日刊スポーツ

錦織「貢献は一生もの」相性抜群ボティーニ氏に感謝

青山、柴原組は8強入り クレムリン・カップ

<テニス:クレムリン・カップ>◇16日◇モスクワ

ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組はロシアのペアに6-1、6-3で勝って8強入りした。(共同)

関連するニュースを読む

西岡良仁が8強入り ストックホルムOP

<男子テニス:ストックホルム・オープン>◇16日◇ストックホルム

男子テニスのストックホルム・オープンは16日、ストックホルムで行われ、シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)は第3シードのテーラー・フリッツ(米国)を7-5、6-4で破って8強入りした。(共同)

関連するニュースを読む

西岡、杉田が2回戦へ ストックホルムOP

<男子テニス:ストックホルム・オープン>◇15日◇ストックホルム

シングルス1回戦で西岡良仁(ミキハウス)はラドゥ・アルボット(モルドバ)に3-6、6-4、6-1で勝って2回戦に進出した。

杉田祐一(三菱電機)はエリアス・イマー(スウェーデン)を7-6、6-2で退けた。(共同)

関連するニュースを読む

錦織「貢献は一生もの」相性抜群ボティーニ氏に感謝

ボティーニ・コーチ(右)と談笑する錦織(2019年1月撮影)

ひとつの蜜月に、幕が下りた。男子テニスで世界9位の錦織圭(29=日清食品)が15日、自身のSNSで、ダンテ・ボティーニ(アルゼンチン)とのコーチ契約を解消すると発表した。錦織は「毎日、毎日、ともに練習してきた仲。ただ、そろそろ新しい声を聞く時だと決断した。自分のテニス人生で、ダンテの貢献は一生もの。そして、いまだに仲のいい友だちでもある。本当に9年間、ありがとう」とコメントした。

すでに次のコーチは絞られており、あとは契約を待つだけだという。もう1人のコーチであるマイケル・チャン(米国)との契約は継続で、錦織の練習拠点が米フロリダにあるIMGアカデミーであることも変わりはない。

ボティーニは、錦織をともに指導してきたチャンに、名前でも実績でも及ばない。一般的には、チャンが錦織のコーチだと思っている人は多い。しかし、この9年間、全ての試合で、一時も離れず、指導してきたのはボティーニであり、コーチといえばボティーニだった。チャンは、あくまでもアドバイザリーの立場でしかない。

ボティーニは、錦織が拠点としているIMGアカデミーのコーチだった11年から、錦織と専属コーチの契約を結んだ。それまで、錦織は非常に多くのコーチの指導を受けてきた。人との距離の取り方が非常に繊細なのが錦織だ。くっつきすぎても、離れすぎてもだめだ。その微妙な間合いは、なかなか分かりにくい。

以前、自分のコーチが、その上司が見に来た時に、態度が変わったのを見て、錦織はコーチを替えたという逸話がある。その中で、9年という月日を錦織と過ごしたボティーニは、もちろん錦織の指導歴が最長で、相性は抜群だったということだ。

アルゼンチン出身だけあって、ラテンの乗りで明るく、イージーゴーイング(=くよくよせず、非常に前向き)だった。おいしいものには目がなく、アルゼンチン・ステーキの店を、私も何度も教えてもらった。夕飯は、多くの人と楽しく食べるのが常だった。

実は、錦織の性格はネガティブな方かも知れない。自分が先頭に立ち、引っ張るタイプではない。負けた後などは、ほとんど口を開かない。だからこそ、正反対のボティーニはちょうど良く、付かず離れずのころ合いが、最高の関係だったのだろう。

14年にチャンがアドバイザリー・コーチとなり、同年の全米で準優勝した時、誰もがチャンの名前を出し、彼の貢献度をたたえた。しかし、その度に、錦織は必ずボティーニの名前を出すことを忘れなかった。

たぶん、コーチがチャンだけだったなら、逆に錦織はつぶれていたかもしれない。チャンのストイックさは、錦織にとって吉にも凶にもなる。そのストイックさを中和させていたのがボティーニだった。

ただ、少し長すぎる春だったのかもしれない。ボティーニも、錦織以外の選手を育てた実績は多くない。そろそろ、ともに卒業し、次のステップへ歩み出す時期だったのだろう。14日、有明コロシアムで行われた慈善イベントに、ボティーニの姿はあった。ひと言、何か言いたかったが、声はかけられなかった。【テニス担当=吉松忠弘】

◆ダンテ・ボティーニ(Dante Bottini)1979年8月10日、ブエノスアイレス生まれ。西フロリダ大卒業後、プロに転向したが、シングルスの最高世界ランクは827位と成功せず。その後、IMGアカデミーのコーチとなり、現在に至った。183センチ、77キロ。

関連するニュースを読む

錦織、9年に及ぶボッティー二・コーチとの関係解消

錦織圭

男子テニスで世界ランク9位の錦織圭(29=日清食品)が15日、自身のインスタグラムで、ダンテ・ボッティー二氏との9年間に及ぶコーチ関係を解消すると発表した。

錦織は英文で「9年間に及び来る日も来る日も一緒にトレーニングをしてきたが、新しい声を聞く時だと決断しました。ダンテの僕のキャリアへの貢献には感謝し、もちろん、これからも親友であり続けます。(中略)9年間に及ぶ僕らの友情に心から感謝する」と記した。

ボッティーニ氏とは2010年12月からコーチ関係にあり、14年の全米オープンの男子シングルスで準優勝に輝いた。また、16年のリオデジャネイロオリンピック(五輪)で銅メダルを獲得している。

関連するニュースを読む

錦織圭は世界ランク9位に後退 西岡良仁74位

男子テニスの14日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は8位から9位に後退した。

西岡良仁(ミキハウス)は1つ上げて74位。1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2位ラファエル・ナダル(スペイン)、3位ロジャー・フェデラー(スイス)は変わらなかった。(共同)

関連するニュースを読む

フェデラー東京五輪出場を明言「必ず戻ってくる」

イズナーとの試合を終え、観客の声援に応えるフェデラー(撮影・河田真司)

男子テニスで、4大大会男子シングルス歴代最多20度の優勝を誇る世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)が、「来年のオリンピックに必ず戻ってくる」と、初めて20年東京オリンピック(五輪)へ出場の意思を示した。

14日、都内でテニスの慈善イベントが行われ、フェデラーとともに、錦織圭(29)、車いすテニスの国枝慎吾(35)らが参加。エキシビションマッチなどを行った。その最後のあいさつで、東京五輪の会場となる有明コロシアムを埋めたファンに、東京五輪出場を明言した。

フェデラーは、東京五輪出場を明確にしていない大物の1人だった。しかし、「(出場を)アナウンスするのなら、開催する都市でしたい」と、今回の機会を選択した。それでも、年間の過密なツアー日程をやりくりするのは大変で、「何度もスケジュールを確認した」という。

フェデラーの五輪は、00年シドニー五輪が最初で、12年ロンドン五輪まで4大会連続で出場した。「すべての五輪が特別。(初めて出た)シドニーでは、妻と一緒に代表になった」。04年アテネ、08年北京五輪では、母国スイスの旗手を務めた。「絶対に(東京に)来たいと感じた」。

16年リオデジャネイロ五輪は、左ひざの故障のために欠場した。

試合を終えたフェデラー(右)は、イズナーとがっちり握手を交わす(撮影・河田真司)
サインに応じるフェデラー(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

メドベージェフ今季4勝目 マスターズ上海大会

<男子テニス:マスターズ上海大会>◇13日◇上海

シングルス決勝でダニル・メドベージェフ(ロシア)が6-4、6-1でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を下し、今季4勝目、通算7勝目を挙げた。(共同)

関連するニュースを読む

大坂なおみ3位変わらず 1位バーティも変動なし

大坂なおみ(19年9月撮影)

女子テニスの14日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は前週と同じ3位だった。1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)、2位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)も変動なし。

土居美咲(ミキハウス)は74位で変わらず、日比野菜緒(ブラス)は9つ下がって99位となった。(共同)

関連するニュースを読む

15歳のガウフがツアー初優勝 オスタペンコ破る

<女子テニス:アッパーオーストリア・レディース>◇14日◇オーストリア・リンツ

シングルス決勝で15歳のコリ・ガウフ(米国)が6-3、1-6、6-2でエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を破り、ツアー初優勝を遂げた。(共同)

関連するニュースを読む

日比野、加藤組が2回戦へ 天津オープン

女子テニスの天津オープンは9日、中国の天津で行われ、ダブルス1回戦で日比野菜緒(ブラス)加藤未唯(ザイマックス)組がカテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ)、アリーナ・ロディオノワ(オーストラリア)組を6-0、6-0で下し、2回戦に進んだ。(共同)

関連するニュースを読む

元世界1位マリーが全豪出場へ 6月ダブルスで復帰

アンディ・マリー(2015年1月27日撮影)

男子テニスで、臀部(でんぶ)の再手術からの復活を目指す元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)が来年1月開幕の全豪オープンのシングルスに出場すると、大会事務局が8日、明らかにした。

4大大会のシングルス出場は今年の全豪以来となる。

A・マリーは6月にダブルスで復帰。シングルスでも8月から実戦に復帰している。(共同)

関連するニュースを読む

錦織圭、世界ランク8位で変わらず 西岡75位

男子テニスの7日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は8位で変わらなかった。西岡良仁(ミキハウス)は75位。1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2位ラファエル・ナダル(スペイン)、3位ロジャー・フェデラー(スイス)は動かなかった。(共同)

関連するニュースを読む

大坂なおみ世界ランク3位に浮上 土居美咲は74位

女子テニスの7日付世界ランキングが発表され、中国オープンを制した大坂なおみ(日清食品)は4位から3位に浮上した。決勝で大坂に敗れたアシュリー・バーティ(オーストラリア)が1位を維持し、2位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)も動かなかった。

土居美咲(ミキハウス)は74位、日比野菜緒(ブラス)は90位だった。(共同)

関連するニュースを読む

ジョコビッチ初V 全試合ストレート勝ち 楽天OP

ジョコビッチ(2019年10月4日撮影)

<テニス:楽天ジャパンオープン>◇6日◇東京・有明コロシアム◇シングルス決勝

ジョコビッチが圧倒的な強さを披露した。全試合ストレート勝ちで、初出場初優勝。

9月の全米で左肩を痛めて4回戦を途中棄権した。今大会出場を決めたのは、大会開始1週間前だったが強さは別格だった。悲願の金メダルに挑む来年の五輪のためには、どうしても出ておきたい大会で「おもてなしは最高だった。戻ってくる」。五輪での再来日を楽しみにしていた。

関連するニュースを読む

大坂なおみ、強さ「証明」日本女子初2大会連続V

日本女子初の2大会連続優勝を達成した大坂なおみ(AP)

<女子テニス:中国オープン>◇6日◇中国・北京◇女子シングルス決勝

18年全米、19年全豪優勝で世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が9月の東レ・パンパシフィック(大阪)に続き、日本女子初の2大会連続優勝を成し遂げた。

同1位のバーティー(オーストラリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝ち。ツアー通算5勝目を挙げた。今大会は4大大会に次ぐレベルのプレミアマンダトリーで、このレベルでは18年BNPパリバオープンに次ぐ優勝。7日に発表予定の最新世界ランクで3位となる。

    ◇    ◇    ◇

今大会、感情をほとんど表に出さなかった大坂に、ようやく歓喜の瞬間がやってきた。2度目のマッチポイント。バーティーのバックがアウトになると、思わず左手でガッツポーズ。「(自分が強いと)証明したいために、どうしても勝ちたかった」。金色に輝く特大のカップを抱くと、ようやく笑顔が戻った。

前夜、今年の全米女王アンドレースクと2時間半近い死闘を演じた。疲労からか得意のサーブが不発。ダブルフォールトを連発し、第1セットを失った。しかし、第2セットから速度を落としコースを狙ったショットで対応。相手からミスを引き出すと、そのまま逆転につなげた。

9月の全米直後にジェンキンス氏とのコーチ契約を解消した。父フランソワさんがコーチ代理となってから東レ、今大会と負けなしの10連勝だ。「原点に少しだけ戻った感じ」と話していた父の教えで見事に復活。優勝後、その父の元に駆け寄り、しっかりと抱きしめた。

日本女子としては史上初の2大会連続優勝。これで、残りは27日開幕のツアー最終戦WTAファイナル(中国・深■だけだ。昨年は初出場で3戦全敗。その屈辱を晴らすために、万全の体制でこの勢いを持ち込む。

※■は土ヘンに川

日本女子初の2大会連続優勝を達成した大坂なおみ(AP)

関連するニュースを読む

大坂なおみ、世界1位バーティー下し中国OP初優勝

中国オープン決勝、返球する大坂(AP)

<テニス:中国オープン>◇6日◇中国・北京◇女子シングルス決勝

世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、同1位のバーティー(オーストラリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝ちを収め、大会初優勝を飾った。対戦成績は大坂から2勝2敗となった。7日発表の最新世界ランキングで3位に復帰する。

今大会は4大大会に次ぐレベルのプレミアマンダトリー。大坂は、18年にツアー初優勝を遂げたBNPパリバオープンに続く同クラスの優勝となった。

これで、ツアー4勝目を達成した9月の東レ・パンパシフィック(大阪)から負けなしの10連勝となった。

サンバイザーで顔を覆う大坂なおみ(AP)

関連するニュースを読む

国枝慎吾「勝ててとても満足」創設関わった大会V

<車いすテニス:楽天ジャパンオープン>◇6日◇東京・有明テニスの森公園◇男子シングルス決勝ほか

20年東京パラリンピックで08年北京、12年ロンドンに続く3度目の金メダルを狙う世界2位の国枝慎吾(35=ユニクロ)が、改修された東京パラリンピックの会場で初めての栄冠を手にした。

同6位のオルソン(スウェーデン)に6-0、6-2のわずか54分で圧勝。出だしからオルソンの不調につけ込み、一気に9ゲームを連取して、記念すべき第1回大会の王者となった。「日に日に、自分のレベルも上がっていった。これだけたくさんのお客さんの前で勝ててとても満足」。

実は、今大会の創設に、国枝自身も奔走した。車いすテニスは世界ツアーがあるが、一般のテニス大会と一緒に行われるのは4大大会だけと言ってもいい。一般の男子のATPツアーや、女子のWTAツアーの大会とともに行われるのは、数えられるぐらいだ。

「ATPの大会で車いすテニスの大会をやるのが、車いすテニス選手の念願だった」。楽天ジャパンオープンで車いすテニス大会を開催する構想は、数年前からあった。国枝自身も「何度も関係者にお願いしてきた」。それが今年、実現したが、大会のレベルは4大大会を頂点とした6段階中4番目。国枝や、決勝で対戦したオルソンは出場しない規模だ。

しかし、国枝は世界を転戦しながら出場選手をリクルートした。自らも出場することで、日本で初めて開催されたATPツアーとの共催を助け、日本での車いすテニスの普及に尽力した。そして、何より、自ら優勝することで、その存在を、パラリンピック前に知らしめた。

関連するニュースを読む

大坂なおみ9連勝で決勝進出 Vなら世界3位復帰

バックハンドで返球する大坂なおみ(ロイター)

<テニス:中国オープン>◇5日◇中国・北京◇女子シングルス準決勝

世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、大会自身初の決勝に進んだ。18年全豪優勝で同19位のウォズニアッキ(デンマーク)に6-4、6-2のストレート勝ち。決勝では同1位のバーティー(オーストラリア)と対戦する。対戦成績は大坂から1勝2敗。

今大会は4大大会に次ぐレベルのプレミアマンダトリー。大坂は、18年にツアー初優勝を遂げたBNPパリバオープンに続く同クラスの決勝進出となった。

大坂は、過去2戦全敗でセットさえ奪ったことがない相手に対し、力強いショットで対抗。1度も自分のサービスゲームを失うことなく、30本の決定打をたたき込み、第1セットを6-4で奪うと、そのまま第3セットも突き放した。

これで、ツアー4勝目を達成した9月の東レ・パンパシフィック(大阪)から負けなしの9連勝だ。準々決勝を勝ったことで、上位8人しか出場できない10月27日開幕のツアー最終戦WTAファイナル(中国・深セン)へ2年連続での出場も決まった。

もしバーティーに勝って優勝すると、7日発表の最新世界ランキングで3位に復帰する。

大坂はラケットを投げつけ、怒りをあらわにする(AP)

関連するニュースを読む

大坂なおみ、2年連続WTAファイナルへの出場決定

勝利し笑顔の大坂(AP)

女子テニスで、18年全米優勝、今年の全豪優勝で世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、2年連続で、ツアー最終戦WTAファイナルへの出場を決めた。

ツアーを統括するWTAが4日、明らかにした。WTAファイナルは、その年の上位8人だけが出場できるエリート大会で、今年は10月27日から中国・深センで開かれる。大坂は、今年の全米女王で、同6位のアンドレースク(カナダ)に5-7、6-3、6-4の逆転勝ちで2年連続での4強に進出した。

関連するニュースを読む

アンドレースク「最悪の気分」大坂に敗戦連勝止まる

リターンするアンドレースク(AP)

<女子テニス:中国オープン>◇4日◇中国・北京◇女子シングルス準々決勝

世界ランキング4位大坂なおみ(21=日清食品)に逆転負けした同5位のアンドレースク(カナダ)はツアーでの連勝記録が17で止まった。「最悪の気分。でも、どっちに転んでもおかしくない試合だったし、お互いいいプレーをした」と前を向いた。

今季は大躍進を遂げ、年間上位8人で争われるWTAファイナル初出場も決めた。「(四大大会で初優勝した)全米オープンの時よりもショットの感覚はいいかもしれない。ここからさらに上げていって、ファイナルで結果を残したい」ともう一暴れする。(共同)

関連するニュースを読む

大坂なおみが上位8人によるWTAファイナル出場へ

中国OPでアンドレースクを破った大坂なおみ(ロイター)

女子テニスで、18年全米優勝、今年の全豪優勝で世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、2年連続で、ツアー最終戦WTAファイナルへの出場を決めた。ツアーを統括するWTAが4日、明らかにした。WTAファイナルは、その年の上位8人だけが出場できるエリート大会で、今年は10月27日から中国・深センで開かれる。

大坂は、開催中の中国オープン(北京)で、今年の全米女王で、同6位のアンドレースク(カナダ)と対戦。5-7、6-3、6-4の逆転勝ちで2年連続での4強に進出した。次戦では同19位のウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

関連するニュースを読む

大坂なおみ全米女王対決制す 中国OP逆転4強進出

大坂(AP)

<女子テニス:中国オープン>◇4日◇中国・北京◇女子シングルス準々決勝

18年と19年の全米女王の対決は、世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が見事な逆転劇で制した。同6位のアンドレースク(カナダ)を5-7、6-3、6-4のフルセットで下し4強に進出した。次戦では同19位のウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

2時間14分の激戦となった。18年にセリーナを破り衝撃的な優勝を果たした大坂と、今年の全米でやはりセリーナを下し彗星(すいせい)のように栄冠を手にしたアンドレースクの対戦は、女子とは思えない豪快な打ち合いを演じた。

5-7、1-3から、5ゲームを連取して第2セットを奪った。最終セットも1-3とダウン。しかし、すぐに追いつき4オールから相手のサービスゲームをブレーク。5-4リードで、最初のマッチポイントではダブルフォールト。しかし、3本目のマッチポイントでサービスエースを決めると、思わず「カモーン」の声が飛び出した。

カギは、第1セットだったかもしれない。1-5から、気持ちが折れずに5オールまで追いついた。結局、5-7で奪われたが、あきらめなければ追いつけるという強い心が生まれたに違いない。第2セット、最終セットも、ボールを追い続け、逆転につなげた。

これで、10月27日に開幕するツアー最終戦WTAファイナル(中国・深セン)への出場権を、ほぼ手中に収めた。ツアー4勝目をあげた9月の東レ・パンパシフィック(大阪)から8連勝中。再び強い大坂が戻ってきた。

関連するニュースを読む

国枝慎吾「すごくきれい」有明新設コートで初戦突破

車いすシングルス1回戦の第2セットでカットボールを放つ国枝(撮影・河田真司)

<テニス:楽天ジャパンオープン>◇4日◇東京・有明コロシアムおよびテニスの森公園◇車いすテニス・シングルス1回戦

北京、ロンドンで、パラリンピック2大会連続金メダルの世界2位、国枝慎吾(35=ユニクロ)が、20年東京オリンピック、パラリンピックのために改修された有明テニスの森公園で、初めてプレーした。今年から始まった車いすテニスのツアー公式戦に出場し、1回戦で韓国選手にストレート勝ち。「(東京)パラリンピックの初戦だと思って、自分との戦いになると思い、わざと意識してやった」。

戦ったのは有明コロシアムではなく、新たに建設された1番コート。今大会では「楽天カードアリーナ」という名称で初めて使用されている。屋根はついていないが「楽しみにしていた。すごくきれいなコート」と、満足そうだ。

スピン系の打球を中心とした最近と、直線的な打球だった以前を混合させた改良中のバックハンドも「今年中には完成しそう」と頼もしい。3度目の金メダルに向けて、パラリンピックの舞台で、国枝がまずは1勝だ。

◆WOWOW放送予定 9月30日(月)~10月6日(日)まで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信中。

車いすシングルス1回戦、第2セットでサーブを放つ国枝(撮影・河田真司)
車いすシングルス初戦を突破し、笑顔でコートを引き揚げる国枝(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

大坂なおみストレートで8強 次戦は全米覇者

<テニス:中国オープン>◇3日◇中国・北京◇女子シングルス3回戦

テニスの中国オープンは3日、北京で行われ、女子シングルス3回戦で第4シードに入った世界ランキング4位の大坂なおみ(日清食品)が24位のアリソン・リスク(米国)を6-4、6-0で退け、8強入りを果たした。

大坂は4日の準々決勝で全米オープンを初制覇した第5シードのビアンカ・アンドレースク(カナダ)と顔を合わせる。

関連するニュースを読む

ダニエルが56位破り大会初8強 内山とそろい踏み

ダニエル太郎(19年10月撮影)

<男子テニス:楽天ジャパン・オープン>◇3日◇東京・有明コロシアムおよびテニスの森公園◇シングルス2回戦

世界ランキング127位で大会推薦出場のダニエル太郎(26=エイブル)が大会で自身初のベスト8に進んだ。

同56位のトンプソン(オーストラリア)に6-4、7-6のストレート勝ち。前日の内山靖崇(27)と合わせて、日本男子が大会で2人8強入りをするのは史上初となった。また、ツアー大会のレベルで、今大会の500以上の大会で、日本男子が同時に2人以上8強入りするのは、これも初めてとなった。

日本男子がツアーの同大会で2人以上、ベスト8以上に進んだのは過去5大会。いずれも500レベルより格下の大会だった。

◆WOWOW放送予定 9月30日(月)~10月6日(日)まで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信中。

関連するニュースを読む

内山靖崇8強「うれしい」世界100位以内見えた

2回戦を突破し、観客の声援に笑顔で応える内山(撮影・河田真司)

<男子テニス:楽天ジャパンオープン>◇2日◇有明コロシアム◇シングルス2回戦

世界136位で予選勝者の内山靖崇(27=北日本物産)が、マスターズに次ぐ大会の格付け500の大会で自身初の8強入りした。

ランク上で同45位のアルボット(モルドバ)に6-7、6-3、6-4の逆転勝ち。準々決勝では同53位のオペルカ(米国)と対戦する。同1位のジョコビッチ(セルビア)も危なげなくベスト8に進んだ。

   ◇   ◇   ◇

2時間25分。勝った瞬間、内山は大きく両手を突き上げた。第1セットは失ったが、「こんなものじゃない。自分のプレーをすればめちゃくちゃチャンスはある」と自らを鼓舞して逆転勝ち。

年頭のブリスベンで8強入りしたが「今日の方が断然うれしい」。当初は世界ランクで本戦も予選も出られず、推薦出場ももらえなかった。しかし推薦枠だった西岡が自力で本戦入り。その枠が回ってきて、予選の推薦枠をもらった。予選2試合を勝ち上がると本戦でも2勝。この1勝で世界ランクも110位前後まで上昇する。「(念願の)100位以内が現実になってきた」と手応え十分だ。

2回戦、第2セットでサーブを放つ内山(撮影・河田真司)
試合後、アルボットと健闘をたたえ合う内山(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

大坂なおみストレートで3回戦進出 中国オープン

大坂なおみ(撮影・奥田泰也)

テニスの中国オープンは1日、北京で行われ、女子シングルス2回戦で第4シードに入った世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)は、82位のアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)に6-2、6-0で勝った。

圧倒的な強さを見せ、2回戦をわずか58分で終わらせた。大坂は予選を勝ち上がったペトコビッチに2ゲームしか与えなかった。コーチ不在のため、父が代役を務めて2大会目。「私にどんな言葉をかければスイッチが入るかを知っている。原点に返った気がする」と親子の師弟関係も良好だ。

笑顔でスピーチをする大坂なおみ(撮影・奥田泰也)

関連するニュースを読む

有明選んだジョコビッチ、悲願金へ五輪ロゴシューズ

TOKYO2020のシューズを披露するジョコビッチ

<テニス:楽天ジャパンオープン>◇1日◇東京・有明コロシアム◇シングルス1回戦

世界1位のノバク・ジョコビッチ(32=セルビア)が、1回戦を突破した後、20年東京オリンピックへの熱い思いを語った。ジョコビッチは、15年まで楽天ジャパンオープンと同週に開催されている中国オープンに6回出場。すべて優勝で、29勝0敗という記録を残し、“北京のノバク”と称された。

しかし、今年は、ついに東京の楽天ジャパンオープンに初上陸。「来年の東京五輪に向けたチェックもある」と、五輪の会場で開催されている同大会への出場を決めた。もちろん「新たな大会や文化に接してみたかった」というのも理由だ。

ジョコビッチはすでに4大大会、マスターズ9大会全てを制し、年末の最終戦ATPツアーファイナルも優勝。テニス界では、すべてのタイトルを手にした。残されたのは、五輪のシングルスの金メダルだけだ。

16年リオデジャネイロ五輪では1回戦で敗れ、コート上で涙を見せた。それほど五輪への思いは深く、金メダルは「それが残りの人生で最大の目標と言ってもいい」。08年北京五輪で銅メダルを獲得した時でさえ「誇りに思った」。

すでに「早く入って調整したい」と、東京五輪での酷暑になれるため、早々と来日する予定も明かした。会見場にやってきたジョコビッチの足元には「TOKYO2020」のロゴが入ったシューズがあった。

◆WOWOW放送予定 9月30日(月)~10月6日(日)まで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信中。

関連するニュースを読む

金星発進のダニエル太郎、ノルウェー旅で心整え

楽天ジャパンオープン1回戦 初戦を突破したダニエル太郎(撮影・加藤諒)

<男子テニス:楽天ジャパンオープン>◇1日◇有明コロシアム◇シングルス1回戦

世界127位で大会推薦出場のダニエル太郎(26=エイブル)が金星で自身初の2回戦に進んだ。今年の全豪16強で同14位、第2シードのチョリッチ(クロアチア)に6-4、4-6、7-6のフルセットで勝った。内山靖崇(27)も勝ち、これで前日と合わせ、日本勢4人以上の初戦突破は03年以来16年ぶり。

   ◇   ◇   ◇

ダニエルが大接戦をものにした。2時間39分。最終セットはタイブレークにもつれ込んだが、振り切った。今年の6月ごろに「自分で自分に(勝たなくちゃ行けないと)プレッシャーをかけてしまった」。そこで気持ちをリフレッシュするためノルウェーに旅をし、無心で登山に取り組んだ。今は心も落ち着き、その冷静さで金星を挙げた。

◆WOWOW放送予定 9月30日(月)~10月6日(日)まで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信中。

楽天ジャパンオープン シングルス1回戦 強い日差しが照りつけるコートで汗を拭うダニエル太郎(撮影・加藤諒)
楽天ジャパンオープン シングルス1回戦でダニエル太郎に敗れたチョリッチ(撮影・加藤諒)

関連するニュースを読む