日刊スポーツ

J2新潟堀米が連続アシスト意欲「すごく調子いい」

スコア速報

11月14日(木)
本日は試合がありません

11月14日(木)
本日は試合がありません

11月14日(木)
本日は試合がありません

新着ニュース

J2新潟堀米が連続アシスト意欲「すごく調子いい」

練習後に取材に応じるDF堀米

J2アルビレックス新潟は14日、聖籠町のクラブハウス隣接ピッチで16日の次節アウェー大宮戦に向け、非公開で練習を行った。

前節の岐阜戦(9日)、MF本間至恩(19)の先制ゴールをアシストした左SB堀米悠斗(25)は連続アシストに意欲をみせる。「ここ数試合、すごく調子いい」。大宮戦でもピンポイントクロスでゴールを演出を狙う。

今季はサブ組からスタートした堀米だが、8月以降先発の座をつかみ、攻撃でも積極性を見せる。岐阜戦ではMF渡辺新太(24)のサイドチェンジをダイレクトで折り返し、先制点につなげた。「シュートを打とうと思ったがクロスに切り替えた。ピンポイントクロスになって良かった」と絶妙なアシストを振り返った。

前々節の栃木戦(3日)でもドリブル突破から得点の起点となっており「調子がいいので、どんどん相手PA内に入ってプレッシャーをかけていきたい」と突破力への自信を深める。

札幌に入団したルーキーイヤーの13年、新人にもかかわらず副主将を務めるなどリーダーシップもある。「新潟を応援してもらえるクラブでいるためには最後まで戦わなければならない」。今季残り2試合。全力プレーを誓った。【山岸章利】

関連するニュースを読む

新潟秋山「負けない」同世代刺激に五輪代表入り闘志

練習前のアップをするMF秋山裕紀(左)(撮影・山岸章利)

J2アルビレックス新潟は13日、第41節アウェー大宮戦(16日)に向けた練習を聖籠町で行った。

東京五輪世代のMF秋山裕紀(18)は、17日に行われるキリンチャレンジ杯U-22コロンビア戦に向けて招集された同世代の日本代表メンバーから刺激を受けている。「もちろん、自分もそこ(代表)を狙っている」。新潟で活躍する姿を見せ、東京五輪代表メンバー入りを狙う。

   ◇   ◇   ◇

「常に前向きな気持ちでプレーできている」。現在、3試合連続スタメン出場中の秋山の表情は明るい。

前節岐阜戦では、J初ゴールまであとわずかに迫った。1-0の前半26分、岐阜陣内で秋山がボールを奪うとレオナルド、戸嶋とつなぎ、ボールはDFラインの裏へと抜け出した秋山へ渡った。スタジアム全体が初ゴールへの期待に包まれる中、放ったシュートはGKビクトルに阻まれた。

「焦ってしまった。もっと周囲を見てプレーしなきゃいけない」。後で確認した映像で、自分がフリーでボールを受けていたことを知り、広い視野でのプレーを課題にあげた。

意識しているのは、日本代表でプレーする同世代の選手たちだ。特に、10月15日のU-22ブラジル戦(3○2)で2得点を挙げたMF田中碧(21=川崎F)、1得点のMF中山雄太(22=オランダ・ズウォレ)は秋山と同じボランチを主戦場とする。世界にインパクトを与えたライバルにも「当然、負けたくない」と闘志を燃やす。

コロンビア戦に向けてはFW小川航基(22=水戸)らJ2で活躍する選手も招集されており、今後の活躍次第では代表入りのチャンスは十分にある。秋山は「良いプレーだけでなく、ゴールやアシストがほしい」と結果を貪欲に求める。

次節は、激烈なJ1自動昇格争いを繰り広げる3位大宮が相手。すでにチケットは完売で、スタジアムは満員が予想される。大観衆の中で、秋山が輝きを放ち、代表入りへ猛アピールする。

リラックスした表情でアップするMF秋山裕紀(左)(撮影・山岸章利)

関連するニュースを読む

新潟GK野沢「失敗を恐れずに」小学生に体験伝える

小学生に自身の体験を話しながら授業をするGK野沢(正面)

J2アルビレックス新潟のベテランGK野沢洋輔(40)が”先生”になった。12日、「のざせん」と題した授業を新潟市の結小で行い、6年生122人に夢と仕事をテーマに約1時間、自身の体験を伝えた。

”野沢先生”が児童の心を引きつけた。冒頭こそ、アントニオ猪木のモノマネで「結小学校のみんな、元気ですか!」とあいさつしてすべったが、その後は視線を集めた。

入念な準備をしていた。この日のために、自身で資料を作成。サッカー人生のポイントになった年を「タイミング=時期」、そのときの出来事を「きっかけ=チャンス」、そこで起こした行動を「可能性=夢」と記したプリントを配って進めた。小5でFWからやりたくなかったGKに転向させられたことを明かし「あそこでキーパーをやっていなかったら、今の自分はなかったかもしれない。嫌だと思ったことも、『チャンス』と捉えることで、可能性が広がる」と説いた。阿部太子崇(としたか)君(6年)は「生活の中にチャンスが転がっていることが分かった」と話した。

小学生のころは先生になるのが夢。「みなさんのおかけで1つ夢がかないました」と感謝した。「今の子は情報も多いし、何でもできる環境がある。失敗を恐れずチャレンジしてほしい」とメッセージを送った。

関連するニュースを読む

新潟DF渡辺泰基、本格復帰へ同世代の活躍が刺激に

試合形式の練習で俊敏な動きを見せた新潟DF渡辺泰(左)(撮影・山岸章利)

アルビレックス新潟の16日大宮アルディージャ戦に向けた練習では、7月のFC町田ゼルビア戦で左足距骨下関節を負傷し離脱していたDF渡辺泰基(20)が本格復帰へ向け、調子を上げている。

「同世代の選手がピッチで活躍している。自分も負けていられない」。10日の新潟経営大との練習試合(6○0)ではフル出場。「久々の試合だったので試合勘が心配だった」と振り返るも、攻守に安定したパフォーマンスを見せた。負傷離脱中にはDF堀米悠斗(25)が台頭、前節FC岐阜戦でもアシストを挙げるなど、スタメン奪取は容易ではないが「応援してくれている人のためにも頑張りたい」と意気込んだ。

試合形式の練習で相手をマークする新潟DF渡辺泰(中央)(撮影・山岸章利)

関連するニュースを読む

J2新潟「否定も肯定も」新監督にトレント氏招聘か

J2アルビレックス新潟の神田勝夫強化部長(53)が12日、報道陣の取材に応じ、吉永一明監督(51)の進退について「今季が終わるまでには発表したい」とし、近日中に続投の可否を判断する考えを示した。

またこの日、一部で報じられた米MLSのニューヨーク・シティー前監督でスペイン人指揮官のドメネク・トレント氏(57)の招聘(しょうへい)については「困惑している。否定も肯定もできない」と話すにとどめた。

   ◇   ◇   ◇

今季の新潟は片渕浩一郎前監督(44)がシーズン途中の4月に解任され吉永監督が指揮を執っている。

今シーズンも残り2試合。現在は10位で、すでにJ1昇格の可能性が消滅している。神田強化部長は「現監督の続投も含めて、来季の体制を考えている段階」とした。

そんな中、MLSニューヨーク・シティー前監督ドメネク・トレント氏の招聘(しょうへい)報道が浮上。トレント氏は「世界最高の指揮官」と呼ばれるグアルディオラ監督(現マンチェスターC、48)が、07年にバルセロナBの監督に就任した時から、バルセロナ、バイエルン、マンチェスターCでアシスタントコーチを務め、数々のタイトル獲得に貢献。まさに右腕と呼べる存在だ。18年6月からはMLSニューヨーク・シティーの監督に就任し、今季は東地区で優勝。しかし、プレーオフで準決勝敗退となり、契約を1年残して今月契約解除となった。

この報道を受け、是永大輔社長(42)はツイッターで「なんだこれ」とつぶやき、神田強化部長も「現体制を続投させるか交代させるかを判断してからの話なので困惑している。否定も肯定もできない」と話しており、その真偽のほどは定かではない。

しかし、新潟のシーズン途中での監督交代は4年連続となっており、3年連続でJ2を戦う来季、17年以来のJ1復帰は最重要課題となる。吉永監督の続投かトレント氏あるいはほかの人物の新監督就任か、その決定が待たれる。

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。