日刊スポーツ

NBAの指名順はどうなっているの?/塚本清彦氏

NBAの指名順はどうなっているの?/塚本清彦氏

NBAドラフトについて語る塚本清彦氏

<NBAドラフトを知ろう(上)~八村21日運命の日>

NBAドラフトが20日(日本時間21日)に行われる。今年は日本代表、八村塁(21=米ゴンザガ大)の1巡目指名が確実視され、注目度も高まっている。そこで連載「NBAドラフトを知ろう」では日刊スポーツのキャラクター「ブル男」がRakutenTV NBAコメンテーターの塚本清彦氏(58)を突撃。素朴な疑問に答えてもらった。第1回はNBA特有のドラフト指名順制度。

      ◇       ◇

Q(ブル男) NBAに日本人の八村選手が選ばれるって聞いたけど本当

A(塚本氏) そうだね。可能性はかなり高いと思う。日本人では81年の岡山恭崇さん以来2人目かな。契約すれば日本人初の快挙だね。

Q NBAドラフトはいつ、どこで行われているの

A 毎年6月第4週の木曜日にニューヨークのネッツのホーム、バークレイズセンターで行われる。30チームで指名は2巡するので全部で60人が選ばれるよ。

Q ドラフトでの指名順はどうなっているの

A その年度の最終成績をもとに決められるけど、シーズン成績で勝率の悪い順番から先に指名するウエーバー方式ではない。プレーオフにいけなかった14チームがまず、1位から14位までの指名順を決める抽選を行うんだ。これを「ロッタリー制」というよ。全30チームでシーズン勝率が最下位から28位が1位指名に当選する確率は最も高く14%、27位が12・5%、26位が10・5%…と順位が上がっていくにつれ、1位指名に当たる確率が低くなっている。今年は5月15日に指名順の抽選が行われ、1位指名は23位のペリカンズに決まった。当選確率は6%だったからラッキーだったね。

Q なぜそんな抽選をするのかな

A 以前は勝率の悪いチームから指名する方式だった。ところが下位争いをしているチームは、翌シーズンのドラフトでいい選手を獲得するため、わざと負けて勝率を下げようとしたんだ。そのため85年から同制度が取り入れられたよ。

Q ロッタリー制で問題は解消されたの

A 減ったけれども、完全になくなっていない。成績が悪いチームの方が1位指名を引く確率が高いのは確かだから。主力をトレードしたり温存して、負けようとするチームは観客も減少して視聴率は低下、放映権料は減り、選手の年俸が下がるという問題につながっているんだよ。

Q なぜそんなことまでして指名順を争うの

A NBAの登録人数は最大15人。野球やアメフットに比べて1人の選手がチームに与える影響が大きいからさ。希望選手が獲得できたら、翌シーズンは成績が大きく向上する可能性があるんだ。実際に91-92年シーズンに21勝61敗で地区最下位のマジックは92年ドラフト全体1位でシャキール・オニールを獲得。翌シーズンは41勝41敗の勝率5割と躍進。単純計算だけど20勝分を上積みしたよ。

◆塚本清彦(つかもと・きよひこ)1961年(昭36)2月26日生まれ。兵庫県出身。育英高から明大卒業後、日本鋼管に入社。ポジションは主にポイントガードとして日本リーグ優勝2度、93-94シーズンにベスト5。96年引退。明大、法大の監督を経て、現在はRakutenTVでNBAの解説を行う。

◆NBA 1946年に始まった世界最高峰のプロリーグ。東西のカンファレンスに分かれ、それぞれ3つの地区があり、米国29、カナダ1の30チームで構成。10月に開幕し、各チーム82試合を行った後、プレーオフを経て、6月のファイナルで王者を決める。最多優勝はセルティックスの17度。18-19シーズンはカナダを本拠地とするラプターズがウォリアーズを破って初優勝を飾った。

八村塁(18年9月撮影)

関連するニュースを読む

ラプターズ優勝パレードで発砲 トロント、けが人も

NBA決勝でカナダ勢として初の優勝を果たしたラプターズが17日、本拠地トロントで優勝パレードを開いている最中に発砲があった。AP通信などによると、4人が撃たれて負傷し、警察は容疑者2人を逮捕した。当時、周辺には約200万人が集まっていた。

撃たれた4人はいずれも命に別条はない。このほか、逃げる際の混乱で負傷した人もいた。発砲現場近くのステージにはカナダのトルドー首相や選手らもおり司会者がスピーチを一時中断して参加者に落ち着くよう呼び掛けた。ステージ上は混乱せず、トルドー氏らは避難しなかった。

エースとしてチームを引っ張り、2度目の最優秀選手(MVP)に輝いたレナードには、ファンから「MVP」コールが降り注いでいたが、発砲を受け多くの人が逃げ惑い、騒然となった。周辺には仕事や学校を休んで集会や優勝パレードに参加した大勢のファンがいた。

関連するニュースを読む

NHLダックスにオイラーズ元監督のイーキンス氏

北米プロアイスホッケー、NHLのダックスは17日、過去にオイラーズを率いた52歳のダラス・イーキンス氏が新監督に就任したと発表した。

ダックスは2月に成績不振で当時の監督を解任し、ゼネラルマネジャーが監督代行を務めていた。

関連するニュースを読む

ペリカンズのデービスがレーカーズへ

NBAのレーカーズが、トレードでペリカンズのデービスを獲得することで合意したと、スポーツ専門局ESPN(電子版)が15日、報じた。ペリカンズにはイングラム、ボールら3選手と三つのドラフト1巡目指名権が移る。

オールスター戦に6度選出されている26歳のデービスは今季56試合に出場して平均25・9点、12リバウンドだった。

関連するニュースを読む

八村NBAドラフト指名“グリーンルーム”で待つ

八村塁(18年9月撮影)

NBAドラフト会議(20日、日本時間21日)に八村塁(21=ゴンザガ大)が指名される可能性が高まった。ニューヨークのドラフト会場に招待されると、12日に米メディアが伝えた。例年指名の可能性が高い選手は家族らと一緒に招待され、トップ選手のみが入出を許可される「グリーンルーム」で指名の瞬間を待つ。

八村は代理人を通じて「選手として成長できるようにチャレンジし、日々トレーニングしている」とコメント。周囲の評価も上がっており、全体11位の指名権を持つティンバーウルブズの公式サイトは「価値ある財産になる」と分析。同13位ヒートの本拠地フロリダの地元紙は、ゴンザガ大の先輩であるオリニクの「彼の身体能力は通用するよ」という談話を紹介した。

昨年6月のワールドカップ・アジア予選に出場し、4連敗中だった日本を救って、21年ぶり自力での出場に導いた。同11月にはNCAAの強豪校による招待試合で、全体1位指名が確実視されているザイオン・ウィリアムソン(18)らが所属するデューク大を破って優勝。MVPを獲得し、一気に注目される存在となった。

八村は現在、1巡目での指名が予想されており、指名されれば81年岡山恭崇以来2人目、入団すれば日本人初の快挙となる。

関連するニュースを読む

ブルースがブルーインズ破り初V MVPオライリー

<NHL:スタンリー・カップ決勝>◇第7戦◇12日◇ボストン

ブルース(西カンファレンス)が4-1でブルーインズ(東カンファレンス)を破り、対戦成績4勝3敗で初優勝を果たした。

第1ピリオドにオライリー、ペトランジェロのゴールで2点を先行。GKビニントンを中心にブルーインズの反撃をしのぎ、第3ピリオドに2点を加え突き放した。ブルースは1967~68年シーズンから3季連続で決勝に進んだが、全て4戦全敗で敗退。70年以来、49年ぶりに進出した決勝で初めて頂点に立った。

プレーオフ最優秀選手(MVP)は26試合で8得点15アシストを挙げたオライリーが選ばれた。

関連するニュースを読む

八村がNBAドラフト会場招待 上位指名の可能性

八村塁(18年9月撮影)

20日(日本時間21日)に行われるNBAドラフトで八村塁(21=ゴンザガ大)が、会場となるニューヨークのバークレイズセンターに招待されると12日、NBCスポーツ(電子版)など複数の米メディアが報じた。NBAのドラフト会議では例年上位指名の可能性が高い選手が、家族や代理人らとともに招待されており、八村も指名される可能性が高まった。

八村は1巡目での指名が予想されており、指名されれば日本人では81年の岡山恭崇以来2人目、加入すれば初の快挙となる。

またスポーツ専門局ESPNによると、全体1位指名が確実視されているザイオン・ウィリアムソン(18)ら上位指名が確実視されている選手も招待されているという。

八村は日本代表として昨年のW杯アジア予選に4試合出場、4連敗中だった日本を救い、21年ぶりの出場を導いた。同11月にはハワイで行われたNCAAの強豪校による招待試合「マウイ・インビテーショナル」で、ウィリアムソンらが所属する全米ランキング1位のデューク大を破って優勝。MVPを獲得した八村は一気に注目される存在となった。ゴンザガ大3年目の18-19年シーズンでは37試合に先発し、1試合平均19・7得点、6・5リバウンド、1・5アシストを挙げ、全米大学選手権(NCAAトーナメント)8強入りに貢献し、さらに評価を上げた。

関連するニュースを読む

ウォリアーズ・デュラントが手術 決勝第5戦で負傷

NBA決勝で3連覇を目指すウォリアーズの主力デュラントは12日、ラプターズとの第5戦で痛めた右アキレス腱(けん)の手術を受けたと写真共有アプリ「インスタグラム」で明らかにした。

昨季まで2季連続でNBA決勝の最優秀選手に選ばれているデュラントは、右ふくらはぎ痛から復帰した第5戦で負傷退場。対戦成績2勝3敗で後がないウォリアーズは13日(日本時間14日)に本拠地オークランドで第6戦に臨む。

関連するニュースを読む

新監督にジェンキンス氏 渡辺のグリズリーズ

NBAでツーウエー契約の渡辺雄太が所属するグリズリーズは11日、昨季バックスのアシスタントコーチを務めたテイラー・ジェンキンス氏の新監督就任を発表した。

グリズリーズは今季33勝49敗で西カンファレンスの12位に終わり、レギュラーシーズン終了後にビッカースタッフ監督を解任していた。

関連するニュースを読む

ウォリアーズ2勝デュラント負傷退場にカリーら奮起

終了のブザーを喜ぶウォリアーズ・カリーら(AP)

<NBA決勝(7回戦制):ラプターズ105-106ウォリアーズ>◇7日◇トロント

第5戦が行われ、3連覇を目指すウォリアーズがラプターズに106-105で勝ち、2勝3敗とした。第6戦は13日にオークランドで行われる。

ウォリアーズは右ふくらはぎを痛めて離脱していた2季連続の決勝最優秀選手デュラントが先発で復帰したが、試合途中に負傷退場。このピンチにカリーが31得点、トンプソンが26得点と奮起した。

関連するニュースを読む

ホーネッツのトニー・パーカーが引退

NBA、スパーズ時代に4度の決勝制覇に貢献したホーネッツのトニー・パーカー(37)が現役引退すると10日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

2001年にデビューしてオールスター戦に6度選出。06~07年シーズンは決勝の最優秀選手に選ばれた。

関連するニュースを読む

東C覇者ブルーインズ、ブルースに快勝し3勝3敗に

<NHL:スタンリー・カップ決勝(7回戦制)>◇9日◇第14週◇セントルイス

北米プロアイスホッケーNHLの王者を決めるスタンリー・カップ決勝第6戦で、東カンファレンス覇者のブルーインズが5-1で西のブルースに快勝し、対戦成績を3勝3敗とした。

ブルーインズは第1ピリオドにマーシャンドのゴールで先制し、第3ピリオドにも4点を加えた。守備ではGKラスクの堅守が光り、ブルースの反撃を1点に抑えた。

関連するニュースを読む

ラプターズ初Vへ王手 レナードが最多36得点

<NBA決勝(7回戦制):ウォリアーズ92-105ラプターズ>◇7日◇オークランド

第4戦が行われ、ラプターズがウォリアーズに105-92で勝って3勝1敗とし、初優勝まであと1勝とした。

ラプターズはエースのレナードが両チーム最多の36得点。イバカ、シアカム、ラウリーも2桁得点をマークした。3連覇を狙うウォリアーズは故障から復帰したトンプソンが28得点、カリーが27得点だった。

第5戦は10日(日本時間11日)にラプターズの本拠地トロントで行われる。

関連するニュースを読む

渡辺雄太、大谷と初対面「頑張らなきゃ」活躍に刺激

エンゼルスタジアムを訪れたグリズリーズ渡辺は、報道陣の質問に笑顔で対応

NBAメンフィス・グリズリーズの渡辺雄太選手(24)が7日(日本時間8日)、米カリフォルニア州のエンゼルスタジアムを訪れ、大谷翔平投手(24)と初めて対面した。

同学年で共通の友人でもある競泳の瀬戸大也選手(25)を通して連絡を取り合う間柄。トレーニングなどのため、渡辺が同地に滞在中でもあり、大谷がチケットを手配し、対面が実現した。「彼のプレーを見ていて野球を楽しんでいるんだろうなと感じる。僕も同じでバスケを心から楽しんでやっている。好きなことを力にできるというか、そういう部分で成功につながっているんじゃないかと思います」。

来季はNBA2年目のシーズン。同世代でもあり、ともに最高レベルで戦う立場とあって「これだけすごい世界で毎日活躍している彼の姿を見ていると、自分ももっと頑張らなきゃいけないなと、いつも思っています」と、大谷の活躍に刺激を受けていた。

エンゼルス大谷とNBAグリズリーズ渡辺が初対面。笑顔であいさつを交わす

関連するニュースを読む

ブルースが3勝、初制覇に王手 NHL

NHLの王者を決めるスタンリー・カップ決勝(7回戦制)は6日、ボストンで第5戦が行われ、西カンファレンス覇者のブルースが敵地で東のブルーインズに2-1で競り勝ち、対戦成績3勝2敗で初制覇にあと1勝と迫った。

ブルースは第2ピリオドにオライリーのゴールで先制し、第3ピリオドに1点を追加。GKビニントンは38セーブの好守で、ブルーインズの反撃を終盤の1点に抑えた。

関連するニュースを読む

負傷のウォリアーズ・デュラント、第4戦も欠場

NBA決勝で3連覇を狙うウォリアーズのカー監督は6日、右ふくらはぎを痛めて離脱が続いているデュラントが第4戦(7日・オークランド)も復帰しないと明らかにした。

デュラントは昨季まで2季連続でNBA決勝の最優秀選手に輝いている。第3戦を左太もも裏の張りで欠場したトンプソンは復帰する見通しという。

関連するニュースを読む

ラプターズがウォリアーズに勝ち2勝1敗に

<NBA決勝:ラプターズ123-109ウォリアーズ>◇第3戦◇5日◇オークランド

ラプターズが123-109でウォリアーズに勝って、対戦成績を2勝1敗とした。

ラプターズは前半にラウリーの15得点、シアカムの14得点などで60-52とリード。ウォリアーズはカリーが前半だけで25得点するなど奮闘したが、主力の欠場もあって及ばなかった。

関連するニュースを読む

ウォリアーズ、ラプターズに勝ち1勝1敗NBA決勝

<NBA決勝:ウォリアーズ109-104ラプターズ>◇第2戦◇2日◇トロント

3連覇を目指すウォリアーズが109-104でラプターズに勝ち、通算成績を1勝1敗の五分に戻した。

前半はラプターズがエース、レナードの16得点などで59-54とリードしたが、ウォリアーズは第3クオーター開始から18連続得点で一気に逆転、そのまま逃げ切った。ウォリアーズはトンプソンが25得点でカリーが23得点。ラプターズはレナードが両チーム最多の34得点をマークした。

関連するニュースを読む

クリッパーズに罰金、監督がタンパリング規定に違反

NBAは5月31日、クリッパーズのリバース監督がリーグのタンパリング(不正交渉)規定に違反したとして、チームに5万ドル(約550万円)の罰金を科したと発表した。

同監督がテレビ出演した際、ラプターズで今季終了後にフリーエージェントになる主力のレナードに関する発言が規定に抵触すると判断された。

関連するニュースを読む

ラプターズ第1戦勝利 シアカムら5人が2桁得点

<NBA:ラプターズ118-109ウォリアーズ>◇決勝(7回戦制)◇30日◇トロント

開幕し、初優勝を目指すラプターズが3連覇を狙うウォリアーズを118-109で退け、先勝した。

ラプターズは32点のシアカム、23点のレナードなど5人が2桁得点をマーク。前半終了時点で59-49とリードし、そのまま逃げ切った。ウォリアーズはエースのカリーが両チーム最多の34得点したが及ばなかった。

米国外でNBA決勝が行われたのは、この試合が初めて。第2戦は6月2日にトロントで行われる。

関連するニュースを読む

パッカーズ名QBバート・スター氏が死去、85歳

NFLのパッカーズは26日、チームをスーパーボウルの初代覇者に導いた名QB、バート・スター氏が同日死去したと発表した。85歳だった。

1956年のドラフトで指名され、66~67年シーズンからのスーパーボウル2連覇などチームの5度のリーグ制覇に貢献。77年に米プロフットボールの殿堂入りを果たしている。

関連するニュースを読む

ソーンダース氏がティンバーウルブズ監督に就任

NBA、ティンバーウルブズは20日、今季途中から監督代行を務めたソーンダース氏が監督に就任すると発表した。

チームは36勝46敗で西カンファレンス11位に終わり、プレーオフ進出を逃した。

関連するニュースを読む

ピーターソン薬物違反で出場停止 4・3億円消える

NFLは16日、カージナルスのDBピーターソンに、リーグの薬物規定に違反したとして今季の開幕から6試合の出場停止処分を科したと発表した。

米メディアによると、ピーターソンはこの処分により年俸のうち約388万ドル(約4億3000万円)を受け取れなくなる。

関連するニュースを読む

平均年俸が世界一高いプロリーグ/NBA

八村塁(18年9月17日撮影)

これぞアメリカンドリームだ-。バスケットボール男子、全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大からNBA挑戦を表明した八村塁(21)が、6月20日のドラフトで1巡目で指名されると米国メディアが15日(日本時間16日)に、一斉予想した。NBAは破格の高年俸で、八村の予想順位、1巡目13位でも1年目からいきなり、最大で年俸約364万ドル(約4億円)を手にするとみられる。

◆NBAはお金持ち 世界中にファンを持つバスケットボールの最高峰リーグ、NBAは世界中から大きな注目を浴びている。経済誌フォーブスのスポーツ選手最新年収ランキング(18年発表)で、上位100人のうち40人がNBA選手。米国の4大スポーツの中でも最多。選手の平均年俸が世界一高いプロリーグという統計もある。

世界で最も稼ぐスポーツ(Forbesより)

関連するニュースを読む

八村いきなり4億円!?米予想 衝撃NBAドリーム

3月、WCCバスケットボール選手権 ゴンザガ・ブルドッグス対セントメアリー・ゲールズ ダンクシュートを決める八村(ロイター)

これぞアメリカンドリームだ-。バスケットボール男子、全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大からNBA挑戦を表明した八村塁(21)が、6月20日のドラフトで1巡目で指名されると米国メディアが15日(日本時間16日)に、一斉予想した。NBAは破格の高年俸で、八村の予想順位、1巡目13位でも1年目からいきなり、最大で年俸約364万ドル(約4億円)を手にするとみられる。20年東京オリンピック(五輪)と8月開幕のワールドカップ(W杯)中国大会で日本代表入りが確実視される逸材は、早くも夢の入り口に立っている。

      ◇       ◇

運命のドラフトまで約1カ月となり、八村への注目度も高まってきた。14日に指名順抽選が実施されたことを受け、全米のメディアがこぞって指名順を予想。これをNBA公式サイトが集計した。八村は1巡目13番目。マイアミ・ヒートが獲得するとの予想に落ち着いた。もし、これが的中した場合、八村は規定により最大年俸約364万ドル(約4億円)、プロ1年目としては、日本のプロスポーツではありえない巨額の年俸とともに、夢のNBAの舞台に立つことになる。

八村の1巡目指名は、ほぼ確実な情勢となっている。11位指名(ティンバーウルブズ)と予想したCBSスポーツは「まだ若く、スター性があり、能力が開花し始めている」と紹介。伸び盛りの選手だとした。13位に予想したスポルティング・ニュースは「身体の大きさや身体能力(思考などを含めた)柔軟性は、NBAのチームにとっては魅力的」とこちらも高評価。どのメディアでも「RUI HACHIMURA」を紹介。注目選手の1人でその未来は、文字通り末広がりのようだ。

NBAは世界中から注目を浴び、放送権料が高い。よって米国の4大プロスポーツの中で、最も選手の年収が高いとされる。昨季の1巡目の1番目に指名を受けたエイトン(サンズ)は最大年俸となる817万ドル(約8億9900万円)を受け取っているが、今年の同指名では最大974万ドル(約10億7000万円)と何とルーキーに10億超え。新人とは思えない額だ。

八村が歩む先には、さらなるバラ色の高額年俸が待つ。今季のNBA選手の年俸は平均6億9300万円。一番稼ぐカリー(ウォリアーズ)に至っては、3750万ドル(約41億3000万円)だ。NBA在籍576人中、144人が年俸10億円を越えるまさに夢の舞台で、日本人初となるドラフトからのNBA入りが確実な八村が、アメリカン・ドリームの入り口に立つ。

▼八村塁(はちむら・るい)1998年(平10)2月8日、富山市生まれ。ベナン人の父と日本人の母を持つ。富山・奥田中時代にバスケットボールを始め、宮城・明成高から米ゴンザガ大へ進学。4人きょうだいの長男で、2学年下の弟・阿蓮は東海大2年、妹・安美菜は明星学園(東京)3年で、ともにバスケットボール部所属。203センチ、104キロ。血液型A。

▼NBA新人年俸 ドラフト指名された選手の年俸は決まっている。1巡目1番目が最も高く、2番目、3番目と順に差がつけられている。その額の80~120%の間で球団と契約できる。契約は2年目までが保証されており、3年目からは選択制となる。ドラフト開催年ごとに支払われる年俸は異なるが、放送権料の高騰もあり近年は毎年、高くなっている。

18年9月、W杯アジア2次予選のイラン戦で攻め上がる日本八村塁
明成時代の八村。豪快にダンクシュートを決める(2015年11月15日撮影)

関連するニュースを読む

狭き門、八村指名入団なら日本人初/NBAドラフト

八村塁(18年9月17日撮影)

バスケットボール男子、全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大からNBA挑戦を表明した八村塁(21)が、6月20日のドラフトで1巡目で指名されると米国メディアが15日(日本時間16日)に、一斉予想した。

◆NBAドラフト 6月20日にネッツのホームであるニューヨークのバークレイズセンターで行われる。全30チームが2人ずつ指名という狭き門。計60人がピックアップされる。日本人では81年に岡山恭崇が全体171番目でウォリアーズに指名された(当時は10巡目まで指名あり)が、入団拒否した。八村が指名を受け入団すれば日本人初となる。今年は全体1位が予想されるザイオン・ウィリアムソン(米デューク大)が圧倒的な評価を得ている。2月には着用するスポーツ用品大手ナイキのシューズが破損して膝を痛め話題を集めたことも。

NBAドラフト1巡目指名順

関連するニュースを読む

ウォリアーズが先勝、カリーが3P9本決める活躍

3Pシュートを放つウォリアーズのカリー(AP)

<NBA:プレーオフ(7回戦制)>◇14日◇オークランド

NBAのプレーオフ、西カンファレンス決勝(7回戦制)は14日、オークランドで第1戦が行われ、3連覇を狙うウォリアーズがトレイルブレーザーズを116-94で下した。

ウォリアーズはエースのカリーが9本の3点シュートを決めるなど、トレイルブレーザーズに所属する弟セスの前で36得点の活躍を見せた。

関連するニュースを読む

ブルーインズ3連勝で王手 NHLプレーオフ

<NHL:プレーオフ>◇14日◇ノースカロライナ州ローリー

東カンファレンス決勝(7回戦制)第3戦が行われ、ブルーインズがハリケーンズを2-1で下し、3連勝した。NHL王座を争うスタンリー・カップ決勝進出にあと1勝と迫った。

ブルーインズは第2ピリオドに2点を奪い逃げ切った。

関連するニュースを読む

八村対象のNBAドラフト、1位指名権はペリカンズ

八村塁(2017年5月19日撮影)

全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大から米プロバスケットボールNBA挑戦を表明した八村塁(21)が対象となるドラフトの指名順を決める抽選会が14日、シカゴで行われ、1位指名権はペリカンズが獲得した。

この日、抽選をしたのはレギュラーシーズンの成績下位14チーム。15番目以降の指名はプレーオフ進出を決めたチームが勝率が低い順に行う。今年はデューク大のザイオン・ウィリアムソンが1位指名の有力候補となっている。

関連するニュースを読む

レーカーズ新監督にボーグル氏 マジックなど指揮

レーカーズの新監督にかつてマジックなどを率いた45歳のボーグル氏が就任することが決まったと11日、AP通信が報じた。

チームは今季、リーグ屈指のスター選手ジェームズを補強したものの西カンファレンス太平洋地区4位に終わり、ウォルトン監督が退任していた。

ボーグル氏は2010~11年シーズン途中からペーサーズを指揮し、東カンファレンス決勝に2度進出。16年からマジックの監督を2シーズン務め、今季は所属先がなかった。

関連するニュースを読む