日刊スポーツ

磐田7戦白星なし ミスから失点流れ失う悪癖直らず

スコア速報

9月16日(月)
本日は試合がありません

9月16日(月)
本日は試合がありません

9月16日(月)
本日は試合がありません

新着ニュース

磐田7戦白星なし ミスから失点流れ失う悪癖直らず

後半、ボールをキープする磐田FW川又(撮影・大野祥一)

<明治安田生命J1:川崎F2-0磐田>◇第26節◇14日◇等々力

最下位に低迷するジュビロ磐田は、アウェーで川崎フロンターレに0-2で敗れた。ミスから先制を許すと、前半で2失点。後半、FW川又堅碁(29)が、右肩を負傷した4月28日のホーム北海道コンサドーレ札幌戦以来、139日ぶりに公式戦復帰したが、無得点に終わった。今季ワーストの7戦勝ちなし(1分け6敗)となり、フェルナンド・フベロ監督(45)就任後も3連敗。サポーターからは大ブーイングが飛んだ。

磐田の「悪い癖」は、2週間の中断期間を経ても直らなかった。0-0の前半22分。DF大南拓磨(21)のパスが長くなったところを奪われ、ピンチを招く。最後はゴール右隅へミドルシュートを決められ、あっさり先制を許した。

0-2の完封負けを喫した前節のホーム・サンフレッチェ広島戦同様、ミスからの失点で簡単に相手へ流れを渡した。同35分には、ゴール前のこぼれ球を押し込まれて2点目を失った。同3分にFW中山仁斗(27)がポスト直撃のシュートを放った以外、チャンスらしいチャンスもなし。前半終了時点で、早くも敗戦ムードが漂った。

フベロ監督は後半20分、FW川又を投入した。約4カ月半ぶりに戦列復帰したエースは、直後のプレーでFWルキアン(27)の好機を演出。だがシュートがクロスバーに嫌われるなど、状況は劇的に変わらず。無得点で終了の笛がなった。

初のJ2降格となった13年以来の3試合連続完封負けで、今季ワーストの7戦勝ちなしと状況は最悪。さらに、J1が18チーム制となった05年以降、26節終了時点で最下位だったチームが残留したケースは、過去に1度もない。残り8試合。もう奇跡は起きないのだろうか。【前田和哉】

川崎Fに敗れて肩を落とす磐田の選手たち(撮影・大野祥一)

関連するニュースを読む

鹿島、三竿と白崎が負傷交代 ACL前に「痛い」

鹿島MF白崎凌兵

<明治安田生命J1:鹿島2-0東京>◇第26節◇14日◇カシマ

優勝の行方を占う1位FC東京と2位鹿島アントラーズの直接対決は、鹿島が持ち前の勝負強さを遺憾なく発揮しホームで2-0で快勝し、4あった勝ち点差を1まで詰めた。

鹿島MF三竿とMF白崎が負傷交代した。試合後、チーム関係者は「シラ(白崎)と健斗(三竿)の負傷は痛い」と話した。18日には広州恒大とACL準々決勝第2戦(ホーム)を戦う。主力2人の長期離脱は避けたいが…。

関連するニュースを読む

鹿島が東京破り1差 修正力と一体感が勝負強さ生む

前半、ヘディングで先制ゴールを決める鹿島DFブエノ(中央)(撮影・中島郁夫)

<明治安田生命J1:鹿島2-0東京>◇第26節◇14日◇カシマ

優勝の行方を占う1位FC東京と2位鹿島アントラーズの直接対決は、鹿島が持ち前の勝負強さを遺憾なく発揮しホームで2-0で快勝し、4あった勝ち点差を1まで詰めた。

満月が照らす鹿嶋の夜空に、勝利の歌“オブラディ”が響いた。開始2分にCKからDFブエノがヘディングで先制し、東京の猛攻をしのいだ後半33分にMFセルジーニョがミドルで突き放した。まさに常勝軍団の勝負強さ。最大で9もあった首位との勝ち点差を、ついに1まで縮めた。今夏MF安部(バルセロナ)ら主力が抜けたが、それでも勝ち続ける理由は、試合中の修正力と一体感だ。

キャプテンマークを巻いたMF三竿は「今年は何か起きたときに、試合中でも練習中でも話し合う回数が多い」と話す。大事なこの試合でも、三竿は前に横に後ろに、身ぶり手ぶりで指示を送り続けた。後半の東京の猛攻にも「じれずに我慢強くやろうとみんなで声をかけ合えた」という。

一体感も格別だった。DF犬飼やDF小池は治療で試合が止まるたび指揮官や、負傷明けでベンチから出番を待つDF内田にアドバイスを求めに走った。内田は「厳しい時にみんなの顔を見て、ベンチの声を聞いて走れるぐらいの声を出す」と自身の役割も自覚。試合前、ベンチに近い第4審にあいさつに出向き、笛が鳴る前からコミュニケーションを取っているのだという。まさに、全員でつかんだ勝利だった。

試合後、三竿は「チームの一体感はすごく良いものがある。これをどんどん大きくして、最後は笑って終わりたい」と話した。16年以来のリーグ制覇へ、そしてシーズン当初に掲げた4冠へ、鹿島は確実に前進している。【杉山理紗】

勝利を喜ぶ鹿島イレブン(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

横浜FW仲川、有言実行のクラブJ1通算1400弾

<明治安田生命J1:横浜3-0広島>◇第26節◇14日◇三ツ沢

3位の横浜F・マリノスは“令和男”のFW仲川輝人による、3クラブ目のJ1通算1400得点となる先制弾などで広島を3-0で下し、優勝戦線に生き残った。仲川は0-0の後半22分に右足で先制点。前日に「狙います」と宣言。有言実行の1発で、チームを勝利に導いた。

節目に強い。5月3日の広島戦では決勝点となるJ1令和初ゴールを奪取。同じ相手から再びの節目弾で「持っていると言っていいかも。チームでとった得点ですし、やるべきことができているからこそ」と周囲にも感謝した。プロ5年目で初、クラブの日本人選手では16年のMF斎藤(現川崎F)以来の2桁得点にも到達。プロ入り当初はけがに苦しんだが、今季は攻撃陣で唯一のリーグ戦全試合出場中。サラダを多くとるなど、食事と睡眠に気を使い、練習後も医療班と1時間以上のケアを欠かさない。「マリノスに恩返しのつもりでプレーしている」と感謝も忘れない。

今季ニッパツ三ツ沢での公式戦はカップ戦含め7試合5勝2分けと負けなし。ラグビーW杯で日産スが使えず、チームはしばらく相性のいい会場で戦う。「これからも勝ち続けるだけ」。仲川の活躍が、好調横浜の原動力となっている。【松尾幸之介】

関連するニュースを読む

磐田J1残留遠のく敵地完敗「下向かず挑戦したい」

川崎F対磐田 川崎Fに敗れて肩を落とす磐田の選手たち(撮影・大野祥一)

<明治安田生命J1:川崎F2-0磐田>◇第26節◇14日◇等々力

ジュビロ磐田はエース復帰も敵地で完敗した。0-2の後半20分。右肩を負傷していたFW川又が約4カ月半ぶりに公式戦復帰したが、無得点で敗れた。

7戦勝ちなし(1分け6敗)で、フベロ監督就任後も3試合連続の完封負け。同監督は「最後まで下を向かずに挑戦していきたい」と必死に顔を上げたが、残り8試合でのJ1残留は極めて厳しい。

▽磐田フベロ監督「自分たちはいいチャンスをつくれて、バランスも取れていたが、相手のカウンターから失点をしてしまった。我々は得点できなかったが、相手はチャンスを生かした。相手にはすごい選手がいたが、対応できていた。今日の2失点は、自分たちでコントロールできたものなので、悔しい思いです」

川崎F対磐田 後半、シュートを外し、悔しがる磐田FWルキアン(手前)(撮影・大野祥一)
川崎F対磐田 後半、スライディングで磐田MF山本(右)のドリブルを止める川崎F・DF谷口(撮影・大野祥一)

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。