日刊スポーツ

21世紀枠東播磨「仮想センバツ」の練習試合は快勝

スコア速報

3月8日(月)
本日は試合がありません

3月8日(月)
(米国東部時間)
本日は試合がありません

新着ニュース

21世紀枠東播磨「仮想センバツ」の練習試合は快勝

今季初の対外試合で力投を見せた東播磨のエース鈴木悠仁(撮影・酒井俊作)

<高校野球練習試合:東播磨8-0加古川北>◇8日◇兵庫・三木市内

第93回センバツ高校野球大会(19日開幕、甲子園)に21世紀枠で出場する東播磨(兵庫)が8日、三木市内で今季初の練習試合を加古川北(兵庫)と行い「仮想センバツ」で挑んだ。

21日初戦予定の明豊(大分)戦では左腕太田虎次朗投手(2年)の先発も予想される。この日は左腕先発と対戦。1回から6安打を集中し、6点を奪った。二塁内野安打を放った主将の原正宗内野手(2年)は「太田君をイメージしながら打席に入りました。内角速球と外のチェンジアップがすごく厄介」と警戒した。最速144キロ右腕のエース鈴木悠仁投手(2年)も1回無失点の試運転。「(明豊は)低い打球でセンター中心に飛ぶ印象。まず1個、勝つことです」と思いをはせた。試合は8-0で快勝した。

関連するニュースを読む

阪神岩田稔の夢は1型糖尿病根治と御堂筋パレード

「1型糖尿病アスリートWeb交流会」で笑顔を見せる阪神岩田と神戸MFサンペール(YouTubeより)

阪神岩田稔投手(37)が8日、サッカーJ1神戸のMFセルジ・サンペール選手(26)と「1型糖尿病アスリートWeb交流会」に参加した。

交流会にはZoomで1型糖尿病患者も参加。質問コーナーでは低血糖時の対策、体重管理の仕方などについて語り合い、同病根治に向けた活動での共闘も誓い合った。

夢を問われた岩田は「心の底から根治ができればという夢を持っていて、それに対して活動しています。野球に関しては優勝したい。優勝して御堂筋パレードをしているイメージが浮かんでいます」と笑顔。サンペールとは今後のユニホーム交換も約束した。

岩田は大阪桐蔭高2年冬に同病を発症。09年からはNPO法人「日本IDDMネットワーク」を通じ、1勝につき10万円を「1型糖尿病研究基金」に寄付している。

「1型糖尿病アスリートWeb交流会」で笑顔を見せる阪神岩田と神戸MFサンペール(YouTubeより)

関連するニュースを読む

センバツの入場券発売 30分弱で「予定枚数終了」

甲子園球場(2020年7月12日撮影)

第93回選抜高校野球大会(19日開幕、甲子園)の入場券発売が8日、午前10時から始まり、購入を求めるファンが殺到した。

全席前売り指定席でウェブ限定の販売。ローソンチケットでは、好カード(市和歌山-県岐阜商、智弁学園-大阪桐蔭、広島新庄-上田西)が行われる予定の第4日の22日に人気が集中。発売から30分足らずで、画面には「予定枚数終了」と表示された。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、観戦者の上限は1試合1万人。すべて単日券で発売する。甲子園球場での当日発売はない。

関連するニュースを読む

広島松山「確認したいことあった」休日返上で阪神戦

松山竜平(2021年1月25日撮影)

広島4番候補の松山竜平外野手(35)が、休日返上で9日からの阪神2連戦に備えた。

マツダスタジアムに訪れ、室内練習場で打ち込んだという松山は「オープン戦では大体2打席で交代しているし、振る量も落ちている。ちょっと自分で確認したいこともあった」と明かした。7日ヤクルト戦でクロンに待望の1号が出たことについて「あの弾道で入るってのは、やっぱり力がある。主軸として期待されていると思うので、僕も含めて頑張っていきたい」と話した。

関連するニュースを読む

甲子園歴史館の「投球体感映像」にチェンら追加

阪神電鉄は8日、甲子園歴史館で公開している「投球体感映像」で、新たに今年の1軍キャンプで撮影した映像を9日から公開すると発表した。

捕手の目線から撮影された迫力ある投球映像で、今回はチェン、藤浪らが加わり、計19投手のバージョンが登場する。

関連するニュースを読む

プロ野球

阪神岩田稔の夢は1型糖尿病根治と御堂筋パレード

「1型糖尿病アスリートWeb交流会」で笑顔を見せる阪神岩田と神戸MFサンペール(YouTubeより)

阪神岩田稔投手(37)が8日、サッカーJ1神戸のMFセルジ・サンペール選手(26)と「1型糖尿病アスリートWeb交流会」に参加した。

交流会にはZoomで1型糖尿病患者も参加。質問コーナーでは低血糖時の対策、体重管理の仕方などについて語り合い、同病根治に向けた活動での共闘も誓い合った。

夢を問われた岩田は「心の底から根治ができればという夢を持っていて、それに対して活動しています。野球に関しては優勝したい。優勝して御堂筋パレードをしているイメージが浮かんでいます」と笑顔。サンペールとは今後のユニホーム交換も約束した。

岩田は大阪桐蔭高2年冬に同病を発症。09年からはNPO法人「日本IDDMネットワーク」を通じ、1勝につき10万円を「1型糖尿病研究基金」に寄付している。

「1型糖尿病アスリートWeb交流会」で笑顔を見せる阪神岩田と神戸MFサンペール(YouTubeより)

関連するニュースを読む

広島松山「確認したいことあった」休日返上で阪神戦

松山竜平(2021年1月25日撮影)

広島4番候補の松山竜平外野手(35)が、休日返上で9日からの阪神2連戦に備えた。

マツダスタジアムに訪れ、室内練習場で打ち込んだという松山は「オープン戦では大体2打席で交代しているし、振る量も落ちている。ちょっと自分で確認したいこともあった」と明かした。7日ヤクルト戦でクロンに待望の1号が出たことについて「あの弾道で入るってのは、やっぱり力がある。主軸として期待されていると思うので、僕も含めて頑張っていきたい」と話した。

関連するニュースを読む

甲子園歴史館の「投球体感映像」にチェンら追加

阪神電鉄は8日、甲子園歴史館で公開している「投球体感映像」で、新たに今年の1軍キャンプで撮影した映像を9日から公開すると発表した。

捕手の目線から撮影された迫力ある投球映像で、今回はチェン、藤浪らが加わり、計19投手のバージョンが登場する。

関連するニュースを読む

MLB

ダルMLB初開幕投手は4年前 勝利逃げた/VTR

17年4月3日、インディアンスとの開幕戦に先発し、6回1/3を投げ4安打4失点のレンジャーズ・ダルビッシュは、ファンからスタンディング・オベーションを受けながら降板する

【ピオリア(米アリゾナ州)7日(日本時間8日)】パドレスのダルビッシュ有投手(34)が、今シーズンの開幕投手を務めることが確実となった。ロイヤルズとのオープン戦に初登板し、2回1安打無失点。最速96マイル(約155キロ)を含む7種類の球をちりばめ、4奪三振と順調な仕上がりを披露した。中4日で調整を進め、4月1日(日本時間同2日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦で、レンジャーズ時代の17年以来、自身2度目の大役を任されることになりそうだ。

   ◇   ◇   ◇

◆ダルビッシュの開幕投手VTR レンジャーズ時代の17年4月3日にメジャー6年目で初の開幕投手を務めたが、勝敗は付かなかった。

インディアンス打線を相手に6回1/3を投げ、2ランを含む4安打5四球で4失点。最速は158キロだった。勝利投手の権利を得て交代も、救援陣が逆転を許しチームも敗れた。

17年4月3日、インディアンスとの開幕戦に先発し、力投するレンジャーズ・ダルビッシュ

関連するニュースを読む

ダルの前は野茂だけ…移籍1年目/日本人開幕投手

2000年の開幕投手を務めたタイガース・野茂英雄。7回8奪三振3失点で勝利(2000年4月3日撮影)

【ピオリア(米アリゾナ州)7日(日本時間8日)】パドレスのダルビッシュ有投手(34)が、今シーズンの開幕投手を務めることが確実となった。ロイヤルズとのオープン戦に初登板し、2回1安打無失点。最速96マイル(約155キロ)を含む7種類の球をちりばめ、4奪三振と順調な仕上がりを披露した。中4日で調整を進め、4月1日(日本時間同2日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦で、レンジャーズ時代の17年以来、自身2度目の大役を任されることになりそうだ。

   ◇   ◇   ◇

◆過去の日本人開幕投手 これまで5人が計10度務めている。移籍1年目で起用されたのは、ブルワーズからタイガースに加入したばかりの00年野茂だけ。複数回は田中(4度)野茂(3度)の2人。ダルビッシュは日本ハム時代の07~11年に5年連続で務め、1勝3敗。大リーグではレンジャーズ時代の17年、インディアンス戦に投げて勝敗なしだった。

ロイヤルズとのオープン戦に初登板したダルビッシュ(AP)

関連するニュースを読む

大補強の中でも…ダル開幕の大役へ/パドレス先発陣

パドレス・ダルビッシュ有投手(21年2月撮影=AP)

【ピオリア(米アリゾナ州)7日(日本時間8日)】パドレスのダルビッシュ有投手(34)が、今シーズンの開幕投手を務めることが確実となった。ロイヤルズとのオープン戦に初登板し、2回1安打無失点。最速96マイル(約155キロ)を含む7種類の球をちりばめ、4奪三振と順調な仕上がりを披露した。中4日で調整を進め、4月1日(日本時間同2日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦で、レンジャーズ時代の17年以来、自身2度目の大役を任されることになりそうだ。

   ◇   ◇   ◇

◆パ軍の先発陣 パドレスは今オフに大型トレードを次々と成立させ、先発陣を大補強した。カブスから昨季最多勝のダルビッシュ、レイズから元サイ・ヤング賞左腕スネル、パイレーツから開幕投手の右腕マスグローブを獲得。これに昨季防御率2・09の右腕ラメットと若手右腕パダックが加わり、同地区のドジャースと並ぶメジャー屈指の先発陣となった。

スネル(2019年6月14日撮影)

関連するニュースを読む

高校野球

21世紀枠東播磨「仮想センバツ」の練習試合は快勝

今季初の対外試合で力投を見せた東播磨のエース鈴木悠仁(撮影・酒井俊作)

<高校野球練習試合:東播磨8-0加古川北>◇8日◇兵庫・三木市内

第93回センバツ高校野球大会(19日開幕、甲子園)に21世紀枠で出場する東播磨(兵庫)が8日、三木市内で今季初の練習試合を加古川北(兵庫)と行い「仮想センバツ」で挑んだ。

21日初戦予定の明豊(大分)戦では左腕太田虎次朗投手(2年)の先発も予想される。この日は左腕先発と対戦。1回から6安打を集中し、6点を奪った。二塁内野安打を放った主将の原正宗内野手(2年)は「太田君をイメージしながら打席に入りました。内角速球と外のチェンジアップがすごく厄介」と警戒した。最速144キロ右腕のエース鈴木悠仁投手(2年)も1回無失点の試運転。「(明豊は)低い打球でセンター中心に飛ぶ印象。まず1個、勝つことです」と思いをはせた。試合は8-0で快勝した。

関連するニュースを読む

センバツの入場券発売 30分弱で「予定枚数終了」

甲子園球場(2020年7月12日撮影)

第93回選抜高校野球大会(19日開幕、甲子園)の入場券発売が8日、午前10時から始まり、購入を求めるファンが殺到した。

全席前売り指定席でウェブ限定の販売。ローソンチケットでは、好カード(市和歌山-県岐阜商、智弁学園-大阪桐蔭、広島新庄-上田西)が行われる予定の第4日の22日に人気が集中。発売から30分足らずで、画面には「予定枚数終了」と表示された。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、観戦者の上限は1試合1万人。すべて単日券で発売する。甲子園球場での当日発売はない。

関連するニュースを読む

春季東京大会1次予選が中止 緊急事態宣言延長で

東京都高野連の武井理事長(2020年6月1日撮影)

東京都高野連は8日、臨時理事会を行い、20日に開幕予定だった令和3年度春季東京都高校野球大会1次予選の中止を発表した。東京都で21日まで緊急事態宣言が延長されたため。

現在、多くの都立高校や私立高校もクラブ活動を停止しており、けが等のリスクも含め、生徒の安全の確保ができないこと。また、新年度の準備など、さまざまなスケジュールが予定されている中、感染対策を含め、会場の確保、準備が難しいとした。

21日に緊急事態宣言が解除された場合、本大会は4月3日から開催。昨秋の本大会出場に進出した64校で行い、シード校は秋の成績から振り分ける。武井克時専務理事は「大変残念ではありますが、選手たちの生命に関わる問題。安全と安心を第一に考えた中での最善の策です」と話した。本大会の抽選会は25日に実施し、大会は上限5000人の有観客で行う。

関連するニュースを読む

大学・アマ野球

大阪桐蔭・藤江、作新学院・横山ら明大合格者発表

甲子園交流試合の東海大相模戦で登板する大阪桐蔭・藤江星河(2020年8月17日撮影)

東京6大学野球の明大は8日、21年度スポーツ特別入試合格者15人を発表した。

大阪桐蔭・藤江星河投手は、昨夏の甲子園交流試合の東海大相模戦(神奈川)に先発。7回3安打2失点だった。

作新学院(栃木)・横山陽樹捕手は2年時の19年にU18日本代表に選出。佐々木朗希(現ロッテ)、奥川恭伸(現ヤクルト)らとともに韓国で行われたワールドカップ(W杯)に出場し、米国戦で本塁打を放った。

合格者は、この日から東京・府中の寮に入寮開始。10日までに全員が加わる。当初は1月下旬に入寮予定だったが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により合流が遅れた。

15人は次の通り。

【投手】

浅利太門・興国

菊地竜雅・常総学院

千葉汐凱・千葉黎明

藤江星河・大阪桐蔭○

松島元希・中京大中京○

山田翔太・札幌第一○

【捕手】

中山琉唯・常総学院

横山陽樹・作新学院○

【内野手】

池田凜・履正社○

加藤巧也・大阪桐蔭○

杉崎成・東海大菅生

宗山塁・広陵○

水谷公省・花巻東○

【外野手】

直井宏路・桐光学園

山内陽太郎・米子東○

※校名の後の○は甲子園出場経験者。

作新学院・横山陽樹(2020年8月3日撮影)

関連するニュースを読む

元ロッテ小林雅英氏が社会人エイジェックのコーチに

ロッテ在籍時の小林雅英氏(2007年4月15日撮影)

社会人野球のエイジェック硬式野球部は8日、投手総合コーチに、ロッテなどで活躍した小林雅英氏(46)が4月1日付で就任することを発表した。

小林氏は都留(山梨)から日体大、東京ガスに進み、98年ドラフト1位でロッテに入団。守護神として活躍した。04年には日本代表としてアテネ五輪で銅メダルを獲得。08年に米インディアンス、その後は10年に巨人、11年はオリックスでプレーし、11年限りで引退した。引退後はオリックス、ロッテなどでコーチを務めていた。

小林氏はチームを通し「このたび、大変素晴らしいご縁があり、エイジェック硬式野球部の投手総合コーチに就任させていただくことになりました。20数年ぶりに社会人野球の世界に戻りますが、都市対抗野球の独特な緊張感や一体感などを再び経験できることに大きな喜びを感じております。今後はNPB時代や大リーグでの経験を生かして選手の指導に当たり、都市対抗初出場という形でエイジェックグループ創立20周年を飾りたいと考えております。また、グループ内の栃木ゴールデンブレーブス、女子硬式野球部とともに栃木県や日本国内の野球文化・スポーツ文化の振興に貢献出来るよう努力して参ります。皆様のご支援鞭撻(べんたつ)をお願いいたします」とコメントした。

関連するニュースを読む

東大野球部が学外の施設で活動を再開

東京6大学野球の東大は8日、学外の施設で活動を再開した。

首都圏への緊急事態宣言発出を受けた大学の方針により、1月11日から活動を停止していた。この間、選手は学外で個人練習を続けてきた。この日から、再びチーム練習を開始。東大球場など学内の施設での練習は、緊急事態宣言が終了するまでは出来ない予定。

東京6大学野球の他の5大学は既にオープン戦を開始。東大のみ、チーム練習も出来ていなかった。

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。