日刊スポーツ

羽生結弦SP3位「1面に悔しいと書かれるのは嫌」

羽生結弦SP3位「1面に悔しいと書かれるのは嫌」

SPを終え渋い表情の羽生(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子SP(ショートプログラム)

右足首故障からの復活優勝を狙う羽生結弦(24=ANA)が、今季自己最低の94・87点の3位発進とつまずいた。冒頭に予定した4回転サルコーが2回転となるミスが響き、点数が伸び悩んだ。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯以来124日ぶりの試合となり、23日のフリーで2年ぶり3度目の世界一を目指す。過去2度の優勝はいずれもフリーで逆転している。

正直な気持ちを吐き出した。羽生は「久しぶりに頭が真っ白になりましたね」。ミックスゾーンで少し困惑した表情を浮かべた。

1万8000人の期待を一身に浴びた。冒頭の4回転サルコー。跳んだ瞬間にほどけて2回転になり、会場は一斉にため息に包まれた。その後はノーミスでまとめたが、4回転サルコーが2回転と判定されて0点となり点数が伸びなかった。

久しぶりの国内戦だったからこそ力みが出た。実戦はロシア杯以来124日ぶりだが、国内戦ともなれば17年4月21日の国別対抗戦(東京)のフリー以来、実に699日ぶりだった。それゆえの大歓声。「ちょっときばりすぎた。声援を受け止めたい気持ちがあった」と空回りした。演技前の6分間練習でも、1度だけ4回転サルコーをミス。「サルコーはウオームアップしなくても跳べるようなジャンプ。それを信じ切ればよかった」と考えすぎてしまった。

出遅れはしたが、焦りはない。報道陣とのやりとりでは「めちゃくちゃ悔しい…。でも1面に『悔しい』って書かれるのは嫌。でも『頭真っ白』が1面になるのか。書かないで下さいね」とちゃめっ気たっぷりに話すなど気持ちに余裕があった。その後の会見でも「もっと自信を持って、もっと王者らしくいないとダメだなと思った」とどっしりと構えた。

何度も困難を乗り越えてきたからこそ自信がある。14、17年の世界選手権はフリーで逆転。右足首を負傷した昨年ロシア杯も、痛み止めを飲んだ強行出場でGP連勝を達成した。「こういう時の対処法は知っている。経験をフリーに生かす」。逆転の道筋は、すでに頭の中にある。【佐々木隆史】

◆羽生の右足首負傷 18年11月のGPロシア杯の練習中に4回転ループの着氷で右足首を負傷。「右足関節外側靱帯(じんたい)損傷、三角靱帯損傷、右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷。3週間の安静固定、その後リハビリ加療に約1カ月を要する」と診断された。同年12月のGPファイナルと全日本選手権を欠場。17年11月のNHK杯でも練習中に同じ箇所を負傷していた。

男子SP上位成績
羽生の世界選手権の成績
羽生の今季成績と日程
SPの演技を終え、下を向く羽生(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

男子フリー、SP3位羽生22番、6位宇野20番目

世界選手権日程

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子SP(ショートプログラム)

男子SP後に上位24人によるフリーの滑走順抽選が行われ、3位の羽生結弦(24=ANA)は22番、6位の宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は20番でいずれも最終組に入った。

19位の田中は第1組の2番目に演技する。最終組で首位のチェンが23番、2位のブラウン(米国)が最終24番目に滑る。

関連するニュースを読む

宇野、逆転Vへ「いさぎよく逃げ」SP6位発進

SPのジャンプで転倒する宇野(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子SP(ショートプログラム)

宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が首位と16点差の6位と出遅れた。

冒頭の4回転フリップで転倒し、優勝にこだわるからこそ「いさぎよく逃げた」と4回転-3回転の連続トーループの後半を2回転にした。SPの6位はシニアデビュー戦だった15年USインターナショナルクラシックの9位に次ぐ、低い順位。フリーでの巻き返しへ「無難な演技をしても勝てる試合じゃない。点数的にも不可能。攻めるという気持ちは絶対に必要」と吹っ切れた。

世界選手権日程

関連するニュースを読む

葛西紀明「50歳まで頑張ろうと」イチロー引退

ソチ五輪ジャンプ男子ラージヒルで銀メダルの葛西(2014年2月16日撮影)

ノルディックスキーのジャンプ男子で46歳の葛西紀明(土屋ホーム)は、イチローが第一線を退くことに「本当ですか」と驚きを隠せなかった。面識はないそうだが、しんみりした表情で「同じ世代なので、ずっと彼の活躍も見てきた。競技は違えど、刺激はあった」と語った。

41歳で迎えたソチ冬季五輪ラージヒルで銀メダルを獲得するなど長く活躍する「レジェンド」は「50歳まで頑張ろうという気持ちになれたのは彼もいたから」と影響を受けていたことを明かした。

関連するニュースを読む

羽生のジャンプのミス 負傷の影響でない/小塚崇彦

SPで華麗に滑る羽生(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリ

右足首故障からの復活優勝を狙う羽生結弦(24=ANA)が、今季自己最低の94・87点の3位発進とつまずいた。

冒頭に予定した4回転サルコーが2回転となるミスが響き、点数が伸び悩んだ。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯以来124日ぶりの試合となり、23日のフリーで2年ぶり3度目の世界一を目指す。過去2度の優勝はいずれもフリーで逆転している。

◇ ◇ ◇

羽生選手はフリーに向けて気合の入るシチュエーションになった。ここぞという時に合わせるのが従来のパターンだが、明後日のフリーに期待だ。演技終盤のステップシークエンスでは、120%の力が出ていて、悔しさが如実に現れていたように感じた。ジャンプのミスは右足首の負傷の影響ではなく、跳ぶ瞬間に右肩が下がったからだ。

宇野選手は4大陸選手権で、どのような気持ちでいかないと、勝利をつかめないかを学んだと思う。首位からは少し遠のいているが、スポーツである以上、まだまだ諦めることなく、22日の中日をうまく使って気持ちを切り替えて欲しい。

首位のチェン選手は、素晴らしい演技だった。ジャンプだけではなく、始まった瞬間から最後のポーズを取るまで思わず、魅入ってしまうような演技だった。またレベルや出来栄え点も、きっちりと取れており、唯一の100点超えとなった。(10年バンクーバー五輪代表、11年世界選手権銀メダリスト)

男子SPで演技する羽生(撮影・山崎安昭)
男子SPでジャンプが回転不足となる羽生(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

羽生結弦「きばりすぎた」大歓声受けて気持ち空回り

SP後の記者会見に臨む羽生(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

右足首故障からの復活優勝を狙う羽生結弦(24=ANA)が、今季自己最低の94・87点の3位発進とつまずいた。

冒頭に予定した4回転サルコーが2回転となるミスが響き、点数が伸び悩んだ。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯以来124日ぶりの試合となり、23日のフリーで2年ぶり3度目の世界一を目指す。過去2度の優勝はいずれもフリーで逆転している。

   ◇   ◇   ◇

正直な気持ちを吐き出した。羽生は「久しぶりに頭が真っ白になりましたね」。ミックスゾーンで少し困惑した表情を浮かべた。

1万8000人の期待を一身に浴びた。冒頭の4回転サルコー。跳んだ瞬間にほどけて2回転になり、会場は一斉にため息に包まれた。その後はノーミスでまとめたが、4回転サルコーが2回転と判定されて0点となり点数が伸びなかった。

久しぶりの国内戦だったからこそ力みが出た。実戦はロシア杯以来124日ぶりだが、国内戦ともなれば17年4月21日の国別対抗戦(東京)のフリー以来、実に699日ぶりだった。それゆえの大歓声。「ちょっときばりすぎた。声援を受け止めたい気持ちがあった」と空回りした。演技前の6分間練習でも、1度だけ4回転サルコーをミス。「サルコーはウオームアップしなくても跳べるようなジャンプ。それを信じ切ればよかった」と考えすぎてしまった。

出遅れはしたが、焦りはない。報道陣とのやりとりでは「めちゃくちゃ悔しい…。でも1面に『悔しい』って書かれるのは嫌。でも『頭真っ白』が1面になるのか。書かないで下さいね」とちゃめっ気たっぷりに話すなど気持ちに余裕があった。その後の会見でも「もっと自信を持って、もっと王者らしくいないとダメだなと思った」とどっしりと構えた。

何度も困難を乗り越えてきたからこそ自信がある。14、17年の世界選手権はフリーで逆転。右足首を負傷した昨年ロシア杯も、痛み止めを飲んだ強行出場でGP連勝を達成した。「こういう時の対処法は知っている。経験をフリーに生かす」。逆転の道筋は、すでに頭の中にある。【佐々木隆史】

◆羽生の右足首負傷

18年11月のGPロシア杯の練習中に4回転ループの着氷で右足首を負傷。「右足関節外側靱帯(じんたい)損傷、三角靱帯損傷、右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷。3週間の安静固定、その後リハビリ加療に約1カ月を要する」と診断された。同年12月のGPファイナルと全日本選手権を欠場。17年11月のNHK杯でも練習中に同じ箇所を負傷していた。

SP後の記者会見に臨む羽生(撮影・鈴木みどり)
6分間練習で転倒する羽生(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

国士舘が2年連続10度目V 斉藤が大将対決制す

男子団体決勝で大牟田の石本(右)を一本勝ちで破って優勝を決めた国士舘の斉藤(撮影・丹羽敏通)

<柔道:第41回全国高校選手権>◇最終日◇21日◇男女団体◇東京・日本武道館◇日刊スポーツ新聞社後援

男子は東京・国士舘が決勝で福岡・大牟田を下し、2年連続10度目の優勝を果たした。5人制の勝ち抜き戦で、五輪2連覇の故斉藤仁氏の次男、立(たつる、2年)が「大将対決」を制して優勝を決めた。

身長190センチ、体重160キロの大器が躍動した。1-1で迎えた大将対決。斉藤は今月上旬に負傷した左手首にテーピングを巻いて、痛みも気にせず果敢に攻め続けた。大牟田の石本慎太郎(1年)に対して、組み手で圧をかけ、徐々に斉藤ペースに持ち込んだ。試合開始2分25秒、鋭い内股で石本を押しつぶして圧巻の一本勝ち。「アドレナリン全開で絶対に勝つという気持ちしかなかった。畳に上がれば痛みも関係ないし、これ以上ない最高の状態で臨めた」と、興奮気味に振り返った。

10日の全日本選手権(4月29日、日本武道館)東京都予選では、最年少で本戦の出場権を得ると、手首の悪化を懸念して準々決勝を棄権した。その後の稽古は乱取りすら出来ない状態で、今大会の出場も迷ったが目標の「団体3冠」を達成するために強行出場した。仲間には「(大将の)斉藤まで回さない」と言われ、自身の気持ちも奮い立った。

昨秋から取り組んでいる「食事改革」も心身の成長につながった。成長期で食欲旺盛のため「食べ過ぎ」を課題とし、体重管理を意識するようになった。夕飯の食事量を減らしたり、間食をしないように心掛けた。ただ、試合前日だけは「しっかり食べる」と決め、20日夜は弁当店「ほっともっと」で弁当3つを購入。胃もたれするため揚げ物は控えていたが、なぜか、ロースカツ丼大盛りとダブル焼き肉弁当大盛り、肉野菜炒め弁当大盛りを食した。試合後、記者から「ロースカツ丼は揚げ物では?」と問われると、「あ!? そうか、揚げ物だ…。やらかした」と頭を抱えた。

1カ月後には初の全日本選手権が迫る。出場するからには「優勝」を目指し、「上位に入れば東京五輪代表の可能性もあると思う。まだ諦めていないし、悔いなく戦いたい。最年少で怖いものもない。挑戦者の気持ちで全身全霊で挑むだけ」と決意を示した。

また、女子は3人制の点取り戦で、山梨・富士学苑が埼玉栄に2-0で勝利し、初優勝を飾った。

自身の一本勝ちで団体戦の優勝が決まり感極まる国士舘の斉藤(撮影・丹羽敏通)
笑顔で囲み取材を受ける国士舘の斉藤(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

羽生結弦3位、宇野は6位/世界選手権男子SP詳細

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子SP(ショートプログラム)

初優勝を狙う宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は6位、右足首の故障から約4カ月ぶりに実戦復帰した羽生結弦(24=ANA)は3位だった。

ネイサン・チェン(19=米国)が107.40点でSP首位。

SPを終え浮かない表情の羽生(撮影・鈴木みどり)

<SP成績>

順位選手得点
ネイサン・チェン(19=米国)107.40
ジェイソン・ブラウン(24=米国)96.81
羽生結弦(24=ANA)94.87
ビンセント・ジョウ(18=米国)94.17
マッテオ・リッツォ(20=イタリア)93.37
宇野昌磨(21=トヨタ自動車)91.40
ケビン・エイモズ(21=フランス)88.24
ミハル・ブレジナ(28=チェコ)86.96
金博洋(21=中国)84.26
10ミハイル・コリャダ(24=ロシア)84.23
11アンドレイ・ラズキン(21=ロシア)84.05
12モリス・クビテラシヴィリ(24=ジョージア)82.67
13ナム・ニューエン(20=カナダ)82.51
14キーガン・メッシング(27=カナダ)82.38
15ダニエル・サモヒン(21=イスラエル)82.00
16ウラジミール・リトビンツェフ(18=アゼルバイジャン)81.46
17アレクサンドル・マヨロフ(27=スウェーデン)79.17
18チャ・ジュンファン(17=韓国)79.17
19田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)78.76
20アレクサンドル・サマリン(20=ロシア)78.38
21ブレンダン・ケリー(24=オーストラリア)78.26
22オレクシイ・ビチェンコ(31=イスラエル)77.67
23デニス・バシリエフス(19=ラトビア)74.74
24ジュリアン・イー・ジージエ(21=マレーシア)73.63
25ペーター・ジェームス・ハラム(23=イギリス)66.06
26リュック・マイアーホファー(20=オーストリア)65.78
27アレキサンドル・セレフコ(17=エストニア)63.25
28パウル・フェンツ(26=ドイツ)63.24
29イバン・シュムラトコ(18=ウクライナ)62.99
30ブラク・デミルボア(22=トルコ)60.79
31スラビク・ハイラペティアン(23=アルメニア)60.66
32バルター・ヴィルタネン(31=フィンランド)55.73
33ルーカス・ブリッチギー(21=スイス) 54.58
34ドノバン・カリーヨ(19=メキシコ)54.99
35イーゴリ・レズニチェンコ(24=ポーランド)50.15

羽生結弦

<演技構成>

4S/3A/4T+3T/FCSp/CSSp/StSq/CCoSp

男子SPで演技する羽生(撮影・山崎安昭)

男子SPで演技する羽生(撮影・山崎安昭)

田中刑事

<演技構成>

4S/3Lz+3T/FCSp/CSSp/3A/StSq/CCoSp

男子SPで演技する田中(撮影・山崎安昭)

宇野昌磨

<演技構成>

4T/3S+3T/FCSp/3A/CSSp/StSq/CCoSp

男子SPで演技する宇野(撮影・山崎安昭)

男子SPで演技する宇野(撮影・山崎安昭)

ネイサン・チェン

<演技構成>

3A/4F/CCSp/4T+3T/FSSp/StSq/CCoSp

男子SPで演技するチェン(撮影・山崎安昭)

金博洋

<演技構成>

4Lz/4T+3T/FCSp/3A/CSSp/CCoSp/StSq

男子SPで演技する金博洋(撮影・山崎安昭)

<SP滑走順>

パウル・フェンツ(26=ドイツ)

アレキサンドル・セレフコ(17=エストニア)

バルター・ヴィルタネン(31=フィンランド)

ジュリアン・イー・ジージエ(21=マレーシア)

スラビク・ハイラペティアン(23=アルメニア)

ペーター・ジェームス・ハラム(23=イギリス)

アレクサンドル・マヨロフ(27=スウェーデン)

ウラジミール・リトビンツェフ(18=アゼルバイジャン)

アンドレイ・ラズキン(21=ロシア)

ダニエル・サモヒン(21=イスラエル)

ブラク・デミルボア(22=トルコ)

ルーカス・ブリッチギー(21=スイス)

リュック・マイアーホファー(20=オーストリア)

イーゴリ・レズニチェンコ(24=ポーランド)

イバン・シュムラトコ(18=ウクライナ)

ドノバン・カリーヨ(19=メキシコ)

ブレンダン・ケリー(24=オーストラリア)

ケビン・エイモズ(21=フランス)

モリス・クビテラシヴィリ(24=ジョージア)

ミハル・ブレジナ(28=チェコ)

チャ・ジュンファン(17=韓国)

田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)

ナム・ニューエン(20=カナダ)

金博洋(21=中国)

デニス・バシリエフス(19=ラトビア)

マッテオ・リッツォ(20=イタリア)

オレクシイ・ビチェンコ(31=イスラエル)

ビンセント・ジョウ(18=米国)

アレクサンドル・サマリン(20=ロシア)

羽生結弦(24=ANA)

宇野昌磨(21=トヨタ自動車)

ジェイソン・ブラウン(24=米国)

ミハイル・コリャダ(24=ロシア)

キーガン・メッシング(27=カナダ)

ネイサン・チェン(19=米国)

関連するニュースを読む

中部電力がラトビアに完勝、強豪国3連戦へ弾み

<カーリング:女子世界選手権>◇第6日◇21日◇デンマーク・シルケボー◇1次リーグ

日本代表の中部電力がラトビアに9-3で完勝し、通算成績を5勝4敗とした。第1エンドに3点、第3エンドに4点を獲得。大きくリードし、第6エンドでさらに2点を加点したところで、ラトビアがギブアップした。

この日の夜から22日にかけて、スイス、中国、スウェーデンという強豪国との3連戦を控えており、1次リーグ突破、そして上位進出のためには負けられない戦いが続く。

心身の疲労が蓄積するタイミングだが、この日の昼食は国産米を使用した和牛カレーライスに舌鼓。今大会の期間中、食事サポートをする日本代表公式スポンサーの全国農業協同組合連合会が用意したもので、栄養補給すると同時にリラックスした。フォース北沢育恵(22)は「バランスが取れた食事を食べられるのはありがたいです」と話せば、リードの石郷岡葉純(22)は「リフレッシュと栄養補給は普段から大事です」と笑みを浮かべた。

関連するニュースを読む

田中刑事4回転サルコー痛恨0点、フリーで巻き返す

男子SPで演技する田中(撮影・山崎安昭)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

3年連続出場の田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)は、最初の4回転サルコーが2回転になってこの要素の得点が0点となる痛恨のミス。78・76点19位と大きく出遅れた。

「踏み切りで良い形に持って行けなかった」と肩を落とした。その後の3回転ルッツー3回転トーループとトリプルアクセル(3回転半)ではGOEがそれぞれ1・77点、2・99点と評価を得ただけに、もったいない滑り。2月の四大陸選手権では7位と健闘している。世界選手権は17年19位、18年13位。目標とする初の1ケタ順位に向かって、フリーで巻き返しを誓った。

男子SPで演技する田中(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

チェン100点超えで首位、フリーへ「成果自信に」

男子SPで演技するチェン(撮影・山崎安昭)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

連覇を狙うネーサン・チェン(19=米国)が、ノーミス演技でただ1人の100点超えとなる107・40点で首位発進した。「SPには満足している。今日の成果を自信にしてフリーに臨みたい」と胸を張った。

「キャラバン」の曲に合わせ、ノリノリで踊った。冒頭で鬼門の3回転アクセルをスムーズに着氷すると、観衆の呼吸まで同調させるような滑り。続く4回転ルッツの下りではややこらえたが、4回転からの連続ジャンプまでしっかり成功させた。昨秋に米国の名門のイエール大学に進学。「スケートと両立できることが分かって安心した。自分の中で今季が一番気に入っている」と笑みを浮かべた。

男子SPで演技を見せるチェン(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

羽生「もっと王者らしくいないとダメだな」一問一答

SPで華麗に滑る羽生(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

右足首の故障から約4カ月ぶりに復帰した羽生結弦(24=ANA)が94・87点で3位発進となった。首位は107・40点のネーサン・チェン(米国)。上位3位の記者会見に出席した羽生の、主な一問一答は以下の通り。

-振り返って

羽生 ショートプログラムに関しては悔しい気持ちでいっぱいです。大きなミスをしてしまったので、しっかりと改善して、やるべきことを積み重ねたい。本当は英語でしゃべりたいけれど、(日本語で)本当に自分の気持ちを伝えたい。ネーサン選手、ジェイソン(ブラウン)選手、こういう風に記者会見の場で(他の選手へ)感謝を述べることが出来る素晴らしいスケーターと一緒に、トップ3に入れたのがうれしいです。とにかくフリーも楽しみたいです。

-現在の体調は平昌五輪(ピョンチャン・オリンピック)時に比べて、どういう状況か。4回転サルコーのミスはウオーミングアップでの転倒が影響あったのか

羽生 五輪と比べると、あの頃と比べると(準備期間が)長かったので練習を積んでこられた。サルコーに関しては、ごちゃごちゃといろいろなことを考えすぎてしまった。もちろん6分間練習でうまくいかなかったのもあるし、うまく自分の中で跳ぶスペースを見つけきれなかった。そこは謙虚になってはいけない。自信をもって、「もっと王者らしくいないとダメだな」って今日、思いました。

-前回演技したのはモスクワのロシア杯。今日の演技と比べて、ストレスが大きかったのはどちらか

羽生 日本開催だからっていうことではなくて、観客のみなさんから(の重圧)ということでもなく、自分自身が今回のショートプログラムの演技に期待していましたし、プレッシャーをかけていました。ロシア杯よりも今回の方がずっと緊張していたし、ずっと「いい演技をしたい」という気持ちが強かったと思っています。

-特にチェン選手と同じ試合に出る時は、どういうところが楽しいのか。今の点差に感じることは。

羽生 やっぱり強い選手と戦えるのは楽しいですね。やっぱりそういうところが、一番スケートをやっていて「うまくなりたい」っていうモチベーションになる。実際に全米(選手権)の演技を見ていて、「この演技に勝ちたいな」って思って練習してきた。実際に彼と一緒に試合が出来て、楽しい。得点に関しては、まあ、フリーになってみないと分からないので。何か言えることはないですけれど、自分の構成をしっかりやりきって、1つ1つ、きれいなジャンプを決めていきたいと思っています。

SPを終え浮かない表情の羽生(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

6位発進の宇野昌磨「いさぎよく逃げました」の真意

男子SPで演技する宇野(撮影・山崎安昭)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

初優勝を目指す宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が91・40点で6位発進となった。演技を終えると唇を結びながら少しほほえみ、悔しげな表情を見せた。

「何を言われようと、いさぎよく逃げました」。取材エリアに現れた宇野は、正直に自分の選択をそう表現した。冒頭の4回転フリップは踏み切るまでの軌道が「いつもと違うコースにそれてしまった」。転倒に始まり、続く4回転-3回転トーループを4回転-2回転にした。きっちりと着氷させたが、そこの部分を宇野は「逃げた」と表現。最後のトリプルアクセル(3回転半)は成功させたが、6位と出遅れた。

「逃げた」という言葉には、裏がある。「僕が(4回転フリップを)失敗した時点で(上位に)おいていかれないために(選択した)」。4回転-3回転の連続トーループで失敗を続けるリスクを排除し、あくまでも演技をまとめた。

最終滑走だったチェン(米国)は107・40点で首位に立ち、宇野の置かれた状況は厳しい。今大会は結果にこだわるからこそ、腹は決まった。「もう僕は、ショート(プログラム)のように無難な演技をしても、勝てる試合じゃない。点差的にも不可能。最後は攻めなければいけない。攻めるという気持ちは、絶対に必要」。フリーは23日。思い切って、攻める。

男子SPで演技する宇野(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

羽生結弦「集中できてなかった」冒頭の痛恨ミス反省

SPを終え浮かない表情の羽生(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

右足首負傷からの復活優勝を狙う羽生結弦(24=ANA)は、94・87点でSP3位だった。

自らが持つ世界最高点の110・53点を下回った。演技後には「ちょっと集中できてなかったかな。もちろん練習は積んでいると思っているんですけど、結果でないということは練習を積めていないということかな」と顔をしかめた。

冒頭の4回転サルコーが2回転になる痛恨のミス。続くトリプルアクセル(3回転半)は高さも飛距離も十分で大きな加点を稼ぎ、4回転-3回転の連続トーループも決めたが、「焦ってましたね。冒頭のジャンプでミスしてしまい、焦っていた。一生懸命になりすぎた」と反省が口をついた。

右足首を負傷した昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯以来の実戦だった。過去にも長期ブランクの経験はあり、試合勘について問われると、「その分は経験値があるので、そこは問題ない」とした。

右足首の状態は完治とは言えないが、「とにかく、不完全燃焼なので、しっかりと燃焼し切れたと言える演技をしたい」と燃えたぎった。23日のフリーで雪辱を果たす。

SPで華麗に滑る羽生(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

田中刑事は冒頭4回転痛恨ミス、フリー巻き返し誓う

男子SPで演技する田中(撮影・山崎安昭)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

3年連続出場の田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)が冒頭でつまずいた。最初の4回転サルコーが2回転になってこの要素の得点が0点となる痛恨のミス。78・76点と大きく出遅れ、「踏み切りで良い形に持って行けなかった」と肩を落とした。

その後の3回転ルッツ-3回転トーループとトリプルアクセル(3回転半)ではGOEがそれぞれ1・77点、2・99点と評価を得ただけに、もったいない滑り。2月の4大陸選手権では7位と健闘している。世界選手権は17年19位、18年13位。目標とする初の1ケタ順位に向かって、フリーで巻き返しを誓った。

男子SPで演技する田中(撮影・山崎安昭)
男子SPで演技する田中(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

羽生結弦4回転サルコー2回転に、自己最高点下回る

真剣な表情で練習を行う羽生(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

右足首負傷からの復活優勝を狙う羽生結弦(24=ANA)は、SP94・87点で3位だった。自らが持つ世界最高点の110・53点を下回った。

冒頭の4回転サルコーが2回転になる痛恨のミス。続くトリプルアクセル(3回転半)は高さも飛距離も十分で大きな加点を稼ぎ、4回転-3回転の連続トーループも決めた。最終組1番滑走で、見守る約1万8000人の観衆を沸かせたが、演技後も表情は硬く、少し首を振るようなしぐさもあった。

右足首を負傷した昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯は、痛み止めを服用した強行出場でGP2連勝。驚異的な勝負強さを発揮したが、満足できないことがあった。「僕がスケートに熱中する方々がいるロシアの地でこういう結果になったのは悔しい」。ロシアは自分のスケートのルーツと話す地。そこで万全な状態で演技できなかったことに対して納得できず、その鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように銀盤に戻ってきた。

右足首の状態は完治とは言えないが「世界選手権に向けての状態としては100%」と自信を持っている。周囲の支えがなければ、この舞台に立つことはできなかった。「みんなに支えられて試合に出られるようになった。感謝して滑りたい」と昨年のロシア杯でのフリー以来、124日ぶりの実戦に臨んだ。

関連するニュースを読む

宇野昌磨はSP6位「結果求める」意識に変化

本番の衣装を着て練習を行う宇野(撮影・鈴木みどり)

<フィギュアスケート:世界選手権>◇21日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子SP(ショートプログラム

世界選手権初優勝を目指す宇野昌磨(21=トヨタ自動車)のSPは91・40点で6位だった。

2月の4大陸選手権で優勝して、「シルバーコレクター」を返上。喜ぶ周囲の姿を見て、勝つことに対する意識が変わってきた。羽生、田中と並んだ今大会前の公式会見では「調整も順調に、この試合は初めて、結果を求めて挑みたいなと思っています」と言った。

羽生とは18年2月の平昌五輪以来となる“競演”。「試合で僕は自分が満足できたらいい、結果を気にせず、をモットーにやってきたんですけど…」と、これまでと違う勝負重視の言葉を発しようとした時に「すごい視線が…」。しゃべっている宇野を見つめる隣の羽生をちらりと見て、顔を赤くした。その上でこう続けた。「この試合で結果を求めることが緊張につながるか、分かりませんけど、それが僕にとって貴重な経験になることは間違いないかなと思っています」。

この日の公式練習では曲をかけての練習で、4回転フリップに成功。30分間の練習時間だったが、12分間で切り上げた。短い時間で集中して最終調整した。フリーは世界歴代最高の197・36点をマークしている。過去の世界選手権は2年連続で銀メダル。勝負にこだわって、頂点を狙う。

関連するニュースを読む

為末大氏、スポーツ界のテクノロジー導入に「期待」

為末大氏(2017年10月23日撮影)

東京オリンピック(五輪)500日前プロジェクションマッピングイベント「Ready for 2020」が21日、パナソニックセンター東京で開催され、元陸上選手で3度の五輪に出場した為末大氏(40)がゲストとして参加した。

イベントでは、パナソニック株式会社と世界最高峰のライブ・エンタテイメント・スタジオ「MOMENT FACTORY」がコラボし、開発した「高速追従プロジェクションマッピング」が紹介された。野球やサッカー、卓球など球の軌道を追い掛ける技術で、現在ゲームの中で使われているものを、今後スポーツに導入し、新しい楽しみ方を提供していくという。

「テクノロジー×スポーツ」のテーマで行われたトークショーで登壇した為末氏は「野球やサッカーなど既存のスポーツに導入して楽しむやり方だけでなく、映像が入った状態の新しいスポーツが生まれると、次元の違う楽しみ方ができるのでは」と語った。

五輪競技種目にサーフィン、スケートボード、スポーツクライミングなどスタジアムを使わないスポーツが加わった。フットサルやバスケットの3on3など少人数での競技や、狭いスペースでやるスポーツも増え、自身が現役の時と形も変わってきた。

為末氏は「競技者と参加者が別ではなく、陸上の100メートルでみんながアスリートと一緒に走って、順位が出るような新しいスポーツになっていけば」と話した。さらにアスリートへの影響について「テクノロジーがバリアフリー化につながって、オリンピックとパラリンピックをつなぐものになったり、視覚的な影響も大きいので、選手や子どもたちのパフォーマンスが上がっていくのが楽しみ」と今後に期待した。

最後に東京五輪への思いを聞かれた為末氏は「長くタイムを争う世界にいたが、人間の限界を決めているのは実際にはメンタルだと思う。今回テクノロジーが介入することで、全く新しいもっとおもしろいことが起きると期待している」と話した。

イベント後には高速追従プロジェクトの技術を一般向けに公開。訪れた観客は実際に野球で打ったあとの球や、バットの軌道、卓球でラリー中の球の動きなどを追う様子を目の当たりにし、高度な技術に多くの人が驚いていた。

【松熊洋介】

関連するニュースを読む

斉藤仁氏次男の国士舘・斉藤立が強行出場でV決める

男子団体決勝で大牟田の石本を一本勝ちで破って優勝を決めた国士舘の斉藤(左)(撮影・丹羽敏通)

<柔道:第41回全国高校選手権>◇最終日◇21日◇男女団体◇東京・日本武道館◇日刊スポーツ新聞社後援

柔道全国高校選手権(日刊スポーツ新聞社後援)最終日は21日、東京・日本武道館で男女団体戦が行われ、男子は東京・国士舘が決勝で福岡・大牟田を下し、2年連続10度目の優勝を果たした。5人制の勝ち抜き戦で、国士舘は五輪2連覇の故斉藤仁氏の次男、立(たつる、2年)が大将対決を制して優勝を決めた。女子は3人制の点取り戦で、山梨・富士学苑が埼玉栄に2-0で勝利し、初優勝を飾った。

  ◇  ◇  ◇

1-1で迎えた「大将対決」で17歳の大器が躍動した。斉藤は今月上旬に負傷した左手首の痛みも気にせず、果敢に攻め続けた。試合開始2分25秒、鋭い内股で相手を押しつぶして一本勝ち。「アドレナリン全開で絶対に勝つという気持ちしかなかった。畳に上がったら痛みは関係ない」と興奮気味に振り返った。

10日の全日本選手権(4月29日、日本武道館)東京都予選では、最年少で本戦の出場権を得ると、手首の悪化を懸念して準々決勝を棄権。その後の稽古は乱取りすら出来ない状態だったが「団体3冠」の目標を達成するために強行出場した。1カ月後には初の全日本選手権が迫る。「今日の結果を弾みにして優勝を狙うだけ。全身全霊で本番に挑みたい」と決意を示した。

男子団体戦で優勝が決まり仲間の祝福を受ける斉藤(中央)(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

SP7位の紀平3回転半11本成功 2位坂本も好調

フリー本番の衣装を着て練習する紀平(撮影・鈴木みどり)

22日の女子フリーに向け、SP7位と出遅れた紀平梨花(16=関大KFSC)がギアを上げた。練習用リンクでの公式練習で、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を13本中11本成功。氷につまずいて転倒するシーンもあったが、問題なく体を動かした。

同2位で首位ザギトワ(ロシア)を5・22点差で追う坂本花織(シスメックス)もフリップ-トーループの連続3回転成功など好調ぶりを示し、同8位の宮原知子(関大)も最終調整に励んだ。

フリーの曲で練習する坂本(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

紀平梨花のプログラム支える作曲者が逆転Vへエール

練習前、笑顔を見せる紀平(撮影・鈴木みどり)

フィギュアスケートの世界選手権で女子ショートプログラム(SP)7位と出遅れた紀平梨花(16=関大KFSC)が22日に臨むフリーは、今季全8戦でトップと抜群の安定感を誇る。

それを支えるのが、強さと美しさが共存するプログラム「ビューティフル・ストーム」だ。その作曲者でピアノ、バイオリンも演奏する米国人のジェニファー・トーマス(41)が、作曲秘話や音楽家の視点で見た紀平の魅力を明かし、海の向こうからエールを送った。【取材・構成=松本航】

   ◇   ◇   ◇

昨年11月の米シアトル。夫、3人の息子と仲良く暮らすトーマスの「フェイスブック」にファンから1本の動画投稿があった。07年に自らが作曲した「ビューティフル・ストーム」に乗り、会場の大きな拍手を受ける日本人。紀平の演技に、トーマスの心は躍った。

「これまでにも多くのスケーターが、私の曲で滑ってくれていました。でも、リカの演技をクリックした時には、それを驚きを持って見入り、心から感動しました」

シーズン前、紀平はトム・ディクソン氏が振り付けたフリーに「波の音や雷の音にすごくパワーがある。すごく格好いいものに仕上がった」と親しみを込めた。ここまで国際大会6戦無敗。浜田美栄コーチは「初めは表現がちょっと苦手だったけれど、いろいろ心がけてレッスンを受けてきた。それがすごく出てきた」と表現面の成長を躍進の一因に挙げる。音楽家トーマスの目にも、紀平の魅力は輝いて映る。

「リカは音楽の中で感情を表す、本当に素晴らしい能力を発揮します。とても独創的であるだけでなく、曲の背景にある意味もよく理解していると思います。ジャンプとスピンは音楽にピタリと合う。曲の初めにトリプルアクセルを決める瞬間がありますが、彼女の靴が音を鳴らすタイミングは、音楽と完璧に合致している。彼女と音楽が完全に一体であるかのようです」

曲のルーツは04年、トーマスが旅行で訪れたハワイのビーチにある。

「現在は夫である彼と、夜に浜辺で手をつないで歩きました。空気は暖かかったのですが、強い風も吹いていた。私たちは立ち止まり、夜空を見上げると、月の周りを雲が渦巻いていました。嵐が来たように思えましたが、とても美しい夜でした。まさにその後、彼は私にプロポーズをしたのです。その時、私は『美しさ』と同時に、暗くて嵐のような感情も持ちました」

その情景を思い返しながら「出だしは嵐が来るような強さ。そこからはソフトに、美しく」と曲を仕立て上げた。

昨年12月、トーマスはGPファイナルが行われたカナダ・バンクーバーの会場を訪れた。紀平と顔を合わせる機会はなかったが、今大会も米国から16歳の挑戦を応援している。

「受け答えを見ても、とても良い心根を持った女性だと見受けられます。スケートに対し謙虚で、16歳にして成熟している。私の曲があれほどまでに美しい滑りをする助けとなり、インスピレーションを与え、強さを与えていることが本当にうれしい。リカ、あなたは本当の『ビューティフル・ストーム』なのよ!」

21日の公式練習で紀平は3回転半を13本中11本成功させ、最終調整を終えた。勝負のフリーへ。美しく、力強い巻き返しを、シアトルの地からトーマスも見守っている。

◆ジェニファー・トーマス 1977年6月23日、米ワシントン州ワラワラ生まれ。5歳からピアニストで作曲家の母の下で教育を受け、ピアノを学んだブリガム・ヤング大を卒業。バイオリンでも名声を得て、シアトル交響楽団に入ると作曲も始めた。07年にデビューアルバムを発売。グラミー賞アーティストなどともコラボレーションし、05年にはウルトラマラソンランナーの夫ウィルと結婚。3人の息子と暮らす。3月20日にはピアノソロバージョンの「ビューティフル・ストーム」を収録した日本限定盤アルバム「KEY OF SEA」を発売。CDの予約・購入は(https://avex.lnk.to/Beautifulstorm)、配信は(https://avex.lnk.to/BeautifulDL)で行える。

ジェニファー・トーマス(撮影・RonSouthworth)
18年12月のグランプリファイナルを現地で見たジェニファー・トーマス(撮影・WillThomas)

関連するニュースを読む

東京五輪開催枠、5人制は付与見通しも3人制は慎重

日本バスケットボール協会臨時評議委員会後会見 左からFIBA中央理事会メンバーのスコット・ダーウィン氏、日本協会の三屋裕子会長、FIBA財務部長インゴ・ワイス氏(撮影・戸田月菜)

日本バスケットボール協会の臨時評議委員会が21日、都内で行われ、国際バスケットボール連盟(FIBA)中央理事会メンバーのインゴ・ワイス氏(55)も出席した。

ワイス氏は日本のバスケットボール界がこれまで行ってきた、協会のガバナンス面やBリーグの整備など一連の改革について「何の懸念も疑念もない。ベリーグッドジョブ」と総括しお墨付きを与えた。

30~31日にコートジボワールで行われるFIBA中央理事会で、5人制、3人制男女の20年東京五輪開催国枠についても話し合われる。5人制は男子代表がW杯(8月開幕、中国)出場を決め、女子も国際大会で結果を残していることから付与される見通しが強まっている。

その一方で、3人制は東京五輪からの新種目で出場も8カ国と少なく、今回の決断がこれ以降の前例となっていく。そういった側面からワイス氏は「3人制は世界中から集まるメンバーにも、考え方の違いがあるかもしれない」と慎重な姿勢を示した。

日本協会の三屋裕子会長(60)は「5人制、3人制の男女合わせて4つの枠を全部取れて100点だと思っているので、私は100点を取りに行く」と力強く言った。

日本バスケットボール協会臨時評議委員会後会見 国際バスケットボール連盟(FIBA)中央理事会メンバーのインゴ・ワイス氏(撮影・戸田月菜)

関連するニュースを読む

男子は国士舘が2年連続10度目V 柔道高校選手権

男子団体決勝で大牟田の石本慎太郎を攻める国士舘の斉藤立(左)(撮影・吉池彰)

<柔道:第41回全国高校選手権>◇最終日◇21日◇男女団体◇東京・日本武道館◇日刊スポーツ新聞社後援

最終日の団体戦を行い、男子(勝ち抜き試合)は、国士舘(東京)が大牟田(福岡)を1人残しで下し、2年連続10度目の優勝を飾った。

国士舘はソウル五輪重量級金メダリスト斉藤仁氏の次男・立(たつる=2年)が大将、大牟田は全日本カデ90キロ優勝の森健心(2年)を副将に置く布陣。森が副将同士で引き分けて姿を消すと、最後は斉藤が相手の1年生大将・石本慎太郎に2分25秒、内股で一本勝ちした。男子最優秀選手には斉藤が選ばれた。

女子(点取り試合)は、富士学苑(山梨)が埼玉栄(埼玉)に2-0で勝ち、悲願の初優勝を飾った。史上初の3連覇を狙った夙川学院(兵庫)は、準決勝で埼玉栄に敗れた。

富士学苑は78キロ強化Cの黒田亜紀(2年)が、左足の負傷をおして技ありを奪い、勝利を決めた。女子最優秀選手には黒田が選ばれた。

【男子成績】

◇準決勝◇

国士舘(東京)-2人残し-作陽(岡山)

大牟田(福岡)-1人残し-日体荏原(東京)

◇決勝◇

国士舘(東京)-1人残し-大牟田(福岡)

【女子成績】

◇準決勝◇

富士学苑(山梨)1-0敬愛(福岡)

埼玉栄(埼玉)0-0~代表戦勝ち~夙川学院(兵庫)

◇決勝◇

富士学苑(山梨)2-0埼玉栄(埼玉)

女子団体決勝で技ありを奪う富士学苑の黒田亜紀(左)(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

都市型スポーツ国際大会FISE、20万人集客目標

パフォーマンスするShigekix(撮影・鈴木正人)

4月19~21日に広島市民球場跡地などで開催されるアーバン(都市型)スポーツの総合国際大会「FISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)」の出場選手が21日、東京・渋谷に集結した。

昨年4月の第1回大会前は盛り上がりも心配されたが、この1年でアーバンスポーツに対する注目度は急激にアップ。20年東京五輪で実施されるスケートボード・ストリートやBMXフリースタイル・パークでの日本勢の活躍に加えて、24年パリ五輪の追加種目候補にブレークダンスが入り、体操競技の新種目としてパルクールの五輪入りもうわさされるなどで昨年の倍以上の報道陣が集まった。

昨年は雨で開催が2日に短縮されたものの、8万6000人を集客。今年は10万人を目指すが、大会を主催する日本アーバンスポーツ支援協議会の渡辺守成会長(60)は「20万人集めたい。新しくeスポーツも仲間入りしたし、可能性はある」と強気に話した。

第1回は開催地を探すのも苦労したが、昨年の大成功とアーバンスポーツへの注目度アップで今や日本中の都市が誘致に手を上げている状況。大会スポンサーも倍増するなど、追い風も強い。「将来的には渋谷のスクランブル交差点でFISEをやりたい」と、渡辺会長は言い切った。

第2回大会の出場選手も超豪華。BMXフリースタイル・パークには昨年W杯女子で優勝を果たした大池水杜(みなと、22)、男子の中村輪夢(17)、スケートボード・ストリート男子の池田大亮(18)ら東京五輪代表候補が出場する。

ブレークダンスは昨年のユース五輪女子で金メダルのRam(河合来夢、17)や同男子銅のShigekix(半井重幸、17)らが出場。パルクール・フリースタイル男子には第一人者のZEN(島田善、25)、アグレッシブインラインにはxゲームなど世界のタイトルを総なめにした「ヤストコブラザース」の安床武士(32)が出場する。

BMXフリースタイル・フラットランド、ボルダリングを加えた7競技の他、第2回からはエキシビションとしてeスポーツ、スポーツけん玉、バトントワーリングも実施。この日、選手発表会に出席した7選手は「競技を知ってもらうために、見に来てほしい」と口をそろえていた。

パフォーマンスするShigekix(撮影・鈴木正人)
パフォーマンスする大池(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

羽生結弦が直前練習、ペアフリーも熱戦/写真特集

フィギュアスケートの世界選手権が21日、さいたまスーパーアリーナで行われた。ペアフリーほか、男子SP(ショートプログラム)には宇野昌磨(21=トヨタ自動車)、羽生結弦(24=ANA)、田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)らが出場する。

男子SP公式練習

真剣な表情で練習を行う羽生(撮影・鈴木みどり)

SPの曲に合わせて練習を行う羽生(撮影・鈴木みどり)

練習で笑顔を見せる羽生(撮影・鈴木みどり)

本番の衣装を着て練習を行い、笑顔を見せる宇野(撮影・鈴木みどり)

本番の衣装を着て練習を行う宇野(撮影・鈴木みどり)

本番の衣装で練習する田中(撮影・鈴木みどり)

ペアフリー

ペアフリーの演技を見せるアンナ・アブラジェビッチ(上)とマルティン・ビタジュ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるレベッカ・ギラルディ(上)とフィリッポ・アンブロジーニ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるゾイ・ジョーンス(左)とクリストファー・ボヤジ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるラナ・ペトラノビッチ(右)とアントニオ・ソウザコルデイル(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるラウラ・バルケロ(下)とアリツ・マエストゥ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるリョム・テオク(右)とキム・ジュシク(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるアニカ・ホッケ(上)とルーベン・ブロマールト(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるイブリン・ウォルシュ(上)とトレント・ミショー(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるミリアム・ツィーグラー(上)とセベリン・キーファー(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるミネルバ・ファビアンハーゼ(左)とノーラン・ジーゲルト(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるアシュリー・ケイン(上)とティモシー・ルデュク(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるニコーレ・デラモニカ(上)とマッテオ・グアリーゼ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるアシュリー・ケイン(上)とティモシー・ルデュク(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるバネッサ・ジェームス(上)とモーガン・シブレ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるカーステン・ムーアタワーズ(上)とマイケル・マリナロ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるアレクサンドラ・ボイコワ(左)とドミトリー・コズロフスキー(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せる彭程(右)金揚(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるナタリア・ザビアコ(上)とアレクサンドル・エンベルト(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せるエフゲーニヤ・タラソワ(上)とウラジミール・モロゾフ(撮影・山崎安昭)

ペアフリーの演技を見せる隋文静(上)と韓聰(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

宇野昌磨SPへ最終調整 華麗にトリプルアクセル

本番の衣装を着て練習を行い、笑顔を見せる宇野(撮影・鈴木みどり)

フィギュアスケート男子で世界選手権初優勝を目指す宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が21日、会場のさいたまスーパーアリーナ内にある練習用リンクで公式練習に臨んだ。同日夜のショートプログラム(SP)に向けて、いつものように短い時間で集中して最終調整した。

SP「天国への階段」をかけての通しでは、4回転フリップに成功。4回転-3回転の連続トーループを着氷が乱れながらもまとめ、トリプルアクセル(3回転半)を華麗に決めた。ジャンプ3本を終えると、曲がかかっている間に乱れていた4回転-3回転の連続トーループを跳びなおし、きっちりと成功させた。

午後0時20分から始まった30分間の練習だったが、同42分には切り上げ、最終組6人で最初にリンクを離れた。SPは31番滑走で、30番を滑る故障明けの羽生結弦(ANA)の直後に演技する。

本番の衣装を着て練習を行う宇野(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

羽生結弦、SP前の公式練習登場 4回転決め大歓声

真剣な表情で練習を行う羽生(撮影・鈴木みどり)

右足首負傷から復活優勝を狙う羽生結弦(24=ANA)が21日、この日夜の男子ショートプログラム(SP)を前にして、サブリンクで公式練習に臨んだ。練習会場に姿を現すと、観客から歓声が上がった。

SPの曲かけ練習では、冒頭の4回転サルコーを着氷。カウンターからの3回転半は回転が抜けて1回転半になった。演技後半の4回転-3回転のトーループは、最初の4回転で着氷が乱れるもしっかりと踏ん張って、3回転につなげて着氷した。曲が終わると、観衆から拍手が起こった。

その後は4回転ジャンプを中心に感触を確かめた。フリーで投入する予定の4回転ループも着氷した。終了間際には4回転サルコー、3回転半、4回転-3回転の連続トーループとSPで投入するジャンプを完璧に成功。最後はジャージーを羽織った姿でリンクを滑り、会場のファンを喜ばせた。

男子SPの演技予定表では、3つのジャンプ要素を、練習と同じ4回転サルコー、3回転半ジャンプ、4回転-3回転の連続トーループとしている。羽生は最終グループの1番滑走で、午後8時18分に登場予定だ。

関連するニュースを読む

渡辺雄太は出番なし グリズリーズ競り勝つ

NBA、グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太は20日、本拠地テネシー州メンフィスでのロケッツ戦に出場選手登録されてベンチ入りしたが、出番がなかった。チームは126-125で競り勝った。

渡辺の契約は下部リーグのハッスルに所属しながらNBAに一定期間登録が可能。これまでNBAには10試合に出場している。

関連するニュースを読む

中部電力、フィンランドに快勝し通算4勝4敗

<カーリング:女子世界選手権>◇1次リーグ◇第5日◇20日◇デンマーク・シルケボー

日本代表の中部電力はフィンランドに10-4で快勝し、通算4勝4敗とした。同日、地元デンマークには1-7で敗れた。

日本はフィンランドを相手に2-3で迎えた第4エンドにミスを突いて3得点。その後も安定したショットで流れを引き寄せ、勝負を決めた。

21日はラトビア、スイスと対戦する。

関連するニュースを読む

八村塁「気合入ってきている」全米大学選手権へ意欲

バスケットボール男子の全米大学選手権(NCAAトーナメント)に臨むゴンザガ大の八村塁は20日、ソルトレークシティーの大会会場で練習に臨み「チームとしても気持ちが上がってきていて、練習も何回もして、今までのシーズンにないぐらいに気合が入ってきている」と意欲を燃やした。21日(日本時間22日)の1回戦でフェアリー・ディッキンソン大と対戦する。

米プロNBAから注目される八村は、日系2世でNBAの前身、BAAでプレーしたワタル(愛称ワット)・ミサカさん(95)と初めて面会。ミサカさんは「彼には全てがそろっている。素晴らしいアスリートであるだけでなく、いい人柄にも見える。すごくエキサイティングだ」と期待。米国で日本人が活躍していることに興奮しているかと聞かれると「もちろん」と答えた。

関連するニュースを読む