日刊スポーツ

五輪強化指定選手に渋野、畑岡、松山、石川ら16人

畑岡奈紗

日本ゴルフ協会(JGA)のオリンピック(五輪)競技対策本部は今年の強化指定選手として女子は畑岡奈紗、渋野日向子、鈴木愛ら、男子は松山英樹、今平周吾、石川遼ら各8人を発表した。

東京五輪に向け、国立スポーツ科学センター、味の素ナショナルトレーニングセンターでサポートが受けられるほか、強化拠点のフェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎市)をほぼ自己負担なしで利用できる。

渋野日向子(左)と鈴木愛
松山英樹

関連するニュースを読む

時松隆光にジャンクSPORTSから会長就任祝う花

選手会の時松隆光会長(左)は、高松宮妃癌研究基金の関谷剛男理事長に目録を手渡した

男子ゴルフの時松隆光(26=筑紫ケ丘GC)が、日本ゴルフツアー選手会の新会長として初仕事を行った。29日、都内の高松宮妃癌研究基金を訪れ、選手会と日本ゴルフツアー機構を代表し、チャリティー金80万円を寄贈。

23日に新会長に選出されたばかりだが「今後の明るい未来のために使っていただければ」と、堂々とこなした。フジテレビ系列「ジャンクSPORTS」に出演した縁で、同番組から新会長就任を祝う花が届いたことも明かし「もっと試合を見に来てもらえるようにしたい」と、ファン層拡大を目標に掲げた。

関連するニュースを読む

古江彩佳「まさか話来るとは」スマホ確定申告をPR

自身のスマホを使いe-Taxの確定申告体験を行う古江(撮影・前田充)

女子プロゴルファー古江彩佳(19=フリー)が29日、兵庫・六甲国際GCでネット利用の確定申告e-TaxのPRを行った。

スマートフォンを使った模擬申告は「もっと難しいと思ったけど、けっこう簡単でした。スマホで(確定申告)できるなんて、知りませんでした」。

自身は昨年10月にツアーでアマチュア優勝を飾りプロ転向。実働1カ月で賞金2073万円を稼いだため、初の確定申告となるが「高校を出てすぐに手にする金額じゃない」ため、この日のPR活動は「まさか、話が来るとは思いませんでした」と苦笑いした。

ツアー本格参戦1年目に向け、準備は着々と進んでいる。数日前、テレビ局の仕事を兼ねて、開幕戦ダイキンオーキッドレディース(3月5~8日)の開催コースである沖縄・琉球GCを訪れ、2ラウンドをこなした。「風が強い印象だったのに、全然なくて、天気が良くて」と言う。今後も国内で調整を続けていく予定だ。

自身のスマホを使いe-Taxの確定申告体験を行う古江(左)(撮影・前田充)
自身のスマホを使いe-Taxの確定申告体験を終えインタビューに答える古江(撮影・前田充)

関連するニュースを読む

時松隆光新会長が初仕事 癌研究基金へ80万円寄贈

選手会の時松隆光会長(左)は、高松宮妃癌研究基金の関谷剛男理事長に目録を手渡した

日本ゴルフツアー選手会の新会長に就任したプロゴルフの時松隆光(26=筑紫ケ丘GC)が29日、都内の高松宮妃癌研究基金を訪れ、チャリティー金として80万円を寄贈した。1994年から毎年行われているもので、今月23日に会長に選出されたばかりの時松にとっては初仕事。同基金の関谷剛男理事長(80)に目録を手渡した。

寄贈された80万円は、昨年の大会会場でのグッズ売り上げの一部。日本ゴルフツアー選手会と日本ゴルフツアー機構はこれまでに、1億8189万8779円を同基金に寄贈している。この日午前8時発の飛行機で福岡から訪れた時松は「今後の明るい未来のために使っていただければ。今までは自分のゴルフのことだけを考え、この時期も練習に時間を割くことができた。これからは限られた時間の中で練習しないといけないし、こういった行事にも出ていきたい。去年まではなかったことなので多少は(会長に就任したと)感じている」と話した。

関連するニュースを読む

稲見萌寧をベンツがサポート エンブレムにご機嫌

メルセデスベンツとサポート契約を結んだ稲見萌寧は、左腕の同社のエンブレムを指さしニッコリ。人さし指の爪にも、同じエンブレムが

プロゴルファーの稲見萌寧(いなみ・もね、20=都築電気)が29日、新たにメルセデスベンツのサポート選手となり、東京オリンピック(五輪)への思いをより強くした。

稲見は都内で行われたメルセデスベンツ社のイベントに参加。新たなサポート選手として紹介されると「サポート選手の一員として東京五輪の出場を目指していきたい」と決意を語った。今季は移動の際に同社の高級外車の提供を受けるという。「メルセデスのマークがついているだけで、一流選手、カッコいい選手のイメージがある」と、左肩に同社のエンブレムが付いたゴルフウエアを着て、両手の爪にもエンブレムをペイントしてご機嫌だった。

開幕に向け、来月6日から沖縄合宿に出発。今季開幕戦は、渋野日向子(21=RSK山陽放送)も出場する米ツアーのホンダLPGAタイ(2月20日開幕)への推薦出場が決定。「五輪出場へ世界ランキングが上がるよう、毎試合優勝をねらって、ポイントを上げていきたい」と決意を語った。

関連するニュースを読む

畑岡上昇4位、渋野は変わらず11位 世界ランク

渋野日向子

女子ゴルフの27日付最新世界ランキングが発表され、米ツアーで2週連続2位の畑岡奈紗が4位へと順位を1つ上げた。渋野日向子は11位で変わらず、鈴木愛は前週15位から14位へと上がった。これに続く日本勢は、稲見萌寧が57位(前週54位)、河本結が59位(同60位)だった。1位の高真栄、2位の朴城ヒョン(ともに韓国)、3位のネリー・コルダ(米国)に変動はなかった。

関連するニュースを読む

河本結8位デビューも…スロープレーで罰金55万円

河本結(2019年9月21日撮影)

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇最終日◇26日(日本時間27日)◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

米ツアーデビュー戦で8位に入った河本結(21=リコー)が、いきなりの洗礼を受けた。

16位から出て4バーディー、1ボギーの69で回り通算9アンダー。トップ10入りを果たし、賞金約4万5500ドル(約500万円)を稼いだ。だが、最終ラウンドのアテスト終了後、2ホールでプレーが遅かったとして5000ドル(約55万円)の罰金が科せられた。

河本は自身のインスタグラムを更新。「プレーペースの警告から知らぬ間に計測されていて」「非常にお高いプレーペースレッスン料でした」「その珍事件で心死んだけど今はもう生き返った」(原文まま)などとつづった。

それでも憧れのアメリカの地でいきなりのトップ10入り。前週までの世界ランクは日本勢5番手となる60位だが、今大会の結果で上昇するのは確実となった。

河本は「夢だったこの世界の舞台でプレーできていること、素直にうれしかったです。やっぱり急に心細くなって、不安になったり、失敗したらどうしようとか、私のゴルフで大丈夫かとか、いろんなことが頭の中をよぎって。でも、いざ試合を迎えると、不安や緊張はなくなり、全てが新鮮でわくわくドキドキが止まらなかった」などと記した。

次戦のISPS HANDAヴィックオープン(2月6~9日、オーストラリア)にも出場する予定だ。

関連するニュースを読む

松山英樹45位「ずっと苦しいラウンドだった」

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇最終日◇26日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGC(パー72)

最終ラウンドが行われ、71で回った松山英樹は通算3アンダー、285で45位だった。

7位から65と伸ばしたマーク・リーシュマン(オーストラリア)が通算15アンダーで今季ツアー初優勝、通算5勝目を挙げ賞金135万ドル(約1億4700万円)を獲得した。ジョン・ラーム(スペイン)が1打差の2位。今年初戦のタイガー・ウッズ(米国)は9アンダーで9位だった。

71とアンダーパーで回った松山だが、出入りが激しく「ずっと苦しいラウンドだった」と表情を曇らせた。

前半3バーディーを先行させながら「あまりいい感じじゃなかった」と、ラウンド中はスイングチェックを繰り返した。後半はボギーの後の6番(パー5)でチップインイーグルを奪ったが、7番(パー4)でティーショットを右に曲げダブルボギーと、最後まで波には乗れなかった。

会心の手応えだったという最終9番の1打目を「あのドライバー(ショットは)救い」と表現した。次戦は2016、17年に連覇したフェニックス・オープン。「得意な大会だから、しっかり初日から伸ばしていきたい」と前を向いた。(共同)

関連するニュースを読む

河本結 大逆転五輪へ米ツアーデビュー戦8位

河本結

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇最終日◇26日(日本時間27日未明)◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

黄金世代の河本結(21=リコー)が、米ツアーデビュー戦で8位に入った。

16位から出て4バーディー、1ボギーの69で回り通算9アンダー。初参戦で、いきなりのトップ10入りを果たした。

前週までの世界ランクは日本勢5番手となる60位だが、今大会の結果で上昇するのは確実。6月末時点での同ランクに応じて決まる大逆転での東京オリンピック(五輪)出場へ、好スタートを切った。

次戦のISPS HANDAヴィックオープン(2月6~9日、オーストラリア)にも出場する予定だ。

関連するニュースを読む

畑岡奈紗Vスルリ一時単独首位も18番で痛恨ボギー

畑岡奈紗(2019年9月28日撮影)

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇最終日◇26日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

開幕から2週連続で優勝争いを繰り広げた畑岡奈紗(21)が、最終18番パー4で痛恨のボギーをたたいて通算16アンダーでV逸した。

2位から出て前半に3つスコアを伸ばし、一時は単独首位に浮上。後半の10番パー5でボギーを打ったものの、16番パー5でバーディーを奪って再び単独首位に立った。

マデレーネ・サグストロム(スウェーデン)に同17アンダーで並ばれて迎えた最終ホール。畑岡は長いバーディーパットをピンそば約1メートルに寄せたものの、返しを決められずに痛いボギー。サグストロムはパーで上がり、畑岡は惜しくも優勝を譲って2位となった。

過去2年間の優勝者だけが出場できる前週のダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ(フロリダ州)でも、2日間にわたるプレーオフの末にV逸して2位。2週連続で悔しい結末になった。

前週終了後の世界ランクは日本勢トップの5位。東京五輪での金メダル獲得へ、今後の糧になる優勝争いになりそうだ。

米ツアー初参戦の河本結は同9アンダーの8位、横峯さくらは同5オーバーの63位だった。

関連するニュースを読む

松山50位に後退「優勝するためには最低な結果」

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇第3日◇25日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGC(パー72)

霧のため2時間遅れで第3ラウンドが行われ、17位で出た松山英樹は3バーディー、5ボギーの74と振るわず通算2アンダーで50位に後退した。首位とは10打差。

65をマークしたジョン・ラーム(スペイン)が通算12アンダーでトップ、1打差の2位にライアン・パーマー(米国)、3位は9アンダーでロリー・マキロイ(英国)ら4人がつけた。69のタイガー・ウッズ(米国)は7アンダーで14位。

◆松山英樹の話 優勝するためには最低な結果になった。中盤でバーディーが2つ来て、いい流れになるかなと思ったけど、11、12番のボギーで手放してしまった。いろいろと考え過ぎている。もうちょっとシンプルに考えて、最終日は切り替えてやりたい。

関連するニュースを読む

河本結「ムカッとがパワーに」トップ10内に2打差

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第3日◇25日(日本時間26日未明)◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

黄金世代の河本結(21=リコー)が、米ツアー初挑戦でのトップ10入りを視界に捉えた。

19位から出て6バーディー、3ボギーの69で回り、通算6アンダーの16位に浮上。首位とは9打差あるが、トップ10圏内の8位とはわずか2打差だ。

前半を2バーディー、2ボギーで折り返すと、後半は10番、15番でバーディーを奪ってスコアを伸ばした。だが16番パー5でボギーをたたくと、そこでスイッチが入った。

試合後、自身のインスタグラムに「16Hのパー5、スリーパットしてムカッとした。イラッとしてない。そのムカッとがパワーに変わったのかな(原文まま)」と記した。

すると、続く17番パー3、18番パー4で2連続バーディーを挙げてフィニッシュ。いつもの強気な姿勢で、上位争いに食らいついた。

現在、世界ランクは日本勢5番手となる60位。逆転での東京五輪出場権獲得を目指して、海を渡る決断をした。

まだ、英語は話せない。国内ツアーではいつも帯同している母美由紀さんも、日本に残った。孤独な戦いだが、河本には大きな夢がある。「五輪に出て世界一になりたい」-。残り1日。真っすぐに夢を追い続ける21歳は、まずは米デビュー戦で1ケタ順位を目指す。

関連するニュースを読む

畑岡「自分らしいゴルフをして20アンダー目指す」

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第3日◇25日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

第3ラウンドが行われ、3位スタートの畑岡奈紗は6バーディー、1ボギーの67で通算13アンダーと伸ばし、203で首位と2打差の2位に浮上した。

米ツアーデビュー戦の河本結は69で通算6アンダーとし、19位から16位へ上げた。横峯さくらはイーブンパーの49位と後退した。

マデレーネ・サグストロム(スウェーデン)が通算15アンダーで首位を守った。

◆畑岡奈紗の話 出だしの取りたい(1番の)パー5でボギーだったが、その後切り替えてできた。もう少しティーショットを安定させたい。自分らしいゴルフをして、20アンダーを目指して頑張りたい。

◆河本結の話 (2位の)初日ほどチャンスが多くなかったので、流れを待とうと前半は耐えていた。(最終日は)やっぱりトップ10に入りたい。楽しくラウンドできればいい。

◆横峯さくらの話 1番でダブルボギーを打ってから流れがすごく悪かった。試合に入る前の練習がすごく下手なのかなと感じる。1番からできないうちはやっぱり上位に行けない。

(共同)

関連するニュースを読む

畑岡2打差2位浮上 3連続含む6バーディーでV圏

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第3日◇25日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

3位で出た畑岡奈紗(21)が67で回り、通算13アンダーの203で、2位に浮上した。1番パー5でボギーを打ったものの、その後は3連続を含む6バーディーを挙げた。

首位は同15アンダーのマデレーネ・サグストロム(スウェーデン)。畑岡は首位と2打差で、最終日に逆転優勝の可能性を残した。

現在、世界ランクは日本勢トップの5位。6月末の同ランクで決まる東京オリンピック(五輪)出場と、メダル獲得へ、年明けから好調を維持している。

米ツアー初参戦で、畑岡と同じ黄金世代の河本結(21)は19位から出て6バーディー、3ボギーの69で回り同6アンダーの16位浮上。首位とは9打差あるが、トップ10圏内の8位とは2打差。河本は世界ランク日本勢5番手の60位。逆転での五輪出場権獲得へ、デビュー戦から上位フィニッシュへの望みをつないだ。

横峯さくら(34)は49位。

関連するニュースを読む

河本結「奈紗はさすがだな」64でV争い参戦に脱帽

河本結

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第2日◇24日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

畑岡奈紗(21)が2週連続で優勝争いに加わった。8バーディー、ボギーなしの64と伸ばし、通算8アンダーの136で27位から首位と2打差の3位に浮上した。9番から後半の12番にかけて、4連続バーディーを奪い、勢いに乗った。2位から出た河本結(21=リコー)は73で通算3アンダーの19位に下がった。62をマークしたマデレーネ・サグストロム(スウェーデン)が通算10アンダーで首位に立った。

   ◇   ◇   ◇

米ツアーデビュー戦でリーダーボード上位にあった河本の名前は、猛チャージした畑岡に取って代わられた。4バーディー、5ボギーで後退した河本に対し、畑岡はボギーなしで8バーディーを奪った。高校時代から親交のある同じ21歳だが、米ツアーでは先輩。「奈紗はさすがだな」と脱帽した。

畑岡は前戦のダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズで月曜までの2日間、通算7ホールにわたったプレーオフで、左に池が広がるホールを繰り返したことでショットに狂いが生じていたという。第1日に気づいて修正。本来の精度を取り戻すと、9番からの4連続バーディーなどスコアに結びつけた。「ショットも安定して、いいパットもたくさんあった」と納得の表情で話した。

対照的に、河本は短いパットで精彩を欠いた。「短くなるほどどっちに切れるのか分からず、すごく読みづらい」と自信を持てず、決めきれない。「少しでも(畑岡に)追い付きたいと思っていたが、ああいうふうに外しているうちは駄目」と反省した。予選通過の喜びもそこそこに、ラウンド後は日が沈むまで練習を続ける姿があった。

世界ランキングは畑岡が5位で、河本は日本勢5番目の60位。河本は滑り込みでのオリンピック(五輪)出場権獲得に向け、今年から米ツアー本格参戦を決めた。同世代の挑戦を、畑岡は「たくさん増えればいい」と歓迎する。日本ツアーを席巻する“黄金世代”の切磋琢磨(せっさたくま)が、異国でも始まった。

◆ゴルフの東京五輪女子出場資格 60人が出場でき、6月29日時点で国際ゴルフ連盟が定めた五輪ランキング(世界ランキングをもとに算出)上位15人が自動的に出場権を得る。15人の中では各国最大4人が出場できる。15位以内に1人しか入っていない国は、16位以下の上位1人が出場できる。15位以内に入っていない国は、16位以下の最大2人までが出場可能。その他、5大陸ごとに各1人の出場枠がある。日本勢は13日発表の世界ランクで15位以内に畑岡、渋野、鈴木の3選手がいるため、現時点では3人が出場可能。

畑岡奈紗(2019年9月28日撮影)

関連するニュースを読む

河本結19位予選突破「パットてろんてろん外した」

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第2日◇24日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

米ツアーデビュー戦で2位発進した河本結(21=リコー)は、第2ラウンド(R)で19位に後退した。

首位と2打差2位から出て4バーディー、5ボギーの73。1つスコアを落として通算3アンダーとした。

それでもデビュー戦で堂々のプレーを繰り広げ、予選を突破。残り2日で上位争いも可能な位置につけている。

河本は自身のインスタグラムに「今日は風なし。ティーグラウンドも前にでてるホールが多くて、昨日よりスコア作りやすい環境だったのに。1・5メートル以内のパットをてろんてろん4回外し、流れに乗りきれずって感じ。でも今日イライラなし、たのしかった(原文まま)」と書き込んだ。

高校時代から親好のある同学年の畑岡奈紗が3位に急浮上したことには「なっさ-(畑岡)が流石(さすが)すぎてかっこよすぎる…」と記した。

首位は62で回り、同10アンダーのM・サグストロム(スウェーデン)。

横峯さくらは34位で決勝Rに進んだ。

上原彩子は82位で予選落ちした。

関連するニュースを読む

松山「入ってびっくり」イーグル発進で67マーク

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇第2日◇24日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGCの2コース(パー72)

松山英樹は目標に掲げた67をマークし、順位を一気に17位まで上げた。

出だしの10番(パー5)でバンカー越えの第3打がカップに吸い込まれ、「入ってびっくり」というイーグル発進に笑みがこぼれた。前半はさらに3つ伸ばし、初日に不満だったアイアンショットも「少しは良くなった」と手応えをつかんだ様子だ。

後半はパットに苦しみ、2番は3パットのボギー。5、6番では2メートル前後のチャンスを逃した。「後半になるとミスが出てくる。自信を持って打てなくなった」と渋い顔だが、トップとは6打差。「いいプレーができればチャンスはある」と強気に話した。(共同)

関連するニュースを読む

川村6打差18位、今平は予選落ち 欧州ツアー

<欧州男子ゴルフ:ドバイ・デザート・クラシック>◇第2日◇24日◇UAE・ドバイ、エミレーツGC(パー72)

第2ラウンドが行われ、3位で出た川村昌弘は73で回り通算2アンダーで首位と6打差の18位となった。

日本ツアー賞金王の今平周吾は11オーバーで予選落ちした。(共同)

関連するニュースを読む

松山17位浮上「もっと伸ばせる。チャンスある」

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇第2日◇24日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGCの2コース(パー72)

第2ラウンドが行われ、87位で出た松山英樹は1イーグル、4バーディー、1ボギーで67と伸ばし通算4アンダー、140の17位に浮上した。71だったタイガー・ウッズ(米国)も17位で、首位とは6打差。

62をマークしたライアン・パーマー(米国)が通算10アンダーでトップ。75の小平智は4オーバーで予選落ちした。

◆松山英樹の話 もう少しアイアンショットを調整できたらもっと伸ばせる。3日目にいいプレーができれば(優勝の)チャンスがあると思う。

◆小平智の話 ゴルフは悪くなかったが、バーディーが取れず苦しかった。バンカーやアプローチで成長を感じたが、距離が長く、スコアをつくるのが難しかった(共同)

関連するニュースを読む

上原彩子「残念なところはあった」開幕戦は予選落ち

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第2日◇24日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

上原彩子のシーズン初戦は予選落ちだった。

4オーバーの82位から「ボギーはもちろん打てないし、バーディーが必要」と巻き返しを図ったが、バーディーは1つだけ。穏やかな天候で伸ばす選手が多い中、順位は上げられなかった。

パット数は第1日が30、第2日は33を数え、チャンスをつくっても生かせず「残念なところはあった」。36歳で迎えた米ツアー8季目は悔しい滑り出しとなった。(共同)

関連するニュースを読む

畑岡奈紗が2打差3位に急浮上 2週連続でV争いへ

畑岡奈紗(19年9月撮影)

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第2日◇24日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

世界ランク日本勢トップ5位の畑岡奈紗(21)が、2週連続で優勝争いに加わった。

8バーディー、ボギーなしの64で回り、通算8アンダーとした。9番から後半の12番にかけて、4連続バーディー。これで勢いに乗った。27位から出て一気に3位に急浮上。首位サグストロム(スウェーデン)とは2打差に迫った。

過去2年間の優勝者だけが出場できる前週のダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ(フロリダ州)では、2日間にわたるプレーオフの末にV逸して2位。東京五輪でのメダル獲得が期待される畑岡は、開幕から好調をキープしている。

今大会は高校時代から親好のある同世代の河本結が参戦し、ともに予選を突破した。

残り2ラウンド。今季初優勝を飾り、半年後に迫った五輪へ勢いを加速する。

関連するニュースを読む

鈴木愛が五輪へ向け米合宿に出発「まずはメダル」

米アリゾナでの合宿へ向け、成田空港から米国へ出発した鈴木愛

昨年賞金女王の鈴木愛(25=セールスフォース)が23日、米アリゾナ合宿へ成田空港発の便で旅立った。東京オリンピック(五輪)出場へ向け、アリゾナ州フェニックスで約3週間の合宿を行う。「今年は1年間保つ体力をつけることが目標。持続性を保つため、より細かくやりたい」と抱負を語った。

フェニックスではゴルフ練習場に隣接した4LDKのコンドミニアムを借り、そこで自炊生活をしながら練習に取り組む。3週間で7~8回のラウンドを予定、その間は練習場でパッティングの練習。さらに近くのトレッキングコースで、傾斜30度もあるという山登りも組み込んだ。最初の1週間はスタッフも家族もおらず、たった1人で過ごす。「1人だからこそメンタルが鍛えられる」と技術とともに精神力強化にも力を入れる。

東京五輪については「最初から金メダルといって取れるほど甘くない。まずはメダル」とあらためて誓った。

鈴木は2月中旬に米国から帰国。3月5日開幕の国内開幕戦ダイキンオーキッド・レディース(沖縄)に向け、国内で最終調整する。【桝田朗】

関連するニュースを読む

アマ1位の西村優菜がJOINT ONEと契約

西村優菜(19年8月撮影)

人気女子プロゴルファーの青木瀬令奈、横峯さくららが所属する株式会社JOINT ONE(福岡市南区)が24日、西村優菜(19)とマネジメント契約を結んだ。

西村は5歳からクラブを握ると、幼少期から抜群のセンスを発揮。2017年からはナショナルチームに

加入し、日本アマでトップ3に入った。

小柄ながら安定感のあるショットと精度のいいパットを武器に、昨年はリバースデールカップで優勝。アマチュアランキングで1位となった。推薦出場したプロツアーではトップ10に2回も入った。今季はツアーの前半戦出場権を得ており、初優勝を目指していく。

関連するニュースを読む

松山「自分でもびっくりした」ドライバーに手応え

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇第1日◇23日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGCの2コース(パー72)

来年の全米オープン選手権開催に向けて改造され、難度が増したサウスコースで松山英樹はボギーが先行。それでもドライバーショットは「自分でもびっくりした」という出来の良さで、暗さはなかった。

1番の1打目からフェアウエー中央を捉えた。2打目以降は不満げな反応を示す場面もしばしばで4番、7番とボギー。中盤に挽回したものの後半はピンに絡むショットを打てなかった。

フェアウエーを外したのは4度にとどまり「やっぱりティーショットは大事。他が悪くてもこれくらいで終わる」と松山。昨年3位の大会で出遅れたが「5、6アンダーを出せれば週末おもしろくなる」と第2日へ自信をのぞかせた。(共同)

関連するニュースを読む

ウッズ初ラウンド「60台のスコアは悪くない」

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇第1日◇23日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGCの2コース(パー72)

昨年末に44歳となったタイガー・ウッズ(米国)の今年初ラウンドは69。比較的易しいノースコースで5バーディー、2ボギーと伸ばし「久しぶりの試合でアドレナリンが出た。60台のスコアは悪くない」と評価した。

ツアー史上最多タイの82勝のうち、8勝を挙げた得意コース。序盤はショットが乱れてボギーが先行したが、後半は3バーディーと立て直した。最終9番はグリーン手前から1メートルに寄せて伸ばし、大勢のファンを喜ばせた。「少しフェアウエーを外したが、思ったように打てている」と、新しくしたドライバーの感触も上々のようだった。(共同)

関連するニュースを読む

渋野 一日税務署長「億超えちゃってますんで…」

故郷の岡山で一日税務署長を務めた渋野日向子。ゆるキャラのイータ君(左)とマイナ君にはさまれ、笑顔を見せる(撮影・加藤裕一)

女子プロゴルファー渋野日向子(21=RSK山陽放送)が24日、地元・岡山市の岡山東税務署で一日税務署長を務めた。さらに便利になったというスマホを使ったネット利用のe-TAXで、模擬の確定申告に挑戦。「思ったよりすごく簡単で、いろんな人が使えると思います」と感想を語った。確定申告はネット利用ではすでに始まっており、窓口受付は2月17日から3月16日までとなる。

渋野自身は昨年に続く、2度目の確定申告。「昨年は1人で頑張って手書きしましたけど、ツアー1年目でまさかこんなになるとは思わず…。(所得が)億超えちゃってますんで、税理士さんと一緒に頑張ってます」と書類作成に奮闘中だ。昨年は賞金だけで全英女子オープン優勝、国内ツアー競技で2億2000万円超を稼いだ。今年も「昨年ほどは無理でも、賞金女王争いはしたいので、賞金で1億は絶対に超えていきたい」と意欲を見せた。

高額納税のため? の戦いまで1カ月を切った。また東京オリンピック(五輪)開幕まで、この日でちょうど半年となった。初戦は2月20日開幕の米ツアー・ホンダLPGAタイランド。同じ黄金世代の河本結が同ツアーのゲインブリッジLPGAで暫定2位スタートを決めた。「ネットで見ました。最初からすごいと思うけど、結ちゃんはガンガン行くので予想はしていました。かなり刺激になります」。オフの表彰式、一日署長などの仕事はこの日で終了。渋野がいよいよ戦闘モードに突入する。

故郷の岡山で一日税務署長を務めた渋野日向子。ゆるキャラ「イータ君」の肌触りを確かめ、笑顔を見せる(撮影・加藤裕一)
故郷の岡山で一日税務署長を務めた渋野日向子(撮影・加藤裕一)
故郷の岡山で一日税務署長を務めた渋野日向子。スマホを使った模擬申告に挑戦する(撮影・加藤裕一)
故郷の岡山で一日税務署長を務めた渋野日向子(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

34歳横峯好スタート「今年こそは勝ちたい」と気合

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第1日◇23日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

横峯さくらが米ツアー参戦6年目の初戦で好スタート。

苦手とする風の中で「ミスも少なかったし、ロングパットも3パットをせずにできたので良かった」と3バーディー、1ボギーにまとめた。

新調したクラブは「しっかり距離も出てくれたし、トラブルというトラブルがなかった」と上々の手応えだ。34歳のベテランは「今年こそは勝ちたい」と気合を込めた。(共同)

関連するニュースを読む

松山と小平ともに73 首位と7打差87位と出遅れ

<米男子ゴルフ:ファーマーズインシュアランス・オープン>◇第1日◇23日◇カリフォルニア州ラホヤ、トーリーパインズGCの2コース(パー72)

第1ラウンドが行われ、松山英樹は2バーディー、3ボギーで、小平智とともに73の87位と出遅れた。トップと7打差。

キーガン・ブラッドリー(米国)とセバスティアン・カペレン(デンマーク)が66で首位に立った。今年初戦のタイガー・ウッズ(米国)は69で21位。(共同)

関連するニュースを読む

デビュー戦の河本結、68で暫定2打差2位発進

<米女子ゴルフ:ゲインブリッジLPGA>◇第1日◇23日◇米フロリダ州ボカラトン、ボカリオGC(パー72)

第1ラウンドが行われ、米ツアーデビュー戦の河本結が5バーディー、1ボギーの68で暫定2位につけた。66のジェシカ・コルダ(米国)が単独トップ。日没で12選手が終えられなかった。

70で回った横峯さくらが暫定8位、前週の開幕戦2位の畑岡奈紗は72で27位、76の上原彩子は83位と出遅れた。

◆河本結の話 初めてだったので最初はちょっとあたふたしたが、いいラウンドができた。(緊張は)びっくりするくらいなかった。本当にわくわく、どきどきしていて終始楽しかった。

◆横峯さくらの話 タフなコースを2アンダーで回れたのはすごく良かった。第2日もイーブンパーを目標にできればいい。今年こそは勝ちたい。

◆上原彩子の話 グリーンになかなか乗らなかったので厳しいラウンドという感じ。スコアをつくれないまま終わった。我慢強く自分の課題と向き合っていきたい。(共同)

関連するニュースを読む

河本結、米デビュー戦へ「まずは予選を通りたい」

19年6月、アース・モンダミン・カップでティーショットを放つ河本結

23日に開幕する米女子ゴルフの第2戦、ゲインブリッジLPGAに備え、前週の開幕戦で2位に入った畑岡奈紗(21=フリー)らが22日、米フロリダ州ボカラトンの大会会場で調整した。

畑岡は過去2季の優勝者だけで争われた開幕戦では、7ホールのプレーオフの末に敗れたが「オフに取り組んできたことが試合でも少しできた。プラスの部分が大きい」との手応えを得た。畑岡と同じ21歳で、今季から米ツアーに参戦する河本結はデビュー戦となる。「結果もそうだが、まずは予選を通りたい」と目標を掲げた。横峯さくら、上原彩子のベテラン勢も初戦を迎える。

19年9月、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯でティーショットを放つ畑岡奈紗

関連するニュースを読む