日刊スポーツ

ワースランドベベレン小林祐希は無得点で後半交代

スコア速報

12月6日(金)
(現地時間)
本日は試合がありません

12月6日(金)
(現地時間)
本日は試合がありません

新着ニュース

ワースランドベベレン小林祐希は無得点で後半交代

MF小林祐希(19年6月撮影)

<ベルギーリーグ:ワースランドベベレン0-4アントワープ>◇6日◇ベフェレン

MF小林祐希が所属するワースランドベベレンはホームで三好康児が所属するアントワープに0-4で敗れた。前半20分、アントワープのFWランケル・ゼに決勝点となる先制ゴールを決められた。小林は無得点で後半32分に交代した。三好はベンチ外だった。

ワースランドベベレンは2勝5分け11敗、アントワープは10勝4分け4敗となった。

▽得点経過

前半20分【アントワープ】ランケル・ゼ、後半15分【アントワープ】ランケル・ゼ、後半40分【アントワープ】ムボカニ、後半47分【アントワープ】ガノ

関連するニュースを読む

フランクフルト長谷部、鎌田はフル出場も無得点

フランクフルトMF長谷部誠(17年9月撮影)

<ブンデスリーガ:フランクフルト2-2ヘルタ>◇6日◇フランクフルト

MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでヘルタに2-2で引き分けた。1-2の後半41分、フランクフルトのMFロデが同点ゴールを決め追いついた。長谷部はフル出場したが無得点だった。鎌田はフル出場したが無得点だった。

フランクフルトは5勝3分け6敗、ヘルタは3勝3分け8敗となった。

▽得点経過

前半30分【ヘルタ】ルケバキオ、後半18分【ヘルタ】グルイッチ、後半20分【フランクフルト】ヒンテレッガー、後半41分【フランクフルト】ロデ

関連するニュースを読む

バルサMFアレニャ、ヘタフェ移籍間近と地元紙報道

バルセロナMFカルレス・アレニャ(21)が、今冬の移籍市場でヘタフェへの期限付き移籍が間近に迫っていると、スペイン紙アスが6日に報じた。ヘタフェはすでに正式にオファーを出しており、バルセロナはそれを前向きに受け取っているとのことである。

アレニャは今シーズン、バルベルデ監督にほとんど出場のチャンスを与えられていないが、ヘタフェに移籍した場合、出場時間を得られるとみられている。

しかしアレニャが期限付き移籍を果たす鍵は、ヘタフェがヨーロッパリーグのラウンド32進出を達成することであるという。ヘタフェはその切符を懸けて12日にグラスノダール(ロシア)と対戦し、引き分け以上の結果を上げることである。また契約が成立した場合、アレニャはヘタフェで今シーズン終了までプレーする予定になっている。

現在21歳のアレニャのバルセロナとの契約は2022年まで残っており、バルセロナは経験を積めるこの期限付き移籍を前向きに捉えているとのことだ。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

ザッケローニ氏後任のUAE代表監督が解任される

ファンマルウェイク監督(2017年9月5日撮影)

アラブ首長国連邦(UAE)サッカー協会は5日、同国代表のファンマルウェイク監督を解任したと発表した。

3月に元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏の後任として就任したが、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選でG組4位に低迷。

現在開催中のペルシア湾岸諸国による大会ガルフ杯でも1次リーグで敗退した。

関連するニュースを読む

レアル5カ月間で16選手が負傷 無傷は10選手

RマドリードFWベール(15年7月撮影)

レアル・マドリードは7月10日のプレシーズン開始から現在に至るまでの約5カ月間ですでに延べ26選手が負傷したとスペイン紙アス(電子版)が5日に報じている。

これまでプレシーズン開始時のブラヒム・ディアスを皮切りに、5日には新たにマルセロとベールのけがが発覚。これまでに16選手が合計26箇所のけがを負ってきた。その16選手の欠場日数を合計すると535日になるという。

中でも7月に左膝前十字靱帯(じんたい)および外側半月板損傷と診断されたアセンシオは、復帰までに6~7カ月かかるとみられており、シーズンの大半を棒に振ることになった。

その他、これまでにマルセロが4回、ロドリゲスが3回、ブラヒム・ディアス、メンディ、アザール、モドリッチ、ベールが2回、ヨビッチ、クルトワ、ロドリゴ、イスコ、バルベルデ、ナチョ、クロース、ルーカス・バスケスが各1回、何らかのけがを負っている。

一方、けがをしていないのはアレオラ、カルバハル、ミリトン、セルヒオラモス、バラン、オドリオソラ、カゼミロ、ベンゼマ、マリアーノ、ビニシウスの10選手のみ。

そして今現在、アセンシオ、ルーカス・バスケス、ロドリゲス、マルセロ、アザールの5選手がリハビリを続けており、ベールはジムとグラウンドで別メニューを実施している。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

レアル・アザール足首の骨折でクラシコ欠場へ

レアル・マドリードのエデン・アザール(28)は、足首の骨折によりクラシコを欠場する見込みだと5日付英紙サン電子版が報じた。

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のパリサンジェルマン戦で負傷しており、当初は10日間の離脱が見込まれていたが、松葉づえをついて歩く様子から、深刻なけがを心配されていた。

18日には、ライバルのバルセロナとの大事な一戦が控える。Rマドリードは、足首の軽度の骨折を発表したほか、けがの状況からクラシコを欠場する可能性が高いとサン紙が伝えた。

今夏に同クラブに加入して以来、思うようなプレーができていない。これまでに13試合に出場したが、1ゴール4アシストにとどまっている。(A・アウグスティニャク通信員)

関連するニュースを読む

中島はカップ戦にフル出場 敵地快勝に貢献

ポルトガル・リーグカップは5日、リーグ戦方式の3回戦が行われ、D組でポルトの中島翔哉は3-0で快勝したアウェーのカサピア戦にフル出場した。(共同)

関連するニュースを読む

武藤5試合連続ベンチ外 ニューカッスルは勝つ

<プレミアリーグ:シェフィールド・ユナイテッド0-2ニューカッスル>◇5日◇シェフィールド

FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはアウェーでシェフィールド・ユナイテッドに2-0で勝利した。

前半15分にMFサンマクシマンが先制し、後半24分にMFシェルビーが追加点を奪った。

武藤は5試合連続でベンチ外だった。

ニューカッスルは5勝4分け6敗の勝ち点19で11位。

関連するニュースを読む

エバートンが監督解任 降格圏の18位に低迷

エバートンは5日、シルバ監督を解任したと発表した。

就任2年目の今季は4勝2分け9敗で降格圏の18位に低迷している。後任は未定で、ファーガソン・コーチが暫定的に指揮する。(共同)

関連するニュースを読む

長友佑都ボローニャかサンプドリア移籍か トルコ紙

長友佑都(左)とラニエリ監督(2012年撮影・PNP)

トルコ1部ガラタサライの今冬の放出リストに挙げられている日本代表DF長友佑都(33)の移籍先が、イタリアのボローニャかサンプドリアの可能性があると、トルコの地元紙ギュネシ電子版が5日に報じた。

今季のセリエAで12位のボローニャは、左サイドバックのDFデンスビルらのバックアップメンバーとして長友の獲得を検討しているという。

17位に低迷するサンプドリアはリーグ最少の9得点と不調だが、チームを率いるラニエリ監督は、長友のインテルミラノ時代の指揮官。長友の獲得を希望しているという。左サイドバックのDFムッルが負傷し、コンディション不調であるため長友を起用したい意向だという。

(オルムシュ由香通信員)

関連するニュースを読む

レアル、エムバペ獲得のカギはビニシウスと地元紙

エムバペ

レアル・マドリードの来シーズンの獲得目標であるパリサンジェルマン所属のフランス代表FWエムバペ(20)について、ブラジル代表FWビニシウスがカギを握る可能性があるとスペイン紙アスが5日に報じている。

エムバペを獲得する場合、これまでに全く乗り越えられなかったパリサンジェルマンという障害が存在している。しかしパリサンジェルマンのスポーツディレクター、レオナルド氏は同じブラジル出身のビニシウスを高く評価しており、以前から興味を示しているという。

実際、Rマドリードが今夏、退団を希望していたネイマールの状況を問い合わせた際、パリサンジェルマンの回答はビニシウスを交渉に含めるというものだったため、Rマドリードは拒否したのである。

しかし今シーズン開幕以降、ビニシウスの立場は大幅に変わっている。Rマドリード首脳陣は将来、ビニシウスがクラブ内で重要な選手になると考え続けている一方、ジダン監督は同じようには見ていない。今シーズンの出場時間が全体の26・2%の448分間、さらにここ3試合出場していないというデータがそのことを物語っている。

ジダンは公の場でエムバペを気に入っていることを明らかにしているが、パリサンジェルマンが放出に同意した場合にのみ獲得が実現するため、獲得が非常に難しいことに変わりはない。そのためRマドリードが今後交渉する際、金銭にプラスしてビニシウスを含める予定であるという。

また、Rマドリードにとっての好材料は、2022年で契約の切れるエムバペに対し、パリサンジェルマンが契約期間の延長を申し入れているが、本人が現時点で契約更新を行わない姿勢を見せていることである。これにより実現不可能と思われるオペレーションが可能になりつつあると同紙は伝えている。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

UEFA、22年W杯欧州予選で新たな方式導入予定

欧州サッカー連盟(UEFA)は4日、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の予選で新たな方式を導入する予定であると発表した。

欧州の出場枠は13だが、まず加盟55チームを10組に分け、各組首位が本大会に出場。残る3枠は各組2位の10チームと、各組3位以下のうち20-21年UEFAネーションズリーグの成績上位2チームを加えた計12チームがプレーオフに進出する。それを3分割し、1試合方式で準決勝、決勝を行い、残る3枠を決める。

関連するニュースを読む

バルサが17歳FWファティと契約更新

バルセロナは4日、FWアンス・ファティ(17)との契約を更新したとクラブの公式サイトで発表した。

契約期間は3年延長の2022年6月30日まで。契約解除金は1億ユーロ(約120億円)から7000万(約84億円)アップの1億7000ユーロ(約204億円)となった。将来トップチームの選手としてプロ契約が行われた場合、契約解除金が4億ユーロ(約480億円)に値上がる条項も含まれている。

今夏のプレシーズンはトップチームの日本ツアーや米国遠征には参加しなかった。しかし、その後にメッシのけがなどFW不足もあって、バルベルデ監督に招集されると、1部リーグ第2節ベティス戦にクラブ史上2番目の若さとなる16歳298日でトップチームデビューを果たした。最年少記録はビセンテ・マルティネスで16歳280日。

続くオサスナ戦ではクラブ史上最年少の16歳304日でゴールを決めた。ギニアビサウ出身だが、9月にスペイン国籍を取得。10月にU-21代表デビューを果たしている。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

トゥールーズ6連敗 負傷の昌子はベンチ外

<フランスリーグ:トゥールーズ1-2モナコ>◇4日◇トゥールーズ

DF昌子源が所属するトゥールーズはホームでモナコに1-2で敗れた。

負傷の昌子はベンチ入りしなかった。

6連敗のトゥールーズは3勝3分け10敗の勝ち点12で最下位。

関連するニュースを読む

吉田が9失点以来の出番「やっと前に踏み出せた」

<プレミアリーグ:サウサンプトン2-1ノリッジ>◇4日◇サウサンプトン

サウサンプトンDF吉田麻也が、9失点で大敗した10月25日のレスター戦以来の出場を果たした。

終盤に守備固めで投入され、逃げ切りに貢献。「個人的に0-9でずっと止まっていたので、早く前進したいと思っていた。やっと前に踏み出せた」と安堵(あんど)感を口にした。

チームは降格圏のライバルに連勝し、17位に浮上。センターバックの定位置奪回に向け「こういうところから少しずつチャンスをつかみたい」と巻き返しを期していた。(共同)

関連するニュースを読む

サウサンプトン降格圏暫定脱出 吉田は後半途中出場

後半43分、2点目を決め祝福されるサウサンプトンDFバートランド(右)(AP)

<プレミアリーグ:サウサンプトン2-1ノリッジ>◇4日◇サウサンプトン

DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが残留を争うノリッジをホームで2-1で下し、2連勝で勝ち点を15として暫定17位となり降格圏を脱出した。

前半22分、左サイドからのMFウォードプラウズのFKをニアでFWイングスが頭を合わせて先制し、同43分には右CKをニアでFWロングが頭で流し、ファーに詰めていたDFバートランドが右足で流し込んで追加点を奪った。後半20分に縦パスを通されてFWプッキに得点されたが、1点差を守りきった。

吉田は2-1とリードした後半40分から5試合ぶりに出場した。

関連するニュースを読む

浅野が左サイド先発で先制起点もパルチザン逆転負け

<セルビアリーグ:パルチザン2-3ナプレダク>◇4日◇ベオグラード

FW浅野拓磨が所属するパルチザンはホームでナプレダクに2-3で逆転負けした。

MFスマーの2得点でリードを奪ったが、前半終了間際に1点差に迫られ、後半に2失点して逆転を許した。

左サイドで先発した浅野は前半13分に左クロスを上げて先制点の起点となり、後半45分に退いた。

リーグ戦で5試合ぶりの黒星を喫したパルチザンは12勝2分け4敗の勝ち点38で4位。

関連するニュースを読む

森岡が決勝アシスト シャルルロワが8強進出

<ベルギー杯>◇6回戦◇4日◇ワーレゲムほか

MF森岡亮太が所属するシャルルロワが8強進出を決めた。

FW久保裕也が所属するヘントと対戦し、後半39分、森岡のアシストからMFブルーノが決勝ゴールを決め1-0で勝利した。久保はベンチ入りしなかった。

シントトロイデンは前半早々に退場者を出し、ワーレゲムに0-3で敗れた。GKシュミット・ダニエル、FW伊藤達哉はフル出場し、FW鈴木優磨は後半途中に退いた。

FW豊川雄太が所属するオイペンもコルトレイクに1-2で逆転負けし、敗退した。豊川はベンチ入りしなかった。

関連するニュースを読む

ボローニャ4回戦敗退 冨安は負傷以外で初の欠場

<イタリア杯:ウディネーゼ4-0ボローニャ>◇4回戦◇4日◇ウディネ

DF冨安健洋が所属するボローニャはウディネーゼに0-4で敗れ、敗退した。

11月24日のパルマ戦で負傷から復帰し、リーグ戦で2試合連続先発していた冨安はベンチ入りしたが出場機会はなく、負傷以外では初の公式戦欠場となった。

関連するニュースを読む

エムバペ&ネイマール弾 パリSGリーグ戦3連勝

後半7分、先制点を挙げたFWエムバペ(右)を祝福するパリサンジェルマンFWネイマール(AP)

<フランスリーグ:パリサンジェルマン2-0ナント>◇4日◇パリ

パリサンジェルマンはホームでナントを2-0で勝利し、リーグ戦3連勝とした。

前半41分に右CKからのこぼれ球をFWネイマールが左足で蹴り込んでゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でその前にファウルがあったとしてノーゴールとなった。しかし後半7分、ネイマールのスルーパスで抜け出したMFディマリアが右サイドから左足アウトでクロス。これをFWエムバペが右足ヒールで流し込んで先制に成功。同40分にはFWイカルディが倒されて得たPKをネイマールが右足で沈めて突き放した。

パリサンジェルマンは12勝3敗の勝ち点36で、1試合消化の多い2位マルセイユとは5差。

関連するニュースを読む

マンU、前監督モウリーニョ氏率いるトットナム破る

後半4分、勝ち越しゴールを決め祝福されるマンチェスターU・FWラッシュフォード(左)(AP)

<プレミアリーグ:マンチェスターU2-1トットナム>◇4日◇マンチェスター

マンチェスター・ユナイテッドがホームで前監督のモウリーニョ氏が率いるトットナムを2-1で下した。

前半6分、左サイドでこぼれ球を拾ったFWラッシュフォードがペナルティーエリア左から右足でニアサイドをぶち抜いてマンチェスターUが先制。同39分にゴール前に大きく浮いたこぼれ球を、MFアリが見事なボールコントロールから右足でたたきこんでトットナムが同点に追いついた。しかしマンチェスターUは後半4分、ラッシュフォードが倒されて得たPKを自らが相手GKの逆を突くゴール右へ決めて勝ち越し、そのまま逃げきった。

3試合ぶりにリーグ戦で勝利を挙げたマンチェスターUは5勝6分け4敗の勝ち点21で暫定6位。モウリーニョ監督が就任して公式戦3連勝だったトットナムは就任後初の黒星を喫し、5勝5分け5敗の20で暫定8位。

指示を送るマンチェスターUのスールシャール監督。右はトットナムのモウリーニョ監督(AP)

関連するニュースを読む

リバプール、サラーら主力温存も5発快勝で6連勝

前半31分、チーム3点目を決めたリバプールFWオリギ(AP)

<プレミアリーグ:リバプール5-2エバートン>◇4日◇リバプール

首位リバプールがホームでエバートンに5-2で快勝し、リーグ戦6連勝とした。

下位相手とあってFWサラー、FWフィルミノら主力を温存したが、前半をFWオリギの2得点、FWマネの1得点2アシストなどで4-2で折り返し、終盤にはMFワイナルドゥムがダメ押し点を奪った。

リバプールは今季開幕から14勝1分けと首位を独走。昨季から数えると34戦無敗となり87〜88年シーズンにマークしたクラブの連続試合無敗記録を更新した。またクロップ監督は就任からリーグ通算100勝を達成した。

2位レスターはホームでワトフォードをFWバーディーのPKによる得点などで2-0で退け、リーグ戦6連勝。4位チェルシーはホームでアストンビラに2-1で競り勝ち、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げた。

首位リバプールと2位レスターとの差は8差。3位マンチェスター・シティーとは11差。

関連するニュースを読む

食野後半途中出場 ハーツは追いつきドロー

<スコットランドリーグ:ハーツ1-1リビングストン>◇4日◇エディンバラ

FW食野亮太郎が所属するハーツはホームでリビングストンと1-1で引き分けた。

前半に先制されたが、後半にFWマクレーンのゴールで追い付いた。

食野は0-1とリードされた後半31分から出場した。

ハーツは2勝6分け7敗の勝ち点12で9位。

関連するニュースを読む

ジダン監督がポグバ獲得をクラブに再要請 地元紙

レアル・マドリードのジダン監督(2019年7月20日撮影)

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(47)が、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)の獲得をクラブに再要請していると、スペイン紙マルカが4日、大々的に報じている。

Rマドリードは今季、スタートこそやや苦しんだが、最近はリーグ戦と欧州CLの2大会で好調を維持している。要因の1つとしてMFバルベルデの台頭がある。ジダン監督はチームの調子が良くなっている中でも、今夏からポグバとの契約に固執し続け、メンバーを完璧なものにする重要なピースになると考えている。

指揮官にとってポグバは今年3月にRマドリードの監督に再就任してから、唯一クラブに獲得を強く希望している選手である。今冬の移籍市場で契約する場合は、トップチームの登録枠に空きがないため、選手の放出が必要となるという。

現在負傷中のポグバは、マンチェスターUと2021年6月30日まで契約を交わしている。だが、契約延長は拒否しており、マンチェスターU側も同選手がRマドリードへの移籍願望を持っていることを理解している。

両者にとっての問題は、Rマドリードが最終的に獲得に動くかどうかが現時点で不透明なことである。

Rマドリードはポグバが素晴らしい選手であることを認めつつも、バルベルデが予想以上に躍進。ポグバをチームにどのように当てはめるかで疑問をもっているという。さらに、復帰の可能性があるRソシエダードに期限付き移籍中のエデゴールのような若手選手の成長の妨げになるようなことを望んでいないこと。そして、そもそもポグバの獲得が非常に難しいこともあり、クラブは消極的であるという。

ポグバ獲得には最低でも1億2000万ユーロ(約144億円)の移籍金が必要と見られている。クラブの首脳陣の中には、アザールと同じような費用をかけることはできないと話す者もいるようだ。さらに、他の問題として、手取り1600万ユーロ(約19億2000万円)という高額な年俸も障害となっていると報じた。

多くのマイナス要素がある状況で、Rマドリードが常識を逸脱した移籍金をポグバ獲得に向けて投資することはないとのことである。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

本田圭佑がオンラインで少年少女への直接指導実施へ

フィテッセ本田圭佑(19年撮影・PIKO)

オランダ1部フィテッセMF本田圭佑(33)が4日、ツイッターで「サッカー選手として本気で成長したい少年少女に、正しい努力と継続のやり方をオンラインで僕自身が直接、本気で指導するサービスNowDoを始めます。想いを動画にしました。正しくない努力は継続しても、決して目標へ辿り着けない。それを才能や根性のせいにしてはいけない」とつぶやいた。

これまで、次世代の育成に、自身のサッカースクールや世界各地で直接指導するクリニック(サッカー教室)などを行ってきたが、今度はオンラインでの有料サービスで行うようだ。

動画では「まずは僕本人がメンターとなって、プロサッカー選手を目指す少年(少女)たちに向けて、指導を行います」などと説明している。

本田がメンター(指導者)となり、コーチらとともに成長に役立つ助言などを行うようだ。運営会社は「NowDo株式会社」で、同社の最高経営責任者(CEO)は本田自身が務めている。

関連するニュースを読む

◆2020年欧州選手権 予選の日程と結果

<欧州選手権予選>◇19年6月〜11月◇各地

広域開催となる2020年欧州選手権の予選が19年3月から行われ、予選突破20チームが決定した。

残り4枠は欧州ネーションズリーグ各組1位の計16チームがプレーオフを行って争う。すでに欧州選手権出場を決めているチームがある場合、その組の2位以下が参加。

組み合わせ抽選はプレーオフが22日、本大会は30日に行われる。プレーオフの準決勝は20年3月26日、決勝は同31日。本大会は20年6月12日に開幕する。

◆本大会出場決定チーム ベルギー、イタリア、ポーランド、ロシア、ウクライナ、スペイン、イングランド、チェコ、フランス、トルコ、フィンランド、スウェーデン、ドイツ、オランダ、クロアチア、オーストリア、ポルトガル、スイス、デンマーク、ウェールズ

◆本大会組み合わせ

<A組>

順位チーム勝点
( )イタリア00000000
( )スイス00000000
( )トルコ00000000
( )ウェールズ00000000

<B組>

順位チーム勝点
( )ベルギー00000000
( )デンマーク00000000
( )フィンランド00000000
( )ロシア00000000

<C組>

順位チーム勝点
( )オーストリア00000000
( )オランダ00000000
( )プレーオフ(D)の勝者00000000
( )ウクライナ00000000

<D組>

順位チーム勝点
( )クロアチア00000000
( )チェコ00000000
( )イングランド00000000
( )プレーオフ(C)の勝者00000000

<E組>

順位チーム勝点
( )プレーオフ(B)の勝者00000000
( )ポーランド00000000
( )スペイン00000000
( )スウェーデン00000000

<F組>

順位チーム勝点
( )フランス00000000
( )ドイツ00000000
( )プレーオフ(D)の勝者00000000
( )ポルトガル00000000

◆プレーオフ進出チーム アイスランド、ブルガリア、イスラエル、ハンガリー、ルーマニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スロバキア、アイルランド、北アイルランド、スコットランド、ノルウェー、セルビア、ジョージア、北マケドニア、コソボ、ベラルーシ

◆プレーオフ

◆1回戦(20年3月20日)

(A)アイスランド-ルーマニア

(A)ブルガリアーハンガリー

(B)ボスニア・ヘルツェゴビナー北アイルランド

(B)スロバキアーアイルランド

(C)スコットランドーイスラエル

(C)ノルウェーーセルビア

(D)ジョージアーベラルーシ

(D)北マケドニアーコソボ

◆決勝(20年3月31日)

(A)ー(A)

(B)ー(B)

(C)ー(C)

(D)ー(D)

◆予選リーグ

【注】★は本大会進出チーム

<A組>

順位チーム勝点
(1)★イングランド87013763121
(2)★チェコ85031311215
(3)コソボ83231316-311
(4)ブルガリア8134617-116
(5)モンテネグロ8035322-193

 3・22 イングランド5-0チェコ

      ブルガリア1-1モンテネグロ

 3・25 モンテネグロ1-5イングランド

      コソボ1-1ブルガリア

 6・ 7 モンテネグロ1-1コソボ

      チェコ2-1ブルガリア

 6・10 チェコ3-0モンテネグロ

      ブルガリア2-3コソボ

 9・ 7 コソボ2-1チェコ

      イングランド4-0ブルガリア

 9・10 モンテネグロ0-3チェコ

      イングランド5-3コソボ

10・11 モンテネグロ0-0ブルガリア

      チェコ2-1イングランド

10・14 コソボ2-0モンテネグロ

      ブルガリア0-6イングランド

11・14 イングランド7-0モンテネグロ

      チェコ2-1コソボ

11・17 コソボ0-4イングランド

      ブルガリア1-0チェコ

<B組>

順位チーム勝点
(1)★ウクライナ86201741320
(2)★ポルトガル85212261617
(3)セルビア84221717014
(4)ルクセンブルク8116716-94
(5)リトアニア8017525-201

 3・22 ポルトガル0-0ウクライナ

      ルクセンブルク2-1リトアニア

 3・25 ポルトガル1-1セルビア

      ルクセンブルク1-2ウクライナ

 6・ 7 ウクライナ5-0セルビア

      リトアニア1-1ルクセンブルク

 6・10 ウクライナ1-0ルクセンブルク

      セルビア4-1リトアニア

 9・ 7 リトアニア0-3ウクライナ

      セルビア2-4ポルトガル

 9・10 ルクセンブルク1-3セルビア

      リトアニア1-5ポルトガル

10・11 ウクライナ2-0リトアニア

      ポルトガル3-0ルクセンブルク

10・14 ウクライナ2-1ポルトガル

      リトアニア1-2セルビア

11・14 セルビア-ルクセンブルク

      ポルトガル6-0リトアニア

11・17 セルビア2-2ウクライナ

      ルクセンブルク0-2ポルトガル

<C組>

順位チーム勝点
(1)★ドイツ87013072321
(2)★オランダ86112471719
(3)北アイルランド8413913-413
(4)ベラルーシ8116416-124
(5)エストニア8017226-241

 3・21 北アイルランド2-0エストニア

      オランダ4-0ベラルーシ

 3・24 北アイルランド2-1ベラルーシ

      オランダ2-3ドイツ

 6・ 8 エストニア1-2北アイルランド

      ベラルーシ0-1ドイツ

 6・11 ドイツ8-0エストニア

      ベラルーシ0-1北アイルランド

 9・ 6 ドイツ2-4オランダ

      エストニア1-2ベラルーシ

 9・ 9 北アイルランド0-2ドイツ

      エストニア0-4オランダ

10・10 オランダ3-1北アイルランド

      ベラルーシ0-0エストニア

10・13 エストニア1-2オランダ

      エストニア0-3ドイツ

11・16 北アイルランド0-0オランダ

      ドイツ4-0ベラルーシ

11・19 オランダ5-0エストニア

      ドイツ6-1北アイルランド

<D組>

順位チーム勝点
(1)★スイス85211961317
(2)★デンマーク84402361716
(3)アイルランド834175213
(4)ジョージア8224711-48
(5)ジブラルタル8008331-280

 3・23 ジョージア0-2スイス

      ジブラルタル0-1アイルランド

 3・26 スイス3-3デンマーク

      アイルランド1-0ジョージア

 6・ 7 ジョージア3-0ジブラルタル

      デンマーク1-1アイルランド

 6・10 アイルランド2-0ジブラルタル

      デンマーク5-1ジョージア

 9・ 5 アイルランド1-1スイス

      ジブラルタル0-6デンマーク

 9・ 8 スイス4-0ジブラルタル

      ジョージア0-0デンマーク

10・12 ジョージア0-0アイルランド

      デンマーク1-0スイス

10・15 スイス2-0アイルランド

      ジブラルタル2-3ジョージア

11・15 スイス1-0ジョージア

      デンマーク6-0ジブラルタル

11・18 アイルランド1-1デンマーク

      ジブラルタル1-6スイス

<E組>

順位チーム勝点
(1)★クロアチア85211771017
(2)★ウェールズ8422106414
(3)スロバキア84131311213
(4)ハンガリー8404811-312
(5)アゼルバイジャン8017518-131

 3・21 スロバキア2-0ハンガリー

      クロアチア2-1アゼルバイジャン

 3・24 ウェールズ1-0スロバキア

      ハンガリー2-1クロアチア

 6・ 8 クロアチア2-1ウェールズ

      アゼルバイジャン1-3ハンガリー

 6・11 アゼルバイジャン1-5スロバキア

      ハンガリー1-0ウェールズ

 9・ 6 ウェールズ2-1アゼルバイジャン

      スロバキア0-4クロアチア

 9・ 9 アゼルバイジャン1-1クロアチア

      ハンガリー1-2スロバキア

10・10 スロバキア1-1ウェールズ

      クロアチア3-0ハンガリー

10・13 ハンガリー1-0アゼルバイジャン

      ウェールズ1-1クロアチア

11・16 アゼルバイジャン0-2ウェールズ

      クロアチア3-1スロバキア

11・19 ウェールズ2-0ハンガリー

      スロバキア2-0アゼルバイジャン

<F組>

順位チーム勝点
(1)★スペイン108203152626
(2)★スウェーデン106312391421
(3)ノルウェー104511911817
(4)ルーマニア104241715214
(5)フェロー諸島10109430-263
(6)マルタ10109327-243

 3・23 スウェーデン2-1ルーマニア

      マルタ2-1フェロー諸島

      スペイン2-1ノルウェー

 3・26 ルーマニア4-1フェロー諸島

      ノルウェー3-3スウェーデン

      マルタ0-2スペイン

 6・ 7 スウェーデン3-0マルタ

      ノルウェー2-2ルーマニア

      フェロー諸島1-4スペイン

 6・10 スペイン3-0スウェーデン

      マルタ0-4ルーマニア

      フェロー諸島0-2ノルウェー

 9・ 5 ルーマニア1-2スペイン

      ノルウェー2-0マルタ

      フェロー諸島0-4スウェーデン

 9・ 8 スペイン4-0フェロー諸島

      ルーマニア1-0マルタ

      スウェーデン1-1ノルウェー

10・12 フェロー諸島0-3ルーマニア

      ノルウェー1-1スペイン

      マルタ0-4スウェーデン

10・15 スウェーデン1-1スペイン

      ルーマニア1-1ノルウェー

      フェロー諸島-マルタ

11・15 スペイン7-0マルタ

      ルーマニア0-2スウェーデン

      ノルウェー4-0フェロー諸島

11・18 スウェーデン3-0フェロー諸島

      スペイン5-0ルーマニア

      マルタ1-2ノルウェー

<G組>

順位チーム勝点
(1)★ポーランド108111851325
(2)★オーストリア106131991019
(3)北マケドニア104241213-114
(4)スロベニア104241611514
(5)イスラエル103251618-211
(6)ラトビア10109328-253

 3・21 イスラエル1-1スロベニア

      北マケドニア3-1ラトビア

      オーストリア0-1ポーランド

 3・24 イスラエル4-2オーストリア

      スロベニア1-1北マケドニア

      ポーランド2-0ラトビア

 6・ 7 ラトビア0-3イスラエル

      北マケドニア0-1ポーランド

      オーストリア1-0スロベニア

 6・10 ポーランド4-0イスラエル

      ラトビア0-5スロベニア

      北マケドニア1-4オーストリア

 9・ 5 イスラエル1-1北マケドニア

 9・ 6 スロベニア2-0ポーランド

      オーストリア6-0ラトビア

 9・ 9 スロベニア3-2イスラエル

      ポーランド0-0オーストリア

      ラトビア0-2北マケドニア

10・10 ラトビア0-3ポーランド

      北マケドニア2-1スロベニア

      オーストリア-イスラエル

10・13 スロベニア0-1オーストリア

      ポーランド2-0北マケドニア

10・15 イスラエル3-1ラトビア

11・16 スロベニア1-0ラトビア

      イスラエル1-2ポーランド

      オーストリア2-1北マケドニア

11・16 ポーランド3-2スロベニア

      ラトビア1-0オーストリア

      北マケドニア1-0イスラエル

<H組>

順位チーム勝点
(1)★フランス108112561925
(2)★トルコ107211831523
(3)アイスランド106131411319
(4)アルバニア104151614213
(5)アンドラ10118320-174
(6)モルドバ10109426-223

 3・22 モルドバ1-4フランス

      アンドラ0-2アイスランド

      アルバニア0-2トルコ

 3・25 トルコ4-0モルドバ

      フランス4-0アイスランド

      アンドラ0-3アルバニア

 6・ 8 アイスランド1-0アルバニア

      モルドバ1-0アンドラ

      トルコ2-0フランス

 6・11 アイスランド2-1トルコ

      アンドラ0-4フランス

      アルバニア2-0モルドバ

 9・ 7 アイスランド3-0モルドバ

      トルコ1-0アンドラ

      フランス4-1アルバニア

 9・10 モルドバ0-4トルコ

      フランス3-0アンドラ

      アルバニア4-2アイスランド

10・11 トルコ1-0アルバニア

      アイスランド0-1フランス

      アンドラ1-0モルドバ

10・14 モルドバ0-4アルバニア

      アイスランド2-0アンドラ

      フランス1-1トルコ

11・14 トルコ0-0アイスランド

      フランス2-1モルドバ

      アルバニア2-2アンドラ

11・17 モルドバ1-2アイスランド

      アンドラ0-2トルコ

      アルバニア0-2フランス

<I組>

順位チーム勝点
(1)★ベルギー1010004033730
(2)★ロシア108023382524
(3)スコットランド105051619-315
(4)キプロス103161520-510
(5)カザフスタン103161317-410
(6)サンマリノ100010151-500

 3・21 カザフスタン3-0スコットランド

      キプロス5-0サンマリノ

      ベルギー3-1ロシア

 3・24 カザフスタン0-4ロシア

      サンマリノ0-2スコットランド

      キプロス0-2ベルギー

 6・ 8 ロシア9-0サンマリノ

      スコットランド2-1キプロス

      ベルギー3-0カザフスタン

 6・11 カザフスタ4-0サンマリノ

      ロシア1-0キプロス

      ベルギー3-0スコットランド

 9・ 6 スコットランド1-2ロシア

      サンマリノ0-4ベルギー

      キプロス1-1カザフスタン

 9・ 9 スコットランド0-4ベルギー

      サンマリノ0-4キプロス

      ロシア1-0カザフスタン

10・10 カザフスタン1-2キプロス

      ロシア4-0スコットランド

      ベルギー9-0サンマリノ

10・13 カザフスタン0-2ベルギー

      スコットランド6-0サンマリノ

      キプロス0-5ロシア

11・16 キプロス1-2スコットランド

      サンマリノ1-3カザフスタン

      ロシア1-4ベルギー

11・19 ベルギー6-1キプロス

      サンマリノ0-5ロシア

      スコットランド3-1カザフスタン

<J組>

順位チーム勝点
(1)★イタリア1010003743330
(2)★フィンランド106041610618
(3)ギリシャ104241214-214
(4)ボスニア・ヘルツェゴビナ104152017313
(5)アルメニア103161425-1110
(6)リヒテンシュタイン10028231-292

 3・23 リヒテンシュタイン0-2ギリシャ

      イタリア2-0フィンランド

      ボスニア・ヘルツェゴビナ2-1アルメニア

 3・26 アルメニア0-2フィンランド

      イタリア6-0リヒテンシュタイン

      ボスニア・ヘルツェゴビナ2-2ギリシャ

 6・ 8 フィンランド2-0ボスニア・ヘルツェゴビナ

      アルメニア3-0リヒテンシュタイン

      ギリシャ0-3イタリア

 6・11 リヒテンシュタイン0-2フィンランド

      イタリア2-1ボスニア・ヘルツェゴビナ

      ギリシャ2-3アルメニア

 9・ 5 アルメニア1-3イタリア

      フィンランド1-0ギリシャ

      ボスニア・ヘルツェゴビナ5-0リヒテンシュタイン

 9・ 8 アルメニア4-2ボスニア・ヘルツェゴビナ

      ギリシャ1-1リヒテンシュタイン

      フィンランド1-2イタリア

10・12 ボスニア・ヘルツェゴビナ4-1フィンランド

      リヒテンシュタイン1-1アルメニア

      イタリア2-0ギリシャ

10・15 リヒテンシュタイン0-5イタリア

      ギリシャ2-1ボスニア・ヘルツェゴビナ

      フィンランド3-0アルメニア

11・15 フィンランド3-0リヒテンシュタイン

      アルメニア0-1ギリシャ

      ボスニア・ヘルツェゴビナ0-3イタリア

11・18 リヒテンシュタイン0-3ボスニア・ヘルツェゴビナ

      イタリア9-1アルメニア

      ギリシャ2-1フィンランド

関連するニュースを読む

伊東が同点弾もPK戦失敗 8強目前敗退に「残念」

<ベルギー杯:アントワープ3(4PK3)3ゲンク>◇6回戦◇3日◇アントワープ

FW伊東純也が所属するゲンクはMF三好康児が所属するアントワープに3-3からのPK戦で3-4で敗れた。三好がベンチ外だったアントワープは8強入りした。

伊東は後半23分から出場。1点を追う延長前半終了間際に右足で同点ゴールを決めた。3-3としてPK戦に持ち込んだが、4人目で登場した伊東が失敗。ベスト8を前に敗退し「追い付いてPK戦までいったのは良かったが、失敗してしまったので残念」と責任を背負った。

監督交代後も未勝利と苦しいチームで攻撃のキーマンとして期待される背番号7。「いい試合はできているが、簡単に失点してしまう。もうリーグ戦しかないので、切り替えて順位を上げられるようにしたい」と話した。(共同)

関連するニュースを読む

酒井、左肩負傷で大事取る「次の試合は大丈夫」

<フランスリーグ:アンジェ0-2マルセイユ>◇3日◇アンジェ

マルセイユDF酒井宏樹は前半にペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得した。

このプレーで左肩を負傷し、ハーフタイムで交代。「日本代表のキルギス戦で肩を痛め、それをもう1回やった感じ。倒れたときにボールがあったせいで肩をひねってしまった」と状況を説明した。

前半に2点を奪ったチームは5連勝と好調をキープ。酒井は「痛みがひどくなったら駄目と思い大事を取った。次の試合は大丈夫」と8日のボルドー戦の出場を目指す。(共同)

関連するニュースを読む

酒井宏樹PK獲得も負傷で交代 マルセイユは5連勝

DF酒井宏樹(19年2月撮影)

<フランスリーグ:アンジェ0-2マルセイユ>◇3日◇アンジェ

マルセイユDF酒井宏樹は右サイドバックで先発しPKを獲得してチームの勝利に貢献したが、左肩を負傷し前半終了で退いた。

マルセイユは前半17分、FKの素早いリスタートからMFサンソンが流し込んで先制。同41分には酒井がカウンターから右サイドをドリブルで駆け上がり、FWサルとのパス交換からペナルティーエリア右へ進入。ここで相手DFトマに倒されてPKを獲得しMFパイエが決めてリードを広げたが、酒井は左肩を押さえたまま苦悶の表情を見せ、ピッチに倒れ込んだまましばらく立ち上がれなかった。前半はそのままプレーしたが、前半終了で交代した。

敵地で2-0でアンジェを下し連勝を5に伸ばしたマルセイユは9勝4分け3敗の勝ち点31で暫定2位。2試合消化の少ない首位マルセイユとは2差。

関連するニュースを読む

熊谷が初のアジアMVP 高倉監督は7度目の受賞

日本対南アフリカ 前半、熊谷(右から2人目)は先制ゴールを決め笑顔を見せる。右は長谷川(19年11月10日撮影)

アジア・サッカー連盟(AFC)の年間表彰式が2日、香港で行われ、女子の最優秀選手にフランス1部リヨンの日本代表「なでしこジャパン」DF熊谷紗希(29)が初選出された。

熊谷は中心選手としてワールドカップ(W杯)フランス大会で決勝トーナメント進出に貢献。リヨンでは国内リーグ、カップ戦、女子欧州チャンピオンズリーグ(CL)で優勝した。女子最優秀監督は日本代表の高倉麻子監督が7度目の受賞。

東アジアE-1選手権の代表選手発表会見に臨むなでしこジャパンの高倉監督(19年11月29日撮影)

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。