日刊スポーツ

東京V永井監督が離脱若手バッサリ「だからJ2」

スコア速報

1月25日(土)
本日は試合がありません

1月25日(土)
本日は試合がありません

1月25日(土)
本日は試合がありません

新着ニュース

東京V永井監督が離脱若手バッサリ「だからJ2」

戦術指導する東京Vの永井監督(中央)

J2東京ヴェルディが24日、東京都内での1次トレーニングを打ち上げた。1月10日に始動し、15日間で9度の2部練習で戦術を落とし込み、休みは2日間だけ。26日からは沖縄キャンプに入る。

連日のハードな練習で、体の痛みや違和感で離脱する選手が増え、最終日となったこの日にピッチで練習したフィールド選手は、わずか14人だった。FW大久保嘉人(37)、DF近藤直也(36)と日本代表経験を持つベテランが“完走”したのに対し、MF井上潮音(22)、MF山本理仁(18)ら若手の離脱が目立った。

技術にたけた下部組織出身者は多いが、トレーニングへの耐久性の部分で体の弱さを露呈した。永井秀樹監督(48)は「これぐらい(トレーニングを)できなければ、1年戦えない。J1ではできないという話です」と厳しかった。離脱すれば練習量が減り、おのずと技術や理解度の差が広がる。それだけに、指揮官は「だからこのクラブはJ2だと思います」とバッサリ。

自身が黄金期の東京Vの現役だった頃を振り返り、「ラモスさんいて、カズさんがいて、その3、4倍練習しないと抜けないと思ってやっていた。そういうのが少し足りないというのは…。うまくて、強くないといけない。J2なんだから。単純に、倍練習しないとJ1には勝てない。だからといって、たくさんやればいいだけではない。質をこだわってやっていきたい」と力を込めた。

一方、フルメニューを完走した大久保は「足に来てますよ」と言いながらも「痛いところがないし、楽しくやれている。練習の密度も濃い。戦術を落とし込むにはこれぐらいやらないとダメだと思う。上に行くんだったら、これぐらいが当たり前」とベテランの風格を漂わせた。

沖縄キャンプではJ1、J2のチームと8試合の練習試合が予定されている。第1次トレーニングを実戦で試す絶好の場となる。大久保は「たくさん練習試合をして、連係ができていければ」と心待ちにした。

東京Vの練習に臨むFW大久保(中央)

関連するニュースを読む

磐田MF大森が存在感「良さ知ってもらうこと大事」

ゲーム形式の練習でボールに食らいつく磐田MF大森(右)(撮影・神谷亮磨)

J1のFC東京からJ2ジュビロ磐田に新加入したMF大森晃太郎(27)の存在感が際立っている。鹿児島キャンプ4日目の24日は2部練習をこなした。この日のゲーム形式でも常に主力組でプレー。攻守の切り替えとゴール前で質の高さを見せた。「1日でも早く自分の良さを知ってもらうことが大事」。積極的にボールを受け、自身の特徴をピッチ内で表現している。

過去の経験もプレーで還元する。13年に在籍していたG大阪ではJ2で優勝し、1年でのJ1復帰を果たした。翌14年は主力として、J1とナビスコ杯(現ルヴァン杯)、天皇杯を制し「3冠」を達成。「引っ張っていくタイプではない」と控えめだが、がむしゃらにボールを追う姿は大森の真骨頂だ。

約1カ月後に迫ったモンテディオ山形との開幕戦(2月23日、ヤマハ)では、スタメン候補の1人。「頑張るけど、頑張りすぎないこと」と焦らずにコンディションを上げていく。他選手とも積極的にコミュニケーションを取るなど、既にチームに溶け込んでおり「やっていてすごく楽しい」と充実した表情を見せた。多くは語らず、背中で引っ張る。「あとはプレーを見てもらえれば」と、少ない言葉に闘志を込めた。【神谷亮磨】

関連するニュースを読む

磐田退団の川又堅碁が千葉入り「優勝しましょう!」

川又堅碁(2019年11月28日撮影)

J2ジェフ千葉は24日、昨季限りでジュビロ磐田を退団していたFW川又堅碁(30)が完全移籍で加入することを発表した。川又は契約満了で磐田を退団後はフリーとなり、今月13日から始まっていた千葉の沖縄キャンプに練習生として参加していた。

川又はクラブを通じてコメントを発表し「ジェフという伝統のあるクラブでプレーできることをとても光栄に思います。『J1昇格』を勝ち取ることだけを思い続け、1年間突っ走りたいと思います。優勝しましょう!」と力強く意気込んだ。

千葉は今季、かつてサガン鳥栖やセレッソ大阪などでも指揮を執った尹晶煥新監督(46)をむかえ、選手補強でも川又と同じ磐田でプレーしていたMF田口泰士(28)や川崎フロンターレのGK新井章太(31)ら即戦力を次々と獲得。日本代表経験もある川又の加入も実現し、09年以来のJ1昇格を目指すシーズンへ向け、またひとつ戦力を拡大させた。

関連するニュースを読む

J2新潟新加入のマウロが抱負「昇格に貢献したい」

新加入マウロが新潟での活躍を誓う(撮影・小林忠)

J2アルビレックス新潟は24日、デンカビッグスワンスタジアムでアルゼンチン出身のDFマウロ・ドス・サントス(30)の新入団会見を行った。スペイン1部リーグを主戦場に、数多くの世界トッププレーヤーと対戦してきたセンターバックは「自分の持っている能力を最大限に発揮し、J1昇格に貢献したい」と目標を掲げた。スペイン2部リーグのCDテネリフェから7月末までの期限付き移籍で、新潟の20年シーズン外国籍選手は6人となった。

   ◇   ◇   ◇

「空中戦、対人プレーの強さが持ち味。自信はある」。マウロは自身のプレースタイルをアピールをした。アルゼンチンU-20代表経験もあり、182センチのフィジカルの強さを生かしたボール奪取や、正確なフィードで最終ラインからゲームをコントロールできる。

スペイン1部リーグ在籍時にはRマドリードに所属していたC・ロナウドや、バルセロナのメッシといった世界トッププレーヤーと対戦してきた。メッシについては「違う生き物」と表現した。15~17年のエイバル(スペイン)在籍時には元日本代表の乾貴士(31)と同僚で、プレーだけでなくJリーグや日本文化についても会話をしたという。Jリーグには「スピードがあり、テクニカル」の印象を持っている。「サッカーを始めた少年時代のようにワクワクしている。早く試合に出られるようアピールする」と来日直後の心境を明かした。

移籍を決断した理由にはスペイン出身のアルベルト監督の存在も大きいはず。「監督の求めていることを体現し、チームの勝利に貢献したい」と話し、「攻撃でのセットプレーでは得点を狙う。リーガでの得点もヘディングだった」と得意の高さを攻守で発揮するつもり。背番号は3。この日キャンプ地の高知に入り、25日の午前練習からチーム合流する。【小林忠】

◆マウロ・ドス・サントス 1989年7月7日生まれ、アルゼンチン出身。07-08年に母国リーグのバンフィエルドでプロデビュー。12-13年シーズンからスペイン2部のムルシアへ移籍。2シーズン在籍で66試合出場3得点。14~18年はスペインの1部チームを渡り歩き、通算85試合出場1得点。18年途中からスペイン2部のテネリフェに所属していた。182センチ、78キロ。

新加入のマウロが新潟での活躍を誓う(撮影・小林忠)

J2磐田山田 志願エースナンバー「10」の覚悟

実戦形式のメニューでキレのある動きを見せる磐田MF山田(左)

J2ジュビロ磐田MF山田大記(31)が志願した「エースナンバー」をつけて覚悟のシーズンに挑む。鹿児島キャンプ2日目の22日は2部練習を実施。午後は同キャンプ初となる11対11の実戦を行った。山田は控え組ながら、軽快な動きで存在感をアピール。昨季の19番から、今季は6シーズンぶりに10番を背負うことになり「自分からお願いした。特別な番号だし、つけさせてもらうからにはそれだけのプレーをしないといけない」と表情を引き締めた。

山田にとってJ2は2度目の経験。だが、前回の14年シーズンは半年間だけのプレーだった。同年夏にドイツのカールスルーエに移籍。悩んだ末の海外挑戦だった。山田は「自分の夢でもあったので。今回はJ2が決まった瞬間からチームに残ると決めていた」。苦しい時期にチームを離れた過去の経験も、今季にぶつけるつもりだ。

目標は「チームの勝利が最優先」と前置きした上で「2桁は取りたい」と宣言した。これまでのシーズン自己最多は12年の9得点。10番として、目に見える結果も求める。「今日もサブ組だったし、まずはいいプレーを続けて序列をひっくり返したい」。開幕まで残り1カ月。下部組織出身の「新10番」がプレーでチームをけん引する。【神谷亮磨】

東京対磐田 後半、競り合う東京MF久保(左)と磐田MF山田(19年5月12日撮影)

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。