日刊スポーツ

16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ6

新着ニュース

16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ6

 JRAで16年ぶりに誕生した女性ジョッキーの藤田菜七子。2016年3月3日に地方の川崎競馬場でデビューし、同5日のJRAデビュー戦で2着、同24日の浦和遠征で初勝利を挙げました。常に注目を浴びながら騎乗を重ね、18年8月25日、牧原(現増沢)由貴子元騎手の持つJRA女性騎手最多勝利を上回るJRA通算35勝を達成。さらに記録を更新し、上のステージをめざして努力を続ける藤田菜七子騎手の足跡をまとめました。

 ◆藤田菜七子(ふじた・ななこ)1997年(平9)8月9日、茨城県生まれ。小6の時に競馬中継を見て騎手を志望。13年に32期生として競馬学校に入学。9月まで根本厩舎で厩舎実習。目標騎手はリサ・オールプレスと丸山元気。趣味は音楽鑑賞、睡眠。特技は早風呂。尊敬する人は坂本龍馬。好きな芸能人はEXILE。座右の銘は正々堂々。157センチ、46キロ。血液型A。(15年10月9日紙面より)

 ◆JRAの女性騎手 96年に田村真来、細江純子、牧原(増沢)由貴子の3人がデビューしたのが初。翌97年に板倉真由子と押田純子、00年に西原玲奈がデビューした。13年9月の増沢の引退により女性騎手はいなくなったが、16年に藤田菜七子が騎手免許試験に合格し16年ぶり7人目の女性騎手となった。

藤田菜七子 2018年11月1日~

藤田菜七子、女性初重賞Vならずも記者席は通常の倍

大井6R10着でゴールし引き揚げるエクシード⑫と藤田菜七子騎手(撮影・鈴木正人)

藤田菜七子、女性初重賞Vならずも記者席は通常の倍

藤田菜七子「リズム崩され」悔し17着/高松宮記念

第2回中京競馬第6日 11R高松宮記念 スノードラゴンと挑んだ高松宮記念が17着に終わり、肩を落として引き揚げる藤田菜七子騎手(撮影・白石智彦)

藤田菜七子「リズム崩され」悔し17着/高松宮記念

藤田菜七子4週連続V、2度目G1へ「頑張ります」

藤田菜七子騎手(撮影・網孝広、中京競馬場で3月23日に撮影)

藤田菜七子4週連続V、2度目G1へ「頑張ります」

藤田菜七子11歳スノードラゴンに敬意/高松宮記念

高松宮記念美浦調教。スノードラゴンで高松宮記念に騎乗する藤田菜七子騎手は、レースの抱負を語る=2019年3月20日

藤田菜七子11歳スノードラゴンに敬意/高松宮記念

藤田菜七子3週連続勝利、ハルサカエは芝参戦も視野

中山競馬7R、3歳500万戦を快勝したハルサカエと藤田菜七子騎手=2019年3月16日

藤田菜七子3週連続勝利、ハルサカエは芝参戦も視野

藤田菜七子悔し未勝利、ヴィエナブロー4着が最高

中山競馬6R、ヴィエナブローの藤田菜七子騎手は4着に入った=2019年3月10日

藤田菜七子悔し未勝利、ヴィエナブロー4着が最高

菜七子がキュアンの1週前追いに騎乗/スプリングS

坂路でキュアンに騎乗し追い切る藤田騎手(撮影・柴田隆二)

菜七子がキュアンの1週前追いに騎乗/スプリングS

藤田菜七子激白「結婚と騎手の両立は簡単ではない」

8R レース後、笑顔で口取りに向かう藤田菜七子(撮影・菊川光一)=2019年3月3日、小倉競馬場

藤田菜七子激白「結婚と騎手の両立は簡単ではない」

藤田菜七子3キロ減の新減量ルール後初V/小倉8R

8R 口取り後、アラスカノオーロラをなでる藤田菜七子(撮影・菊川光一)

藤田菜七子3キロ減の新減量ルール後初V/小倉8R

藤田菜七子「歓声を聞いた時は泣きそうに」一問一答

G1初騎乗でフェブラリーS5着に入った藤田騎手は記者の質問に答える(撮影・柴田隆二)

藤田菜七子「歓声を聞いた時は泣きそうに」一問一答

藤田菜七子騎手は小倉で騎乗後、足早に東京へ向かう

小倉競馬10Rかささぎ賞 かささぎ賞はミリオンゲームで13着となった藤田菜七子(撮影・宮崎幸一)

藤田菜七子騎手は小倉で騎乗後、足早に東京へ向かう

藤田菜七子「楽しみ」G1初騎乗とは思えない21歳

自身が騎乗するフェブラリーSのポスターを前にポーズを取る藤田菜七子騎手(撮影・柏山自夢)

藤田菜七子「楽しみ」G1初騎乗とは思えない21歳

藤田菜七子G1初騎乗へ心境語る「楽しみ大きい」

GⅠ初参戦の意気込みを語る藤田菜七子騎手(撮影・松田直樹)

藤田菜七子G1初騎乗へ心境語る「楽しみ大きい」

藤田菜七子「やってやるぞ」栗東でキッキング初騎乗

コパノキッキングの調教を終えた藤田菜七子騎手

藤田菜七子「やってやるぞ」栗東でキッキング初騎乗

藤田菜七子が今年2勝目、JRA通算50勝に王手

大勢のファンにサインする藤田菜七子騎手(撮影・上田博志)

藤田菜七子が今年2勝目、JRA通算50勝に王手

藤田菜七子「初心に」女性騎手候補生2人を“指導”

女性騎手3人が一緒に調教した。左から水島まなみ騎手候補生、藤田菜七子騎手、古川奈穂騎手候補生(撮影・酒井清司)

藤田菜七子「初心に」女性騎手候補生2人を“指導”

藤田菜七子「一鞍一鞍を全力で乗りたい」19年抱負

目標を記した色紙を手に2019年、さらなる飛躍を誓う藤田騎手(撮影・丹羽敏通)

藤田菜七子「一鞍一鞍を全力で乗りたい」19年抱負

藤田菜七子、今週から1キロ減も「しっかり結果を」

中山4R、ヴィエナブローで今季27勝目を上げた藤田騎手(撮影・酒井清司)

藤田菜七子、今週から1キロ減も「しっかり結果を」

藤田菜七子が今年26勝目、地方合わせて50勝到達

中京6R、3歳500万をディアボレットで制した藤田騎手(撮影・前岡正明)

藤田菜七子が今年26勝目、地方合わせて50勝到達

藤田菜七子、関西初Vはお預け「いい経験はできた」

関西初勝利はお預けとなり検量室へ引き揚げる藤田菜七子騎手(撮影・上田博志)

藤田菜七子、関西初Vはお預け「いい経験はできた」

藤田菜七子3度目1日2勝、開催リーディングも視野

1着アンビルで勝利した藤田菜七子騎手は福島のファンにサインする(撮影・柴田隆二)

藤田菜七子3度目1日2勝、開催リーディングも視野

藤田菜七子が今年JRA23勝目 3番人気で完勝

福島1R、アンビルで勝利し笑顔の藤田菜七子騎手(撮影・柴田隆二)

藤田菜七子が今年JRA23勝目 3番人気で完勝

藤田菜七子が3度目のJRA1日2勝「展開向いた」

福島9R、1着のトロピカルスパートと笑顔の藤田菜七子騎手(撮影・柴田隆二)

藤田菜七子が3度目のJRA1日2勝「展開向いた」

藤田菜七子お手馬を併走馬上からチェック/福島記念

トミケンスラーヴァ(右)は、藤田菜七子騎手(左)鞍上のカーンテソーロと併せて追い切られた(撮影・酒井清司)

藤田菜七子お手馬を併走馬上からチェック/福島記念

草野仁の競馬番組出演「すごく楽しかったです」

草野仁と笑顔で対談する藤田菜七子騎手(右)

藤田菜七子、草野仁の“競馬番組”収録にゲスト出演

関連するニュースを読む

フィエールマンでルメール八大競走制覇だ/天皇賞

24日、フィエールマン(手前)はルメール騎手を背に、ゴルトマイスターと併せて追い切られた

平成最後のG1で偉業が達成されるか。天皇賞・春(G1、芝3200メートル、28日=京都)の枠順が25日に確定した。好調C・ルメール騎手(39)が菊花賞馬フィエールマン(牡4、手塚)とのコンビで、保田隆芳、武豊騎手に続く史上3人目の八大競走完全制覇に挑む。

平成の終わりに歴史的偉業が見られるかもしれない。ルメール騎手が史上3人目、外国人騎手では初めての八大競走完全制覇に臨む。ルメール騎手は「平成最後の天皇賞をぜひ勝ちたい。日本で天皇賞は特別なレース。自信を持って乗りたいです」と熱く、高らかに決意を示した。今回は、昨年まで平成30回の天皇賞・春で8勝を挙げた盾男、武豊騎手が香港でのG1騎乗のため不在。となれば桜花賞グランアレグリア、皐月賞サートゥルナーリアでG1連勝中の絶好調男により多くの注目が集まる。

人も、馬も記録がかかる。相棒フィエールマンは2走前の菊花賞を史上最少となるデビュー4戦目で優勝。前走AJCC2着を挟み、キャリア6戦目で天皇賞・春に参戦する。勝てば平成を飛び越えて、昭和22年の47年オーライトがデビュー9戦目で打ち立てたレコードの更新が待っている。「この天皇賞は春一番の目標。応援してください」。

勝利の味を知る3000メートル級のマラソンレース。最終追い切りに騎乗し、さらに信頼と絆は深まった。ルメール騎手は「馬がパワーアップしている。菊花賞も最後まで全然止まらなかった。4歳で3200メートル。いけると思います」と笑みが絶えない。これまでも少ない経験は、余りあるほどの才能で補ってきた。現元号では前走AJCC組は未勝利。嫌なデータを前にしても、その自信は揺るがない。新元号「令和」を迎える前に、平成を締める記録を打ち立てる。

◆八大競走 84年のグレード制導入以前に、特に格が高いとされていた8つのレース。クラシック5競走(皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス)に加え、春秋の天皇賞、有馬記念が含まれる。

関連するニュースを読む

アドマイヤマーズ反撃態勢52秒0/NHKマイルC

坂路を単走で追い切るアドマイヤマーズ(撮影・白石智彦)

<NHKマイルC:1週前追い切り>

3歳マイル王を決めるNHKマイルC(G1、芝1600メートル、5月5日=東京)の1週前追い切りが25日、東西トレセンで行われた。昨年の最優秀2歳牡馬アドマイヤマーズ(牡、友道)は坂路単走で、4ハロン52秒0-12秒5と力強い動きを披露。前走・皐月賞4着からの反撃へ態勢は整いつつある。

前走の疲れを全く感じさせない。余力残しでもキビキビした動き。馬なりでもスピード感は十分だった。友道師は「体はできているので息を整える程度」と説明。その表情から手応えが伝わった。皐月賞は3~4角で包まれる形になり、勝負どころで動けず。「前走は展開が向かなかった。動きたいところで閉じこめられた」。4戦4勝のマイル戦で反撃を期す。「マイルは一番成績を残しているし、東京もいいと思う」。G1・2勝目で2歳王者が復権を果たすか。【網孝広】

関連するニュースを読む

地元パートン騎手「タフなレース」/香港QE2世C

レースへ向けての抱負を語るザカリー・パートン騎手(撮影・木村有三)

【香港25日=木村有三】香港チャンピオンズデーの枠順抽選会が行われた。クイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル)で、そろって内めの好枠に入った日本馬3頭の前に、香港No.1ジョッキーのザカリー・パートン騎手(36)が立ちはだかる。現在、香港リーディング1位。15年高松宮記念をエアロヴェロシティで制すなど日本でも実績を残す名手は、今季の香港でも107勝。2位ティータンに38勝差、3位モレイラに51勝差をつけ、リーディングを独走している。

3連勝中で地元香港のV候補筆頭のパートナー、エグザルタント(せん5、A・クルーズ)は中央の6番枠に入った。昨年の香港ヴァーズでリスグラシューを振り切りG1初制覇。今年も初戦のG3を快勝し、前走・香港ゴールドCでG1・2勝目を挙げた。G1の2勝はともに4角先頭の積極策。その成長ぶりに目を細める鞍上は「昨シーズンより調子が上がって、パワーもついている。どんな競馬もできるようになっている。もし、ペースがスローになるようなら前で競馬をしたい」。豊富なスタミナを武器に、再び早め先頭をイメージする。

チェアマンズスプリントには有力馬ミスタースタニングで、チャンピオンズマイルには「世界一マイラー」ビューティージェネレーションで挑む。“3連勝”も狙えるラインアップで、そのトリとなるのが、クイーンエリザベス2世Cのエグザルタント。「今後は宝塚記念も視野に入れている」とクルーズ師が話すように、人馬にとっても将来を左右する重要な一戦。「日本馬もとても強い。非常にタフなレースになると思う」。名手は気を引き締め、香港No.1ジョッキーの手綱さばきを披露する。

関連するニュースを読む

レーン初調教「楽しかった」豪のホープが初来日

短期免許で来日したダミアン・レーン騎手(撮影・酒井清司)

短期免許で初来日したダミアン・レーン騎手(25=オーストラリア)が25日、美浦トレセンで初めて調教をつけた。身元引受調教師の堀厩舎の馬2頭に乗り「楽しかった。馬も良かったけれど、トレセンの設備も素晴らしかった」と感想を語った。

オーストラリア期待の若手騎手で、すでに豪G1・15勝。日本でも馬券が発売された6日のドンカスターマイルでは、ドリームフォースに騎乗し2着に導いた。日本馬にも縁がある。16年に日本からオーストラリアに移籍したトーセンスターダムに騎乗しG1・2勝をもたらした。「香港で騎乗したとき日本馬が活躍していた。日本馬はハイクオリティー。いつか日本で騎乗してみたかった」と来日した理由を話した。

27日から短期免許が交付され、今週は土曜東京で青葉賞のマコトジュズマルに騎乗し日本の重賞初挑戦。日曜も東京、月曜は新潟で騎乗する。来週のNHKマイルCではグルーヴィットでJRA・G1初挑戦も決まっている。「外国でも活躍する騎手になりたい。日本でもなるべく多く勝ちたいし、いい結果を残してまた日本に来られるようにしたい」と抱負を語る。日本初参戦でどんな騎乗を見せるか、注目だ。【三上広隆】

関連するニュースを読む