日刊スポーツ

PSGがクロース獲得画策 移籍金100億円準備

PSGがクロース獲得画策 移籍金100億円準備

トニ・クロース

フランス1部パリサンジェルマンが、レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロース(29)の獲得に乗り出すと、21日付の独紙ビルトが報じた。

パリサンジェルマンのトゥヘル監督は、司令塔として長年、国際舞台で活躍しているクロースを高く評価しており、今夏での獲得を熱望しいているという。移籍金は8000万ユーロ(約100億円)で、年俸は1600万ユーロ(約20億円)を準備していると報じた。

一方でRマドリードに復帰したジダン監督も、クロースのことを必要にしていると伝えた。現時点でクロースはパリサンジェルマンへの移籍に関して何もコメントをしていない。

パリサンジェルマンはフランス代表MFラビオがクラブとの関係を悪化させている。マンチェスターUに敗れた欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦の試合後、ナイトクラブへ遊びに行ったため、クラブが激怒。出場停止処分を科しており、放出候補になっていると伝えた。(中野吉之伴通信員)

関連するニュースを読む

川島ベンチ外 ストラスブール引き分け

<フランスリーグ:ニーム2-2ストラスブール>◇16日◇ニーム

GK川島永嗣が所属するストラスブールはアウェーでニームと2-2で引き分けた。

前節リヨン戦でリーグ戦10試合ぶりにベンチ入りした川島だったが、この試合はベンチ入りしなかった。

ストラスブールは9勝12分け8敗の勝ち点39で暫定10位。

関連するニュースを読む

熊谷紗希はフル出場、リヨン7発大勝

サッカー女子のフランス1部リーグで16日、熊谷紗希の所属するリヨンはアウェーでボルドーに7-1で大勝した。熊谷はフル出場した。

関連するニュースを読む

昌子、随所で好プレー「欲を言えば勝ちたかった」

<フランスリーグ:ニース1-1トゥールーズ>◇15日◇ニース

トゥールーズDF昌子源は随所でいいプレーを見せた。組織的な守備で相手のカウンターをたびたび阻止した。

「欲を言えば勝ちたかったが…」。こう試合を振り返り「(惨敗した)リヨン戦からしっかり切り替え、リヨン戦後の2試合では、僕も含めチーム全員で非常にいいパフォーマンスができているのではないかと思う」と手応えを口にした。

関連するニュースを読む

マルセイユ酒井宏樹、フル出場で勝利貢献 

<フランスリーグ:マルセイユ1-0ニース>◇10日◇マルセイユ

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでニースに1-0で勝利した。

後半17分、マルセイユのFWバロテリが決勝点となる先制ゴールを決めた。酒井宏はフル出場した。

マルセイユは14勝5分け9敗、ニースは11勝7分け10敗となった。

▽得点経過 後半17分【マルセイユ】バロテリ

関連するニュースを読む

昌子フル出場、トゥールーズが1-0で勝利

昌子源(2019年1月6日撮影)

<フランスリーグ:トゥールーズ1-0ギャンガン>◇10日◇トゥールーズ

DF昌子源が所属するトゥールーズはホームでギャンガンに1-0で勝利した。

前半21分、トゥールーズのFWサノゴが決勝点となる先制ゴールを決めた。昌子はフル出場した。ギャンガンのMFココは前半44分にレッドカードで退場した。トゥールーズは7勝10分け11敗、ギャンガンは4勝7分け17敗となった。

▽得点経過 前半21分【トゥールーズ】サノゴ

関連するニュースを読む

川島、リーグ戦10試合ぶりベンチ入りも出番なし

<フランスリーグ:ストラスブール2-2リヨン>◇9日◇ストラスブール

GK川島永嗣が所属するストラスブールはホームでリヨンと2-2で引き分けた。

川島は昨年12月22日のニース戦以来10試合ぶりにベンチ入りを果たしたが、出番はなかった。

ストラスブールは9勝11分け8敗の勝ち点38で暫定9位。

関連するニュースを読む

バロテリが試合中にインスタ、豪快弾で酒井らと撮影

バロテリ(14年6月20日撮影・PNP)

<フランス1部リーグ:マルセイユ2-0サンテティエンヌ>◇3日◇マルセイユ

日本代表DF酒井宏が所属するフランス1部マルセイユのイタリア代表FWマリオ・バロテリ(28)が、試合中に動画を撮影してインスタグラムにアップするゴールパフォーマンスで会場を驚かせた。

前半12分、右CKを右足バイシクルシュートで豪快にネットを揺らした。すると、ゴール裏で撮影しているカメラマンから携帯電話を受け取り、選手を集め出した。CKだったこともあり8人が集合。笑顔で喜ぶシーンを動画で撮影した。酒井宏も参加し、バロテリの隣を陣取りベストポジションで映っていた。

自撮りするゴールパフォーマンスは、かつて元イタリア代表のトッティら何度か見られたが、「問題児」のレッテルを貼られているバロテリは撮影だけでは終わらず。その動画を試合中にもかかわらず自身のインスタグラムにアップまで済ませてしまった。

ミッションをコンプリートしたバロテリは、これ以上ない笑顔で携帯電話をふたたびカメラマンに預けてプレーに戻った。後半34分まで出場し、2-0の勝利に貢献。チームも4位に浮上した。

関連するニュースを読む

酒井宏樹フル出場で0封貢献 マルセイユ2発快勝

DF酒井宏樹(18年7月撮影)

<フランスリーグ:マルセイユ2-0サンテティエンヌ>◇3日◇マルセイユ

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでサンテティエンヌに2-0で勝利した。

前半12分、マルセイユのFWバロテリが決勝点となる先制ゴールを決めた。酒井宏はフル出場した。

マルセイユは13勝5分け9敗、サンテティエンヌは12勝7分け8敗となった。

▽得点経過 前半12分【マルセイユ】バロテリ、前半21分【マルセイユ】トーバン

関連するニュースを読む

昌子フル出場トゥールーズは1-5で敗れる

昌子源(2019年1月6日撮影)

<フランスリーグ:リヨン5-1トゥールーズ>◇3日◇リヨン

DF昌子源が所属するトゥールーズはアウェーでリヨンに1-5で敗れた。

1-1の前半30分、リヨンのMFトラオレに勝ち越しゴールを決められた。昌子はフル出場した。トゥールーズのMFカフザクは後半38分にレッドカードで退場した。トゥールーズは6勝10分け11敗、リヨンは14勝7分け6敗となった。

▽得点経過 前半10分【リヨン】デパイ、前半15分【トゥールーズ】ドセヴィ、前半30分【リヨン】トラオレ、前半35分【リヨン】フェキル、後半22分【リヨン】デンベレ、後半26分【リヨン】デンベレ

関連するニュースを読む

エムバペ2発 パリSG逆転勝ちでリーグ戦5連勝

<フランスリーグ:カン1-2パリサンジェルマン>◇2日◇カン

首位パリサンジェルマンはアウェーでカンに2-1で逆転勝ちした。

後半11分に先制されたが、同14分、相手ハンドで得たPKをFWエムバペが右足でゴール右へ決めて追いつき、同42分にもこぼれ球をエムバペが押し込んで決勝点を奪った。得点ランクトップを走るエムバペは今季24得点目。2位の同僚FWカバニとは7差。

リーグ戦5連勝のパリサンジェルマンは23勝2分け1敗の勝ち点71。2位リールとは20差。

関連するニュースを読む

パリSG4強、エムバペ温存もディジョンに3発快勝

後半31分、3点目を挙げ喜ぶパリサンジェルマンの選手たち(ロイター)

<フランス杯:パリサンジェルマン3-0ディジョン>◇準々決勝◇26日◇パリ

FWエムバペを温存したパリサンジェルマンがMFディマリアが2点を挙げる活躍を見せ、ディジョンに3-0で快勝し、4強進出を決めた。

前半8分、MFドレクスラーのスルーパスで抜け出したディマリアが、飛び出してきた相手GKの頭上をふわりと越えるループシュートを決めて早々と先制し、同28分にも相手パスミスを奪ったカウンターから最後は相手クリアのこぼれ球をディマリアが左足で押し込んだ。さらに後半31分、DFメウニエルが左足で決めて突き放した。

関連するニュースを読む

酒井宏樹はフル出場、マルセイユ敵地で引き分け

<フランスリーグ:レンヌ1-1マルセイユ>◇24日◇レンヌ

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはアウェーでレンヌに1-1で引き分けた。

0-1の後半11分、マルセイユのFWジャーメインが同点ゴールを決め追いついた。酒井宏はフル出場した。マルセイユのDFアマビは後半49分にレッドカードで退場した。

マルセイユは12勝5分け9敗、レンヌは10勝7分け9敗となった。

▽得点経過 前半7分【レンヌ】アンドレ、後半11分【マルセイユ】ジャーメイン

関連するニュースを読む

昌子源フル出場 トゥールーズは1-1で引き分ける

昌子源(2019年1月6日撮影)

<フランスリーグ:トゥールーズ1-1カン>◇24日◇トゥールーズ

DF昌子源が所属するトゥールーズはホームでカンに1-1で引き分けた。0-1の後半47分、トゥールーズのFWグラデルが同点ゴールを決め追いついた。昌子はフル出場した。カンのMFディオマンデは後半46分に2枚目のイエローカードで退場した。トゥールーズは6勝10分け10敗、カンは3勝11分け12敗となった。

▽得点経過 前半49分【カン】クリベリ、後半47分【トゥールーズ】グラデル

関連するニュースを読む

エムバペ2発22得点 パリSG快勝リーグ戦4連勝

後半24分、4試合連続ゴールを決めたパリサンジェルマンFWエムバペ(ロイター)

<フランスリーグ:パリサンジェルマン3-0ニーム>◇23日◇パリ

FWエムバペが2ゴールを挙げ、首位パリサンジェルマンがホームでニームに3-0で快勝した。

FWネイマール、FWカバニが負傷で離脱する中、エムバペがまた爆発した。MFヌクンクのゴールで先制し前半を1-0で折り返した後の後半24分、DFベルナトの左からの折り返しを右足で押し込んで公式戦4試合連続ゴールを決め、同44分にもカウンターからヌクンクのラストパスを受けて右足で流し込んだ。得点ランクトップを走るエムバペはこれで今季22得点目。フランスリーグでは通算51得点目となった。

リーグ戦4連勝のパリサンジェルマンは22勝2分け1敗の勝ち点68。2位リールとは暫定17差。

関連するニュースを読む

川島ベンチ外 ストラスブールは引き分け 

<フランスリーグ:ストラスブール1-1リール>◇22日◇ストラスブール

GK川島永嗣が所属するストラスブールはホームでリールに1-1と引き分けた。

川島はベンチ外だった。

ストラスブールは9勝10分け7敗の勝ち点37で暫定8位。

関連するニュースを読む

エムバペ20得点 ネイマール抜きでもパリSG圧勝

後半34分、チーム5点目を決めたパリサンジェルマンFWエムバペ(AP)

<フランスリーグ:パリサンジェルマン5-1モンペリエ>◇20日◇パリ

FWネイマール、FWカバニを負傷で欠きながら、パリサンジェルマンがFWエムバペのゴールなどでモンペリエにホームで5-1で圧勝した。

前半3分にDFクルザワが先制し、同31分に同点に追いつかれたが、同ロスタイムにMFディマリアがゴール右30メートルのFKを左足でクロスバーをたたきながらねじ込んで勝ち越した。後半28分にはMFヌクンクが頭で追加点を奪い、同33分には左クロスに走り込んだエムバペが触ったボールがオウンゴールを誘って加点。その1分後にはエムバペの右足シュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。得点ランクトップのエムバペはこれが今季20得点目。

公式戦5連勝のパリサンジェルマンは21勝2分け1敗の勝ち点65。1試合消化の多い2位リールとは15差。

なお、右足を負傷しているネイマールは10日間ほどブラジルに帰国して治療するとクラブが発表した。

関連するニュースを読む

昌子がボルドー戦フル出場、川島はカン戦ベンチ外

昌子源(2019年1月6日撮影)

<フランスリーグ>◇17日◇ボルドーほか

フランス1部トゥールーズのDF昌子源(26)は、1-2で敗れたアウェーのボルドー戦でフル出場した。

ストラスブールGK川島永嗣(35)は、1-1で引き分けた敵地のカン戦でベンチ外となった。

関連するニュースを読む

パリサンジェルマンが1-0で勝利 エムバペ決めた

先制ゴールを決め喜ぶエムバペ(ロイター)

<フランスリーグ:サンテティエンヌ0-1パリサンジェルマン>◇17日◇サンテチエンヌ

パリサンジェルマンはアウェーでサンテティエンヌに1-0で勝利した。

後半28分、パリサンジェルマンのFWエムバペが決勝点となる先制ゴールを決めた。パリサンジェルマンは20勝2分け1敗、サンテティエンヌは11勝7分け7敗となった。

▽得点経過 後半28分【パリサンジェルマン】エムバペ

関連するニュースを読む

川島永嗣ベンチ外 ストラスブールは引き分け

<フランスリーグ:カン0-0ストラスブール>◇17日◇カーン

川島永嗣が所属するストラスブールはアウェーでカンに0-0で引き分けた。川島はベンチ外だった。

ストラスブールは9勝9分け7敗、カンは3勝10分け12敗となった。

関連するニュースを読む

昌子源フル出場 トゥールーズは1-2で敗れる 

昌子源(2019年1月6日撮影)

<フランスリーグ:ボルドー2-1トゥールーズ>◇17日◇ボルドー

DF昌子源が所属するトゥールーズはアウェーでボルドーに1-2で敗れた。

1-1の後半37分、ボルドーのFWブリアンに勝ち越しゴールを決められた。昌子はフル出場した。トゥールーズは6勝9分け10敗、ボルドーは8勝7分け9敗となった。

▽得点経過 前半2分【ボルドー】バシッチ、後半25分【トゥールーズ】カフザク、後半37分【ボルドー】ブリアン

関連するニュースを読む

酒井宏樹フル出場で0封貢献、マルセイユが勝利 

DF酒井宏樹(18年7月撮影)

<フランスリーグ:マルセイユ2-0アミアンSC>◇16日◇マルセイユ

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでアミアンSCに2-0で勝利した。

前半19分、マルセイユのFWトヴァンが決勝点となる先制ゴールを決めた。酒井宏はフル出場した。

マルセイユは12勝4分け9敗、アミアンSCは6勝3分け16敗となった。

▽得点経過

前半19分【マルセイユ】トヴァン

前半25分【マルセイユ】バロテッリ

関連するニュースを読む

川島ベンチ外 ストラスブールは2連敗

<フランスリーグ:サンテティエンヌ2-1ストラスブール>◇13日◇サンテチエンヌ

GK川島永嗣が所属するストラスブールはアウェーでサンテティエンヌに1-2で敗れた。

前半に2点を先行され、後半にFWダコスタのゴールで1点を返した、反撃もここまでだった。

川島はベンチ入りしなかった。

2連敗のストラスブールは9勝8分け7敗の勝ち点35で9位。

関連するニュースを読む

昌子源フル出場 トゥールーズ追いつき引き分け 

昌子源(2019年1月6日撮影)

<フランスリーグ:トゥールーズ1-1ランス>◇10日◇トゥールーズ

DF昌子源が所属するトゥールーズはホームでランスと1-1で引き分けた。

後半9分に縦パスからのカウンターでFWウダンに先制点を奪われたが、同36分、浮き球の縦パスを相手DFを背にしたFWグラデルが、胸トラップから反転しながらの左足シュートを決めて追いついた。

昌子は4試合連続でフル出場した。

3試合勝ち星のないトゥールーズは6勝9分け9敗の勝ち点27で14位。

関連するニュースを読む

パリSGカバニPKキックで足負傷 マンU戦へ不安

前半、PKをキック後に右足を気にするパリサンジェルマンFWカバニ(AP)

<フランスリーグ:パリサンジェルマン1-0ボルドー>◇9日◇パリ

パリサンジェルマンはホームでボルドーを1-0で下した。

前半42分、DFムニエが倒されて得たPKをFWカバニが右足でゴール右へ蹴り込んで先制。これが決勝点となった。

しかし、17得点目を決め得点ランク2位のカバニが、このPKのキックの際に右足を痛めたもようで、後半開始からFWエムバペに交代した。欧州チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッドとの第1戦を3日後に控え、すでにFWネイマールの欠場は決まっており、これでカバニも離脱となるとパリサンジェルマンにとっては大きな痛手となる。

前節、リヨンに今季初黒星を喫したパリサンジェルマンだが、19勝2分け1敗で勝ち点を59に伸ばした。

関連するニュースを読む

熊谷フル出場 パリサンジェルマンに競り勝つ

<女子フランス杯:リヨン1-0パリサンジェルマン>◇準々決勝◇9日◇リヨン

リヨンDF熊谷紗希は1-0で競り勝ったパリサンジェルマン戦に守備的MFとしてフル出場した。

関連するニュースを読む

川島ベンチ外 ストラスブールは敗れる

<フランスリーグ:ストラスブール1-2アンジェ>◇9日◇ストラスブール

GK川島永嗣が所属するストラスブールはホームでアンジェに1-2で敗れた。

川島はベンチ外だった。

ストラスブールは9勝8分け6敗の勝ち点35で7位。

関連するニュースを読む

酒井宏樹、献身的動きで勝利貢献「大きい勝利」

<フランスリーグ:ディジョン1-2マルセイユ>◇8日◇ディジョン

マルセイユDF酒井宏樹は右サイドバックでフル出場し、逆転勝利に貢献した。

アジア杯からチームに復帰して2連勝となり「結果がついてくれば、さらに大胆にプレーできるようになる」と満足げだった。

前半に先制を許したが、ハーフタイムに陣形を修正し後半の2得点で形勢を覆した。献身的な動きを見せた酒井は「ひっくり返すにはパワーがいる。かなり大きい勝利だったんじゃないかな」と白星の価値を強調した。

関連するニュースを読む

マルセイユ、バロテリ弾で2連勝 酒井宏樹フル出場

DF酒井宏樹(18年7月撮影)

<フランスリーグ:ディジョン1-2マルセイユ>◇8日◇ディジョン

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはアウェーでディジョンに2-1で逆転勝ちした。

前半18分に先制を許したマルセイユは後半12分、右CKをFWトーバンが頭ですらしたボールをFWバロテリが右足で押し込んで同点に追いついた。1月に移籍してきたバロテリは19日のリール戦に続き出場3試合目で2得点目。マルセイユはさらに同30分、。FWオカンポスがペナルティーエリア左から強烈な右足ミドルシュートを突き刺して勝ち越した。

酒井は右サイドバックでフル出場し、勝利に貢献した。

2連勝のマルセイユは11勝4分け9敗の勝ち点37で暫定5位。

関連するニュースを読む

ナントが消息不明サラの移籍金巡り法的手段検討か

所属していたフランス・リーグ1のナントの練習場に掲げられたエミリアーノ・サラの写真(AP)

フランス1部ナントは、カーディフに対して消息不明になったFWエミリアーノ・サラ(28)の移籍金を要求し、場合によっては法的手段に出ると、6日付の英BBC放送電子版など英国メディアが一斉に報じた。

サラを乗せた軽飛行機は先月21日、移籍するカーディフへ向けて出発したが、英領チャネル諸島付近で消息を絶っていた。その後、民間会社の捜索活動により機体の残骸と、身元不明ながら1人の遺体が発見された。

サラの移籍で両クラブは移籍金1500万ポンド(約21億9000万円)で合意していた。だが、今回の件もあり支払いはまだ行われていない。同選手をカーディフへ放出したナントは、500万ポンド(約7億3000万円)の支払いを早急に求めているという。

カーディフは、調査内容に納得ができるまで支払いを保留しており、移籍金は3年に渡って分割で支払われる予定だったと報じた。ナントは、10日以内に最初の支払いを受け取れない場合、法的な手段を取ることが予想されるという。移籍金に対して、保険がかけられていたがどうかは定かではないと伝えた。

墜落した機体(ロイター)