日刊スポーツ

チェルシー ランパード監督間近も年俸は低い方?

新着ニュース

チェルシー ランパード監督間近も年俸は低い方?

ランパード氏

チェルシーは、フランク・ランパード監督(41)の指揮官指名間近だが、年俸はプレミアリーグ内でも低い額だと、26日付の英紙サン電子版が伝えた。

3年契約で総額1650万ポンド(約23億2000万円)で、年俸550万ポンド(約7億7300万円)を提示されたという。国際サッカー連盟(FIFA)から移籍禁止が言い渡されたが、トロフィー獲得という難しいタスクが課される。

他クラブの監督年俸は、サウサンプトンに就任したばかりのハーゼンヒュットル監督とアーセナルのエメリ監督は、それぞれ年俸600万ポンド(約8億4400万円)を稼ぎ、リバプールのクロップ監督とマンチェスターUのスールシャール監督は750万ポンド(約10億5000万円)の年俸を受け取っている。さらに高額なのはトットナムのポチェティーノ監督の850万ポンド(約12億円)。マンチェスターCのグアルディオラ監督に至っては、イングランド最高額の2000万ポンド(約28億1000万円)と超高額となっている。

大富豪アブラモビッチ氏がオーナーを務めるチェルシーだが、クラブのレジェンドに支払う年俸は、それほど高くなかったと報じた。

(A・アウグスティニャク通信員)

関連するニュースを読む

中島翔哉がポルト移籍か 現地メディア一斉に報じる

中島翔哉

日本代表MF中島翔哉(24)がポルトガルの名門ポルトへ移籍する可能性が高まっていると、ポルトガルのメディアが一斉に報じた。

「zerozero.pt」によると「ポルトは中島と事前合意」と個人合意に達しているという。残すは、23年6月まで中島と契約しているカタール1部アルドハイルとのクラブ間合意だけだと報じた。契約は完全移籍ではなく、期限付き移籍になるだろうとも伝えている。

「A BOLA」も中島のポルト移籍を報道。問題は350万ユーロ(約4億3800万円)の高額な年俸だと伝えた。ポルト・チャンネルの「メルカド」では、水曜日(26日)の夜にポルトが中島と契約に合意。契約が満了したFWブラヒミの後釜になると報じている。

中島は17-18年シーズンからポルトガル1部ポルティモネンセに加入。2シーズン目となった2月に、現在所属するアルドハイルへ加入。ポルト移籍が決まれば、約半年でふたたびポルトガルでプレーすることになる。

関連するニュースを読む

山下良美主審ら選ばれず 女子W杯の準々決勝以降

国際サッカー連盟(FIFA)は26日、女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の準々決勝以降を担当する審判員を発表し、日本の山下良美主審と手代木直美、坊薗真琴、萩尾麻衣子の各副審は選ばれなかった。

今大会では山下主審、手代木副審、坊薗副審のトリオで2試合を担当し、萩尾副審は1試合を担当した。

関連するニュースを読む

トランプ大統領「まず優勝」W杯女子代表に猛反発

トランプ米大統領(2019年5月26日撮影)

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会を巡り、トランプ米大統領は26日、米国代表のラピノー選手が優勝してもホワイトハウスを表敬訪問しないと話したことに猛反発し「語る前に、まず優勝すべきだ! 仕事をやり遂げろ!」とツイッターで攻撃した。

優勝候補米国の主力ラピノー選手は24日、自ら2ゴールを決め、チームを準々決勝に導いた。これまでもトランプ政権に批判的な姿勢で知られ「ホワイトハウスには行かない」と語る動画が25日にソーシャルメディアで広がった。

これに対し、トランプ氏は「まだ招待していなかったが、勝っても負けても招待してやる。国やホワイトハウス、国旗に敬意を払うべきだ」と怒りをあらわにした。

米国では人気競技の優勝者がホワイトハウスに招かれるのが伝統だが、トランプ氏の政治姿勢に反対する選手の表敬拒否が続出。女子サッカーのエースのモーガン選手も大会前「今の政権が体現しているものには耐えられない」と拒否を表明している。

関連するニュースを読む

なでしこ熊谷PK、新規定は意図的問わず当たれば×

日本対オランダ 後半終了間際、ハンドの判定に天を仰ぐ熊谷(撮影・PNP)

<女子ワールドカップ(W杯)フランス大会:日本1-2オランダ>◇決勝トーナメント1回戦◇25日(日本時間26日)◇フランス・レンヌ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランク7位)はオランダ(同8位)に1-2で敗れ、3大会連続の8強進出はならなかった。 

   ◇   ◇   ◇

DF熊谷紗希(28)のハンドでPKを献上した場面に英BBC放送電子版は「厳しい判定」と報じた。後半43分にペナルティーエリア内で至近距離から打たれたシュートが熊谷の左腕に当たった。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりPKとなった。熊谷は手を広げていないこともあり、同サイトは「厳しい判定だった」としたが、6月1日から行使された「意図的かどうかに関わらず、手に当たれば反則となる」との新規定では、PKは妥当な判断だったと伝えた。

日本対オランダ 敗戦後、号泣する熊谷(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

マンUがワンビサカ獲得、クラブ5番目移籍金70億

マンチェスターUは、クリスタルパレスからイングランド出身DFアーロン・ワンビサカ(21)を獲得したと、英BBC電子版が報じた。

右サイドバックを主戦場とするワンビサカの移籍金は5000万ポンド(約70億3000万円)で、週給8万ポンド(約1120万円)。クリスタルパレスではチーム内で最も低い同1万ポンド(約140万円)から8倍の給料を得ることになると伝えた。また、MFポグバ、FWルカク、MFディマリア、MFフレッジに次ぐクラブ史上5番目の移籍金になると報じた。

ワンビサカは今季リーグ戦35試合に出場し、ブレークを果たした。

関連するニュースを読む

冨安獲得へラツィオも参戦か、移籍金の要求12億?

冨安健洋(2019年6月5日撮影)

ベルギー1部シントトロイデンの日本代表DF冨安健洋(20)の獲得にイタリアの名門ラツィオも参戦したと、26日付の「Solo la Lazio」など地元の複数メディアが報じた。

すでにボローニャが冨安の獲得に興味を示していたが、ここにきてラツィオも獲得に乗り出してきた。ボローニャのサバティーニSDは、南米選手権の日本対チリ戦後に「(ボローニャ所属の)プルガルがゴールを決めたね。マークは誰だ? 我々の日本人?」と冨安の獲得を狙っていることをジョークを交えて明かしている。

依然として冨安の獲得争いではボローニャが最右翼だが、シントトロイデンに出した移籍金600万ユーロ(約7億5000万円)のオファーを拒否されている。シントトロイデン側から同1000万ユーロ(約12億5000万円)を要求されていると報じられ、合意には大きな隔たりがある。この状況に、昨年12月にも獲得を目指していたラツィオが再度、獲得を目指すことになったと伝えた。

関連するニュースを読む

香川の再獲得へ、ベシクタシュが資金集めに奔走

ベシクタシュMF香川真司(2019年2月9日撮影)

トルコ1部ベシクタシュは、MF香川真司(30)再獲得に向けて、資金集めとしてスポンサーを探していると、26日付のトルコ紙ミリエットが報じた。

選手の給料未払いなど財政難のベシクタシュは、高額な移籍金が発生するとみられる香川を迎え入れるため、スポンサー集めを開始したという。獲得が実現すれば多くのスポンサーが付き、クラブにとって資金面で大きな助けになることから、経営陣は香川の移籍を特に重要視していると伝えた。

だが、香川の希望はスペインのクラブへ移籍することであり、獲得には難しい状況だ。スペインへの移籍が実現しなかった場合のみ、再度ベシクタシュと交渉が行われることになっているという。

香川獲得にこだわっているベシクタシュだが、香川の起用法は今季同様、先発ではなく途中出場からのサブ要因になるだろうとも伝えている。

また、ファナティック紙も「サムライ カムバック」との見出しで香川の復帰を報道。サバハ紙は、イングランド2部ウェストブロミッジも香川の獲得に乗り出したと伝え「ベシクタシュにライバル出場」と見出しを立てた。だが、香川は2部でのプレーを望んでいないと報じている。タクビム紙は「香川を欲しがっているのはベシクタシュだけ」と伝えるなど、トルコのメディアではさまざまな報道がされている。

関連するニュースを読む

セルビア・パルチザンが浅野拓磨獲りと地元メディア

浅野拓磨

セルビア1部パルチザンは、ハノーバーの期限付き移籍が終了したFW浅野拓磨(24)の獲得を目指していると、25日付の地元メディア「BLIC」が報じた。

同メディアは、16年にサンフレッチェ広島から保有権を持つアーセナルに移籍した際に浅野の価値400万ユーロ(約5億円)だったが、現在は100万ユーロ(約1億2500万円)に下がっているという。パルチザンはアーセナルに「オファーを出す準備はできている」と伝えたが「(アーセナルを)満足させられる金額ではない」と移籍金が折り合わない可能性もあると指摘している。

浅野は今季ハノーバーで13試合に出場して無得点。シーズン終盤には、一定の出場数に達すると買い取りオプションが行使される条件だったため、クラブの意向によりベンチ入りすらできない状況が続くなど、悔しいシーズンとなった。保有権を持つアーセナルとは2019-20年シーズン終了までの残り1年となっており、アーセナル側も移籍金を得られる今夏の移籍で放出する可能性は高い。

パルチザンはリーグ戦8度の優勝を誇る名門で、今季は3位で終えて欧州リーグの出場権を獲得している。来季のリーグ開幕戦は7月20日に予定されており、開幕まですでに1カ月を切っている。

関連するニュースを読む

カメルーンが白星発進 ガーナは引き分け

<アフリカ選手権>◇25日◇エジプト・イスマイリア

1次リーグF組の第1戦2試合が行われ、カメルーンがギニアビサウに2-0で勝って白星発進した。

ガーナはベナンと2-2で引き分けた。

関連するニュースを読む

神戸が岡崎獲りへ、J復帰なら10年シーズン以来

岡崎慎司(18年4月撮影)

ヴィッセル神戸が日本代表FW岡崎慎司(33)の獲得調査を行っていることが25日、分かった。

岡崎は15-16年シーズンから在籍したプレミアリーグのレスターを今季限りで退団。欧州を中心に移籍先を模索中だが、岡崎は兵庫・宝塚市出身で、神戸市の滝川二高から世界レベルの選手に成長した。日本代表歴代3位の50得点を誇り、今回の南米選手権日本代表にも選出されていた。国際レベルの経験値を神戸が求めたとみられる。

神戸のFWはビジャ、ウェリントンと30代の外国人選手に頼っているのが現状。次世代のストライカーを育てていく面でも、経験豊富な岡崎の加入は大きなプラスになる。今後の去就に関し「スペインやイタリアに興味がある」と話していたが、Jリーグ復帰となれば清水に在籍した10年シーズン以来となる。大型補強を推進する神戸から目が離せない。

関連するニュースを読む

ハリル氏、モロッコかサウジの代表監督に就任可能性

バヒド・ハリルホジッチ氏

サッカー元日本代表監督で現在、フランス1部ナントを指揮しているバヒド・ハリルホジッチ監督(67)が、モロッコとサウジアラビアの代表監督に就任する可能性があると、フランス紙レキップが報じた。

ナントは26日から2019-20年シーズンの練習がスタートする。20年6月までの契約を結んでいるハリルホジッチ監督は現場入りする。だが、クラブの幹部はサブリ・ラムシ氏(47)を好んでおり、ハリルホジッチ監督の代わりに指揮を執ってもらいたいと考えているという。

同紙は、ハリルホジッチ監督はナントから契約解除された場合、モロッコとサウジアラビアの代表監督に就任する可能性があると伝えた。モロッコ代表は、現在行われているアフリカ選手権後にルナール監督が退任するため、後任としハリルホジッチ監督の就任を考えているという。

ハリルホジッチ監督は過去に同国のラジャ・カサブランカを指揮して、1997年にアフリカチャンピオンズリーグで優勝し、翌年には選手権で優勝に導くなど、モロッコのサッカーをよく知っている。

また、サウジアラビアの代表監督も選択肢の1つだと報道。過去にアル・イテハドの監督を務めていおり、もし就任した場合は、22年のW杯カタール大会アジア予選で、日本代表と戦う可能性もある。(松本愛香通信員)

関連するニュースを読む

香川の再獲得熱望 ベシクタシュ会長が再度交渉へ

ベシクタシュ時代の香川(19年2月撮影)

トルコ1部ベシクタシュのオルマン会長は、記者会見で期限付き移籍が終了したMF香川真司(30)について来季もチームに加わることを希望していることを明かした。

25日付のトルコ・ハベエルトゥルク電子版が報じた。

オルマン会長は、欧州リーグ出場するチームの補強を考えており、すでに何人かの獲得交渉を行っていることを明かした。その中で同会長は「MFリャイッチを完全移籍で獲得し、香川も来季のメンバーとして考えている」と、香川の再獲得を熱望していると話した。

だが、香川自身はスペインのクラブでプレーすることを目指しており、移籍実現には多くのハードルが残っている。同電子版では7月に再度、交渉することになると伝えた。

また、香川と同様に期限付き移籍でリバプールから加入していたGKカリウスは、年俸200万ユーロ(約2億5000万円)で残留する見込み。移籍報道があるMFクアレスマはについて「あと1年、契約が残っている。彼がチームを出たければ、移籍することができる。これから話をするよ」と話した。(オルムシュ由香通信員)

関連するニュースを読む

ウルグアイ首位通過こだわり完勝、カバニ絶妙V弾

決勝ゴールを決めたカバニ(AP)

<南米選手権(コパ・アメリカ):チリ0-1ウルグアイ>◇1次リーグC組◇24日◇リオデジャネイロ

ウルグアイはチリとの強豪国対決を1-0で制して、首位通過を決めた。

後半37分、左からのクロスをカバニが頭で決勝点を記録。試合前に1次L突破を決めていたが、タバレス監督は「どう転ぶかわからない展開だった。選手は最後まで戦い、ボールを追い続けた。非常に満足している」と、首位通過にこだわって戦った選手たちをたたえた。

決勝ゴールを決めたカバニ(AP)

関連するニュースを読む

PSGがポグバ獲得へ ネイマールをトレード要員に

ポグバ(左)とネイマール

フランス1部パリサンジェルマンは、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)を獲得するために、ブラジル代表FWネイマールをトレード要員としたオファーをマンチェスターUに出していると、24日付の英紙インディペンデント電子版が報じた。

両選手ともに所属クラブを退団したがっていると言われるため、両クラブはトレードの話し合いが行われたという。

ネイマールがマンチェスターUに移籍した場合、チーム最高額の給料を受け取っているサンチェスを上回る週給90万ポンド(約1億2700万円)を受け取ることになる。だが、この金額を支払う場合は、チーム内での給料バランスが崩れる可能性がある。さらに、強化を担当しているウッドワード氏はポグバの放出を望んでいないと報じた。

このことから、ポグバとネイマールのトレード移籍が実現する可能性は低いと伝えた。(A・アウグスティニャク通信員)

関連するニュースを読む

ニューカッスル、ベニテス監督に知らせず退任発表

ラファエル・ベニテス監督

FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは、ラファエル・ベニテス監督(59)に報告することなく、契約終了とともにクラブを去ることを発表していたと、24日付英紙サン電子版が報じた。

ベニテス監督は契約更新のオファーを望んでいたが、話し合いが持たれることなく、クラブ側から退任の公式発表が出されたという。公式発表まで退任を知らなかった同監督は、年俸1200万ポンド(約16億9000万円)と言われる中国スーパーリーグ大連からのオファーを真剣に考え始めていると報じた。

クラブ側は5月、報酬据え置きの年俸600万ポンド(約8億4400万円)にボーナスが加えられた1年契約延長を申し出ていたが話し合いは決裂していた。その後、同監督は代理人を通して提出した質問にクラブが対応することはなかったという。

ベニテス監督は、イングランドにとどまることを望んでいるが、中国からのオファーが高額なため、大連と話し合いの機会を持つ予定だと伝えた。(A・アウグスティニャク通信員)

関連するニュースを読む

コートジボワール白星発進 モーリタニアは4発快勝

<アフリカ選手権>◇24日◇カイロ

1次リーグD、E組の第1戦3試合が行われ、2大会ぶりの優勝を目指すD組のコートジボワールが南アフリカを1-0で下し、白星発進した。

E組ではマリがモーリタニアに4-1で快勝し、チュニジアはアンゴラと1-1で引き分けた。

関連するニュースを読む

ウルグアイが首位突破 ブラジルはパラグアイと対戦

後半37分、決勝点を挙げたウルグアイFWカバニ(中央)。右はFWスアレス(ロイター)

<南米選手権(コパ・アメリカ):チリ0-1ウルグアイ>◇1次リーグC組◇24日◇リオデジャネイロ

ウルグアイがチリを1-0で下し、C組首位で決勝トーナメントに進出した。

後半37分、左クロスをFWカバニ(パリサンジェルマン)が頭で合わせて決勝点を奪った。

日本はエクアドルと1-1で引き分けともに敗退が決定。B組3位のパラグアイが勝ち点2(得失点差マイナス1)で決勝トーナメントに進んだ。

準決勝の組み合わせはブラジル-パラグアイ、ベネズエラ-アルゼンチン、コロンビア-チリ、ウルグアイ-ペルー。

関連するニュースを読む

米国PK2発でスペイン下す スウェーデンも8強

前半7分、FWラピーノー(15)の先制ゴールを喜ぶ米国の選手たち(AP)

<女子ワールドカップ(W杯)>◇決勝トーナメント1回戦◇24日◇レンヌほか

米国がスペインに2-1で競り勝ち8強進出を決めた。スウェーデンは1-0でカナダを破り準々決勝に駒を進めた。

米国は前半7分、FWラピーノー(レイン)がPKを決めて先制。同9分に一瞬のスキを突かれてFWエルモソ(アトレチコ・マドリード)にミドルシュートを決められて同点に追いつかれたが、後半31分、再びラピーノーがPKを決めて勝ち越し、そのまま逃げきった。

スウェーデンは後半10分にFWブラックステニウス(リンシェーピング)が挙げた得点を守り抜いた。

準々決勝で米国はフランス、スウェーデンはドイツと対戦する。

関連するニュースを読む

U-21欧州選手権(東京五輪最終予選)日程と結果

<U-21欧州選手権>◇6月16〜30日◇イタリア・ボローニャほか

東京オリンピック(五輪)予選を兼ねたU-21欧州選手権がイタリアとサンマリノで開催。ドイツ、ルーマニア、スペイン、フランスが4強に進出し、五輪出場権を獲得した。

◆1次リーグ

★が準決勝進出(東京五輪出場権獲得)

<A組>

順位チーム勝点
(1)★スペイン320184+46
(2)イタリア320163+36
(3)ポーランド320147-36
(4)ベルギー300348-40

 6・16 ポーランド3-2ベルギー

      イタリア3-1スペイン

 6・19 スペイン2-1ベルギー

      イタリア0-1ポーランド

 6・22 ベルギー1-3イタリア

      スペイン5-0ポーランド

<B組>

順位チーム勝点
(1)★ドイツ3210103+77
(2)デンマーク320164+26
(3)オーストリア31114403
(4)セルビア3003110-90

 6・17 セルビア0-2オーストリア

      ドイツ3-1デンマーク

 6・20 デンマーク3-1オーストリア

      ドイツ6-1セルビア

 6・23 オーストリア1-1ドイツ

      デンマーク2-0セルビア

<C組>

順位チーム勝点
(1)★ルーマニア321083+57
(2)★フランス321031+27
(3)イングランド301269-31
(4)クロアチア301248-41

 6・18 ルーマニア4-1クロアチア

      イングランド1-2フランス

 6・21 イングランド2-4ルーマニア

      フランス1-0クロアチア

 6・24 クロアチア3-3イングランド

      フランス0-0ルーマニア

◆決勝トーナメント

<準決勝>

 6・27 スペイン-フランス

 6・27 ドイツ-ルーマニア

<決勝>

 7・ 1  - 

関連するニュースを読む

フランス東京五輪切符 日本でエムバペが見られる?

キリアン・エムバペ(18年7月撮影・PNP)

<U-21欧州選手権>◇23日◇1次リーグ◇チェゼーナほか

東京オリンピック(五輪)サッカー競技男子の欧州最終予選を兼ねる大会で1次リーグC組の最終節が行われ、ルーマニアとフランスが東京五輪切符を獲得した。勝ち点6同士で争った首位ルーマニアと2位フランスの対決は0-0のスコアレスドローで決着。ともに勝ち点7を伸ばしてA組2位のイタリア(勝ち点6)を上回り、五輪出場権を得られる準決勝への進出を分け合った。

試合が終わった瞬間、フランスの選手たちは輪になって大喜び。この大会には出場していないフランスA代表FWキリアン・エムバペ(20)にも東京五輪に出場する権利が舞い込んだ。98年生まれのエムバペは初来日した19日、都内で「五輪は夢。自分だけの意向で出られるわけではなくチームとの話し合いはあるが、個人的には出場できればうれしいね」と話していた。来年はA代表の欧州選手権もあるため状況は流動的だが、同じ五輪世代の仲間が結果を出したことで、日本でエムバペが見られる可能性が残った。

また、MFハジやFWプシュカシュを中心に今大会魅力的な攻撃を展開したルーマニアも、1次リーグ首位通過を決めてサポーターにガッツポーズした。これで、既に突破を決めていたスペイン、ドイツに続き、東京五輪に出場する欧州の4カ国が確定した。

一方で開催国のイタリアは敗退。チェゼーナ会場でルーマニアが勝つか、フランスが3点差以上で勝たないとイタリアの五輪切符が消滅するとあって、0-0の展開に場内はブーイングに包まれた。結局、そのままスコアレスドロー。1次リーグの2位3チームの最上位国はフランスとなり、イタリアの東京行きがなくなった。

五輪枠を争った後は21歳以下の欧州最強を決める戦いが続く。27日(日本時間28日)に行われる準決勝はスペイン(A組1位)対フランス(C組2位)と、ドイツ(B組1位)対ルーマニア(C組1位)の顔合わせとなった。

関連するニュースを読む

武藤のニューカッスル・ベニテス監督退任 中国Lか

ラファエル・ベニテス氏(2015年5月3日撮影)

FW武藤嘉紀(26)が所属するプレミアリーグのニューカッスルは24日、スペイン人のラファエル・ベニテス監督(59)が退任したと発表した。

クラブの公式サイトは、同監督との契約は6月30日までとした上で「期限までに契約を延長しようと懸命に取り組んできたが、監督本人と代理人とは合意に至らなかった。非常に残念だが、ラファ(ベニテス監督)とコーチングチームに感謝したい」と、契約延長交渉が不調に終わったことを明らかにした。

ベニテス監督は16年3月にニューカッスルの監督に就任。チームは2部チャンピオンシップリーグに降格も、翌16-17年に優勝し、1年でプレミアリーグに復帰させた。17-18年は10位、18-19年は13位で残留に導いた。武藤は同年から所属も、プレミア挑戦初年度はリーグ戦17試合出場1得点にとどまった。

英国の主要メディアは、ベニテス監督が中国スーパーリーグの大連一方からオファーを受けていると報じている。

関連するニュースを読む

日本代表の遠藤航「感謝の言葉しかない」第4子誕生

第4子誕生を子どもたちと喜ぶ遠藤航

シントトロイデンMF遠藤航(26)が24日、ブログを更新し、19日に第4子となる三男が生まれたと報告した。

「私事ではございますが、6月19日に第4子が誕生いたしました。3298gの男の子です。現在は妻も子供も無事に退院し生活を共に過ごしております」

遠藤は出産に立ち会ったという。「ただそばにいることしか出来ない自分を前に一生懸命産まれてきてくれた子供と一生懸命産んでくれた妻には感謝の言葉しかありません。また、新たな家族が増えたことでプロサッカー選手としてさらに活躍しなければならないという身の引き締まる思いもありますが、今は妻と4人の子供との新たな生活が楽しみです」と妻子に感謝した。

そして「これからも父親として、旦那としてそしてプロサッカー選手として幸せな家庭を築いていけるように頑張っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」(コメントは原文のまま)と意気込んだ。

遠藤は湘南ベルマーレに所属した13年1月30日に19歳で結婚。同4月に長男、15年3月に長女、浦和レッズに所属した16年5月に次男が誕生している。

現在、日本代表は南米選手権を戦っているが、遠藤は5月18日のベルギー1部プレーオフ2の最終戦・ヴェステルローの前半21分に右太もも裏を痛め、代表に招集されなかった。

19日に誕生したMF遠藤航の第4子となる三男

関連するニュースを読む

アウクスブルク宇佐美は古巣G大阪に完全移籍と発表

宇佐美貴史(2018年6月28日撮影)

アウクスブルクは24日、FW宇佐美貴史(27)が、古巣であるG大阪に完全移籍することを発表した。契約期間は明かされていない。

宇佐美は16年夏にアウクスブルクに加入し、17年夏から当時ドイツ2部のデュッセルドルフへ期限付き移籍して1部昇格に貢献した。18-19年シーズンもデュッセルドルフで19試合に出場し、1得点。同シーズンの期限付き移籍が終了し、形式上アウクスブルクに復帰となっていた。

関連するニュースを読む

女子W杯で唾吐き&主審突き飛ばし 警告1枚も出ず

敗退したカメルーン代表(AP)

フランスで行われている女子ワールドカップ(W杯)でカメルーン代表DFエジャンゲが、イングランド代表FWダガンの腕に唾を吐きかけたと、24日付の英紙デーリーメールら複数メディアが報じた。

決勝トーナメント1回戦イングランド-カメルーンの前半13分に物議を醸すシーンが起きた。エジャンゲがトラップしたボールを味方GKがキャッチしてしまった。目の前にいたダガンは両手を広げてバックパスを主張した直後、バックバスと見なされたエジャンゲの唾が左腕に直撃。主審に抗議するも、イエローカードすら出されなかった。写真や動画には唾を吐いた瞬間や、左腕に付着した唾などがくっきりと映し出されている。

また、カメルーンの選手らは、0-2にされた前半ロスタイムに、全員が集まってキックオフを拒否する場面や、主審を突き飛ばすシーンなど問題行動が続出していた。

試合後、イングランドのネビル監督は3-0で8強入りを果たしながらも「この振る舞いはワールドカップではない」と神聖な場所での愚行に怒りをあらわにした。さらに「もし、今回の行為が私のチームの選手ならば、その選手は今後イングランドでプレーすることはない」と強い口調で答えた。

敗退したカメルーン代表(AP)

関連するニュースを読む

主将メッシ「成長をしないといけない」大苦戦8強

ゴールを決めたアグエロを祝福するメッシ(ロイター)

<南米選手権(コパ・アメリカ)>◇1次リーグB組◇23日◇ポルトアレグレほか

アルゼンチンがカタールを2-0で下し、2位で1次リーグを突破した。

8カ国による決勝トーナメントの1回戦でA組2位ベネズエラと対戦する。日本と同じ招待枠で出場したカタールは、1分け2敗の最下位に終わった。1位突破を決めていたコロンビアはパラグアイを1-0で下して3連勝。パラグアイは勝ち点2の3位に後退した。

   ◇   ◇   ◇

アルゼンチンは大苦戦の末、何とか準々決勝進出を決めた。1分け1敗で迎えた最終節で、FWアグエロとFWマルティネスがゴールを決めて初勝利。

主将のメッシは「良い試合をした。自信と落ち着きを得るには、このような試合が重要だった。試合ごとに、チームは成長をしないといけない。今日の試合はまさにそのような試合だった」と、今大会でのさらなる成長を誓った。

ゴールを決めたアグエロを祝福するアルゼンチンの選手たち(ロイター)

関連するニュースを読む

モロッコ、セネガルが白星発進 アフリカ選手権

<アフリカ選手権>◇23日◇カイロ

1次リーグC、D組の第1戦3試合が行われ、D組でモロッコがナミビアに1-0で勝って白星発進した。

C組のセネガルはタンザニアに、アルジェリアはケニアにともに2-0で勝った。

関連するニュースを読む

アルゼンチンがカタール下し8強進出 ペルーも突破

後半37分、チーム2点目を決めたFWアグエロ(右)を祝福するFWメッシ(AP)

<南米選手権(コパ・アメリカ)>◇1次リーグB組◇23日◇ポルトアレグレほか

アルゼンチンがカタールを2-0で下し、B組2位で決勝トーナメント進出を決めた。

2戦を終わり1分け1敗で勝ち点1の最下位と敗退危機となっていたが、アジア王者のカタールを相手に前半開始早々の4分、相手最終ライでのパスをFWマルティネス(インテルミラノ)がカットし、左足で決めて先制。後半37分には中盤でプレッシャーをかけ相手パスミスを誘ってボールを奪ったショートカウンターから、FWディバラ(ユベントス)のパスを受けたFWアグエロ(マンチェスター・シティー)がドリブルから右足で流し込み、ようやく初勝利を挙げて勝ち点を4と伸ばした。準々決勝ではベネズエラと対戦する。

カタールは1分け2敗の勝ち点1で敗退が決定した。

すでに1位突破を決めていたコロンビアは前半31分にMFクエジャール(フラミンゴ)が決めたゴールを守り抜き、1-0でパラグアイを下し3連勝で1次リーグを終えた。

B組3位は勝ち点2のパラグアイとなり、A組3位で勝ち点4のペルーが準々決勝進出を決めた。

声援に応えるアルゼンチンの選手たち(AP)

関連するニュースを読む

ドイツが東京五輪出場権 デンマークは敗退

<U-21(21歳以下)欧州選手権兼東京オリンピック・サッカー男子欧州予選>◇22日◇ウディネほか

ドイツが東京オリンピック(五輪)出場を決めた。

2連勝のドイツはオーストリアと対戦し、FWバルトシュミット(フライブルク)が前半14分に先制。同24分にPKで同点に追いつかれたが1-1で試合を終え、勝ち点7でB組首位を確定させた。

デンマークはセルビアを2-0で下し勝ち点6で2位となったが、A組2位のイタリアに得失点差で及ばず敗退が決定した。

すでにスペインが五輪出場権を獲得している。

関連するニュースを読む

イングランドが8強 フランスは延長でブラジル下す

前半ロスタイム、チーム2点目を決めたイングランドFWホワイト(中央)(AP)

<女子ワールドカップ(W杯)>◇決勝トーナメント1回戦◇23日◇ ルアーブルほか

イングランドがカメルーンに3-0で快勝し4大会連続で準々決勝進出を決めた。開催国フランスは延長戦の末に2-1でブラジルを退け3大会連続で8強に駒を進めた。

カメルーンと対戦したイングランドは前半14分、GKへのバックパスで得た至近距離からのFKをDFホートン(マンチェスター・シティー)が決めて先制し、同ロスタイムにはスルーパスをフリーでFWホワイト(バーミンガム)が左足で流し込んで2点目をゲット。副審はオフサイドの判定だったが、VARでゴールが認められた。さらに後半13分、サインプレーの左CKにDFグリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)が左足を合わせてダメ押しした。準々決勝ではノルウェーと対戦する。

フランスは後半7分、FWガウビン(モンペリエ)がブラジルから先制点を奪ったが、同18に失点して同点に追いつかれ、もつれ込んだ延長後半1分にMFアンリ(リヨン)が決勝ゴールを決めた。

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。