日刊スポーツ

マー君4連勝へ「感触がいいから、ってことです」

注目コーナー

スコア速報

新着ニュース

大阪桐蔭2戦目、北北海道決勝/高校野球速報します

<高校野球大阪大会>◇20日◇3回戦

夏の甲子園連覇を目指す大阪桐蔭が3回戦で早稲田摂陵と対戦。沖縄では興南が決勝進出目指し準決勝。北北海道では旭川大高とクラークが夏の甲子園一番乗りを目指し決勝戦。

大阪3回戦:大阪桐蔭-早稲田摂陵

チーム

【試合経過】

9時開始予定

沖縄準決勝:興南-美里工

チーム

【試合経過】

10時開始予定

北北海道決勝:旭川大高-クラーク

チーム

【試合経過】

13時開始予定

関連するニュースを読む

マー君4連勝へ「感触がいいから、ってことです」

先着2万5000万人に配布されたヤンキース田中の特製カップ

ヤンキース田中将大投手(30)が、20日(日本時間21日午前2時5分開始予定)のロッキーズ戦へ向けて抱負を語った。

現在、球宴を挟んで3連勝中。前半戦で課題に挙げてきたスプリットも本来のキレを取り戻し始めており、「感触がいいから、ってことです」と明るい表情で話した。

7勝目をかけた本拠地ニューヨークのマウンドは、予報によると最高気温38度前後となる見込みで、しかもデーゲーム。体調管理、水分補給について「しっかりと意識していつもより多めに取って投げられたらいいと思います。汗の出る量も違うでしょうから」と冷静に話した。

また、前日の19日には、田中の写真入り特製カップが先着2万5000人に配布された。

関連するニュースを読む

巨人ローテ再編で新戦力抜てき 古川24日初先発

巨人古川

巨人が先発ローテ再編で新戦力を抜てきする。

メルセデスが登録抹消。24日ヤクルト戦(京セラドーム大阪)には楽天からトレード移籍の古川侑利投手を初先発させ、25日の同戦(岐阜)はヤングマンが約2カ月ぶりに先発する。

両右腕はこの日、イースタン・リーグ西武戦に登板。先発のヤングマンは3回を1失点、移籍後初登板の古川は3回無失点だった。宮本投手総合コーチは「イキのいい2人を使いたい」と話した。

関連するニュースを読む

西武中村400号 プロ野球最多の231人から1発

西武対オリックス 400号本塁打となる左越えサヨナラソロ本塁打を放った中村(中央)はお立ち台で、金子侑(左)と平良の祝福を受ける。手前はチョコレートプラネット(撮影・山崎安昭)

<西武5-4オリックス>◇19日◇メットライフドーム

西武中村剛也内野手(35)がプロ野球史上20人目となる通算400号本塁打を放った。

   ◇   ◇   ◇

▼中村が19日のオリックス13回戦(メットライフ)の延長11回、増井から今季15号を放ってプロ野球20人目の通算400本塁打を達成した。98年9月16日中村紀(近鉄)がサヨナラ本塁打で100号を達成しているが、サヨナラで400号は初めてだ。初本塁打は04年7月24日の近鉄18回戦(西武ドーム)の山村からで、出場1611試合は5位のスピード記録。パ・リーグだけで400本以上は野村657本、門田567本、土井465本、秋山437本、張本429本(セで75本)に次いで6人目となり、パ・リーグでは野村の1683試合を抜いて最速400号。

▼中村はプロ野球最多の231人から1発を放ち、通算1405本目の安打が400号。全安打の28%が本塁打だ。過去19人のうち17人は通算400本塁打より先に通算1500安打を達成しており、400本塁打達成時の安打数は田淵の1290本目、王の1375本目に次いで3番目に少ない。中村の通算本塁打率13・83は、400本以上では王、田淵、ローズに次いで4番目に高い。

西武対オリックス 400号本塁打となる左越えサヨナラソロ本塁打を放った中村(中央)はお立ち台で、金子侑(左)と平良とTポーズ。手前はチョコレートプラネット(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

迫田穆成氏が竹原の監督 春夏通算14度甲子園出場

迫田穆成氏

広島商、如水館で監督を務め、春夏通算14度甲子園に出場し、6月から竹原(広島)の総合アドバイザーを務めていた迫田穆成(よしあき)氏(80)が、同校監督に就任したことが19日、分かった。

この日、就任した迫田氏は「(3年生がやめて部員が)10人になります。人数が少なくてまだ2時間以上練習できない状況ですが、来年1年生も入ってくると思うので頑張ります。(甲子園まで)3年はかかると思いますが、頑張ります」とコメントした。同校は今夏の広島大会1回戦で呉港に0-17で敗戦。迫田氏はスタンドから戦況を見守っていた。

関連するニュースを読む

プロ野球

巨人ローテ再編で新戦力抜てき 古川24日初先発

巨人古川

巨人が先発ローテ再編で新戦力を抜てきする。

メルセデスが登録抹消。24日ヤクルト戦(京セラドーム大阪)には楽天からトレード移籍の古川侑利投手を初先発させ、25日の同戦(岐阜)はヤングマンが約2カ月ぶりに先発する。

両右腕はこの日、イースタン・リーグ西武戦に登板。先発のヤングマンは3回を1失点、移籍後初登板の古川は3回無失点だった。宮本投手総合コーチは「イキのいい2人を使いたい」と話した。

関連するニュースを読む

西武中村400号 プロ野球最多の231人から1発

西武対オリックス 400号本塁打となる左越えサヨナラソロ本塁打を放った中村(中央)はお立ち台で、金子侑(左)と平良の祝福を受ける。手前はチョコレートプラネット(撮影・山崎安昭)

<西武5-4オリックス>◇19日◇メットライフドーム

西武中村剛也内野手(35)がプロ野球史上20人目となる通算400号本塁打を放った。

   ◇   ◇   ◇

▼中村が19日のオリックス13回戦(メットライフ)の延長11回、増井から今季15号を放ってプロ野球20人目の通算400本塁打を達成した。98年9月16日中村紀(近鉄)がサヨナラ本塁打で100号を達成しているが、サヨナラで400号は初めてだ。初本塁打は04年7月24日の近鉄18回戦(西武ドーム)の山村からで、出場1611試合は5位のスピード記録。パ・リーグだけで400本以上は野村657本、門田567本、土井465本、秋山437本、張本429本(セで75本)に次いで6人目となり、パ・リーグでは野村の1683試合を抜いて最速400号。

▼中村はプロ野球最多の231人から1発を放ち、通算1405本目の安打が400号。全安打の28%が本塁打だ。過去19人のうち17人は通算400本塁打より先に通算1500安打を達成しており、400本塁打達成時の安打数は田淵の1290本目、王の1375本目に次いで3番目に少ない。中村の通算本塁打率13・83は、400本以上では王、田淵、ローズに次いで4番目に高い。

西武対オリックス 400号本塁打となる左越えサヨナラソロ本塁打を放った中村(中央)はお立ち台で、金子侑(左)と平良とTポーズ。手前はチョコレートプラネット(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

阪神西「全員で」首位と11差もメークドラマ目指す

ダッシュを繰り返す西(撮影・清水貴仁)

阪神西勇輝投手が、チーム一丸で「メークドラマ」を目指す。首位巨人とは11ゲーム差あるが「まだ取り返せる時期だと思っています。優勝まで突っ走れるように、全員で新たに気持ちを入れてできればいいと思います」ときっぱり。

96年の長嶋巨人が首位広島との最大ゲーム差11・5を逆転して優勝したようなミラクルを信じている。開幕から先発ローテーションを守る右腕は「後半戦、何とか今から、このカードからでもスタートできて、いい連勝が続けられるように頑張っていければと思います」と巻き返す。

試合前の練習でキャッチボールする西(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

MLB

マー君4連勝へ「感触がいいから、ってことです」

先着2万5000万人に配布されたヤンキース田中の特製カップ

ヤンキース田中将大投手(30)が、20日(日本時間21日午前2時5分開始予定)のロッキーズ戦へ向けて抱負を語った。

現在、球宴を挟んで3連勝中。前半戦で課題に挙げてきたスプリットも本来のキレを取り戻し始めており、「感触がいいから、ってことです」と明るい表情で話した。

7勝目をかけた本拠地ニューヨークのマウンドは、予報によると最高気温38度前後となる見込みで、しかもデーゲーム。体調管理、水分補給について「しっかりと意識していつもより多めに取って投げられたらいいと思います。汗の出る量も違うでしょうから」と冷静に話した。

また、前日の19日には、田中の写真入り特製カップが先着2万5000人に配布された。

関連するニュースを読む

大谷代打で三振、トラウトDHなら次戦も代打待機か

エンゼルス大谷翔平

<エンゼルス2-6アストロズ>◇18日(日本時間19日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手は代打で空振り三振を喫し、最後の打者となった。アストロズ戦の9回2死三塁で登場。カウント2-1から5番手オズナのチェンジアップにバットが空を切った。

この日から右ふくらはぎの張りで3試合欠場していたトラウトが、中堅の守備にはつかず「2番DH」で復帰。相手先発が左腕でもあり大谷はベンチ待機となったが、打線はつながりを欠き2得点止まり。連敗を喫した。試合前、オースマス監督は19日(日本時間20日)のマリナーズ戦もトラウトをDHで起用するかどうか問われ「可能性はあるが、彼の状態による」とした。DH起用となれば、大谷はこの日と同様、代打待機となる可能性がある。

一方で、19日のマ軍先発は右腕リークの予定。同投手に対し通算打率4割6分2厘と好相性の大谷をDHで起用し、トラウトを休養させる選択肢もある。いずれにしても、トラウトと大谷の“トラウタニ”コンビがエ軍打線の核となるだけに、完全復活が待たれる。(アナハイム=斎藤庸裕)

関連するニュースを読む

ダルビッシュ「宮迫さん引退とか嫌やわー」復帰期待

カブスのダルビッシュ有(2019年3月19日撮影)

カブスのダルビッシュ有投手(32)が、吉本興業との契約解消が発表された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)について「自分は待ってます」と“復帰”を期待する思いをつづった。

吉本興業が宮迫との契約解消を発表した19日、ダルビッシュはツイッターを更新。ハッシュタグ「#セカンドチャンス」を付けて、「宮迫さん引退とか嫌やわー。メジャーには引退って言いながら復帰する例はザラなんで自分は待ってます」とツイートした。

関連するニュースを読む

高校野球

大阪桐蔭2戦目、北北海道決勝/高校野球速報します

<高校野球大阪大会>◇20日◇3回戦

夏の甲子園連覇を目指す大阪桐蔭が3回戦で早稲田摂陵と対戦。沖縄では興南が決勝進出目指し準決勝。北北海道では旭川大高とクラークが夏の甲子園一番乗りを目指し決勝戦。

大阪3回戦:大阪桐蔭-早稲田摂陵

チーム

【試合経過】

9時開始予定

沖縄準決勝:興南-美里工

チーム

【試合経過】

10時開始予定

北北海道決勝:旭川大高-クラーク

チーム

【試合経過】

13時開始予定

関連するニュースを読む

迫田穆成氏が竹原の監督 春夏通算14度甲子園出場

迫田穆成氏

広島商、如水館で監督を務め、春夏通算14度甲子園に出場し、6月から竹原(広島)の総合アドバイザーを務めていた迫田穆成(よしあき)氏(80)が、同校監督に就任したことが19日、分かった。

この日、就任した迫田氏は「(3年生がやめて部員が)10人になります。人数が少なくてまだ2時間以上練習できない状況ですが、来年1年生も入ってくると思うので頑張ります。(甲子園まで)3年はかかると思いますが、頑張ります」とコメントした。同校は今夏の広島大会1回戦で呉港に0-17で敗戦。迫田氏はスタンドから戦況を見守っていた。

関連するニュースを読む

集中力の修徳、荒井監督のマネジメント術/東東京

錦城学園対修徳 にこやかな表情で戦況を見つめる修徳・荒井監督(撮影・伊作将希)

<潜入>

<高校野球東東京大会:修徳6-5錦城学園>◇19日◇4回戦◇神宮球場

第101回全国高校野球東東京大会4回戦で、伝統校の帝京と修徳が底力を発揮して勝ち上がった。帝京の前田三夫監督は70歳、修徳の荒井高志監督は34歳。時代をまたいで老舗の看板を守り、磨き上げるマネジメント術に潜入する。

   ◇   ◇   ◇

7回の集中打で逆転した修徳の荒井監督は「疲れた…今日も頑張ってくれたよ」と息をついた。3回戦で二松学舎大付を撃破。勢いが止まらない。

コーチ陣が「まるで動物園」と笑う79人の個性派集団。同監督は「個々の力はあるから、かみ合うと勝つ。難しいことはできない。負けているときは、我慢をすればチャンスが来ると信じる。焦らず、全員で声を出す」。選手を信じて元気を前面に出すと決めている。劣勢の中盤も、ベンチから「よっしゃきたー!」「不動心いくぞー!」とチームのスローガンを叫んで機を待った。

試合を3つに区切って戦っている。「序盤は勢い、中盤は我慢、終盤は勝負」。日々のゲーム形式の練習から3イニングずつ戦い方を変え、自分たちの野球をやりきる上で何が必要かを考えてきた。2点を奪って主導権を奪い返した1回、最少失点で耐えた中盤。6回まで1安打も、連打で2死満塁とし村田修平内野手(3年)が走者一掃の適時二塁打を放った7回。集中を切らさず、プラン通りに逆転に成功した。

同監督は「勝ってもまだ通過点。甲子園に行きたい」。不動心で戦いきる。【加藤理沙】

錦城学園対修徳 にこやかな表情で八十原(左)に話しかける修徳・荒井監督(中央)(撮影・伊作将希)

関連するニュースを読む

大学・アマ野球

森下悔やむ「緩い球を使えばよかった」2失点黒星

15日の米国対日本 アメリカ打線を相手に力投する日本先発・森下暢(撮影・和賀正仁)

<日米大学野球選手権:米国2-0日本>◇19日◇第3戦◇山口・絆スタジアム

大学日本代表は、打線が1安打と沈黙し米国に連敗した。

ドラフト候補の森下暢仁投手(4年=明大)が今大会2度目の先発。雨が降りしきる悪条件の中だったが、2回1死一塁から球威ある直球で2者連続三振を奪うなど順調な立ち上がり。だが、4回1死から5番打者に左翼へ大きな当たりを放たれると、野手の処理がもたつく間に一気に生還を許し、ランニング弾で先制点を献上。5回にも1点を奪われた。5回5安打2四球6奪三振で降板。試合後は「緩い球を使えばよかった。まっすぐとカットボールだけになって打たれた」と悔やんだ。

打線は米国投手陣に苦戦。2点を追う8回には2死満塁の好機をつくったが、後続が倒れるなど好機での1本が遠かった。生田勉監督(52)に代わり、この試合のみ監督代行を務めた谷口英規ヘッドコーチ(49)は「(米国投手は)160キロくらい出ていた。見たことないし、くらいついていったけど…。テクニックでどうにかしないと。課題です」。米国はこれで2連勝し、優勝に王手をかけた。「もう落とせない。(生田)監督も戻ってくるし、流れも変わる。スタッフと話し合いたい」。

第4戦は20日、ヨーク開成山スタジアム(福島)で18時から行われる予定。舞台を西から東に移し、1戦必勝で戦う。

関連するニュースを読む

大学日本代表1安打完封負けで連敗、森下5回2失点

森下暢仁(2019年7月15日撮影)

<日米大学野球選手権:米国2-0日本>◇19日◇第3戦◇山口・絆スタジアム

大学日本代表は打線が沈黙し、1安打完封負けで米国に連敗した。

4回表、米国は1死から5番打者が左翼へ大きな当たりを放ち、野手の処理がもたつく間に一気に生還。ランニング弾で先制した。5回にも2死二塁から適時打を放ち、1点を追加した。

日本は、今秋ドラフト候補の森下暢仁投手(4年=明大)が今大会2度目の先発。5回を投げ、5安打2四球6奪三振で2失点だった。雨が降りしきる中悪条件での投球となったが、試合を作った。

打線は初回2死から3番柳町達外野手(慶大=4年)の中前打や敵失で、一、二塁の好機をつくるも、後続が倒れて無得点。8回にも、四死球などで2死満塁としたが、あと1本が出なかった。

次の第4戦は20日、ヨーク開成山スタジアム(福島)で18時から行われる予定。

関連するニュースを読む

JFE西日本・河野抜き球習得で10勝/サブロー氏

ドラフトファイル:河野竜生

<ドラフト候補生全員!? 会いに行きます>

<編成部長サブロー氏>

日刊スポーツ「編成部長」のサブロー氏(43)がアマチュアの2つのカテゴリーを往来し、チェックを重ねた。17日に社会人の都市対抗野球2回戦のJFE西日本-日本製鉄広畑戦に足を運び、ドラフト上位候補のJFE西日本・河野竜生投手(21)の可能性を探った。

   ◇   ◇   ◇

河野は直球が平均140キロ前後で状態は良くなかったのだろう。ただ悪いなりにゲームをつくる能力がある。スライダーはカウント球にも勝負球にもなり、リズムも良く、制球力もまずまず。ピンチが何回かあっても抑えられるのは先発に必要な能力だ。

プロで勝つためには「抜くボール」を覚える必要がある。左腕からの直球とスライダーで右打者に対し、対角線上に入ってくる軌道しかない。100キロ前後のスローカーブもあるがプロの打者ならカーブを頭の片隅に入れつつ、直球にも対応できる。フォークも1球だけ投げたが130キロ中盤で速すぎる。マスターすべきはチェンジアップだ。

右打者は左腕の内角のスライダーはポイントを前にして対応するが、奥行きが出るチェンジアップがあれば、さらに突っ込まされる。プロ入り当初は大きなカーブが武器だった杉内俊哉、高校時代はスライダーで三振の山を築いた松井裕樹が後にチェンジアップを武器にする左腕に変身したことを考えて欲しい。

人間の目は横より縦の動きの方がついていきにくく、奥行きへの対応はさらに難しい。片手を目いっぱいに伸ばし、もう片方の手を視界に入る少し前に置き、交互にツメを見てほしい。焦点を絞るのに時間がかかるはずだ。だから奥行きが出る球種は有効なのだ。ボビー(バレンタイン)はロッテ監督時代に投手全員にチェンジアップの習得を指令したほどだ。

フォーム的にテークバックが小さく、状態が良く150キロ出るなら、かなり打ちづらい。抜く球が加われば、プロで2ケタ勝てる。

17日、日本製鉄広畑戦で力投するJFE西日本・河野
17日、日本製鉄広畑戦で力投するJFE西日本・河野

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。