジャンプ。国際スケート連盟(ISU)のマニュアルにも掲載された。結果も出る。79年世界選手権(オーストリア)で銅メダルを獲得。日本人としては77年世界選手権銅の佐野稔に続く快挙だった。

憧れのジャネット・リンのように、いつも笑顔の演技。「和製リン」「絵美スマイル」と呼ばれ、一躍時の人になる。80年生まれの女の子についた名前で最も多いのは「絵美」。ファンレターは段ボールで何箱も届く。人気者にプライバシーはない。逃げるように9歳から拠点の米国に戻った。携帯電話はない時代。家族、友人と離れ「孤独で寂しい」ことも多かったが、一方で当時は「米国で練習している時が一番平和」な日々でもあった。

翌80年レークプラシッド五輪では、日本人初のメダルが期待された。だが、ショートは2回転の着地ミスで4位と出遅れる。フリーは3回転ジャンプも含め、ほぼノーミスだったが6位に陥落。当時の日本勢の地位は欧米勢に比べて低い。今のように個々の技が細かく得点化されておらず、審判の主観に頼る部分も多かった。納得はできなかったが、気持ちを切り替え、1カ月後の世界選手権(ドイツ)では「人生で一番の演技ができた」。4位に終わったものの「見た人が見れば分かる。もう悔いはない」と、スケート人生にピリオドを打つ決断をした。

80年6月23日、引退会見で涙をぬぐう渡部絵美

9歳から引退するまで拠点が米国だったことで、国内では外様扱いされ、常に逆風にさらされていたという。「“絵美スマイル”と言われたが、“絵美苦しい”が多かった。スケート人生がなくても良かったと思うくらい、つらいことが多かった」と、栄光の裏に隠された苦悩を振り返った。80年6月に引退会見。入れ替わるように天才スケーターが出現する。半年後の同年12月の全日本選手権。11歳、小学5年生の少女が3位に入る。日本フィギュアの歴史に革命を起こす伊藤みどりだった。(敬称略=つづく)(2017年11月22日紙面から。年齢は掲載当時)

日本フィギュアの歴史

米留学で技術学んだ「和製ジャネット・リン」

78年、日ソフィギュアスケート大会で華麗な演技を披露する渡部絵美

その笑顔が日本人の心をつかんだ。72年札幌五輪。18歳のジャネット・リン(米国)はフリーで尻もちをついたが、満面の笑みを浮かべて立ち上がる。最後まで笑顔で演技を続け、芸術点では満点の6・0。「札幌の恋人」「銀盤の妖精」と呼ばれ、日本にフィギュアブームを巻き起こした。

華麗なリンの演技を遠く米国でテレビ観戦していたのが、12歳の渡部絵美(58)だった。

姉の影響で7歳からスケートを始める。日本人初の五輪代表でもある稲田悦子から基本を習った。ただ当時はフィギュアスケートで根性論、スパルタ指導がはびこった時代。表現力、芸術性を極めるため、両親の助言もあり、小学4年の9歳で米国に留学する。

札幌五輪は留学先米ミネアポリスの宿舎の白黒テレビで見た。「白黒だったから、赤の衣装だったことは知らなかったけど、憧れた」。12歳の渡部は、自らが将来「和製ジャネット・リン」と呼ばれることになるなど、知るよしもなかった。

競技環境が充実した米国だったが、まだ露骨な差別が残っていた。小学生時代は母リディアさんも一緒だったが、お店などで「ジャップ」と口汚く、ののしられることもあった。そんなときはリディアさんが相手にドル紙幣を見せて「お金に色はない。同じお金を払ってる」と抗議。「つらくて何度も帰りたい」と思ったという。フィギュアに集中できる練習環境があることだけが救いだった。

米国での最初のコーチは、37、38年の世界王者フェリックス・カスパー氏(オーストリア)。基本のエッジワーク、ジャンプの回転のキレ、技と技のつなぎ(トランジション)の大切さなどを学んだ。札幌五輪のリンに心を揺さぶられた2カ月後の全日本ジュニアを制覇。勢いに乗る13歳は初出場の同年11月の全日本選手権も制覇した。その後4連覇し、16歳で76年インスブルック五輪出場権を勝ち取る。

同五輪日本代表の全競技の中で女子はわずか8人。フィギュア日本勢のレベルも、メダルには遠く及ばない。伸び伸びと自分らしい演技を披露して13位。悔いなく引退も考えたが、翌シーズンに、全日本選手権最多タイの5連覇がかかっていたため、現役を続行。高校2年で5連覇、同3年で最多6連覇を達成した。高校卒業のタイミングでもあり、今度こそ辞めようと思ったが、ある人物に声を掛けられ、引退を翻意する。

68年グルノーブル五輪金メダルのペギー・フレミング、76年インスブルック五輪金メダルのドロシー・ハミル(ともに米国)らを育てたイタリア人のカルロ・ファッシ氏。同氏との出会いがあったからこそ、日本フィギュアの歴史にも新たなページが加わることになる。(敬称略=つづく)(2017年11月19日紙面から。年齢は掲載当時)

◆渡部絵美(わたなべ・えみ)1959年(昭34)8月27日、東京都生まれ。7歳から本格的にスケートを始める。12歳だった72年全日本選手権初優勝。以後8連覇。76年インスブルック五輪は16歳で出場し13位。79年世界選手権銀メダル。80年レークプラシッド五輪6位。同五輪後に引退。引退後はタレント活動のかたわら、全国でスケート教室を開催している。

日本フィギュアの歴史

スコーバレー五輪の会場で必死の8ミリ撮影

59年12月、スコーバレー冬季五輪代表合宿の早朝練習で、やかんのお湯で暖を取る代表選手たち。左から田山秀士監督、上野純子、佐藤信夫、福原美和

世界で戦うこと以上に、大事なことがあった。情報収集。浅田真央らを指導した佐藤信夫(75)は18歳の時、60年スコーバレー五輪に出場する。初の国際大会。佐藤は世界のトップたちの演技を間近で見ることに心を躍らせた。まだテレビは普及しておらず、海外の映像は簡単に見られない。もともと映像に興味のあった佐藤は8ミリ撮影機を持参した。

五輪では前半の組で、自らの演技を終えると、すぐに観客席に向かった。金メダルを獲得したデヴィット・ジェンキンス(米国)の演技を、8ミリ映写機で撮影する。「ゴムまりのようなジャンプ。別世界の人間だと思った。夢中だったから、慌ててしまった」。当時の8ミリは電動ではなく手動。30秒ごとにゼンマイを巻かなければいけないから、焦る。大事なジェンキンスの演技のときに、重ね撮りをしてしまった。

「映像では2人のジェンキンスが滑っていた」と苦笑いしたが、それほど撮影に必死だった。スマホで簡単に動画を撮れる現代とは違う。世界のトップ選手の映像は貴重だった。初の五輪は14位に終わったが、帰国後は、コーチの山下艶子(89)やクラブの仲間たちと何度も映像を見て、研究した。外国人選手の演技を見よう見まねに励んだが、劣悪な練習環境の中では簡単ではなかった。

整氷機はなかったため、リンクの凸凹は選手自らが削った。練習前に30分以上もリンク整備に時間を取られる。「欧米勢はちゃんとした半紙に字を書いていたが、国内では新聞紙に字を書くような感じ」と、書道に例えながら、当時の恵まれない環境を説明した。そんな中でも、佐藤は競技には妥協を許さない。64年インスブルック五輪は8位入賞。65年世界選手権(米国)では日本人初の3回転サルコーを決め4位。フリーだけなら3位に入る快挙を実現した。

全日本選手権では今でも不滅の史上最多10連覇を達成し、66年に24歳で引退する。コーチとして参加した68年グルノーブル五輪。日本選手は表彰台に立てなかったが、次回大会の72年札幌五輪の成功を期して、会場に「君が代」が流れた。感動し、胸を熱くした佐藤は仲間に「やっぱり勝たないとだめだな」とつぶやいた。

「当時は“日本人なんて勝てるわけがない”が決まり文句。フィギュアがこんなに隆盛した時代を迎えたことは、不思議な感じもするけど、我々がもがいた時代から何かが生まれたことも事実だと思う。どう役に立ったかはわからないが」。札幌五輪はメダルなしに終わったが、70年代後半に入ると、男子の佐野稔(62)と、「和製ジャネット・リン」と呼ばれた渡部絵美(58)ら世界のメダルを狙える逸材が出現する。(敬称略=つづく)(2017年11月18日紙面から。年齢は掲載当時)

日本フィギュアの歴史

15歳で日本一も外国勢のダイナミック演技に衝撃

少年時代から、フィギュアスケートと真摯(しんし)に向き合っていた。長女の有香をはじめ、荒川静香、安藤美姫、中野友加里、村主章枝、そして浅田真央ら名スケーターを指導してきた佐藤信夫(75)。14歳から佐藤を教え始めた元全日本女王の山下艶子(89)は「信夫ちゃんは真面目で、よく練習した。“しんどい”なんて口にしたことは1度もなかった」と振り返った。

母節子が経験者だったこともあり、小学6年から本格的に競技を始めた。中学2年だった55年度全日本選手権3位入賞。コーチの山下は、才能ある少年のため、高レベルのプログラムを用意した。52年オスロ五輪を連覇したディック・バトン氏らの演技を研究。日本人ではだれも成功していなかった2回転ルッツも組み込まれた。

57年2月の世界選手権(米国)の代表候補にも浮上。だが、直前の国内選考会では練習の疲労から体調を壊す。自分の演技以外の時は寝ているような状態。男女各3人の有力候補のうち、ただ1人落選してしまった。「初めて悔しさを味わった。これではいかん」と雪辱を期す。世界選手権から1カ月後、同年3月の全日本選手権(東京・後楽園)。世界選手権代表も出場する中、日本人初の2回転ルッツを成功させ、初優勝を飾った。

58年3月、華麗なジャンプの演技をみせる佐藤信夫

日本の頂点に立った15歳の佐藤だったが、世界選手権出場を逃したこともあり、外国勢の演技はまったく未知の世界だった。当時、海外選手の演技を見る機会はほとんどない。街の映画館で、たまにフィギュアスケートのニュース映像が流れた。「年2回ほど、スケートが上映された。必死に見てまねをする。教材はそんなものしかなかった」。

57年秋、世界女王キャロル・ヘイス(米国)らが来日し、エキシビションで演技を披露した。男子は3回転を跳び始め、女子は1、2回転の時代。初めて世界のトップを間近にした15歳は「素晴らしかった。こんなシャープなスケートがあるのかと。フィギュアはやはりスポーツなんだ」と、ダイナミックな演技に、心を揺さぶられた。

18歳のとき、60年スコーバレー五輪の出場権を獲得する。初の国際大会が五輪の大舞台。出発の羽田空港で、佐藤はスケート道具一式以外に、大きな荷物を肩に下げていた。8ミリの撮影機。風光明媚(めいび)を楽しむわけではない。コーチ時代は8ミリがビデオに代わったが、現役、コーチ時代を通して、撮影機は欠かせないアイテムになった。(敬称略=つづく)(2017年11月17日紙面から。年齢は掲載当時)

◆佐藤信夫(さとう・のぶお)1942年(昭17)1月3日、大阪市生まれ。小学6年からフィギュアを始める。全日本選手権は56年度から10連覇。五輪は60年スコーバレー、64年インスブルック大会出場。65年世界選手権4位。68年春にコーチに転身。同年グルノーブル五輪8位の久美子夫人(現コーチ)と69年に結婚。10年2月に世界殿堂入り。16年まで浅田真央を指導した。