日刊スポーツ

錦織圭155日ぶり勝利、第7シードをストレート

錦織圭155日ぶり勝利、第7シードをストレート

ガッツポーズする錦織圭(AP)

<男子テニス・ABN・AMROワールド>◇1日◇オランダ・ロッテルダム◇シングルス1回戦ほか

日本のエースが戻ってきた。世界45位の錦織圭(31=日清食品)が、20年全仏1回戦以来、155日ぶりの勝利を“金星”で飾った。

同19位で第7シードのオジェアリアシム(カナダ)に7-6、6-1のストレートで勝ち、今季初勝利。錦織がトップ20の選手に勝ったのは、19年1月のブリスベン国際決勝で当時16位だったメドベージェフ(ロシア)を破って以来、約2年3カ月ぶりとなった。

ようやく錦織のテニスが帰ってきた。速い展開だけでなく、ミスが少ないストロークを打ち分け、相手のミスを誘った。サーブは、19年末から改良し始めて以来、最も機能した。速度よりも相手に攻められないサーブを目指し、相手のリターンを封じ込めた。

相手は20歳で、ツアー屈指のパワフルなストロークが持ち味だ。2月の全豪前哨戦で準優勝。全豪本番でもベスト16に進んだ。しかし、その強打を錦織の安定したショットが封じ込めた。2回戦では、同23位のデミノー(オーストラリア)-同39位のミルマン(オーストラリア)の勝者と対戦する。

◆ABN・AMROワールドは、3月1~7日、WOWOWオンデマンドで配信予定。

リターンする錦織圭(AP)
試合後、笑顔の錦織圭(AP)

関連するニュースを読む

大坂なおみは2位で変わらず 世界ランク

大坂なおみ(2019年9月22日撮影)

女子テニスの1日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は2位で変わらなかった。日比野菜緒(ブラス)は78位、土居美咲(ミキハウス)は83位。

1位アシュリー・バーティ(オーストラリア)、3位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)は動かなかった。(共同)

関連するニュースを読む

錦織次戦はロッテルダム オジェアリアシムと初戦

錦織圭(2020年3月5日撮影)

男子テニスで、2月1日に開幕した国別対抗戦ATPカップ(メルボルン)で約4カ月ぶりの公式戦復帰を果たした日本のエース、世界43位の錦織圭(31=日清食品)の次戦は、3月1日から始まるオランダ・ロッテルダムの大会だ。

本戦組み合わせが日本時間27日に行われ、1回戦で、同19位のオジェアリアシム(カナダ)と対戦する。対戦成績は、錦織の1勝0敗だ。

錦織はすでにロッテルダム入りしており、自身のアプリに練習の動画などをアップしている。錦織は、今年、3戦してまだ白星がない。今大会で昨年9月の全仏以来の勝ち星を狙っている。

関連するニュースを読む

宮城淳さん死去 55年全米テニス男子ダブルスV

宮城淳さん(1955年3月29日撮影)

テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で戦後の日本男子唯一の四大大会制覇を果たした宮城淳(みやぎ・あつし)さんが24日、ぼうこうがんのため東京都世田谷区の介護施設で死去した。89歳。東京都出身。葬儀・告別式は近く家族葬で行う。新型コロナウイルス感染症が収束すれば、しのぶ会を開く予定。

戦後の日本テニス界で姉黎子さんと一時代を築いた。競技を始めた早稲田大卒業後の55年、日本初開催の男子国別対抗戦、デビス杯(デ杯)東洋ゾーンで優勝に貢献した。同年、当時シングルスと別々だった全米ダブルスで加茂公成と組み、日本勢初制覇を達成した。日本男子の四大大会タイトルは34年ウィンブルドン選手権混合ダブルスの三木龍喜以来だった。

全日本選手権はシングルス、ダブルスでともに4度、混合ダブルスで1度優勝。デ杯の日本代表は10度で、2度が監督兼任だった。早稲田大の監督、教授や日本テニス協会専務理事、日本オリンピック委員会(JOC)理事などを務めた。(共同)

関連するニュースを読む

西岡が8強入り、ダニエル敗れる シンガポールOP

<男子テニス:シンガポール・オープン>◇24日◇シンガポール

シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)がマキシム・クレッシー(米国)を6-4、6-2で下して準々決勝に進んだ。

ダニエル太郎(エイブル)はマリン・チリッチ(クロアチア)に5-7、4-6で敗れた。(共同)

関連するニュースを読む

土居美咲は2回戦敗退 アデレード国際

<女子テニス:アデレード国際>◇24日◇オーストラリア・アデレード

シングルス2回戦で土居美咲(ミキハウス)は第2シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に1-6、3-6で敗れた。(共同)

関連するニュースを読む

大坂が最優秀女子部門にノミネート ローレウス賞

全豪オープンで優勝した大坂なおみ(ロイター)

世界で社会貢献活動などを展開するローレウス財団の「世界スポーツ賞2021」の第1弾ノミネートが24日に発表され、年間最優秀女子部門にテニスの大坂なおみ(23=日清食品)が6人の候補者の1人に選ばれた。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たしたばかり。昨年9月、同じく2度目の制覇となった全米オープンでは、「Black Lives Matter」の運動にも積極的に取り組み、コート内外でメッセージを発信してきたことが世界中のメディアに評価された。

2年連続のノミネートに寄せたコメントは以下。

「世界中のメディアの皆様によってローレウス賞に再び選出して頂き、光栄に思っています。ローレウスはコートやピッチ上で行われるスポーツの結果だけでなく、スポーツを通じた活動がいかに世界中の若者の助けになるのかという面も含め、大局的な評価を重視しているので、この賞にノミネートされるというのは私にとって特別なことです。現代は、スポーツは色々な方法で大きな変化をもたらすことができ、世界を変える力を持った時代であると思っています」

同部門には大坂のほか、自転車世界選手権でロードレースとタイムトライアルの両方で優勝を飾ったアンナ・ファン・デル・ブレッヘン(オランダ)、イタリア人で初めてワールドカップスキーで総合優勝を果たしたフェデリカ・ブリニョネ、ロンドンマラソンで優勝したブリジット・コスゲイ(ケニア)、リヨンのキャプテンを務め女子チャンピオンズリーグで5連覇を果たしたワンディ・ルナール(フランス)、シアトル・ストームをWNBAチャンピオンシップ優勝に導いたバスケットボールのブレアナ・スチュワート(米国)となっている。

受賞者は5月に予定されるヴァーチャル授賞式で発表される。

◆ローレウス財団 00年に発足され、「スポーツの力で1つになる」との命題を基に、世界40カ国で社会貢献活動などを展開する。さまざまな競技での伝説的選手がメンバーに名前を連ね、「世界スポーツ賞」の授賞式は「スポーツ界のアカデミー賞」とも称される。日本では内村航平、香川真司、杉山愛さんが大使を務める。18年には大坂なおみが年間最優秀成長選手賞に輝き、日本人初の受賞となった。

関連するニュースを読む

内山靖崇が2回戦へ進出 望月慎太郎は敗れる

<男子テニス:シンガポール・オープン>◇23日◇シンガポール

シングルス1回戦で内山靖崇(積水化学)はマーク・ポルマンス(オーストラリア)に6-4、2-6、6-4で競り勝ち、2回戦に進んだ。望月慎太郎(Team YUKA)はトルコ選手に0-6、4-6で敗れた。(共同)

関連するニュースを読む

青山、柴原組が初戦で敗れる アデレード国際

<女子テニス:アデレード国際>◇22日◇オーストラリア・アデレード

ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組は中国ペアに敗れた。4-6、6-3で迎えた10点先取のタイブレークを6-10で落とした。(共同)

関連するニュースを読む

西岡、ダニエル太郎が初戦勝利 シンガポールOP

<男子テニス:シンガポール・オープン>◇22日◇シンガポール

シングルス1回戦で西岡良仁(ミキハウス)は米国選手を6-2、3-6、6-3で下した。ダニエル太郎(エイブル)はインド選手に6-3、6-7、6-3で競り勝った。(共同)

関連するニュースを読む

大坂なおみ、日本のファンへ「心からありがとう」

大坂なおみ(21年2月撮影=AP)

20日に、テニスの全豪オープンで2度目の優勝を遂げた世界2位の大坂なおみ(23=日清食品)が22日、所属事務所を通じて、日本のファンだけにメッセージを発表した。

メッセージは、まず「応援して下さった日本の皆さま、心からありがとうございます。全豪オープンを優勝することができ、本当に嬉しいです」と、日本のファンへの感謝で始まった。

その次に「(あのチョウも喜んでくれたかな)」と、書き加えた。チョウとは、3回戦でジャブール(チュニジア)と対戦中、第2セットの第6ゲーム。大坂の足元に舞い降りたチョウのことだ。足元のチョウを手でそっと逃がすと、今度は、大坂の鼻に止まった。よほど大坂のことがお気に入りのようで、その後、大坂はブレークポイントを逃れ、勝利をつかんだ。まさに「幸運のチョウ」だった。

そして、「コロナ禍で大会を開催して下さった関係者の皆さま、スポンサーの方々に感謝します」と大会に謝辞を送った。そして、「この優勝を、コロナで戦っている世界中の人々と、先日、また地震が起きたというニュースも聞きましたが、10年前に東日本で起こった震災後、今なお困難に立ち向かっている日本の方々に捧げます」と、3月11日に発生から10年となる東日本大震災の被災者にも心を砕いた。

その後は「コロナや地震など暗いニュースが続いていますが、こんな時こそ命の大切さをかみしめ、皆が助け合うことが必要だと思います。私にとっても、与えられた一瞬一瞬に感謝し、精いっぱい生きていくことがいかに大切か、自分自身の人生について考える時間となりました」と、自粛期間に自分を見つめ直したと明かした。

最後に「今回の優勝が少しでも日本の皆さんのパワーになれば嬉しいです。そして、オリンピックでは全力でプレーすることを楽しみに、さらに強くなるように邁進します。テニスのチカラ、スポーツのチカラで世界が幸せになれるよう心から祈っています」と、東京五輪での活躍を誓った。

関連するニュースを読む

錦織圭43位に後退、西岡良仁61位 世界ランク

錦織圭(2020年3月5日撮影)

男子テニスの22日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は42位から43位に後退した。西岡良仁(ミキハウス)は61位。

1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2位ラファエル・ナダル(スペイン)までは変わらず、全豪オープン決勝でジョコビッチに敗れたダニル・メドベージェフ(ロシア)が3位に浮上した。(共同)

関連するニュースを読む

大坂なおみは世界ランク2位浮上 全豪OPで優勝

女子テニスの22日付世界ランキングが発表され、4大大会第1戦、全豪オープンで優勝した大坂なおみ(日清食品)は3位から2位に浮上した。

日比野菜緒(ブラス)は77位、土居美咲(ミキハウス)は86位だった。

1位アシュリー・バーティ(オーストラリア)は変わらず、シモナ・ハレプ(ルーマニア)は3位に後退。大坂と全豪の決勝を戦ったジェニファー・ブレイディ(米国)は24位から13位に上がった。(共同)

関連するニュースを読む

ジョコビッチ全豪3連覇「開催してくれたこと感謝」

全豪オープン決勝、3年連続9度目の優勝を決めガッツポーズのジョコビッチ(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇21日◇メルボルン◇男子シングルス決勝

世界王者、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、3年連続9度目の優勝を遂げた。4大大会自身初優勝を狙った同4位のメドベージェフ(ロシア)を7-5、6-2、6-2のストレートで下し、4大大会通算18度目の優勝となった。

ジョコビッチは、メドベージェフの攻撃的なショットを、安定したストロークでミスを減らし返球。逆に相手のミスを誘い、最も得意な全豪で優勝回数を増やした。

   ◇   ◇   ◇

ジョコビッチは、マッチポイントが決まると、コート上にあおむけに倒れ、自身が持つ最多優勝記録を更新した喜びに浸った。

3回戦で脇腹を痛め、プレー続行も危ぶまれた。大会前には、選手の完全隔離を緩めるように願い出たことで、市民から苦情を浴びた。「この数週間はローラーコースターのようだった。でも、難しい決断の中、開催してくれたことを感謝している」と、銀の優勝杯を掲げた。

3年連続9度目の優勝を決めたジョコビッチはトロフィーにキスをする(ロイター)
全豪オープン決勝、3年連続9度目の優勝を決めたジョコビッチ(ロイター)
3年連続9度目の優勝を決め、コートに倒れ込むジョコビッチ(ロイター)
全豪オープン決勝、試合後にメドベージェフ(左)と抱き合うジョコビッチ(ロイター)
全豪オープン決勝、ポイントを奪ってほえるジョコビッチ(ロイター)
全豪オープン決勝、ポイントを奪いガッツポーズのジョコビッチ(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂なおみ恒例の優勝記念撮影、42万8000円ヴィトン

全豪オープン優勝から一夜明け、優勝トロフィーを手にポーズを取る大坂なおみ(ロイター)

女子テニスの全豪オープンで、2度目の優勝を成し遂げた世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)は、一夜明けた21日、恒例の優勝記念撮影にのぞんだ。

撮影はメルボルン市内の総督官邸に隣接する王立植物園の庭で行われた。今年1月にルイ・ヴィトンのブランド・アンバサダーに就任。同社のワンピースを着こなした。同社の公式サイトによると、同じワンピースは42万6800円で販売されている。次戦は3月のマイアミオープンに出場予定。この大会も全豪と同じ得意のハードコートだけに、再びの活躍が期待される。

全豪オープン優勝から一夜明け、優勝トロフィーを手にポーズを取る大坂なおみ(ロイター)
全豪オープン優勝から一夜明け、優勝トロフィーにキスをする大坂なおみ(AP)

関連するニュースを読む

大坂なおみV一夜明け記念撮影、ヴィトンワンピ着用

全豪オープン優勝から一夜明け、優勝トロフィーを手にポーズを取る大坂なおみ(ロイター)

女子テニスの全豪オープンで、2年ぶり2度目の優勝を成し遂げた世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)は、一夜明けた21日、恒例の優勝記念撮影にのぞんだ。

2年前の初優勝の時は、風光明媚(めいび)なメルボルン郊外の海岸で撮影が行われた。今年は、コロナ禍のために遠出は避け、市内の総督官邸(ビクトリア州知事の公邸)に隣接する王立植物園の庭で撮影が行われた。19年は、米国のブランド「クシュニー」のワンピースに身を包んだ。

今年は、1月にルイ・ヴィトンのブランド・アンバサダーに就任しているため、同社のワンピースを着こなした。赤とオレンジで同社のブランドロゴをイメージし、下は白い切り返し。同社の公式サイトによると「ゲーム・オン・マクロモノグラム・フラワー・ステートメント・ショート・ジャンプスーツ」という名称で、42万6800円で販売されている。

大坂は米国に戻り、次戦は3月のマイアミオープンに出場予定。この大会もハードコートで、育ったフロリダの大会だけに、再びの活躍が期待される。

全豪オープン優勝から一夜明け、優勝トロフィーを手にポーズを取る大坂なおみ(ロイター)
撮影の合間、トロフィーの周囲を駆ける大坂なおみ(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂の揺るがぬメンタル、絆深めたスペイン5日間

全豪オープンで優勝した大坂なおみ(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

20年全米、21年全豪の連続優勝で見せた大坂なおみ(23=日清食品)の揺るがないメンタルに、誰もが驚いた。試合中に泣きだし、会見を涙で途中退席をした大坂はもういない。急激な成長の陰には、20年2月のスペインで行われた女子国別対抗戦フェド杯(現ビリー・ジーン・キング杯)での知られざる秘密があった。

20年2月4日。スペイン南東部のアリカンテ空港で、大坂は、スペイン協会が手配してくれたカルタヘナ行きの車を待っていた。約1時間ほどのドライブは、地中海につながるバレアス海の絶景が広がっていた。しかし、大坂は、失意のどん底にいた。

19年末に就任したフィセッテ・コーチは、当初、大坂に「全く胸の内を明かしてもらえなかった」。20年1月の全豪3回戦前に、大坂は「何も問題はない」。しかし、同コーチには「そうとは思えないほど緊張していた」と振り返る。そして大坂は敗れた。

敗戦の2日後の1月26日。大坂が心の師と仰いだNBAの伝説、ブライアント墜落死の一報が届いた。「永遠の兄」と慕っていただけに、敗退に傷ついた心は、すでに張り裂けそうだった。傷心のまま、日本代表に合流した。

18年2月に就任し、今のチームでは最も長くそばにいる茂木奈津子トレーナーでさえ、心がすべて通じているとは感じていなかった。「なおみの話を聞くだけで、自分について話したことはなかった」。

スペイン滞在の5日間、大坂と女子マネジャー、茂木さんで“女子会”のようだった。テニス以外のたわいないこと、そして私生活のことなどを話し、少しずつ大坂の心は癒えた。茂木さんは「初めて自分の歩んできた人生の話をした」。真剣に聞く大坂に、より一層、関係が深まったと感じていた。

大坂は、対戦初日の7日、コート上で泣きだし敗れた。「人生は終わったように感じた」。フィセッテ・コーチは「1日1日、少しずつ関係は深まった」と、毎日のように大坂を解きほぐしていた。大坂は、敗れた後の言葉を忘れない。「負けても人生は変わらない。自分でどうしようもない人生もある。でも、ベストを尽くせば、必ず結果はついてくる」。

その日から、大坂は「私は少し成長したような気がした」。周りに、こんなに支えてくれる人がいる。強くなる。そう思ったのだ。最終日の8日、代表とチーム大坂は、会場のあるリゾート地のイタリア料理屋で、夕食会を開いた。そこには、笑顔いっぱいで談笑する大坂の姿があった。【吉松忠弘】

全豪オープン優勝の瞬間、ラケットを頭に乗せ、笑顔をみせる大坂なおみ(ロイター)

関連するニュースを読む

2度目V大坂なおみ「前回は感情抑えてた」一問一答

2年ぶりの優勝を果たし、トロフィーにキスをする大坂(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、2年ぶり2度目の優勝の快挙を成し遂げた。同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)を6-4、6-3のストレートで下し、4大大会通算4度目の優勝は、厳しい感染症対策下の中でも、決して揺るがない強靱(きょうじん)なメンタルからもたらされた。大坂は、今大会後の最新世界ランキングで2位に復帰する。次戦は3月のマイアミオープンに出場予定だ。主な一問一答は次の通り。

-優勝のシャンパンを飲んで。

大坂 ちょっと飲んだだけで、おかしくなってきちゃった。

-今の気持ちは。

大坂 本当にハッピー。ようやく、厳しいオフシーズンが報われた瞬間だと感じた。

-4大大会全部ハードコートの優勝だけど、次のコートは。

大坂 できればクレー(土)かな。だって、次はクレー(の全仏)でしょう。

-ブレイディとの20年全米準決勝は高いレベルの試合。今日は。

大坂 メンタルの戦いだった。本当に緊張していた。だから、試合前に、完璧を求めるなって。1点ずつやれば結果はついてくるって。

-なんで緊張したのか。相手は初の決勝なのに。

大坂 私の緊張に聞いて。とにかく、勝ちたかった。4大大会の決勝に来て準優勝に終わるなんて嫌。だから、プレッシャーをかけたのかも。結果的には良かったけど。

-前回の優勝と何か違うか。

大坂 たぶん違う。前回は、ある意味、感情を抑えていた感じ。前回は、ツアーで、自分の居場所を見つけるために、どうしても勝ちたかった感じ。

-健康なら10回は4大大会に優勝できるという専門家もいるが。

大坂 分けて考えているわ。まず5回が目標。5回を達成したら、7~8回が次。あまり最初から大きく考えたくない。

-チームに中村豊トレーナーが入って、茂木トレーナーもいて、日本語をしゃべることが多くなったか。

大坂 おかしなことがあったわ。コーチのヴィムが日本語しゃべり出したの。きっと、もっと話せるようになるわ。

全豪オープンを制した大坂は手を広げて喜ぶ(AP)

関連するニュースを読む

大坂新たな一面、受けの強さで頂点に/堀内氏分析

リターンを返す大坂なおみ(AP)

<亜大総監督・堀内昌一氏が分析>

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)に6-4、6-3でストレート勝ちし、2年ぶり2度目の優勝を成し遂げた。

   ◇   ◇   ◇

大会後の最新世界ランキングで2位に復帰する。次戦は3月のマイアミオープンに出場予定だ。

大坂が受けの強さで頂点に立った。目を引いたのはリターンゲーム。特に第2サーブへの対応だった。ベースラインの内側に入り、精度の高いショットを左右、中央に打ち分けてプレッシャーをかけた。ブレイディが大坂の第2サーブに対してベースライン後方に下がり、フォアの強打を狙い続けていたのとは対照的だった。

その後のラリーにも進化を遂げたフットワークで対応した。しかも、決して無理はしない。80%ほどの力でボールをつなぎ、決定打を狙うブレイディのミスを誘った。これまではパワフルなショットばかりが注目されてきたが、相手の攻撃をガッチリ受け止めた上で試合を支配した。決定打は大坂の16に対してブレイディは15と互角だったが、凡ミスは24対31と差がついた。それがサーブブレーク数にも表れた。

2人の実力差は明確で、ブレイディが勝つにはサーブでもストロークでも無理をして攻める必要があり、その分、ミスも増える。大坂はそれを見越してゲームプランを立てていた。多少の決定打は許しても、無謀な打ち合いを避け、正確なショットを続けて相手の自滅を誘う。絶対に負けられない戦いで、大坂が新たな一面を見せてくれた。(亜大教授、テニス部総監督)

◆全豪オープンテニスは、2月8~21日、WOWOWライブで連日生中継。WOWOWオンデマンドでも同時配信予定。

ポイントを奪った大坂は小さくガッツポーズ(AP)
全豪オープンを制した大坂は手を広げて喜ぶ(AP)

関連するニュースを読む

大坂なおみ最強姉妹次ぐ4度目V 隔離楽しむ精神力

2年ぶりの優勝を果たし、トロフィーにキスをする大坂(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、2年ぶり2度目の優勝を果たした。同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)に6-4、6-3でストレート勝ち。4年連続4度目となる4大大会制覇は、コロナ禍でも揺るがない強靱(きょうじん)なメンタルからもたらされた。

22日付世界ランキングで2位に復帰。同じハードコートで実施される東京オリンピック(五輪)の金メダル獲得へ弾みをつけた。

   ◇   ◇   ◇

センターコートに声が響く。日の丸が揺れ、ファンの額には「必勝」のはちまきがキリリと巻かれた。「がんばれ~、なおみ」。その声にほほ笑むと、大坂はゆっくりとサービスの構えに入った。マッチポイントで時速174キロのサーブをたたき込んだ。

優勝の瞬間、「本当にハッピーだった。手が震えちゃった」と、ラケットを頭に乗せ、笑顔でぴょこんと跳び上がった。日本語で「頑張りました。勝ったよ~」。両手の親指を立てるサムアップで、テレビ観戦する日本のファンに勝利のメッセージを送った。

センターコートの収容人員は最大1万4820人。しかし、感染症対策で、半分の最大7477人に入場数は限られた。実際は7381人が入り、ほぼ“満員”だった。「本当に、見に来てくれてありがとう」。大坂は心の底から感謝を述べ、表彰式後、観客へのサインに延々と応えた。

風もあり、トスが乱れ、第1サーブの確率は48%。1回戦から7試合で、決勝が最も調子が悪かった。優勝したい、ミスしたくないとの思いからか「すごく緊張した」。ミスにも助けられた。ただ、4回目の優勝に「5回の優勝が目標。次が7~8回。そして10回よ」と胸を張った。

通常、全豪は1月開催。それが新型コロナの対策に時間がかかり、2月に延期された。海外からの渡航者を原則受け入れていないオーストラリアは厳しい感染症対策で選手たちを迎えた。1日5時間の外出は可能とはいえ、入国後、2週間の隔離は必須だった。

その2週間、毎日、PCR検査が行われた。チャーター便に乗った選手に陽性者が出れば、同乗者は入国後、部屋から1歩も出られない完全隔離を強いられた。有観客で始まった大会は、途中で5日間の無観客開催も余儀なくされた。

それでも大坂の強さは揺るがなかった。部屋でNetflixや食事を堪能し、外野の雑音さえ楽しんだ。「楽しみが食事だけ。だから少し太っちゃった」と苦笑い。表彰式では「隔離を一緒に乗り越えてきた仲間。これはあなたたちのためのもの」と、銀のトロフィーを掲げた。コロナ禍にも負けず、自分を奮い立たせた優勝で、大坂が真の女王に君臨する。

◆全豪オープンテニスは、2月8~21日、WOWOWライブで連日生中継。WOWOWオンデマンドでも同時配信予定。

ブレイディと検討をたたえ合う大坂(左)(ロイター)
全豪オープンを制し観客席に向かって手を振る大坂なおみ(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂なおみゆかりの大阪靱公園に全豪V祝福パネル

大坂なおみが幼少期に通った大阪市靱のテニスセンター(撮影・佐藤あすみ)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

テニスの4大大会第1戦、全豪オープンの女子シングルス決勝で大坂なおみ(23)が20日、2年ぶり2度目の優勝を果たした。大坂ゆかりの地、大阪市のITC靱(うつぼ)テニスセンターでは、21日から大坂の優勝を祝うパネルが設置される。

同施設は、大坂が3歳で渡米するまでに訪れ、幼少期にラケットを握っていた場所。施設を管理するモリタスポーツ・サービス株式会社の森田常樹会長は、この日の試合開始前から「日本国籍の選手やから頑張ってほしい」と期待を口にしていた。

新型コロナウイルスの影響もあり、パブリックビューイングなどのイベントは行われなかったが、この日もテニススクールは開催されていた。子供の練習を見守る保護者は「大坂選手だけは子供もよく知っているので、テレビで応援します」と言い、大坂の優勝を願う思いが届いた形になった。

全豪オープンを制しトロフィーを掲げる大坂なおみ(AP)

関連するニュースを読む

大坂に敗れたブレイディ「私の日ではなかった」

表彰式に臨むブレイディ(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

4大大会初の決勝進出となったジェニファー・ブレイディ(米国)だが、後手に回り、ストレートで敗れた。

第1セットの1-3から追いつき4オールまで競った。しかし、4-5の自分のサービスゲームで凡ミスが出て第1セットを落とした。第2セットは一気に0-4となり、反撃するも届かなかった。

それでも外出も許されない2週間の完全隔離から決勝に進んだ。「大坂がしていることは素晴らしいこと。若い女の子たちはこれを見て勇気をもらっていることでしょう。4大大会決勝を戦えたのは特別だが、私の日ではなかった。またここに立てるようにしたい」と気持ちを切り替えていた。

ブレイディと健闘をたたえ合う大坂(左)(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂ハードコートの女王だ、東京五輪も金確率96%

優勝を決めた大坂(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、2年ぶり2度目の優勝の快挙を成し遂げた。同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)を6-4、6-3で下し、4大大会通算4度の優勝を飾った。

   ◇   ◇   ◇

7月の東京オリンピック(五輪)で、大坂が金メダル獲得に大きく近づいた。全豪は、東京五輪前に行われる最後のハードコートの4大大会。会場の有明テニスの森公園は、メーカーは異なるが、同じハードコート。今回の優勝は、金メダルへのバロメーターだ。

今大会を前に、大坂は「今年に限れば、4大大会より五輪が最大の目標」と断言した。「16年リオ大会に出られないとなったときに、目標を東京に定めた」。五輪は小さい頃からの夢でもあった。「それが自分の母国で開催されるときに出られるなんて」。喜びは隠せない。

ハードコートに限れば、19年9月の東レ・パシフィックで優勝して以来、37勝2敗。また、試合前棄権が2度あるが、昨年8月の全米前哨戦から全豪優勝まで21連勝。これもすべてハードコートで、間違いなくハードコートの女王だ。

加えて、東京五輪の時期は、高温多湿が予想される。選手にとっては命にかかわる危険な天候だが、それも大坂に味方するかもしれない。育ったのは米フロリダ。夏は非常に高温多湿で、暑さには「私はフロリダ育ち。夏のフロリダはもっと暑い」と、意に介さない。

次戦は3月のマイアミオープンに出場予定だ。同大会もハードコートでの開催で、優勝すれば、今季は負けなし、19年東レからハードコート2敗のまま、東京五輪を迎える可能性もある。その時は、マイアミの勝ち星を加えたハードコート43勝2敗で、金メダル獲得率9割6分だ。

◆東京五輪テニス出場権 男女シングルスは各64人の出場。各国および地域最大4人で、21年6月7日の世界ランキングで上位56人までが本戦出場資格を得る。大陸枠が今回初めて採用され、アジア枠は18年アジア大会の優勝者に与えられる。日本選手が1人も本戦に入らなかった場合、開催国枠で最低1人は出場ができる。また、国別対抗戦の代表に選出される回数の条件もある。

優勝を決め、ブレイディ(手前)と抱き合う大坂(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂なおみ2年ぶり全豪V「チームに観客に感謝」

優勝を飾った大坂なおみ(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇20日◇メルボルン◇女子シングルス決勝

ハードコート女王の誕生だ! 世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、2年ぶり2度目の優勝の快挙を成し遂げた。同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)を6-4、6-3で下し、4大大会通算4度の優勝は、すべてハードコートとなった。現役では、クライシュテルス(ベルギー)と並び、S・ウィリアムズの13度に次ぐ2番目の多さだ。大会後の最新世界ランキングで2位に復帰する。

準決勝のS・ウィリアムズと同様、ツアーでも屈指のパワーを誇るブレイディに、大坂は、見事、打ち勝った。4大大会初の決勝進出で、挑戦者として向かってくる相手をしっかりと受け止め、大坂は完全に跳ね返した。

試合後の優勝者スピーチでは「私のチームに感謝します。(コロナによる)隔離を一緒に乗り越えました。私にエネルギーを与えてくれた観客の皆さんに感謝します。そしてこの機会を与えて下さった皆さんに感謝します」と話した。

20年全米準決勝でブレイディと対戦した試合を「人生の中でも、最高の試合の一つ」と自賛する。「そこから多くのことを学んだ」と、大坂は、自分の成長の糧にした。その再現となったこの決勝で、決して負けるわけには行かなかった。

昨年の8月の全米前哨戦から、試合前棄権が2度あるが、試合をすれば21連勝中。すべてハードコートの大会だ。全豪以外の2度の4大大会優勝も、ハードコートの全米で、今大会でついた愛称は「ハードな女王」。破るのが「堅固」な意味も含まれる。

4大大会の準々決勝以降も12戦無敗。4回戦さえ突破すれば、絶対に負けなかった。「以前は、4回戦が壁だった。だから、4回戦を勝てば、負けたくない集中力が高まった」。

1日5時間の外出は可能とはいえ、オーストラリア入りしたアデレードで2週間の隔離を強いられた。徹底的な感染症対策の中、開催された異様な大会でも、大坂の強さは揺らがなかった。「厳しさは十分に理解している」と、部屋でNetflixや食事を堪能し、外野の雑音さえ楽しんだ。

試合中に泣き出したり、会見で動揺し途中退席した大坂はもういない。チーム大坂で最も長く大坂のそばにいて、姉のような存在の茂木奈津子トレーナーは「もう、あのようなことはないと思う」と、大人への成長を断言する。コロナ禍にも負けず、自分を奮い立たせた優勝で、大坂が真のハードな女王に君臨する。

関連するニュースを読む

大坂なおみV堅い、安定感増し有利動かず/決勝展望

決勝に進出した大坂なおみ(左)とブレイディ(21年2月撮影=AP)

大坂、ゴールデンスラムなるか! 20日、日本時間午後5時半からの決勝で、世界ランキング3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、2年ぶり2度目の全豪制覇に挑む。優勝すれば、全豪覇者だけが得る年間グランドスラム(4大大会全制覇)への挑戦権に加え、今年は五輪イヤーでもあり、東京五輪金メダルなら、男女を通じ歴代2人目の年間ゴールデンスラム(5冠)の偉業も夢ではなくなる。決勝の相手は同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)。対戦成績は大坂の2勝1敗。

   ◇   ◇   ◇

女子決勝展望 大坂有利は動かない。サーブ力、リターン力ともに大坂が勝っている。しかし、ブレイディは初の4大大会決勝で、失うものはない状況でもあり、怖い。大坂に負けないパワーがあり、20年全米準決勝ではフルセットと対等に打ち合った。大坂が「最も覚えており、最も学んだことが多かった」と話した試合だ。しかし、今大会は、その全米よりも大坂のプレーが安定している。第1サーブが入る確率が低くても、パワーに頼らない戦術も向上しており、前回の対戦の評価が高い分、気も引き締めるだろう。よほどの絶不調でもない限り、大坂の優勝は堅いとみる。

◆WOWOW放送予定 20日午前9時5分から。同日午後3時半から。同日午後5時15分から。ともにWOWOWライブ。女子シングルス決勝ほか。生放送。WOWOWオンデマンドでもライブ配信。

関連するニュースを読む

大坂なおみ挑む年間5冠、史上2人目偉業へ扉開く

大坂、ゴールデンスラムなるか! 20日、日本時間午後5時半からの決勝で、世界ランキング3位の大坂なおみ(23=日清食品)が、2年ぶり2度目の全豪制覇に挑む。優勝すれば、全豪覇者だけが得る年間グランドスラム(4大大会全制覇)への挑戦権に加え、今年は五輪イヤーでもあり、東京五輪金メダルなら、男女を通じ歴代2人目の年間ゴールデンスラム(5冠)の偉業も夢ではなくなる。決勝の相手は同24位のジェニファー・ブレイディ(米国)。対戦成績は大坂の2勝1敗。

   ◇   ◇   ◇

夢のような話が飛び出した。大坂が制した4大大会は全豪、全米ともにサーフェスはハードコート。赤土の全仏、芝のウィンブルドンともに3回戦が最高成績だが、メルボルンで記者会見しフィセッテ・コーチは「2つのコートともに、なおみは十分に戦える。今年優勝してもおかしくない」と絶賛だ。

年間4大大会全制覇は、女子の88年グラフが最後で、32年間、誰も成し遂げていない。達成したのは男子2人、女子3人のわずか5人。世界のテニス界で、最も困難な偉業といわれる。以前、大坂は「4大大会を全部取るのが夢」と話している。

加えて、五輪が加わる年間5冠は、五輪年に、その年の最初の4大大会を制する必要があり、運にも左右される。その5冠達成は、男女を通じて、歴代で88年にソウル五輪を制したグラフしかいない。

大坂は米国のハードコート育ち。不規則バウンドが少ないコートに慣れている。赤土や芝は自然のコートで、不規則バウンドは当たり前。加えて赤土は球足が遅くポイントが決まりづらく、芝はストロークが安定しない。そこを我慢できるかが、大坂の課題だった。

しかし、日本協会の吉川真司女子代表コーチは「落ち着いている。気持ちのコントロールができている」と指摘。同協会の土橋登志久女子代表監督は「リターンが安定し、ラリーに持っていける展開ができている」と、課題だった精神面、戦術面の安定性が向上しているとみる。

東京五輪は、大坂得意の有明のハードコートでもあり、「気が早いが、ゴールデンスラムも夢ではない」(土橋監督)ということになる。その第1歩のため、フィセッテ・コーチは「経験と自信だけ。ミスしても自分を信じること」と話す。壮大な夢の達成に向け、まずは今年最初の大一番に挑む。

○…ブレイディは初の4大大会決勝に「どんな気持ちになるか分からないけど、楽しみたい」。ジュニア時代は目立った成績はない。しかし、カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)に進学後、14年に同校を全米優勝に導いた。大学で開花し、同年プロ転向。20年米レキシントンでツアー初優勝を飾った。

◆ゴールデンスラム テニスの場合、4大大会すべてを制することをグランドスラムと呼ぶ。1年間で4つ全てを制するのが年間グランドスラムで最も価値が高い。加えて、五輪を制するのがゴールデンスラムと呼ばれ、同一年で達成した年間5冠は女子の88年グラフだけ。生涯で5冠達成も、男子でアガシ(米国)、ナダル(スペイン)、女子はグラフとS・ウィリアムズ(米国)だけ。

◆WOWOW放送予定 20日午前9時5分から。同日午後3時半から。同日午後5時15分から。ともにWOWOWライブ。女子シングルス決勝ほか。生放送。WOWOWオンデマンドでもライブ配信。

関連するニュースを読む

女子テニス国別対抗は延期 コロナ影響で

国際テニス連盟は18日、新型コロナウイルスの影響を受け、4月中旬にブダペストで開催予定だった女子の国別対抗戦ビリー・ジーン・キング杯(旧フェド杯)決勝大会を延期すると発表した。新日程は近く決まる。

兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで行われる日本-ウクライナなど、次回大会の予選出場権を懸けた4月のプレーオフは予定通り実施する。(共同)

関連するニュースを読む

初決勝進出ブレイディ「サーブがすごい」大坂を警戒

決勝進出を決めたブレイディはガッツポーズ(ロイター)

<テニス:全豪オープン>◇18日◇メルボルン◇女子シングルス準決勝

ブレイディが自身初の4大大会決勝に進んだ。

準決勝では、最終セットの5-4で、5度目のマッチポイントでようやく勝利を手にすると「ナーバスになった」と心境を明かした。決勝には「いろんな思いがこみ上げると思う。でも、どれだけそれをコントロールできるか」。そして大坂には「サーブがすごくて、どんどん圧をかけてくる」と警戒した。

決勝進出を決めたブレイディは倒れこみ喜びを表現(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂「夢のよう」強化した9つのサーブ“伝説”撃破

決勝進出を決め声援に応える大坂(AP)

<テニス:全豪オープン>◇18日◇メルボルン◇女子シングルス準決勝

大坂が“伝説”を撃破! 世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が2年ぶり2度目の優勝に王手をかけた。

18年全米決勝の再現で、4大大会23度の優勝を誇る“生きる伝説”、同11位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-3、6-4のストレート勝ち。今大会後に発表される最新世界ランキングで2位復帰も確定した。20日に予定されている決勝では同24位のブレイディ(米国)と対戦する。対戦成績は大坂の2勝1敗。

   ◇   ◇   ◇

“生きる伝説”に、世代交代を迫った。4大大会23度の優勝を誇るセリーナ。その歴史の重みが襲いかかったが、大坂はひるまなかった。「ネットの向こう側の威圧感は半端じゃない」。その重圧に耐え、ガチンコ勝負で完全にはね返した。

試合終了後、世代交代を悟ったかのようなセリーナから、そっと抱きしめられた。それにぺこりとお辞儀で礼を尽くした。「夢のような時間。現実じゃないみたい」とほほ笑み、セリーナを見送った。

第1セットの最初の5ゲームがすべてだった。大坂のサーブで始まった第1ゲームの第2ポイント。第2サーブで、セリーナがバックのリターンをたたき込んだ。「緩い球だと、やられてしまう。恐怖さえ感じた」。威圧感の恐怖からか、第1サーブが入らない。自分の最初の3度のサービスゲームで、第1サーブが入った確率はわずか34%。しかし、それを救ったのが、1年半ほど強化してきた第2サーブだった。

最初の3度のサービスゲームで、第2サーブは約5割の得点率を挙げた。特に、2オールから、絶対に落とせない自分のサービスゲーム。8本の第2サーブのうち、75%の6本を得点につなげた。0-2から3-2とリードすると、そのまま5ゲーム連取で、第1セット先取につなげた。

第2サーブは横、縦、斜めの3種の回転に、真ん中、外側、相手の身体の3コースを組み合わせる。9つの変化球。それを駆使し、セリーナのリターンを封じた。以前は球種が縦回転1種で、コースは2つ。バリエーションが増えた効果は大きかった。

4大大会準々決勝に進出後は、決して負けない。過去3度の決勝ももちろん無敗。「準優勝は誰も覚えていない。優勝者だけが記憶に刻まれる」。その決勝の相手は、昨年の全米準決勝で、激しい打ち合いで勝ったブレイディ。「最高の試合だったが、そこから成長した」。“伝説”から世代を受け継いだ大坂に死角はない。【吉松忠弘】

○…会場があるビクトリア州は、6日ぶりに感染症対策で州境を封鎖していたロックダウンが解けた。大会も、1日最大7477人までだが、12日以来の観客が戻ってきた。大坂はコートに入場したとき、会場全体を見回し「せっかくお客さんが戻ってきた。楽しんで、いい試合にしたかった」と、有観客に力をもらっていた。

試合後、健闘をたたえ合う大坂(左)とS・ウィリアムズ(AP)
S・ウィリアムズを破って決勝進出を決め、ガッツポーズする大坂(ロイター)

関連するニュースを読む

大坂とセリーナ力の差 3年前より明確/堀内氏分析

試合後、健闘をたたえ合う大坂(左)とS・ウィリアムズ(AP)

<亜大総監督・堀内昌一氏が分析>

<テニス:全豪オープン>◇18日◇メルボルン◇女子シングルス準決勝

世界3位の大坂なおみ(23=日清食品)が2年ぶり2度目の優勝に王手をかけた。18年全米決勝の再現で、4大大会23度の優勝を誇る“生きる伝説”、同11位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-3、6-4のストレート勝ち。今大会後に発表される最新世界ランキングで2位復帰も確定した。20日に予定されている決勝では同24位のブレイディ(米国)と対戦する。対戦成績は大坂の2勝1敗。  

   ◇   ◇   ◇

今大会の大坂を見ていて強く感じるのは、第2サーブとフットワークの向上だ。これまでのパワフルな第1サーブに加え、スピンの利いた高精度の第2サーブを身につけている。動きもスムーズだ。ステップが以前より大きくなり、コートを速く、広くカバーできるようになった。

第2セット第8ゲームを3つのダブルフォールトなどで失った。取れば5-3と勝利に近づく局面で積極的に攻めた結果。どのサーブもジャストアウトでギリギリのコースを狙ったものだ。4-4とされたが次のゲームをラブゲームでブレーク。余裕を持ったラリーでセリーナを左右に振り回し、バックのウイナーを3本決めた。そして第10ゲームでは第1サーブをすべて決め、連続ラブゲームでフィニッシュした。

第1セットの第1サーブの確率は36%、試合を通じても45%だった。しかし、第1サーブのポイント確率は85%。セリーナのリターンを警戒し、第1サーブで大胆に攻めた証明だ。それを支えたのが2つの新たな武器だった。18年の全米決勝よりも2人の差は明確になった。最後の3ゲームがその象徴で、セリーナには衝撃の敗戦だったに違いない。

(亜大教授、テニス部総監督)

◆大坂の第2サーブ 準決勝の得点率は48%。前回、4大大会でセリーナと対戦した18年全米決勝では40%だったので、8%の上昇だ。今大会を通じて決勝までの6試合で平均53%の得点率。19年全豪で優勝した時、6試合の平均は50%なので、3%ほど得点率が上がっている。第2サーブで半分以上、得点につなげることができれば、女子では合格点だ。

決勝進出を決め声援に応える大坂(AP)

関連するニュースを読む