日刊スポーツ

ネイマール劇勝演出、パリSG25季ぶり4強貢献

スコア速報

  • RBライ VS アトレチ
    13日20:00開始(日本時間14日4:00)

8月13日(木)
(現地時間)
本日は試合がありません

新着ニュース

ビリャレアルがMFアンギザ獲得の可能性も 地元紙

久保建英、フランシス・コクラン、ダニ・パレホを立て続けに獲得しているビリャレアルだが、今夏の移籍市場での選手補強は止まるところを知らない。フルハムからこの1年、期限付き移籍でプレーしたカメルーン代表MFザンボ・アンギサ(24)を獲得する可能性が残されていると、スペイン紙アス電子版が13日に報じている。

同紙はその理由として、ビリャレアルのフェルナンド・ロッチ・ネゲロレスGMが12日、ラジオ番組のインタビューで、具体的な方法を説明してはいないものの、まだ獲得の選択肢があると語ったことを挙げている。

ビリャレアルはこの1年のアンギサのパフォーマンスを高く評価したため、今夏に引き留めることを検討していた。しかし期限付き移籍の際の契約に含まれていた買い取りオプション代が2500万ユーロ(約31億1250万円)と非常に高額だったため、一度断念している。

そのため、再び獲得するための唯一のオプションは期限付き移籍とのことであり、ビリャレアルはすでにその旨をフルハムに話しているとアス紙は伝えている。しかし、フルハムがアンギサを新シーズンのメンバーに加えず、さらに他クラブから素晴らしいオファーが届かないことが条件になってくるだろう。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

ネイマール劇勝演出、パリSG25季ぶり4強貢献

準決勝進出を決め、ハイタッチするパリ・サンジェルマンFWネイマール(左)とFWエムバペ(AP)

<欧州チャンピオンズリーグ:アタランタ1-2パリ・サンジェルマン>◇準々決勝◇12日◇リスボン

パリ・サンジェルマンが終了間際の2得点で初出場のアタランタに2-1で逆転勝ちし、94-95年以来、25季ぶり2度目の4強入りを果たした。

ブラジル代表FWネイマール(28)が1アシストを含む2ゴールに絡む活躍を見せた。今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)は新型コロナウイルスの影響で準々決勝から一発勝負となり、23日の決勝までリスボンの2会場で観客を入れずに集中開催される。

   ◇   ◇   ◇

何度倒されても最後まであきらめなかった。敗色濃厚の中でネイマールが輝きを放った。0-1の後半45分、左から折り返して同点ゴールをアシストすると、その3分後には途中出場のFWエムバペへのスルーパスで勝ち越しゴールの起点となった。チームを25シーズンぶりの4強に導いたエースは試合後のインタビューで「負けて家に帰ることなど考えていなかった。準決勝に進むことしか頭になかった」と言った。

主力不在の中、孤軍奮闘の活躍でチームの攻撃を引っ張った。MFディマリアが出場停止、右足首を負傷していたエムバペもベンチスタートで、試合序盤からマークが集中した。「相手は非常にアグレッシブだった」と両チーム最多9回のファウルを受けた。それでも冷静さは失わず、得意の足技で相手DFを翻弄(ほんろう)した。

前半3分に鮮やかな連係からGKと1対1となる絶好機をつくった。同28分には巧みな股抜きからドリブルで中に切れ込みミドルシュートを放つなど、何度も見せ場をつくった。データ配信会社「Opta Joe」によると、ネイマールは16回のドリブルを成功し、欧州CLでは08年のバルセロナFWメッシに並ぶ1試合最多記録となった。

ただ、最後の詰めを欠き、初出場のアタランタ相手に敗退の1歩手前まで追い詰められた。17年に史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金で加入して以降、自身の負傷欠場なども響いて欧州CLでは昨季まで2年連続で16強止まりだった。

だが、この日は「困難な状況になってもあきらめたくなかった」と最後まで集中を切らすことなく、見事に逆転。初の決勝進出に向けては「あと1試合。勝つためなら何でもする」としながらも、最後は「精神的に疲れる試合だった。今は休むつもり」と本音を漏らしていた。

後半ロスタイム、決勝点をアシストし、FWネイマール(左)とともにガッツポーズするパリ・サンジェルマンFWエムバペ(AP)

関連するニュースを読む

スペイン1部12クラブ計23人コロナ陽性 地元紙

先月27日から現在に至るまでの間に、スペイン1部リーグの12クラブ、合計23人(選手、監督)が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したとスペイン紙アスが13日に報じている。

これまでに新型コロナウイルスの感染者が出ているのは、レアル・マドリード、セビリア、アトレティコ・マドリード、バレンシア、ベティス、ウエスカ、アラベス、グラナダ、バルセロナ、セルタ、ビルバオ、オサスナの12クラブ。

この中で最初に感染者が出たのは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦のマンチェスター・シティ戦に向けた準備を開始する前にPCR検査を実施したRマドリード。7月27日に検査を行い、翌日にマリアーノが陽性反応を示したことが明らかになっている。

その他、まだシーズン中のアトレティコ・マドリードから2人(コレア、ヴルサリコ)、バルセロナから1人(トディボ)、セビリアから1人(グデリ)の感染者が出ている。

すでに新シーズンに向けて動きだしているバレンシアが2人(詳細不明)、ベティスが1人(ロレン)、ウエスカが2人(詳細不明)、アラベスが3人(詳細不明)、グラナダが1人(ゴナロン)、セルタが2人(詳細不明)、ビルバオが最多6人(ウィリアムズ、サンセット、ウナイ・ヌニェス、ララサバル、コルドバ、ウナイ・ロペス)、オサスナが1人(アラサテ監督)となっている。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

サラゴサ香川真司は先発予想 昇格プレーオフ初戦

サラゴサMF香川真司(20年1月撮影)

MF香川真司(31)が所属するスペイン2部サラゴサは13日(日本時間14日)、アウェーで行われる同1部リーグ昇格プレーオフ準決勝第1戦でエルチェと対戦する。試合当日のスペイン紙は香川が先発すると予想した。

マルカ紙はシステムが4-4-2の中、香川が先発出場し、リナーレスと2トップを組むと予想した。その他のスタメンについて、GKはクリスティアン・アルバレス、DFはビガライ、ギティアン、クレメンテ、ニエト、MFはサパテル、グティ、エグアラス、ソロと予想している。

一方、レギュラーシーズンに19得点を記録したチーム得点王のルイス・スアレスは、期限付き移籍元のワトフォードが1部昇格プレーオフ終了までの契約延長を認めなかったため、すでに退団しており、サラゴサにとっては大きな痛手となっている。

サラゴサはこの後、16日にホームで行われる1部昇格プレーオフ第2戦をエルチェと戦って勝ち抜いた場合、もう一つの準決勝で対戦するアルメリアとジローナの勝者と、20、23日に開催されるプレーオフ決勝で顔を合わせることになる。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

セルタ・スモロフ約4000万円の腕時計強奪される

今年1月にロコモティフ・モスクワ(ロシア)からの期限付き移籍でセルタに所属したロシア代表FWフョードル・スモロフ(30)が先月、バルセロナで身につけていた高級腕時計を強奪されたことをスペイン紙アス電子版が12日に報じている。

7月19日にアウェーで行われたスペイン1部リーグ最終節エスパニョール戦で、セルタは1部残留を決めた。スモロフはこの日、恥骨炎のため招集メンバー入りしていなかったものの、重要な一戦のためチームに同行してバルセロナを訪れていた。

チームが残留を決め喜びにあふれる中、スモロフは試合後、何人かの友人たちと一緒に地中海沿いのディスコを訪れたが、そこで悪夢のような体験をすることになった。

スモロフはそこで若者のグループに囲まれた際、高級腕時計を強奪されたのである。ブランド名は明らかになっていないが、金額は30万ユーロ(約3750万円)に達するものだったとのこと。スモロフは事件後、最寄りの警察署で被害届を出している。

スモロフはシーズン終了後、期限付き移籍元のロコモティフ・モスクワに戻っている。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

アタランタ快進撃止まる、監督「満足感は大きい」

アタランタのガスペリーニ監督(AP)

<欧州チャンピオンズリーグ:アタランタ1-2パリ・サンジェルマン>◇準々決勝◇12日◇リスボン

アタランタの快進撃が止まった。前半27分にMFパシャリッチのゴールで先制したが終了間際に連続失点し、逆転負け。

欧州CL初出場で準決勝に進めば、05-06年のビリャレアル以来の快記録となったが、あと1歩及ばなかった。ガスペリーニ監督は「悔しさは残る。ただ欧州のトップチームと素晴らしい戦いができた満足感は大きい。選手たちには感謝しかない」と話した。

関連するニュースを読む

バルサDFトディボがコロナ陽性公表、CL参加せず

バルセロナ所属のフランス人DFジャン=クレール・トディボ(20)が12日、自身のツイッターで新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことを公表した。

バルセロナは14日にリスボン(ポルトガル)で行われるバイエルン・ミュンヘンとの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝に参加せず、12日よりプレシーズンをスタートする予定だった9選手に対し、前日の11日に新型コロナウイルスの検査を実施した。その際、PCR検査で1人が陽性反応を示したことを発表していたが、名前を明かしていなかった。

検査を受けたのは新入団のトリンコン、マテウス・フェルナンデス、ペドリ、期限付き移籍から復帰したラフィーニャ、アレニャ、トディボ、ワゲ、オリオル・ブスケツ、フアン・ミランダの9選手。この中で唯一、陽性反応を示したトディボは今年1月よりドイツのシャルケでプレーしていた。

トディボは自身のツイッターで現在の状況について、無症状であること、健康プロトコルに従い自宅隔離を行っていることを説明している。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

本田リズムつかめず「彼は学んでいるところ」と監督

<ブラジル全国選手権:ブラガンチーノ1-1ボタフォゴ>◇12日◇ブラガンサ・パウリスタ

ボタフォゴFW本田圭佑は中盤の低い位置でプレーし、後方からの組み立てを試みた。

だが前線に受け手が見つからず、横や後ろへのパスが多かった。後半途中に交代で退くまでリズムがつかめず、アウトゥオリ監督は「彼はブラジルのサッカーを学んでいるところだ」と淡々と話した。

リオデジャネイロ州選手権で敗退してから5週間半。新型コロナウイルスの感染者数が世界で2番目のブラジルで生活が制限される中、工夫して体力維持に努めた。だが久々の実戦で動きに鋭さを欠き、守りに入ったプレーが目立った。

「伝統のチームで外国人の自分が任されるのは誇りだ」という主将として仲間を鼓舞する姿は頼もしかったが、得点機の演出でチームを盛り上げてこそ本田。次戦は本領発揮できるか。(共同)

関連するニュースを読む

本田ブラジル全国選手権デビューもドロー、途中交代

本田圭佑(20年3月撮影)

<ブラジル全国選手権:ブラガンチーノ1-1ボタフォゴ>◇12日◇ブラガンサ・パウリスタ

古豪ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が伝統あるブラジル全国選手権デビューを飾った。

新型コロナウイルス感染拡大で、日程が大幅に遅れ、ようやく初戦を迎えたボタフォゴは、アウェーでブラガンチーノと対戦した。

本田はキャプテンマークを巻いて中盤で先発したが、1-1の後半32分に交代。足首を痛めたとみられる。

チームは開始6分に先制を許したものの、後半20分にFWマテウス・バビ(23)のゴールで追いついた。

ボタフォゴは8日の開幕カードだったバイーア戦が州選手権の日程変更に伴って延期に。このレッドブル・ブラガンチーノとのアウェー戦が初戦となっていた。チームにとって7月5日の州選手権準決勝以来、約5週間ぶりとなる公式戦だった。

次戦は16日(日本時間17日)のフォルタレーザ戦。

関連するニュースを読む

パリSG25季ぶり4強 劇的逆転でアタランタ下す

準決勝進出を決め、ハイタッチするパリ・サンジェルマンFWネイマール(左)とFWエムバペ(AP)

<欧州チャンピオンズリーグ:アタランタ1-2パリ・サンジェルマン>◇準々決勝◇12日◇リスボン

パリ・サンジェルマン(フランス)が一発勝負の準々決勝で、試合終了間際の劇的な逆転で初出場のアタランタ(イタリア)を2-1で下し、25季ぶりの4強進出を決めた。

先制したのはアタランタ。前半26分にFWパシャリッチがペナルティーエリア右から左足シュートでゴールネットを揺らした。

スコアは試合終盤までこのまま動かずアタランタが逃げきるかに見えたが、後半45分、FWチュポモティングの右からの浮き球をペナルティーエリア左でFWネイマールが受け左足シュート。これはヒットしなかったが、こぼれたところをマルキーニョスが右足で押し込んでパリ・サンジェルマンがついに同点に追いついた。さらに5分あったロスタイムの3分、ゴール左からのネイマールの絶妙のスルーパスをFWエムバペがワンタッチで折り返し、中央からチュポモティングが流し込んで勝ち越しゴールを奪った。

初優勝を目指し、19日に行われる準決勝ではアトレティコ・マドリード(スペイン)とライプチヒ(ドイツ)の勝者と対戦する。

関連するニュースを読む

負傷から復帰のエムバペ、途中出場で決勝アシスト

後半ロスタイム、決勝点をアシストし、FWネイマール(左)とともにガッツポーズするパリ・サンジェルマンFWエムバペ(AP)

<欧州チャンピオンズリーグ:アタランタ1-2パリ・サンジェルマン>◇準々決勝◇12日◇リスボン

パリ・サンジェルマンが劇的な逆転勝利で1994-95年以来、25シーズンぶりに4強入りした。

前半27分にアタランタに先制点を許したが、後半45分にマルキーニョスのゴールで同点に追いつくと、その3分後に途中出場のチュポモティングが勝ち越しゴールを決めて2-1と競り勝った。

パリ・サンジェルマンはディマリアが出場停止だったが、負傷していたエムバペがベンチ入り。先発したネイマールが鋭いドリブルで何度も好機をつくったが、前半3分にGKとの1対1でシュートをミスするなど最後の精度を欠いた。

それでもネイマールは試合終了間際の後半45分に同点ゴールをアシスト。後半15分から途中出場したエムバペが決勝点をアシストし、地力の違いを示した。

初出場のアタランタは最後の最後で力尽き、2005-06年のビリャレアル以来、14シーズンぶりとなる初出場での4強進出を逃した。

関連するニュースを読む

ビリャレアル久保、新シーズン向け初練習に参加

ビリャレアル久保建英(20年8月撮影)

スペイン1部ビリャレアルに加入したMF久保建英が12日夕方、新シーズンに向けたチームの初練習に参加した。クラブ公式サイトがその様子を伝えている。

ウナイ・エメリ監督指揮の下、新入団の久保建英、フランシス・コクラン、ダニ・パレホの3選手を加え、新シーズンに向けた準備を開始。練習は非公開で行われており、今後も同じ形で継続される予定となっている。

ビリャレアルは今季、スペイン1部リーグのクラブの中でも特に素晴らしい補強を実現しているクラブになっており、11日に久保、12日にコクラン、パレホとの契約を立て続けに発表している。

現時点で今季のリーグ戦開幕日は決定していないが、9月12日の週末が候補に挙がっている。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

シャフタル4発完勝「支配できた」監督 欧州L

シャフタール・ドネツクのステパネンコと握手するカストロ監督(右)(AP)

<欧州リーグ:シャフタル・ドネツク4-1バーゼル>◇準々決勝◇11日◇ゲルゼンキルヘン

シャフタル・ドネツクは本来の攻撃力に加え、ツキや試合運びうまさも加わっての勝利だった。

前半2分にセットプレーから先制、同22分にはタイソンのシュートが相手に当たって入る追加点、後半30分にPKを誘って3点目、同43分にダメ押し点が決まった。終了直前に1失点したものの、ほぼ完勝。カストロ監督は「難しい試合だったが、ほとんどの時間帯を支配できた」と満足げだった。

指示するシャフタル・ドネツクGKピヤトフ(AP)
4点目を決めたシャフタル・ドネツクDFドド(AP)

関連するニュースを読む

ビリャレアルがパレホ獲得 久保建、コクランに続き

パレホ(2018年9月15日撮影)

ビリャレアルはバレンシアのスペイン人MFダニ・パレホ(31)の移籍で合意したと、12日にクラブの公式サイトで発表した。契約期間は4年。スペイン紙マルカはこの移籍が無料であることを伝えている。ビリャレアルにとって、日本代表MF久保建英、フランス人MFフランシス・コクランに続き、今夏3人目の補強選手となった。

パレホはレアル・マドリードの下部組織出身で、Rマドリード、クイーンズ・パーク・レンジャーズ(イングランド)、ヘタフェでのプレーを経て、11年夏にバレンシアへ入団。在籍9年間で公式戦383試合に出場し、63得点62アシストを記録している。

パレホは12日午後に行われるビリャレアルのプレシーズン最初のトレーニングに参加する予定になっている。ひと足先に入団が発表されたバレンシアのチームメートのコクランとともに、ウナイ・エメリ監督率いるチームでダブルボランチを形成すると予想されている。(高橋智行通信員)

乾貴士(右)と競り合うパレホ(2018年9月15日撮影)

関連するニュースを読む

本田圭佑「心配してる人もいる」立正大淞南にエール

本田圭佑(20年3月撮影)

ブラジルの古豪ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が12日、ツイッターで、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が生じた立正大淞南高(島根)サッカー部に、メッセージを送った。

本田は「立正大淞南高校、及びサッカー部の皆さん、コロナ感染に関して謝罪する必要なんてないよ。対策してても感染する確率を0にはできんから。それより熱とか体は大丈夫?今はしっかり食べて休んでな。また治ったら夢に向かって頑張れ。非難してる人だけでなく、心配してる人も沢山いることを忘れんといて」とブラジルからつぶやいた。

立正大淞南高は9日に同部から88人(選手86人、教員2人)の陽性を確認したことにより、10日に同校公式サイトに「お詫び」を掲載するなどしていた。

本田は1日に「コロナに感染した人は何で謝罪するの?被害者でしょ。病気にかかった人を追いつめるって頭おかしくなってるとしか思えん」とツイート。感染で謝罪は必要ないと力説していた。

関連するニュースを読む

久保ビリャレアルがバレンシアとコクラン獲得で合意

ビリャレアル久保建英(2020年8月10日撮影)

ビリャレアルが久保建英に続く今季2番目の入団選手として、バレンシアとフランス人MFフランシス・コクラン(29)の移籍で合意したと、クラブの公式サイトで12日に発表した。契約期間は4年間。

スペイン紙マルカはクラブが公表していない移籍金について、650万ユーロ(約8億1250万円)プラス出来高ボーナス200万ユーロ(約2億5000万円)だと伝えている。

コクランはバレンシアで2年半プレーし、中盤の主軸の1人として公式戦89試合に出場、1得点3アシストを記録した。またスペインに来る前はアーセナル(イングランド)、ロリアン(フランス)、フライブルク(ドイツ)、チャールトン(イングランド)でプレーしており、経験豊富な選手である。

コクランはすでに12日にメディカルチェックをパスし、13日に入団会見をする予定になっている。ウナイ・エメリ監督の下、アンギサとカソルラの抜けたチームで中盤を強化する役割を期待されている。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

バルセロナ選手1人が陽性反応 11日にPCR検査

バルセロナの本拠地カンプノウ

バルセロナが12日、新型コロナウイルス検査で1人が陽性反応を示したことを、クラブの公式サイトで公表した。

当該選手は欧州チャンピオンズリーグには参加せず、12日よりプレシーズンをスタートする選手であると、クラブは明かしている。同選手は前日の11日にPCR検査を受けた結果、12日に陽性反応を示したことが分かった。現時点では無症状で健康面に問題なく、自宅隔離に。欧州CLバイエルン・ミュンヘン戦のために13日にリスボンへ移動予定の選手たちとは接触していないと、バルセロナは明らかにしている。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

ストラスブール川島がプレシーズンマッチでフル出場

GK川島

フランス1部ストラスブールの日本代表GK川島永嗣(37)が11日、同1部ディジョンとのプレシーズンマッチにフル出場し、3-0勝利に貢献した。

12日付のフランス紙レキップは「新型コロナウイルスの検査で陽性が出た9人とそれに加え正GKマツ・セルスらの負傷者が欠場したが、プレシーズンマッチ3連勝を収めた」と報じ、「現在の困難の中でゴールを堅固に守る川島と効率的なFWらが勝利に貢献した」と川島の働きを評価した。

ストラスブールのロレイ監督は、新型コロナウイルスの影響で隔離期間があったことを明かし、「14日間の隔離とは、実際に2週間よりも長いということを理解しなければならない」と同紙に語っている。

ストラスブールは15日にメッツとの最後のプレシーズンマッチに臨み、23日アウェーのリーグ開幕ロリアン戦に臨む。(松本愛香通信員)

関連するニュースを読む

久保の元同僚エルナンデスがウエスカ移籍か 地元紙

ワトフォード所属のコロンビア人FWクチョ・エルナンデス(21)が今夏、岡崎慎司所属のウエスカに移籍する可能性があるとスペイン紙アス電子版が11日に報じている。昨季は期限付き移籍で久保建英と一緒にマジョルカの攻撃を支えた。

クチョ・エルナンデスは17年から2シーズン、期限付き移籍でウエスカに在籍した経験がある。加入初年度の2017-18シーズンにはスペイン2部リーグで16得点を記録してチーム初の1部昇格に貢献した。これまでウエスカに所属した選手の中でも特に高いポテンシャルを示したと評価されており、ウエスカ側が復帰を望んでいるという。

ウエスカとマジョルカで計3シーズン所属してきたクチョ・エルナンデスは来季、スペインで再びプレーすることを望んでおり、スペイン1部のクラブが多数関心を寄せ、ウエスカもそのひとつになっている。

アス紙はクチョ・エルナンデスが今週中にも自身の未来を決定する予定だと伝えている。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

バルサがバレンシアDFガヤ獲得の可能性 地元紙

バルセロナは今夏、バレンシア所属のスペイン代表DFホセ・ルイス・ガヤ(25)を獲得する可能性があるとスペイン紙スポルト電子版が11日に報じている。

バルセロナがガヤを狙うのは初めてのことではないが、今夏は契約するのに良い機会であるとのこと。その理由として、バレンシアが財政難に陥っていることが挙げられている。

ガヤの契約解除金は5000万ユーロ(約62億5000万円)に設定されているが、経済面で厳しい状況にあるバレンシアは今夏の移籍市場で選手の放出が必要となっており、パレホが無料、コクランが800万ユーロ(約10億円)でビリャレアルに移籍すると伝えられている。

ガヤは以前よりバルセロナ・スポーツディレクターのお気に入りの選手であるが、スポルト紙はバルセロナ側がいくつかの条件をクリアする必要があると伝えている。

1つ目は戦力に入らない予定のジュニオルの放出。もしラウタロ・マルティネスと契約した場合、その代わりとしてインテル・ミラノに移籍する可能性があるという。

2つ目はサラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸総額の上限)の問題により、ガヤがあまり高くない年俸を受け入れなければならない。

もしガヤが入団した場合、元バレンシアのジョルディ・アルバと左サイドバックのポジション争いをすることになる。

(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

セビリアとシャフタル勝つ 欧州L、4強出そろう

<欧州リーグ>◇準々決勝◇11日

ドイツ各地で準々決勝2試合が行われ、セビリア(スペイン)とシャフタル・ドネツク(ウクライナ)が勝ち上がり、ベスト4が出そろった。

セビリアは1-0でウルバーハンプトン(イングランド)を下し、シャフタル・ドネツクは4-1でバーゼル(スイス)に快勝した。

準決勝は16日にセビリア-マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、17日にインテル・ミラノ(イタリア)-シャフタル・ドネツクが行われる。(共同)

関連するニュースを読む

久保移籍ビリャレアル愛称は「イエローサブマリン」

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)(撮影・高橋智行通信員)

日本代表MF久保建英(19)の新天地がスペイン1部ビリャレアルに正式決定した。10日、クラブが所属元のRマドリードとそろって発表し、11日に会見が行われた。昨季はリーグ5位に入るなど、常に上位争いをするチーム。新たな攻撃の核として、昨季の4ゴール4アシストを上回るエース級の活躍が期待されている。欧州ELの出場権も獲得しており、マジョルカからのステップアップとして絶好の場となる。

◆ビリャレアル 1923年創立。本拠地はバレンシア州ビリャレアル、ホームスタジアムはエル・マドリガル(2万4890人収容)。98年に初めて1部に所属、過去最高順位は2位。ビリャレアルはスペイン語で「王の町」という意味で、クラブのエンブレムに王冠のデザインが入っている。クラブカラーは黄。愛称は「イエローサブマリン」。

関連するニュースを読む

久保レアル復帰へは突き抜けた結果が必要/記者の目

久保建英(2020年3月7日撮影・PIKO)

日本代表MF久保建英(19)が11日、新天地のスペイン1部ビリャレアルの入団会見に臨んだ。 前日10日、クラブが所属元のレアル・マドリードとそろって1年間の期限付き移籍を発表した。昨季はリーグ5位に入るなど、常に上位争いをするチーム。新たな攻撃の核として、昨季の4ゴール4アシストを上回るエース級の活躍が期待される。欧州リーグ(EL)の出場権も獲得しており、マジョルカからのステップアップとして絶好の場となる。

   ◇   ◇   ◇

久保に限らず、Rマドリードという世界最高峰のクラブで選手に与えられるアピールの時間は決して多くない。今夏には22歳のMFロドリゲスが売却されることが濃厚。クラブのたたき上げで「クラブの真珠」などと期待された逸材でさえトップチームの扉を開けることは難しい。同じく下部組織出身でモロッコ代表DFハキミも7月にセリエAのインテルへ移籍が決定。ブンデスリーガの強豪ドルトムントへ期限付き移籍して開花したが、推定4000万ユーロ(約50億円)という価格でRマドリードが売却を決めた。

実力を示しても、市場価値が上昇したことで他クラブに売却されるという結末。久保も例外ではない。同タイミングで加入したブラジル人FWロドリゴにクラブが払った移籍金が約55億円であるのに対し、久保はゼロ。独サイト「トランスファーマーケット」によれば久保の市場価格は約37億円まで上がっている。1クラブ3つの外国人枠を使う久保がトップチーム25人の枠を勝ち取るには、突き抜けた結果が必要になる。【岡崎悠利】

関連するニュースを読む

ビリャレアル久保「上位を」レアル復帰へ絶好の移籍

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)(撮影・高橋智行通信員)

【ビリャレアル(スペイン)=高橋智行通信員】日本代表MF久保建英(19)が新天地を自分の色に染める。11日、スペイン1部ビリャレアルの入団会見に臨んだ。レアル・マドリードから来年6月までの期限付き移籍で加入。昨季所属し2部に降格したマジョルカとは違い、リーグ5位に入るなど、常に上位争いをする有力チーム。会見では新たな攻撃の核としての期待に応える活躍を誓った。欧州リーグ(EL)の出場権も獲得しており、レアル・マドリード復帰へのステップアップとして絶好の場となりそうだ。

   ◇   ◇   ◇

会見に出席した19歳の目つきは希望に満ちていた。クラブカラーの黄色いマスクを着用し、クラブのロッチ会長と握手して記念撮影するとすぐに手を消毒。新型コロナウイルスに万全の対策をしながら、流ちょうなスペイン語も使って質問に答えた。「上位を目指すチーム。大きなことは言いたくないけれど、できるだけ上の順位でフィニッシュして、欧州リーグでもいい結果を残したい」。新指揮官のエメリ監督やチームメートともすでに話し「フレンドリーな会話もあって、早くなじめそう」と笑顔も見せた。

ビリャレアルは昨季限りで大黒柱のMFカソルラが退団。ELも控える中で新たな攻撃陣のリーダーとして、1シーズン限定にもかかわらず加入を熱望された。「まだ練習着を1回着ただけですが、自分の色に染めていけたらいい」と、期待に応える活躍を誓った。

昨季は右サイドが主戦場となったが、中央でプレーする時間も増えそうだ。そうなれば、攻撃の中心に立つ「久保モード」の戦術を採用する可能性もある。昨季カソルラが記録した3ゴール9アシストを超える数字も求められてくる。久保は「能力や特徴をアピールして、試合に絡むことが一番」と、冷静に覚悟を口にした。

サイドアタッカーとして腕に磨きをかけるにもこの上ない環境になる。クラブにはリーガ屈指の右ウイングであるナイジェリア代表MFチュクウェゼが所属する。久保とは異なるスピードタイプで、いいライバルになる。スペイン大手紙「マルカ」は右に久保、左にチュクウェゼで共存させるメンバー構成を予想した。

すでにメディカルチェックもクリアし、開幕スタメンを目指してプレシーズンの活動に入る。「今回、ビッグクラブで能力が高い選手と競いながらやれる。攻撃面なども磨きをかけて、またひとまわり成長できたら」と力強く話した。イエローサブマリンの愛称で知られるビリャレアルの黄色のユニホームで、最大の目標であるRマドリード帰還への道を切りひらく。

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(撮影・高橋智行通信員)
入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)(撮影・高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

ビリャレアル久保「全員がトップレベル」一問一答2

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)

10日にレアル・マドリードからビリャレアルへの1年間の期限付き移籍が決定した日本代表MF久保建英(19)が現地時間の11日正午、ビリャレアルのホームスタジアム、エスタディオ・デ・ラ・セラミカ内で入団会見を実施した。またメディアの注目も大きく、約30名の報道陣が集まった。

久保は昨季のマジョルカでのプレーを振り返る映像が流された後、スペイン語で「まず何より、この素晴らしいチームの一員になれたことを嬉しく思っています。1度プレーしたことがありましたが、このピッチをしっかりと見たばかりで、とても素晴らしいと感じました。練習場も同様に素晴らしいですね。チームのことをできる限り助けることができたらと思っていますし、個人としてもチームとしても素晴らしいシーズンにできることを願っています」と挨拶した。

その後、ビリャレアルの選手として最初の記者会見に臨み、報道陣の質問に答えている。

-パレホやコクランなど、さらなる補強が噂されていることについて

久保 この後、誰が入団するかは分かりませんが、ここにいる人たちのことは知っています。全員がトップレベルの選手ですし、ビリャレアル戦が最も苦しい試合のひとつでした。そこで毎週プレーできることは、モチベーションが上がります。

-30クラブからオファーが届いていたと報じられたこと

久保 報道のいくつかは本当で、いくつかは違います。他のオファーはありましたが、ビリャレアルからのオファーが最も素晴らしかったので、僕は今ここにいます。

-将来的なレアル・マドリード復帰の可能性

久保 ビリャレアルについてのみ考えており、それ以外のことは考えていません。ビリャレアルのために100%尽くしたいと思っていますし、素晴らしいシーズンを送れることを願っています。

-ウナイ・エメリ監督に説得されたのは本当か?どんなことを話したか?

久保 例えば昨日会った時なんかはいろいろとチームのことだったり…。でも監督もチームに来て日が浅いと思いますし。そこら辺はお互いに知っていこうねって感じで、非常にフレンドリーな会話などもしてもらって。まあ、監督だけでなく、だいたい今日とか来ていた選手とかも話はできているので、思ったより早く馴染めそうかなと思います。

-電話をもらったか?

久保 そこのところはちょっと内緒で。

-ビリャレアルのチームカラーの黄色について

久保 まだ本当に練習着1回しか着ていないので分からないですけど、自分の色に染めていけたらいいかなと思います。

-シーズンの目標

久保 チームとしての目標がやっぱり、上を目指しているチームだと思うので、あまり大きなことは言いたくないですけど、できるだけ上の順位でフィニッシュして、なおかつ欧州リーグでも結果をしっかりと残せたらいいかなと。

-得点やアシストなど、数字的な今季の目標は?

久保 とりあえず試合に出ることが一番だと思うので、キャンプなどで。具体的なものはまだ何も決まっていないかもしれないですけど、しっかり自分の能力だったり、特徴をアピールして、まずは試合に絡んでいくことが大切なのかと思います。

-マジョルカで克服した課題は?

久保 さっき会長もチラッと言ってはくれていたんですけど、経験というのが一番大きいかなと。スペインの1部に慣れたというのが大きなアドバンテージになるかと思います。

-2年目の課題

久保 今回、かなりビッグクラブでのプレーだと思うんですけど、そこでやっぱり能力の高い選手と競いながらたくさんのものを得れると思うので、また一回り。昨年とはまた違ったところでも成長できたら。例えば攻撃面なんかでも。成長はしていると思いますけどより磨きをかけて貢献していけたらなと思います。

久保は会見後、小雨の降る中、スタジアムのピッチに出て、ユニフォーム姿をお披露目し、報道陣の前でポーズを取った。(高橋智行通信員)

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英

関連するニュースを読む

ビリャレアル久保、注目度「慣れている」一問一答1

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)

10日にレアル・マドリードからビリャレアルへの1年間の期限付き移籍が決定した日本代表MF久保建英(19)が現地時間の11日正午、ビリャレアルのホームスタジアム、エスタディオ・デ・ラ・セラミカ内で入団会見を実施した。またメディアの注目も大きく、約30名の報道陣が集まった。

久保は昨季のマジョルカでのプレーを振り返る映像が流された後、スペイン語で「まず何より、この素晴らしいチームの一員になれたことを嬉しく思っています。1度プレーしたことがありましたが、このピッチをしっかりと見たばかりで、とても素晴らしいと感じました。練習場も同様に素晴らしいですね。チームのことをできる限り助けることができたらと思っていますし、個人としてもチームとしても素晴らしいシーズンにできることを願っています」と挨拶した。

その後、ビリャレアルの選手として最初の記者会見に臨み、報道陣の質問に答えている。

-素晴らしい選手たちが揃っているため、素晴らしいシーズンを期待されていることについて

久保 僕自身も、チームメートと監督のサポートもありながら、素晴らしいシーズンを過ごせることを期待しています。どうなるのか楽しみです。

-ビリャレアルがボールを大切にしてプレーすることについて

久保 ビリャレアルと対戦した時、彼らのプレーリズムについていくのに苦労をしました。彼らは常にボールをキープしていましたからね。それが逆になることに、大きな興奮を感じています。

-ビリャレアル移籍を決めた理由

久保 ビリャレアルがベストの選択肢でしたし、僕も家族も代理人も全員がそう考えました。今から、これがベストの選択であったことを証明する必要があります。

-どのポジションでのプレーを望むか?

久保 DFとGK以外はどこでもプレーする心構えがあります。監督や何人かの選手たちと話しましたし、少しずつコミュニケーションを取っていきたいと思います。

-クラブの成長を助ける存在になれるか?

久保 個人としてもチームとしても素晴らしいシーズンを過ごすために、ここへやって来ました。すでに非常に大きな存在であるこのクラブを、より大きくするための助けができたらと思います。

-チーム内の競争

久保 素晴らしいチームには常に競争が存在します。より良いプレーができるようになるため、その競争を楽しむ必要があります。サッカーは集団のスポーツなので、全員で助け合わなければいけなせん。

-自身の注目度の高さについて

久保 かなり前から慣れていますし、うまく付き合えています。ピッチ外での注目については興味がありません。テレビで自分のことが話されても、あまり気にならないです。ただピッチ上のことだけに集中しています。久保は会見後、小雨の降る中、スタジアムのピッチに出て、ユニフォーム姿をお披露目し、報道陣の前でポーズを取った。(高橋智行通信員)

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英

関連するニュースを読む

ビリャレアルが久保シフト戦術か「早くなじめそう」

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)

日本代表MF久保建英(19)の新天地がスペイン1部ビリャレアルに正式決定した。10日、クラブが所属元のRマドリードとそろって発表し、11日に会見が行われた。昨季はリーグ5位に入るなど、常に上位争いをするチーム。新たな攻撃の核として、昨季の4ゴール4アシストを上回るエース級の活躍が期待されている。欧州ELの出場権も獲得しており、マジョルカからのステップアップとして絶好の場となる。

この日の会見には黒いTシャツ姿で、クラブのロッチ会長とともに出席。流ちょうなスペイン語も使って質問に答え、「上位を目指すチーム。大きなことは言いたくないけれど、できるだけ上の順位でフィニッシュして、欧州リーグでもいい結果を残したい」と新たなシーズンの目標を語った。新指揮官のエメリ監督やチームメートともすでに話し「フレンドリーな会話もあって、早くなじめそう」と笑顔も見せた。

ビリャレアルは昨季限りで大黒柱のMFカソルラが退団。ELも控える中で新たな攻撃陣のリーダーとして、1シーズン限定にもかかわらず加入を熱望された。昨季は右サイドが主戦場となったが、中央でプレーする時間も増えそうだ。そうなれば、昨季リーグ5位の強豪が「久保モード」の戦術を採用する可能性もある。攻撃のタクトを任される19歳には、昨季カソルラが記録した3ゴール9アシストを超える数字が求められることになりそうだ。久保は「能力や特徴をアピールして、試合に絡むことが1番」と、闘志は胸の内にしまった。

サイドアタッカーとして腕に磨きをかけるにもこの上ない環境だ。クラブにはリーガ屈指の右ウイングであるナイジェリア代表MFチュクウェゼが所属する。スピードあふれる久保とは異なるタイプで、いいライバルになる。スペイン大手紙「マルカ」は右サイドに久保、左にチュクウェゼで共存させるメンバー構成を予想した。

すでにメディカルチェックもクリアし、開幕スタメンを目指してプレシーズンの活動に入る。「今回、ビッグクラブで能力が高い選手と競いながらやれる。攻撃面なども磨きをかけて、またひとまわり成長できたら」と力強く話した。イエローサブマリンの愛称で知られるビリャレアルの黄色のユニホームで、最大の目標であるRマドリード帰還への道を切りひらく。

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英

関連するニュースを読む

久保建英が新天地スペイン1部ビリャレアル入団会見

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英(左)

日本代表MF久保建英(19)が11日、新天地のスペイン1部ビリャレアルの入団会見に臨んだ。

前日10日、クラブが所属元のレアル・マドリードとそろって1年間の期限付き移籍を発表した。久保はジーンズと黒のポロシャツ、チームカラーの黄色のマスクを着けて登場した。会見場にはマジョルカでの得点シーンの映像が流れるなど、歓迎ムードが漂った。

クラブの公式ツイッターでは日本語で「いいシーズンになるように頑張ります」などと、決定後の第一声となる意気込みを語った。公式サイトでは「ボールの扱いが素晴らしく、敵を回避する並外れた能力は際だっている」と紹介。ツイッターでは黒いTシャツにマスク姿の久保がお辞儀する写真とともに日本語で「宜しくおねがいします!」とつづった投稿がされるなど大きな期待感が漂っている。昨季はリーグ5位に入るなど、常に上位争いをするチーム。新たな攻撃の核として、昨季の4ゴール4アシストを上回るエース級の活躍が期待される。欧州リーグ(EL)の出場権も獲得しており、マジョルカからのステップアップとして絶好の場となる。

◆ビリャレアル 1923年創立。本拠地はバレンシア州ビリャレアル、ホームスタジアムはエル・マドリガル(2万4890人収容)。98年に初めて1部に所属、過去最高順位は2位。ビリャレアルはスペイン語で「王の町」という意味で、クラブのエンブレムに王冠のデザインが入っている。クラブカラーは黄。愛称は「イエローサブマリン」。

入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英

関連するニュースを読む

ブンデスリーガ10月末まで無観客 保健相意向示す

ドイツ・ブンデスリーガは10月末まで無観客試合を継続する方針となった。同国シュパーン保健相が自身のSNSで1部、2部リーグともに無観客試合を継続する意向を示した。

9月18日開幕の20-21年シーズンに備え、ドイツリーグは立ち見席封鎖などの条件付きで有観客の許可を申請してきたが、新型コロナウイルス感染者の増加で政府や各州の規制緩和が進んでおらず、最終的に認められなかった。ドイツでは他の主要イベントも10月末まで無観客で開催される。

関連するニュースを読む

南野リバプールが左SBチミカスの獲得を発表

FW南野拓実(25)が所属し、30季ぶりにイングランド・プレミアリーグを制覇したリバプールは10日、オリンピアコス(ギリシャ)のDFコスタス・チミカス(24)を獲得したと発表した。契約は5年間。移籍金は1175万ポンド(約15億9365万円)とされる。

左サイドバックが本職で、チームではDFアンドリュー・ロバートソン(26)と定位置を争うことになりそうだ。同日に会見したチミカスは「とても幸せ。ここにいることを誇りに思う。最善を尽くしたい。リバプールは私にとって世界最大のクラブ」と意気込みを口にした。

ユルゲン・クロップ監督も「コスタスを長い間見てきた。私たちのチームに加わってくれて本当にうれしい」とコメントした。

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。