日刊スポーツ

新潟矢野が完全合流 新監督の戦術を分析し水戸戦へ

スコア速報

新着ニュース

新潟矢野が完全合流 新監督の戦術を分析し水戸戦へ

シュートするFW矢野(左)

J2アルビレックス新潟がクラブハウス隣接ピッチで行った24日の練習に、FW矢野貴章(35)が完全合流した。

今季初先発した3日のホーム町田ゼルビア戦で、右太ももの裏を負傷。18日に部分合流していたがこの日、フルメニューをこなした。アウェーで28日に戦う次節の相手は、今季不敗(6勝4分)を誇る首位・水戸ホーリーホック。スピードが持ち味のFWの復活は、攻撃の選択肢が大幅に増える。

   ◇   ◇   ◇

FW矢野が練習のピッチに帰ってきた。長い足を駆使して一気に加速するスピードが身上のFWは、完全復帰で攻撃陣を活性させた。予定していた午後練習はキャンセルされただけに、トレーニングは激しかった。そんな強度の高い練習にも、故障の跡を一切見せない。「大丈夫です」と素っ気なく故障に触れて、続けた。「粘り強く戦い、チャンスに得点することが求められる」。心は首位撃破を一筋に狙っていた。

ホーム町田戦の3日に右太もも裏を負傷。別メニューをこなしている間にチームも激変した。14日に片渕浩一郎前監督(43)が解任され、吉永一明監督(51)の就任だ。新監督にアピールしなければならない状況での出遅れ。しかし、リハビリ・トレに取り組みながら、練習内容を観察して復帰に備えた。「ポジショニングの細かい指示が多い」と話していた矢野はこの日、言った。「崩していく中でゴール前の人数を増やすのが、監督の求めていることだと思う」。

第10節終了時点で首位を走る水戸は、10試合4失点と守備が強固の手ごわい相手だ。だからこそ、水戸戦は攻撃陣が勝敗のカギを握る。吉永監督は「当然、メンバー候補に入る」と矢野を構想の中にインプット。別メニュー期間中の5日に35歳になったが、献身的に走るチームのダイナモは貴重な戦力だ。「ボールを動かす中で、ゴール前にいるようなポジショニングを続けたい」。矢野の頭の中には、水戸戦の青写真が出来上がっていた。【涌井幹雄】

関連するニュースを読む

山形の礎築いた中井川元GM退任 J1昇格2度導く

中井川茂敏GM(11年撮影)

J2モンテディオ山形は23日、定時株主総会及び臨時取締役会を開催し、相田健太郎代表取締役社長(44)の再任など、役員人事を発表した。

その中で、かつてGMとしてチーム強化に尽力した中井川茂敏取締役(61)の任期満了(2年)に伴う退任も発表された。中井川氏は山形の母体となったNEC山形サッカー同好会設立に携わり、95年には石崎信弘監督(61)を招へいするなどチーム強化の礎をつくった。その後もNEC山形総務部に在籍しながら、山形とのパイプ役として活躍。07年からGMに就任し、山形を2度のJ1昇格に導いている。5月5日ホームでのファジアーノ岡山戦(午後4時試合開始)がラストマッチとなる。今後の去就は、まだ決まっていない。

関連するニュースを読む

山形PKに泣き9戦ぶり黒星 全員攻撃不発4位後退

山形対山口 後半ロスタイム、攻撃参加で前線に上がる山形GK櫛引(21番)

<明治安田生命J2:山形0-1山口>◇第10節◇21日◇NDソフトスタジアム山形

モンテディオ山形がレノファ山口FCに0-1で敗れ、開幕戦以来9戦ぶりの黒星を喫した。後半37分にDF熊本がファウルを犯してPKを献上し、痛い失点につながった。

満開の桜に囲まれたホームで平成最後の勝利に挑んだが、気持ちが空回りした。最後はロスタイムで得たセットプレーでGK櫛引も攻撃参加したが、「勝ち点を取るためにもリスクをかけなければならなかった」との執念も実らなかった。

順位は2位から4位に後退し、木山監督は「ゲームの中でお互い何かを出せたかというと、そうでもなかった。試合も膠着(こうちゃく)してあまりいい内容ではなかったが、次に向けてパワーに変えられるように努力していきたい」と前を向いた。

山形対山口 後半、シュートを放つDF熊本(右)

関連するニュースを読む

横浜FCカズはベンチ外 視察森保監督に負傷明かす

横浜FCのFWカズ(右)は横浜FCと千葉の試合を視察に来た日本代表の森保一監督と談笑する

<明治安田生命J2:横浜FC3-1千葉>◇第10節◇21日◇ニッパツ

横浜FCが、FWイバ、17歳FW斉藤光毅のゴールなどでジェフユナイテッド千葉に逆転勝ちした。横浜FCのFWカズ(三浦知良、52)は18日の練習中に負傷しベンチ外だった。

日本代表の森保一監督が電撃視察。試合前にカズと対面し談笑。森保監督は「カズさんのプレーを楽しみに来ましたけど、という話をして。けがをしたと言われたので…」と明かすと、カズは「また次で」と森保監督の前でのプレーを誓った。

千葉では広島時代の教え子のFW佐藤寿人(37)が先発しており、森保監督は「僕の中では、一緒に仕事したカズさん、寿人もそうですけど、両方のゴールがみられればいいなと思ってましたけど…。見に来た理由は、Jリーグ、大学、アマチュアと幅広くできる限り見て、チーム作りに役立てていきたいなと思っているので。ゴール前のシーンが多く、いい試合を見られて良かったです」と振り返った。

関連するニュースを読む

新潟が東京Vとドロー、吉永監督Jデビュー戦飾れず

J初采配がドローに終わった新潟吉永監督

<明治安田生命J2:東京V1-1新潟>◇第10節◇20日◇味スタ

アルビレックス新潟は東京ヴェルディと1-1で引き分けた。3試合連続のドローゲームで、J初采配の吉永一明監督(51)にはホロ苦いデビュー戦になった。

前半5分、右CKからのこぼれ球をFWレオナルド(21)が右足で押し込み先制も、後半20分に追いつかれた。今季初先発のDF広瀬健太(26)の横パスをカットされてFW端戸仁(28)に決められた。新潟の東京V戦の対戦成績はJ1時代を含めて4分け5敗と未勝利が続く。

   ◇   ◇   ◇   

勝てなかった。監督就任から4日間の非公開練習で集中したトレーニングを積んでも、勝利に結びつかなかった。先制しながら、パスミスで追いつかれる手痛いドロー。ゴール裏のサポーターのもとへあいさつに向かう選手たちの足取りは重かった。観衆6085人のうち、約3100人の新潟サポーターが、ホームの雰囲気をつくったが応えられなかった。

「ゲーム自体は、選手たちは勇敢に(チームとして)やろうとすることにトライしていた。恐れず、やることはできた。残念です」。14日監督交代が発表され、J初采配となった試合を吉永監督は振り返った。片渕浩一郎前監督(43)とは、ひと味違ったゴールへのアプローチを繰り広げた。従来の4-4-2のシステムを変更して、4-2-3-1の布陣。前節(13日)から先発3人が入れ替わり、センターバックだったDF新井直人(22)は左サイドバックに。ロングボールは多用せず、パスをつないで相手ゴールに迫った。吉永監督は「パスをつなぐことが目標ではない。みんなで前進する方法として採用した」と言う。

試合後、ゴール裏のサポーターからは拍手と罵声が交錯した鼓舞を受けた。選手たちは、そんな励ましに前を向くしかない。確かな手応えも感じていた。MF加藤大(27)は「決定的なシーンを何度もつくれた」と言い、新井も「短い準備の中で前半はテンポよくボールをつなぐことができた」と話した。次節(28日)もアウェーでの水戸戦。新生新潟の試金石になる。【涌井幹雄】

東京V対新潟 相手GKのキックをカットしにいくFWレオナルド
3試合連続のドローに終わり、ガックリ引き揚げる新潟イレブン

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。