日刊スポーツ

横浜FC下平監督「頭下がります」53歳カズに敬意

スコア速報

9月25日(金)
本日は試合がありません

9月25日(金)
本日は試合がありません

9月25日(金)
本日は試合がありません

新着ニュース

横浜FC下平監督「頭下がります」53歳カズに敬意

横浜FC・FW三浦(左)と下平監督

横浜FCの下平隆宏監督(48)が、23日の川崎フロンターレ戦で先発した53歳のFWカズを称賛した。

25日、26日の浦和レッズ戦に向けオンライン会見に応じ、カズについて言及。「チームでも周りへの影響力はすごくありますし、実際、カズさんが試合に出て、日本中のサッカーファンがざわついたというか。刺激を得たと思うんですね。そういったことができる数少ないプレーヤーで、限られた選手の中の選手だなという印象」と話した。今後のリーグ戦の起用については「可能性は十分あると思います。試合のスケジュールなどによってチャンスはあると思います」とした上で、チーム内のさらなる競争を促した。

川崎F戦には、42歳のMF中村俊輔、39歳のMF松井大輔も先発出場。「134歳トリオ」と話題になった。指揮官は「134歳」の3人の合計年齢に「あらためてドキッとしますけどね」と笑い「足して134の年齢のパフォーマンスではないなと。3人ともそうですけど。普通ではありえない。日々の節制、準備は、3人とも人一倍気をつかって日々ケアをしている。頭が下がります」と敬意を表した。

ミーティングでは、2-3と首位を相手に善戦した前節を振り返り「メンバーを入れ替えても首位相手に内容的には十分やれた。出た選手が今持ってる力をしっかり出してくれたて、それぞれがしっかり貢献していて、すごくポジティブなゲームだった」と選手へ伝えた。カズへのメッセージも込められていたという。

また、主将マークを託した経緯についても明かした。当初はMF佐藤謙介が巻く予定だったが、佐藤が「今日はカズサンにお願いしましょう」と提案。カズは「(佐藤)謙介がキャプテンだから」と話したが、下平監督が「みんなの総意なのでつけてほしい」とカズへ託したという。

首位チームを苦しめてから中2日で迎える浦和戦。指揮官は「前回のホームの試合は、自分たちもいい形で攻撃する時間があって内容的には五分五分だった。すきをつくらないようにしながら、自分たちの時間をつくりながら攻撃できたら」と、前節の勢いをつなげるつもりだ。

関連するニュースを読む

仙台木山監督「慎重に」クエンカデビュー明言せず

ボールをキープする仙台MFクエンカ(中央)。右から2人目はMF飯尾(撮影・山田愛斗)

元バルセロナで長期離脱から復帰したベガルタ仙台MFイサック・クエンカ(29)が、後半戦巻き返しへの切り札になる。リーグ戦半分の17試合を終え、チームは17位で5連敗中かつ8試合未勝利。さらにリーグ唯一のホーム0勝と苦しんでいる。2月のキャンプ中に母国スペインで右膝半月板を手術し、長いリハビリ期間をへて、ついに先週から全体練習に合流。27日のホーム、セレッソ大阪戦には間に合わない見込みだが、仙台デビューは近づいている。

クエンカはコンディションについて「試合勘やゲーム慣れは足りない部分があるが、この数週間は特に良くなっている」。チームは17位と低迷するが「大事なのは試合に勝つこと。1試合勝てばモチベーションが高くなるし、もっと自信につながる」。チーム総得点16はリーグワースト2位。昨季はサガン鳥栖で29試合6得点を挙げ、J1残留に貢献しただけに、復帰直後からゴールに直結するプレーが期待される。

バルサ仕込みのテクニックを駆使してのドリブル突破、キープ力、変幻自在のパスで相手を翻弄(ほんろう)。さらに試合を読む力に自信があり、瞬時にベストなプレーを選択する。「まずはコンディションを100%に戻して、何の試合をめどにというよりも、できるだけ早く試合に絡みたい。1日1日を大事にして100%になるように頑張りたい」と戦線復帰を待ち望む。

木山監督はクエンカについて「大きなゲームとかチームの大きな枠の中に入っての練習はほとんどできていない」と現状を明かし、「戦術的には外から見て、ミーティングにも加わっているので、頭では理解してくれていると思う。それをピッチで体現できるかは、今試合に出すとなるとぶっつけ本番になる。彼の場合、かなり長い期間のけがでの離脱、膝というところを考えたときに慎重にならざるを得ない」と起用時期は明言しなかった。【山田愛斗】

軽快に動く仙台MFクエンカ(右端)。左からFW長沢、1人おいてFWゲデス、FW山田(撮影・山田愛斗)

関連するニュースを読む

横浜FC監督がカズの動き評価、再起用の可能性も

23日川崎F戦の前半、パスを出す横浜FCカズ(三浦知良=中央)

横浜FC下平隆宏監督が、カズのリーグ再起用の可能性を示唆した。23日の川崎フロンターレ戦でJ1最年長出場を達成したカズに「2トップの守備のところをしっかりやってくれた」と評価。日本中での話題になったことに触れ「限られた選手の中の選手だなという印象」と話した。

今後のリーグ戦出場について「可能性は十分あると思います。試合のスケジュールなどによってチャンスはある」とし、チーム内のさらなる競争を促した。

関連するニュースを読む

清水「生まれ変わった姿」で苦手の名古屋戦勝利へ

ボールを使ったウオーミングアップをする清水GK大久保(左)

J1清水エスパルスが長短のパスを織り交ぜた多彩な攻撃で、2試合ぶりの勝利を狙う。25日は静岡市内で約1時間の調整。26日のアウェー名古屋戦(豊田ス、午後2時)に備えた。

前節浦和戦(1●2)は敗れたが、相手の2倍以上のシュート11本を放った。直近2試合は3-5-2の布陣を採用。戦い方にも変化が生まれ、安定感が漂ってきた。従来の短いパスを駆使して前進する攻撃を主体としながらも、2トップを目がけたロングボールも増えた。前々節の湘南戦(3○0)の前に、ピーター・クラモフスキー監督(41)は「(長いパスで)相手を引かせる選択もある」と伝えていた。ビルドアップのミスも激減した。

GK大久保択生(31)は「2トップでセカンドボールも拾いやすくなっている」と手応えを示す。今季の名古屋戦は、ルヴァン杯も含めて2戦2敗。生まれ変わった姿を見せ、三度目の正直で白星をつかむ。【古地真隆】

関連するニュースを読む

仙台クエンカ「早く絡んでいきたい」近づくデビュ-

ボールをキープする仙台MFクエンカ(中央)。右から2人目はMF飯尾(撮影・山田愛斗)

ベガルタ仙台は今季補強の目玉だったMFクエンカの仙台デビューが近づいている。

実戦復帰の時期こそ未定だが、右膝半月板損傷からリハビリをへて、すでに全体練習に合流。「まずは100%に戻し、どの試合をめどにするというよりも、できるだけ早く(試合に)絡んでいきたい」。コンディションについては「試合勘やゲーム慣れは足りないが、この数週間で良くなっている」と明るい表情で話した。

軽快に動く仙台MFクエンカ(右端)。左からFW長沢、1人おいてFWゲデス、FW山田(撮影・山田愛斗)

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。