日刊スポーツ

注目コーナー

スコア速報

新着ニュース

テレビ漫画に進出へ/なつぞら17週見どころ

NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演する、左から松嶋菜々子、粟野咲莉、広瀬すず、草刈正雄、藤木直人

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜、午前8時)の第17週(22~27日)のあらすじを紹介します。

1963年、なつ(広瀬すず)は優秀な女性アニメーターとして注目されます。その実力を買われ、なつは、坂場(中川大志)と一緒に新設されたテレビ班に行くように仲(井浦新)から命じられます。「鉄腕アトム」が大ヒットしたのを受け、東洋動画は本格的にテレビ漫画に進出することに。映画に未練を感じる坂場を励ましつつ、なつはテレビの世界に飛び込んでいきます。テレビ特有の効率優先のアニメ作りに戸惑いつつも、なつは新たな表現の開発に取り組むことになります。

関連するニュースを読む

男子エペ加納虹輝4強入り逃す「実力が足りない」

<フェンシング:世界選手権>◇第5日◇19日◇ブダペスト

男子エペの加納虹輝(早大)は快調に3試合を勝ち進んだが、準々決勝では「最大の難関」と見ていたロシア選手に、中盤で攻撃のスピードを上げられて突き放された。この種目で初のメダルに届かず「やられたなという感じ。実力が足りなかった」と敗戦を受け入れた。

ただ持ち味のスピードを生かして鋭く相手に入り込む攻撃は大舞台でも十分に通用した。エースの見延に続く存在の21歳のフェンサーは「勝ったら、本当に(優勝まで)いけたんじゃないか」と残念そうだった。

関連するニュースを読む

女子フルーレ東晟良3回戦敗退、得意の攻撃生かせず

<フェンシング:世界選手権>◇第5日◇19日◇ブダペスト

女子フルーレで日本勢最上位となる世界ランキング12位の東晟良(日体大)は3回戦でポーランド選手に屈した。

手足が長い相手に得意の攻撃が封じられ「突けそうで突けなかったのが一番悔しい」と無念そうだった。

2回戦で敗退した昨年の大会以降、練習量を増やし、成績が安定するなどレベルの向上は感じたという。「東京五輪ではチャンスを落とさないようにメダルを取りたい」と決意を新たにした。

関連するニュースを読む

女子フルーレ上野優佳4強入りならず 世界選手権

<フェンシング:世界選手権>◇第5日◇19日◇ブダペスト

個人2種目の決勝トーナメントが行われ、女子フルーレで17歳の上野優佳(埼玉・星槎国際高)は準々決勝でフランス選手に11-15で敗れ、日本女子の個人種目で初のメダル獲得を逃した。19歳の東晟良(日体大)は3回戦で敗退。

男子エペで21歳の加納虹輝(早大)も準々決勝でロシア選手に12-15で屈して4強入りを逃し、この種目で初のメダルに届かなかった。世界ランク1位の見延和靖(ネクサス)は2回戦で宇山賢(三菱電機)に13-15で競り負けた。

関連するニュースを読む

宮迫、民事上で契約違反になる可能性も/弁護士見解

宮迫博之

闇営業問題で謹慎処分中だったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が19日、所属する吉本興業から契約解消の通告を受けた。事実上の解雇処分で、今後の芸能活動は困難な状況となった。先月7日に雑誌「FRIDAY」が報じた闇営業の発覚から40日以上が経過し、騒動の中心にいた宮迫は、記者会見して釈明する機会すら与えられないまま“芸能界追放”となった。

   ◇   ◇   ◇

川崎つばさ法律事務所の川畑さやか弁護士 金塊強奪事件主犯格との「ギャラ飲み」ということですが、宮迫さんが犯罪者と知らないで飲んでギャラをもらっていた場合は刑事的な罪に問われることはありません。しかし、吉本興業とのマネジメント契約で民事上で契約違反になる可能性はあります。ただ、これまでの報道で吉本興業と契約書なしに契約しているタレントさんもいるので、契約書がない場合は吉本興業が契約違反に問うことも難しい。一方で、犯罪者と知っていた場合、刑法の盗品等有償譲受罪に該当する可能性があります。その場合、10年以下の懲役及び50万円以下の罰金が科せられます。

また、闇営業で得た報酬を所得として申告していなかったとすると、脱税となります。所得税法違反となり、本税、加算税、延滞税(遅延損害利息のようなもの)を追徴課税される可能性があります。

関連するニュースを読む

雪谷「背番号をつける監督」の夏終わる/コラム

日大豊山対雪谷 コーチスボックスから指示を出す雪谷・溝口(撮影・伊作将希)

<令和のなつぞら>

<高校野球東東京大会:日大豊山3-1雪谷>◇19日◇4回戦◇神宮

「ノーサイン野球」で戦った雪谷(東東京)の司令塔は、溝口皓太三塁コーチ(3年)が務めた。「背番号をつける監督」として信頼が厚かった。

元々は捕手や外野手を務めていた。高1の秋、練習試合でチームメートと交錯し左足すねに大けがを負った。手術後も後遺症に苦しんだ。打撃が持ち味で当初は代打での出場機会を求めた。「練習もままならない自分が、代打でいいのか」と悩み「僕は三塁コーチとして勝ちに貢献すべきだ」と決意した。

三塁コーチになっても、積極的に初球から狙う野球を目指した。選手の特徴や性格を見極めるため、練習は同じメニューをこなした。自分のサインでホームに生還し、チームの勝ちにつながることがうれしかった。

4回戦敗退。「甲子園に行きたかった、悔しい」と目が潤んだ。打席には入れなかったが「三塁コーチとして信頼してくれてうれしかった」と、尊敬する芝浩晃監督(43)に感謝した。「器の大きい人間になれ」という教えを忘れない。「恥ずかしくて言えなかったけど、芝監督のように高校野球を教える先生になりたい」と次の目標を教えてくれた。【加藤理沙】

関連するニュースを読む

中村400号「希代の1発屋」の証言者

08年4月、本塁打を放ち渡辺監督(右)の祝福を受ける中村

<西武5-4オリックス>◇19日◇メットライフドーム

区切りの1発をサヨナラ弾で決めた! 西武中村剛也内野手(35)が史上20人目となる通算400号本塁打を達成した。同点で迎えた延長11回、オリックス増井から今季15号を左翼スタンドに豪快に運んだ。プロ18年目での到達で、西武の生え抜き選手では初めての快挙となった。

「中村剛也=ホームラン」の図式は、高校通算83本でプロ入りした18歳のときから変わらない。間近で見ていた証言者たちのエピソードが、その道のりを浮き彫りにする。

<証言者1・栗山巧>

その打球の軌道に度肝を抜かれた。同学年で01年ドラフト同期入団。同じ関西出身とあって高校時代練習試合で対戦した。その試合、中村の4三振を見て「なんや」と思っていたが、新人合同自主トレでフリー打撃に驚く。右打者の中村が左翼ポールを左側から外巻きで外野スタンドに入れた。栗山は「これはすごいなってビックリしました。バットとボールの接地時間が長いからそうなるんでしょうね。えらい柔らかく、スムーズにバットを入れるなって思ったのを覚えてます」。

<証言者2・渡辺久信GM>

監督就任した08年、規定打席に1度も到達していない中村を6番で起用し伝えた。「三振か本塁打でいいから」。実際にその年、46本塁打で初タイトル獲得。3倍以上の162三振も両リーグで最多。飛距離を生かすため、三振に目をつぶった。「たまにホームランでいい。そうじゃないとアイツの魅力がなくなる。4番だとそれではダメだけど、6番ならいい。悪いところを見だしたらきりがないからね」。翌年4番に。その後も本塁打と三振の数は比例する。

<証言者3・山川穂高>

中村が成熟期に入ったころ、おかわり2世と期待され入団。その後ろ姿を追いかける。「キャンプでフリー打撃とロングティー見たとき『こりゃかなわんな』って思いました」。見て学び、聞いて学んで4番を後継した山川だから証言に説得力が増す。「一番すごいのは素振りです。素振りがきれい。その素振りのようなスイングを打席の中でやる。なかなかできませんよ。あの太もも、ふくらはぎ、めちゃくちゃ太い。下半身ですね。タイプが同じように見えるけど、実は全然違うんです」。

<証言者4・中村剛也>

山川のいう「素振り」が中村の原点だった。大阪桐蔭時代から1人黙々と振り続けたエピソードを自ら明かす。「練習試合の前は室内練習場でフリー打撃をするんですよ。でも確認したいことがあったんで、外で1人で素振りをしてたら西谷監督がきて『バッティングやったんか?』って言われて本当はやってないけど『やりました』って。きっとばれてたんですけど『そうか』って。僕なりに考えて素振りをやっていたんで、見逃してくれたんじゃないですかね、きっと。確認はしていないですけど」。

今でも練習で素振りは欠かさない。素振りのようにアーチを描くこともあれば、素振りのように空振りもする。「僕は小さい時からホームランを打つ練習をしてます。ホームランを狙う=自分のスイングをすることなので」。数え切れぬほど振った素振りに、中村の打撃が凝縮されている。【取材・構成=栗田成芳】

01年7月、大阪大会で左越え本塁打を放つ大阪桐蔭時代の中村

関連するニュースを読む

大阪桐蔭2戦目、北北海道決勝/高校野球速報します

<高校野球大阪大会>◇20日◇3回戦

夏の甲子園連覇を目指す大阪桐蔭が3回戦で早稲田摂陵と対戦。沖縄では興南が決勝進出目指し準決勝。北北海道では旭川大高とクラークが夏の甲子園一番乗りを目指し決勝戦。

大阪3回戦:大阪桐蔭-早稲田摂陵

チーム

【試合経過】

9時開始予定

沖縄準決勝:興南-美里工

チーム

【試合経過】

10時開始予定

北北海道決勝:旭川大高-クラーク

チーム

【試合経過】

13時開始予定

関連するニュースを読む

「兄が見たかった景色を僕が代わりに見る」/コラム

国分対千葉明徳 左目を失明した兄瑠偉さん(右)にさらなる活躍を誓う千葉明徳・平川(撮影・大野祥一)

<令和のなつぞら>

<高校野球千葉大会:千葉明徳8-0国分>◇19日◇4回戦◇長生の森球場

試合開始前、千葉明徳(千葉)の平川瑛斗内野手(3年)はスタンドを見渡し、兄瑠偉さん(20)の姿を見つけて小さくうなずいた。「明徳のユニホームで活躍している姿を見せる」。2打数無安打も2打席目には犠打を決め、守備もノーエラー。チームは福井玲央捕手(3年)の2本塁打を含む10安打、7回コールドで勝利した。

瑛斗は勝利を目に焼き付けた。「兄が見たかった景色を、僕が代わりにこの目で見る」。たくさんの観客。梅雨の合間にのぞいた青空。チームメートの笑顔。そして、スタンドの瑠偉さんを見てニッコリ笑った。

瑠偉さんは同じ千葉明徳の野球部だった。16年7月16日、練習中の事故で左目を失明した。当時、大好きな兄が苦しむ姿を間近で見ていたのが瑛斗だった。小さいころから父と3人で練習。憧れの存在だった。

「僕、いつバットを振れるの?」

8時間に及ぶ大手術を受け、目覚めて最初の言葉だった。突然野球を奪われた兄。思いは弟に託した。「僕の果たせなかった明徳のレギュラーになる夢を果たして」。瑛斗は一切、手を抜かなかった。「野球ができることは当たり前じゃない」と朝5時から2時間半の練習。帰宅後も父と特訓した。「兄の代わりに僕が明徳でバットを振る」。強い気持ちが支えだった。

父博一さん(49)は「兄の思いを背負っているんでしょう。瑛斗は妥協をしなくなりました」と成長を感じた。試合後、弟の姿に瑠偉さんは「自分のこと以上にうれしい」と話し、瑛斗は「兄の代わりに活躍します」と誓った。2人の笑顔は誰よりも輝いて見えた。【保坂淑子】

関連するニュースを読む

マー君4連勝へ「感触がいいから、ってことです」

先着2万5000万人に配布されたヤンキース田中の特製カップ

ヤンキース田中将大投手(30)が、20日(日本時間21日午前2時5分開始予定)のロッキーズ戦へ向けて抱負を語った。

現在、球宴を挟んで3連勝中。前半戦で課題に挙げてきたスプリットも本来のキレを取り戻し始めており、「感触がいいから、ってことです」と明るい表情で話した。

7勝目をかけた本拠地ニューヨークのマウンドは、予報によると最高気温38度前後となる見込みで、しかもデーゲーム。体調管理、水分補給について「しっかりと意識していつもより多めに取って投げられたらいいと思います。汗の出る量も違うでしょうから」と冷静に話した。

また、前日の19日には、田中の写真入り特製カップが先着2万5000人に配布された。

関連するニュースを読む

アルジェリア、セネガル破り15大会ぶり2度目V

15大会ぶり2度目の優勝を果たしトロフィーを掲げて喜びを爆発させるアルジェリアの選手たち(ロイター)

<アフリカ選手権:セネガル0-1アルジェリア>◇決勝◇19日◇カイロ

アルジェリアがセネガルを1-0で下し、15大会ぶり2度目の優勝を飾った。

開始79秒、左サイドを突破したFWブーンジャー(アルサド)がドリブルで切れ込み、中央から右足シュートを放つと、ボールは相手DFサネ(シャルケ)が伸ばした左足に当たって大きく浮き上がり、まるでループシュートのようにGKゴミス(SPAL)の頭上をふわりと越えてゴールに飛び込んだ。この開始早々の先制ゴールを守り抜き、初優勝を狙ったセネガルを破った。

優勝トロフィーを掲げるFWブーンジャー(左)とFWベライリ(ロイター)

関連するニュースを読む

森保監督「久保は貴重な戦力。OAは直前に決定」

川崎F-チェルシー戦を視察する日本代表の森保監督(右)(撮影・足立雅史)

原則23歳以下で戦う20年東京オリンピック(五輪)、サッカー男子の森保一監督(50)が約1年後に迫った東京五輪に向け、共同通信のインタビューに応じた。18歳の久保建英(レアル・マドリード)ら逸材がそろう世代に愚直に戦う姿勢を植え付け、金メダル獲得を狙う。

-五輪でのテーマは

「1つは結果。勝利であり、金メダル。抽象的ではあるが、見ていただく皆さんの日常生活に生かすことができるような戦いを見せたい。勝っても負けても力を合わせて団結し、最後までボールを追いかけることをやめない。『あいつら、最後まで頑張っていた。自分も明日、仕事を頑張ろう』と思ってもらえるように。『日本は諦めていなかった。学校でつらいこともあるけど、頑張ってみよう』と言ってもらえるように。そういうメッセージを伝えたい」

-五輪世代には久保ら有望株が多い

「重圧は与えたくないが、久保は日本に新たな歴史を築いてくれる選手の1人だと思う。Rマドリードでは当初はBチームかもしれないが、試合に出てくれればフル代表でもプレーできるだけの力は示している。貴重な戦力として育てたい。確実に戦力にしたいと思わせる選手だ」

-3人までの24歳以上のオーバーエージ(OA)の考え方は

「決定は大会直前。選手には全てのポジションにOAが入る可能性があると伝えている。そういう競争の中で五輪代表をつかみとってほしい」

関連するニュースを読む

ダビドルイス「レベル高い選手たくさん」川崎F称賛

川崎F対チェルシー チェルシーに勝利しプレートを手に記念撮影する川崎Fイレブン(撮影・足立雅史)

<明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019:川崎F1-0チェルシー>◇19日◇日産ス

チェルシーDFダビドルイスは、川崎フロンターレを「すばらしいチーム。またチャンピオンになるのでは」と称賛した。

0-0の後半42分に得点を許して敗戦。フィールドプレーヤーでは唯一フル出場を果たしたブラジル代表歴もある実力者は「レベルの高い選手がたくさんいて、選手が交代してもやり方が変わらなかった。それがチームの底力だと思う」。Jリーグ王者の強さを、こう分析した。

川崎F対チェルシー MVPを獲得し笑顔を見せる川崎F・MF中村(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

「日本と戦えるようなレベルに」/タイ西野新監督

タイ代表監督およびU-23代表監督就任会見に臨む日本代表前監督の西野氏(撮影・足立雅史)

18年W杯ロシア大会の日本代表監督で、タイのA代表とU-23代表の兼任監督に就任した西野朗氏(64)が19日、都内で会見した。

西野朗新監督の一問一答は以下の通り。

-タイ代表の印象

西野監督 どれだけ現状を把握しているかといえば正直、数試合リーグ戦を見ただけ。深く理解していくために試合会場へ足を運ばないと。膨大な作業量が待っている。

-目標は

西野監督 9月から始まるW杯予選と来年1月の自国開催の五輪予選(U-23アジア選手権)が控えるが、まずはアジアと言わず東南アジアのリーダーとなれるように。そして日本と戦えるようなレベルに成長させていく。

-「幸せ感」とは

西野監督 私だけでなく指導者みんな同じはず。チームを率いることほど幸せなことはない。成長させながらトップに近づけていく。指導者冥利(みょうり)に尽きる。

-兼任について

西野監督 日本でも五輪代表を経験した。U-23代表は12月のシーゲームスで強化して、1月にバンコクで開催してもらえるであろう大会を勝ち抜くことが直近の目標。メンバーを膨らませながらA代表に絡ませていける。

タイ代表監督およびU-23代表監督に就任し笑顔を見せる日本代表前監督の西野氏。左はタイサッカー協会のソムヨット会長(撮影・足立雅史)
タイ代表監督およびU-23代表監督就任し調印式に臨む日本代表前監督の西野氏(右)。左はタイサッカー協会のソムヨット会長(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

川崎F中村憲剛MVPの100万「仲間にズルいと」

川崎F対チェルシー MVPを獲得し笑顔を見せる川崎F・MF中村(撮影・足立雅史)

<明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019:川崎F1-0チェルシー>◇19日◇日産ス

Jリーグ2連覇中の川崎フロンターレが、チェルシーに1-0で競り勝った。後半43分からピッチに入ったMF中村憲剛(38)が決勝点をアシストし、MVPを獲得した。世界の強豪撃破で、リーグ3連覇へはずみをつけた。

   ◇   ◇   ◇

川崎FのMF中村が出場わずか7分でMVPを獲得し違いを見せつけた。後半38分にピッチに入ると、相手の裏をつくスルーパスで攻撃のスイッチを入れ、後半42分にFWレアンドロダミアンのヘディング弾をアシスト。MVP賞金の100万円を手にした。中村は「仲間にズルいと言われました。賞金はチームに寄付しようと思ってます」と苦笑した

チームが発展途上だった15年夏、ドルトムントに0-6で惨敗した。球際、スピード、プレーの質。世界との差を体感し、中村は「翌日の練習から、みんなの顔色が変わった」と振り返る。それから4年。

この日も相手の速いパス回しにプレスがはまらず、中村は「普段、Jリーグでうちがやっていることをやられた。蹴る、止める、パススピードの部分はまだまだ世界とは差があった」と課題をあげる。それでも、劣勢ながら体を張り、失点を防ぎ続けたことで“金星”につなげた。

相手はシーズン前で始動したばかりだが、しっかり勝った。中村は「簡単に失点せず、ゲームを壊さなかったことは成長。小さくない勝利」と手ごたえを口にした。リーグ3連覇へ向け、最高の刺激をもらった。【岩田千代巳】

川崎F対チェルシー 後半、ゴールを決めた川崎F・FWレアンドロ・ダミアン(中央右)と抱き合い喜ぶMF中村(同左)(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

男子エペ加納虹輝4強入り逃す「実力が足りない」

<フェンシング:世界選手権>◇第5日◇19日◇ブダペスト

男子エペの加納虹輝(早大)は快調に3試合を勝ち進んだが、準々決勝では「最大の難関」と見ていたロシア選手に、中盤で攻撃のスピードを上げられて突き放された。この種目で初のメダルに届かず「やられたなという感じ。実力が足りなかった」と敗戦を受け入れた。

ただ持ち味のスピードを生かして鋭く相手に入り込む攻撃は大舞台でも十分に通用した。エースの見延に続く存在の21歳のフェンサーは「勝ったら、本当に(優勝まで)いけたんじゃないか」と残念そうだった。

関連するニュースを読む

女子フルーレ東晟良3回戦敗退、得意の攻撃生かせず

<フェンシング:世界選手権>◇第5日◇19日◇ブダペスト

女子フルーレで日本勢最上位となる世界ランキング12位の東晟良(日体大)は3回戦でポーランド選手に屈した。

手足が長い相手に得意の攻撃が封じられ「突けそうで突けなかったのが一番悔しい」と無念そうだった。

2回戦で敗退した昨年の大会以降、練習量を増やし、成績が安定するなどレベルの向上は感じたという。「東京五輪ではチャンスを落とさないようにメダルを取りたい」と決意を新たにした。

関連するニュースを読む

女子フルーレ上野優佳4強入りならず 世界選手権

<フェンシング:世界選手権>◇第5日◇19日◇ブダペスト

個人2種目の決勝トーナメントが行われ、女子フルーレで17歳の上野優佳(埼玉・星槎国際高)は準々決勝でフランス選手に11-15で敗れ、日本女子の個人種目で初のメダル獲得を逃した。19歳の東晟良(日体大)は3回戦で敗退。

男子エペで21歳の加納虹輝(早大)も準々決勝でロシア選手に12-15で屈して4強入りを逃し、この種目で初のメダルに届かなかった。世界ランク1位の見延和靖(ネクサス)は2回戦で宇山賢(三菱電機)に13-15で競り負けた。

関連するニュースを読む

総合首位アラフィリップ、個人TT制しリード広げる

個人タイムトライアルを制したアラフィリップ(AP)

<自転車:ツール・ド・フランス>◇第13ステージ◇個人タイムトライアル◇18日◇ポー◇27・2キロ

総合首位のジュリアン・アラフィリップ(フランス=ドゥクーニンク・クイックステップ)が個人タイムトライアルを35分で制した。

14秒差の2位にゲライント・トーマス(英国=イネオス)、36秒差の3位にトマス・デヘント(ベルギー=ロット・ソウダル)。

アラフィリップは総合2位トーマスとの差を1分26秒差に開いた。総合3位は2分12秒差でステーフェン・クラウスバイク(オランダ=ユンボ・ヴィスマ)。

関連するニュースを読む

稲森、浅地ともに58位で決勝Rへ ホームズら首位

<米男子ゴルフ:全英オープン>◇第2日◇19日(日本時間20日未明)◇北アイルランド・ロイヤルポートラッシュGC(7344ヤード、パー71)◇賞金総額1億50万ドル(約110億5500万円)優勝賞金189万ドル(約2億800万円)

松山英樹は1番でトリプルボギーをたたくなど74と落とし通算3オーバー、145で2年連続予選落ちとなった。稲森佑貴と浅地洋佑が通算1オーバーの58位で決勝ラウンドに進んだ。

首位から68で回ったJ・B・ホームズ(米国)、67だったシェーン・ローリー(アイルランド)が通算8アンダーでトップ。1打差の3位にトミー・フリートウッドとリー・ウェストウッド(ともに英国)がつけた。

ロリー・マキロイ(英国)、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は通算2オーバーで決勝ラウンド進出に1打及ばなかった。藤本佳則、堀川未来夢、タイガー・ウッズ(米国)、池田勇太、今平周吾も予選落ち。

関連するニュースを読む

テレビ漫画に進出へ/なつぞら17週見どころ

NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演する、左から松嶋菜々子、粟野咲莉、広瀬すず、草刈正雄、藤木直人

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜、午前8時)の第17週(22~27日)のあらすじを紹介します。

1963年、なつ(広瀬すず)は優秀な女性アニメーターとして注目されます。その実力を買われ、なつは、坂場(中川大志)と一緒に新設されたテレビ班に行くように仲(井浦新)から命じられます。「鉄腕アトム」が大ヒットしたのを受け、東洋動画は本格的にテレビ漫画に進出することに。映画に未練を感じる坂場を励ましつつ、なつはテレビの世界に飛び込んでいきます。テレビ特有の効率優先のアニメ作りに戸惑いつつも、なつは新たな表現の開発に取り組むことになります。

関連するニュースを読む

宮迫、民事上で契約違反になる可能性も/弁護士見解

宮迫博之

闇営業問題で謹慎処分中だったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が19日、所属する吉本興業から契約解消の通告を受けた。事実上の解雇処分で、今後の芸能活動は困難な状況となった。先月7日に雑誌「FRIDAY」が報じた闇営業の発覚から40日以上が経過し、騒動の中心にいた宮迫は、記者会見して釈明する機会すら与えられないまま“芸能界追放”となった。

   ◇   ◇   ◇

川崎つばさ法律事務所の川畑さやか弁護士 金塊強奪事件主犯格との「ギャラ飲み」ということですが、宮迫さんが犯罪者と知らないで飲んでギャラをもらっていた場合は刑事的な罪に問われることはありません。しかし、吉本興業とのマネジメント契約で民事上で契約違反になる可能性はあります。ただ、これまでの報道で吉本興業と契約書なしに契約しているタレントさんもいるので、契約書がない場合は吉本興業が契約違反に問うことも難しい。一方で、犯罪者と知っていた場合、刑法の盗品等有償譲受罪に該当する可能性があります。その場合、10年以下の懲役及び50万円以下の罰金が科せられます。

また、闇営業で得た報酬を所得として申告していなかったとすると、脱税となります。所得税法違反となり、本税、加算税、延滞税(遅延損害利息のようなもの)を追徴課税される可能性があります。

関連するニュースを読む

島田紳助さんと違い、流される宮迫の弱さ/記者の目

宮迫博之

闇営業問題で謹慎処分中だったお笑いコンビ、雨上がり決死隊宮迫博之(49)の契約解消が19日、所属の吉本興業から発表された。 先月7日に雑誌「FRIDAY」が報じたことで発覚した闇営業問題で、宮迫自身が謝罪会見をして復帰への道筋をつける方法が模索されたが、自ら契約解消、引退する道を選択した。

    ◇    ◇    ◇

黒い交際発覚を機に表舞台から去ったケースは、11年の島田紳助さんと同じだ。ただ、紳助さんは暴力団関係者と知りながら交際し、最終的に引退を決めた。会見では「自分の中ではセーフ」「(世間的には)アウトと言われ認識の甘さを知った」などと主張した。

もともと芸人は、個人事業主のように、話芸とその腕を武器に興行を打ち、人気と名声を得ていった古い歴史がある。発展には、「応援」という形での反社会的勢力とのつきあいがついて回った。1舞台のギャラ250円の者もおり、比較的近年でも、多様な相手からの“援助”に頼り、鈍感になる面もあった。ただ、時代の流れで関係の清算を求められ、吉本興業も大崎洋氏がトップに立ち体質を改善してきた。

その過程で起こったのが紳助さんの一件。紳助さんはもともと、00年に「余力を残して隠居(引退)」した関西の名物芸人、上岡龍太郎さんを「トークの師」とあおいでおり、その引き際に感銘を受けてもいた。

宮迫の場合は、最近のコンプライアンスの厳しさと、黒い交際はNGと認識しながら、流されていった弱さが見える。後輩の面倒見の良さ、優しさが、優柔不断へとつながり、今回の件でも初動を誤り追い込まれた。脇の甘さと保身に走った思慮の浅さが、結果的に多くの後輩、吉本全体を巻き込んで「引責」となり、会見で説明する気力も失った。【村上久美子】

関連するニュースを読む

他事務所は迅速に対応も…吉本興業後手に/記者の目

雨上がり決死隊宮迫博之

闇営業問題で謹慎処分中だったお笑いコンビ、雨上がり決死隊宮迫博之(49)の契約解消が19日、所属の吉本興業から発表された。

先月7日に雑誌「FRIDAY」が報じたことで発覚した闇営業問題で、宮迫自身が謝罪会見をして復帰への道筋をつける方法が模索されたが、自ら契約解消、引退する道を選択した。

   ◇   ◇   ◇

反社会的勢力相手の闇営業で金銭受け取った上にうその釈明、さらに金塊強奪事件主犯格との酒席を共にしたことで宮迫は引退に追い込まれた。自業自得の結果だが、事の大きさを認識していなかったのではないか。出席した芸人たちで口裏合わせをして、ほとぼりが冷めるのを待てば、いずれ復帰できると考えていなかったか。

初動から対応を誤り、追い込まれた末の解雇となった。吉本興業も「反社会的団体とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」と木で鼻をくくるような報道対応で傷口を広げた。芸人の一方的な言い訳をうのみにし、事実が発覚してから、後手後手の対応に終始した。

吉本興業ホールディングスの大崎洋会長の個別インタビューも、一般紙を選んで行われた。闇営業と今回の犯罪者との会合を独自で報じたフライデーに対しても、誠実に取材対応することをしなかった。同じ闇営業に出席していた、他事務所の芸人は謝罪とボランティア活動することを発表するなど、迅速に対応して9月復帰が発表された。全てが後手に回った対応は対照的だった。【小谷野俊哉】

関連するニュースを読む

宮迫博之、繊細で優しいが最後は保身/こんな人

宮迫博之(15年6月撮影)

<こんな人>

闇営業問題で謹慎処分中だったお笑いコンビ、雨上がり決死隊宮迫博之(49)の契約解消が19日、所属の吉本興業から発表された。

   ◇   ◇   ◇

反社会的勢力相手の闇営業で金銭を受け取った上に虚偽の釈明、さらに金塊強奪事件主犯格との酒席を共にしたことで宮迫は引退に追い込まれた。自業自得の結果だが、当初から事の大きさを認識していなかったのではないか。ほとぼりが冷めれば、復帰できると考えていなかったか。

最後は復帰への第1歩となる、謝罪会見の打ち合わせをドタキャンした。会見でさらし者になるのを恐れたようだ。

28年前、日本テレビで雨上がり決死隊、ナインティナインなど大阪で人気の若手10人のユニット「吉本印天然素材」の冠番組が始まった。その後、大ブレークしたナイナイ以外の芸人は、東京撤退を余儀なくされた。宮迫は、自殺も考えたという。後年、矢部浩之を取材した際に「天素は雨上がりを売るためのユニット。宮迫さんは責任を感じていた」と明かした。

5年前に日刊スポーツ主催の「神宮花火大会」前夜祭が開かれた。主役は友近ふんする演歌歌手水谷千重子。近くで飲んでいた宮迫がフラリと現れ、サプライズでステージに上がり盛り上げてくれた。ノーギャラだった。繊細で優しい男。記者会見で誠意を見せて、説明責任を尽くしてほしかった。【小谷野俊哉】

関連するニュースを読む

「小沢王国」死守か奪取か…岩手は野党協力の原点だ

<令和元年 夏の陣>

「小沢王国」死守か、奪取か-。国民民主党の小沢一郎・総合選対本部長相談役(77)の地元岩手は、93年の小沢氏の自民党離党から四半世紀以上、自民党が参院選で議席を得ていない。今回、小沢氏が擁立を主導した横沢高徳氏(47)と、小沢氏と決別後、自民入りした平野達男元復興相(65)が最終盤も大激戦だ。19日、小沢氏と安倍晋三首相(64)は、ともに岩手に入ってガチンコ応援。「王国」の今後を占う戦いだ。

   ◇   ◇   ◇

「参院選では政権交代できないが、自民の(改選)66議席を50議席くらいに減らすことができれば、安倍さんは総辞職、退陣せざるを得ないだろう」。小沢氏は19日、花巻市など4カ所で、打倒安倍政権と横沢氏への支持を訴えた。

小沢氏が、野党統一候補として擁立を主導した横沢氏は、モトクロス選手時代の事故で車いすの生活に。10年バンクーバーパラリンピックには、チェアスキー選手として出場した。「私は、安倍首相が『ミス』だと言った大阪城のエレベーターに乗り、すばらしい景色を見ることができた。人の痛みが分かる政治を目指したい」と、訴える。

参院選の岩手選挙区は95年以降、小沢氏に近い候補が勝ってきた。自民が勝ったのは小沢氏の離党前、92年にさかのぼる。「小沢王国」のなせるわざだ。

27年ぶりの議席を目指す自民は今回、小沢氏の元側近ながら決別し、16年に自民入りした平野氏を公認した。ただ平野氏自身、小沢氏のもとで当選を重ねた。党を移り、形式的には現在岩手の自民党議員だが、横沢氏陣営は「24年間、岩手の有権者は自民党に議席を与えていない」と、平野氏の「変節」を批判する。

平野氏は民主党政権の初代復興相。首相は花巻市の演説で「私は民主党政権の批判をするが、(復興相時代の)平野さんを見て、こんな人に自民党に来てほしいと思っていた」と強調した。8日に続く2度目の岩手入りは危機感の表れ。「1位にならないと勝てない」とハッパをかける首相の横で、平野氏は「現職なのにふがいない。力を貸してほしい」と聴衆に訴えた。

肝いり候補と元側近。小沢氏をめぐる人間模様が絡む対決の勝敗は、「王国」の今後にかかわる。「岩手は野党協力の原点だ。まず岩手で勝利しなくてはならない」。小沢氏は、声を張り上げた。【中山知子】

関連するニュースを読む

京アニへ直接的嫌がらせ 青葉容疑者との関係性不明

壁が黒く焼けこげた京都アニメーション(撮影・松浦隆司)

アニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで34人が死亡した放火事件を巡り、京都アニメーションに対し、制作スタッフへの付きまとい、ストーカー行為などの直接的な嫌がらせ、殺害予告、インターネット上での中傷などが繰り返し、行われていたことが19日、関係者への取材で分かった。

京アニは昨秋、京都府警宇治署に被害届を提出。今回の事件との関連は不明だが、府警が捜査を進めていた中で、放火火災が発生した。

京アニの作品に関わったことがあるアニメ関係者によると、ツイッター上で「自分が京アニ作品を作った」「あいつらはパクっている」などと、繰り返しツイートするアカウントがあったという。また同社に対し、殺害予告があった上、同社に直接出向いて制作スタッフに接近し、付きまとうなどの行為をする不審者もいた。身を守るため、タクシーで通勤するスタッフもいたという。

捜査関係者は、府警に京アニから昨秋に相談があり、被害届も提出されていたとした上で、ストーカー行為、インターネット上での中傷についても把握していたことを明らかにした。ただ、青葉容疑者との関係性については「まだ分かっていません」と説明した。

被害届が出た当時、捜査線上に青葉容疑者の名前は挙がっていなかったという。関係者は「もし名前が出ていれば(被害届が出されたのは)半年以上、前なので、何らかの対応はできていたかもしれない」と語った。

青葉真司容疑者とみられる男が寝ていた京都市内の公園(撮影・松浦隆司)

関連するニュースを読む

生後4カ月の乳児に暴行か、22歳男を逮捕 福岡

福岡県警八幡西署は19日、同居していた女性の長男で、生後4カ月の乳児に暴行してけがをさせたとして、傷害の疑いで北九州市、解体工塩見葵容疑者(22)を逮捕した。

「暴行は加えていない」と容疑を否認している。乳児は命に別条はないといい、署は日常的に虐待をしていたかどうかを詳しく調べる。

逮捕容疑は13日未明、北九州市内を走る自動車内で、乳児の口の周辺を強く押すなどして約1週間のけがを負わせた疑い。

署によると、塩見容疑者は女性と、女性の子ども2人の計4人で生活していた。乳児が通院した病院が、「虐待の疑いがある」と署に通報した。(共同)

関連するニュースを読む

京アニ社長「見るに堪えない」現場検証に立ち会い

京都アニメーションのスタジオの正面入り口(撮影・松浦隆司)

アニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで34人が死亡した放火事件で、同社の八田英明社長は19日、警察の現場検証に立ち会った。京都府宇治市の本社で報道陣の取材に応じ「大事な人や物を一瞬で失った。真っ黒になった現場は見るに堪えなかった」と悲痛な表情で語った。

事件が起きた18日午前は来客予定があり、通常施錠しているスタジオの玄関は誰でも入ることが可能な状態だったという。

多くの遺体は屋上につながる階段で見つかった。八田社長は「どんなに苦しかっただろうか」と犠牲者らの心情に思いを寄せた。「アニメーションを志し全国から集まった若者がこんな形で将来を閉ざされたことが残念で言葉にできない」と述べた。

同社が手掛けた作品の上映を待ち望むファンは多い。八田社長は「大切に作り上げた作品を事件のせいで無駄にしたくない。先は見通せないが亡くなったスタッフのためにも、残されたみんなで頑張りたい」と話した。(共同)

関連するニュースを読む

米配給会社の京アニ支援金1・4億超え 4万人寄付

壁が黒く焼けこげた京都アニメーション(撮影・松浦隆司)

アニメ制作会社「京都アニメーション」で起きた放火事件で、国内外に衝撃と悲しみが広がっている。

ツイッターには追悼の投稿が相次ぎ、米アップルの最高幹部は「世界で最も才能あるアニメーターらが集まる場所」と述べ、哀悼の意を表した。「少しでも力になりたい」と、作品を公開中の映画館には多くの観客が足を運び、インターネットで支援金を募る動きも始まった。

「今できる応援は、映画を見たりグッズを買ったりすること」。京都アニメーションが携わった「Free!」のシリーズ最新作を上映する大阪市の映画館に多くのファンが訪れた。大阪府門真市の30代女性は、スクリーンに出た監督やスタッフの名前を見て「悔しさや悲しさ、憤りがあふれ出た」と涙がこぼれた。奈良市の女性会社員(50)は「京アニが続編を作れるよう応援したい。いつまでも待っている」。

事件が起きた18日以降、ツイッターにはハッシュタグ(検索目印)「#PrayForKyoani(京アニに祈りを)」を付けた投稿がずらりと並ぶ。「京アニは勇気と希望を与えてきた。今度は私たちが力になりたい」と、ファンの間で「何かできることはないか」との思いが広がる。

米アニメ配給会社センタイフィルムワークスがインターネットのクラウドファンディングで募った支援金は19日、当初の目標額50万ドル(約5400万円)をはるかに超え、130万ドル(約1億4000万円)以上に。4万人以上が寄付し、サイトは「負けないで」のメッセージであふれた。

在日ベルギー大使館はツイッターに「哀悼の意を表します」と同国の漫画家によるキャラクター「タンタン」らが涙を流す絵を投稿。米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「世界で最も才能あるアニメーターらが集まる場所の一つ。日本だけの悲劇ではない」と強調した。

米カリフォルニア州で開かれている全米最大規模のサブカルチャー・イベントでは、男性イラストレーターが米メディアの取材に「人ごととは思えない。とても悲しい」と憤った。

韓国ではメディアが「日韓対立の中でもネットで哀悼の波」(毎日経済新聞)と大きく報道。会員制交流サイト(SNS)でも「家族や友情の大切さなどすべてのことを教えてもらった」と沈痛な声が相次いだ。

アニメ制作会社など約80社でつくる「日本動画協会」の石川和子理事長は「アニメは日本を代表する文化であり産業。誤解や偏見を被ることなく、事件の全容が解明されることを祈念する」とのコメントを出した。(共同)

関連するニュースを読む

モクスリー敵無し単独トップ、石井破り開幕3連勝

頭突きで威嚇し合う石井(左)とモクスリー(撮影・河田真司)

<新日本:G1クライマックス29>◇19日◇東京・後楽園ホール

Bブロック公式戦で元WWEのスーパースター、ジョン・モクスリー(33)が石井智宏(43)を破り、開幕3連勝で単独トップに立った。

試合途中で机とパイプイスを持ち込み、得意のハードコア戦を仕掛けたが、石井に机の上にあおむけにされ、ダイビングボディープレスを受け、逆に大ダメージをくらった。それでも無尽蔵のスタミナで激闘を繰り広げ、最後はデスライダーで石井を沈めた。

日本のプロレスの聖地後楽園ホールでモクスリーがいきいきと輝いた。マイクを持つと「トーキョー、サンキュー、トーキョー」。ファンにも、激闘の相手をしてくれた石井にも感謝の言葉を並べた。人気、実力ともにWWEのトップレスラーだったが、より自由な環境を求め、この春自らその地位を捨てた。「数カ月前まで俺の選手としてのキャリアはトイレに流す寸前ぐらい最悪だった。でも日本からオファーがあり、こうしてまたリングの上で戦える。またアートをみせる機会をもらえて感謝している」と語った。

自由になったモクスリーはもはや敵なし。「俺に指図できるやつはこの地球上、宇宙上探してもいない。俺は死ぬ思いでここまできて、努力している。このG1で優勝するんだ」と力強く宣言した。

石井に勝利したモクスリーは、IWGPのベルトを腰に巻き、リングサイドで雄たけびを上げる(撮影・河田真司)
長テーブルにモクスリー(下)を寝かせ、跳び技で攻める石井(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

内藤哲也のんきにG1初勝利「そう、トランキーロ」

後藤(下)に片エビ固めで勝利する内藤(撮影・河田真司)

<新日本:G1クライマックス29>◇19日◇東京・後楽園ホール

Bブロック公式戦でIWGPインターコンチネンタル王者内藤哲也(37)が後藤洋央紀(40)を下し、1勝目を挙げた。

後藤の左膝をエプロンにたたきつけ痛めつけると、その後もしつこく膝攻め。消耗した後藤にディスティーノを決め、いったん返されたが、再度敢行し、勝利。開幕2連敗からの脱出にも「いつもの癖が出ちゃったよ。そう、トランキーロ。あっせんなよ」とのんきに喜んだ。

勝利にとどまらず、「彼のG1は終わったんでしょ。せいぜい完走目指してがんばってよ」と後藤をこき下ろした。トップ戦線返り咲きを狙う後藤は開幕前に米国LA道場で修行しており、今大会では「LA DOJO」のTシャツを着用。それを内藤はスペイン語で「ラ・ドホ」と勘違い。「いい名前だね。現状を変えたいなら名前から変えてみたらいかがですか」と皮肉たっぷりに改名を薦めた。

後藤(左)にドロップキックを放つ内藤(撮影・河田真司)
後藤(右)を攻める内藤(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

鷹木信悟してやったり2勝、屈辱乗り越えタイチ下す

タイチ(下)にラスト・オブ・ザ・ドラゴンで勝利する鷹木(撮影・河田真司)

<新日本:G1クライマックス29>◇19日◇東京・後楽園ホール

Bブロック公式戦で鷹木信悟(36)がタイチ(39)との初出場対決を制し、2勝1敗とした。

タイチの重い蹴りを何度も食らうが、負けじとラリアット連発で反撃。ぐったりしたタイチを抱えて、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンでマットに突き刺し、14分40秒で3カウントを奪った。対戦前に散々バカにされ、かつて札幌のジムであいさつし、シカトされた屈辱の過去もあった。それだけに「真っ向勝負で負けた気分はどうだ。何の言い訳もできないだろ」としてやったりの表情だった。

元ドラゴンゲートの鷹木は昨年10月に新日本入り。今年は初出場のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで準優勝。6月には豪腕小島とのシングルを制し、ジュニアながらヘビー級に負けないパワーを証明。シングルで存在感を強めてきた。次戦24日の広島大会では元WWEの「狂犬」モクスリーが待つ。過去にドラゴンゲートUSAで共闘した縁があるが、「思い出マッチはするつもりはない」。さらに「けんか上等だ、コノヤロー」と、気性激しいモクスリーにとことん付き合う構えだ。

タイチにラスト・オブ・ザ・ドラゴンで勝利しガッツポーズをする鷹木(撮影・河田真司)
タイチ(奥)を攻める鷹木(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

友風が横綱初挑戦で全勝鶴竜から金星「夢みたい」

鶴竜(右)は友風にはたき込みで敗れ、館内に座布団が舞うなかがっくりと引き揚げる。左は白鵬(撮影・小沢裕)

<大相撲名古屋場所>◇13日目◇19日◇ドルフィンズアリーナ

西前頭7枚目友風(24=尾車)が横綱初挑戦で金星を射止めた。全勝の鶴竜をはたき込み、土をつけた。序ノ口デビューから13場所目の金星奪取は、元大関小錦に並ぶ史上最速記録だ。元大関琴欧洲らに並ぶ史上2位タイの13場所連続勝ち越しに続いて、V戦線を揺るがす大仕事で、10勝3敗とした。白鵬が妙義龍を下し、1敗で鶴竜に並んだ。幕尻の照強が2敗にいる。

◇   ◇

地鳴りのような大歓声に、ドルフィンズアリーナが揺れた。舞い飛ぶ座布団。13日目、結びで起きた大波乱。土俵下に鶴竜がいた。土俵上に友風がいた。

「実感がない。夢みたいで…。自分のかかとが出てないことは分かったけど、勝ったのかなと」

鶴竜の当たりを受け止め、はたき込んだ。昭和以降初めて4大関全員が休場し、本来なら当たらない西前頭7枚目に白羽の矢が立った。「横綱は雲の上の存在だし、取組を組んでいただき、すごく幸せ」。天の配剤をものにした。

場所入り前の車中での“ラブコール”が効いた。

「オマエは絶対楽しみにしてるだろうけど、俺の方が楽しみだ。言っとくけど、横綱はめちゃくちゃ強いぞ。萎縮するな。体の反応に任せろ」

右膝負傷で休場中の嘉風だった。十両になっても付け人を志願するほど敬愛する兄弟子と連日、連絡をとる。この日の一番は助言通り。友風は「胸を借りるつもりで思い切り当たって、とっさに体が動いた」と、引き技を振り返った。

関取になって作った浴衣は、音符を模様に「TOMOKAZE」の字をデザインした。ピアノが特技の男は支度部屋で頭に流れるメロディーを問われて「母親の悲鳴が聞こえてる感じ。おそらく号泣してるでしょうから」と笑った。

優勝争いを一気に白熱させた。序ノ口デビューから13場所目の金星は、史上最速タイの快挙になった。【加藤裕一】

友風(左)のはたき込みに敗れた鶴竜は土俵下に転がる。右は白鵬(撮影・奥田泰也)
鶴竜(左)をはたき込みで破る友風(右)(撮影・森本幸一)

関連するニュースを読む

照強、一気押し出し優勝戦線2敗守る「明日も集中」

2敗を死守し懸賞を手にする照強(撮影・小沢裕)

<大相撲名古屋場所>◇13日目◇19日◇ドルフィンズアリーナ

照強は2敗を守って、優勝の可能性を残した。阿武咲の圧力を下がりながらかわし、両ハズ押しで一気に押し出し。

「集中力が良かったかな。しあとっかり当たっては流れだった」。あまりの好調ぶりに「雪でも降るんじゃない」と豪快に笑った。14日目は北勝富士と対戦。幕尻力士と筆頭が組まれるのは極めて珍しいが「(相手は)関係ない。明日も集中していくだけですよ」と、地に足をつけた。

阿武咲(左)を押し出しで破る照強(撮影・森本幸一)
2敗を死守し笑顔で引き揚げる照強(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

レッドヴェイパー北村友背に抜群の動き/函館2歳S

レッドヴェイパー(2019年6月23日撮影)

函館2歳Sに出走するレッドヴェイパー(牝、安田隆、父キンシャサノキセキ)が抜群の動きを見せた。

函館ウッドチップで5ハロン69秒0-12秒1(馬なり)。ウォータースペース(3歳2勝クラス)を3馬身半追走し、半馬身先着した。北村友騎手は「直線を向いた時の反応も良かったし、そこからさらに加速するような感じもあった。長くいい脚を使える」と絶賛した。

関連するニュースを読む

舞台適性が高いハウメアが主役/函館日刊スポーツ杯

ハウメア(2018年7月14日撮影)

土曜メインの函館日刊スポーツ杯(3勝クラス、芝1200メートル、20日)はハウメア(牝5、藤沢和)が主役。

前走のTVh杯は軽ハンデの勝ち馬にあと1歩及ばなかったものの、ラスト3ハロンはメンバー最速の33秒6の脚を使って2着。舞台適性の高さを見せた。最終追い切りは函館ウッドチップで5ハロン67秒8-13秒0(馬なり)。レッドサイオン(3歳1勝クラス)を2馬身追走し併入した。大江原助手は「昨年も勝っている舞台。改めて期待したい。馬は変わらず順調」と話した。

関連するニュースを読む

凱旋門賞挑むロジャーバローズ帰厩、8月20日出国

ロジャーバローズ(2019年5月26日撮影)

凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=パリロンシャン)に挑むダービー馬ロジャーバローズ(牡3、角居)が19日、栗東に帰厩した。

元気いっぱいで、担当の米林助手は「疲れが抜けきるのかなと半信半疑だったが、回復力が素晴らしかった。馬体重は510キロ。検疫厩舎についてからのカイバも食べきっていた。精神面ではいい意味で子どものままで怒られてもすぐ立ち直っていましたよ」と笑顔で話した。8月20日に出国予定でニエル賞(G2、芝2400メートル、9月15日、パリロンシャン)から凱旋門賞に向かう。

関連するニュースを読む

チェコのナガノゴールドは仏G2ドーヴィル大賞へ

長野五輪アイスホッケー準決勝 ドミニク・ハシェックに抱きつき喜ぶチェコ(92年2月撮影)

ロイヤルアスコット開催のG2ハードウィックSで2着に好走したチェコ調教馬ナガノゴールド(牡5、V・ルカ、父シクスティーズアイコン)はドーヴィル大賞(G2、芝2500メートル、8月25日)を目標にしていくことがわかった。18日、レーシングポスト電子版が伝えている。

同馬は昨年もドーヴィル大賞を走っており、勝ったロクスリーから3馬身半差の4着だった。レーシングマネジャーを務めるトーマス・ヤンダ氏は「アスコットを走った後も好調です。凱旋門賞でいい走りをするためにドーヴィル大賞を走らせたいと思っています」とコメントしている。陣営はハードウィックS2着の内容で自信を深めており、凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=パリロンシャン)への意識も強い。

ヤンダ氏は「凱旋門賞は彼(ナガノゴールド)に最も適したレースだと感じていますし、もちろん、才能豊かな馬たちが集まるレースです。フォワ賞も選択肢にあります。クリストフ(スミヨン)はスタート直後と直線の不利がなければ(前走を)勝っていたと感じていますし、アンラッキーではあったけど、素晴らしい日になりました。ナガノゴールドはチェコ競馬界のスーパースター。彼は中欧、東欧の最強馬です」とその存在をアピールした。

多額の追加登録料が必要となるキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1、芝2390メートル、7月27日=アスコット)への参戦は見送ったが、ドイツのベルリン大賞(G1、芝2400メートル、8月11日=ホッペガルデン)は選択肢に入る。

ナガノゴールドの馬名の由来は「長野オリンピックの男子アイスホッケーでチェコ代表が金メダルを獲得したこと」。ジャパンC(G1、芝2400メートル、11月24日=東京)への参戦プランもあるチェコ調教馬の動向から今後も目が離せない。

関連するニュースを読む

ピンクドッグウッド対イリデッサに注目/愛オークス

ピンクドッグウッド。18年凱旋門賞当日に行われたマルセルブサック賞(5着)のパドックにて

愛オークス(G1、芝2400メートル、20日=カラ、10頭立て)の出走馬と枠順が18日、確定した。

英オークス2着、前走G1プリティーポリーS3着と惜敗続きのピンクドッグウッド(牝3、A・オブライエン、父キャメロット)はライアン・ムーア騎手騎乗で4番枠。プリティーポリーS覇者イリデッサ(牝3、J・オブライエン、父ルーラーオブザワールド)はウェイン・ローダン騎手騎乗で大外10番枠からスタートする。

ブックメーカーの単勝前売り人気は、エイダン・オブライエン師が管理するピンクドッグウッド、息子のジョセフ・オブライエン師が管理するイリデッサの上位2頭が拮抗(きっこう)している。

2強を追いかけるのは追加登録料を払って英国から参戦するスターキャッチャー(牝3、J・ゴスデン、父シーザスターズ)。鞍上はランフランコ・デットーリ騎手が務め、3番枠からスタートする。

エイダン・オブライエン師は3頭出し。これまでに愛オークス5勝を挙げており、勝利すると、マイケル・スタウト師(英国)の6勝に並ぶ最多タイ記録となる。

愛オークスは一昨年にエネイブル(同年凱旋門賞制覇)、昨年はシーオブクラス(同年凱旋門賞2着)が制しており、凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=パリロンシャン)へ向けても見逃せない一戦だ。

関連するニュースを読む

ランキング

宮迫自ら引退、金塊強奪犯との酒席報じられ心折れた

雨上がり決死隊宮迫博之

闇営業問題で謹慎処分中だったお笑いコンビ、雨上がり決死隊宮迫博之(49)の契約解消が19日、所属の吉本興業から発表された。

先月7日に雑誌「FRIDAY」が報じたことで発覚した闇営業問題で、宮迫自身が謝罪会見をして復帰への道筋をつける方法が模索されたが、自ら契約解消、引退する道を選択した。

   ◇   ◇   ◇

吉本興業は19日午後1時、報道各社に同日付で宮迫とのマネジメント契約を解消したことをファクスで報告した。「諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、上記決定に至りました」と記されていた。

会見は行わない。前夜まで、宮迫とロンドンブーツ1号2号田村亮(47)が謝罪会見をする準備が進められていた。それが、宮迫と「金塊強奪事件」の主犯格との酒席を、新たに「FRIDAY」が報じることが分かった18日夜に急転。関係者は「前夜まで宮迫と亮が謝罪会見をするために打ち合わせをする予定でしたが、宮迫が打ち合わせを拒否して、契約解消の道を選んで、この日の発表になりました」と説明した。

吉本興業は闇営業が報じられる前の、5月中頃から関わった芸人たちに聞き取り調査を進めてきた。宮迫に「謝罪会見」「無期限謹慎」「契約解消」などの選択肢を提案。収まらない騒動に、最終的に「宮迫本人が契約解消しかないと思い至った」という。吉本は、宮迫の意向を受けて、19日朝に弁護士を通じて宮迫に「契約解消」を通告。宮迫も納得して受け入れた。相方の蛍原にも宮迫への処遇を伝えた。吉本は、雨上がり決死隊のコンビ名の継続について「本人たちに任せる」としている。

宮迫は14年12月、都内ホテルで行われた、振り込め詐欺グループの忘年会に出席。仲介したカラテカ入江慎也(42)が、6月4日に吉本興業から契約解消された。宮迫は当初、ツイッターなどで、相手が反社会的勢力だとは知らず、謝礼も受け取っていなかったなどと説明していた。その後、謝礼を受け取っていたことが判明し、うそをついていたことから、事務所側は先月24日に当面の間の謹慎処分としていた。

吉本は、宮迫と亮の謝罪会見を開いて、10万円以下の謝礼をもらっていた後輩芸人の復帰への道筋をつけようとしていた。だが、宮迫の新たな疑惑が発覚して白紙に戻った。吉本は、再度の話し合いを宮迫に求めたが応じることはなく、契約解消が決まった。

関係者は「金塊強奪犯との件が新たに報じられることで宮迫の心が折れた。このタイミングに会見しても、事態収拾につながらないどころか、かえって火だるまになる恐れもあると、芸能界から身を引くことを決意した」と説明した。

高視聴率の人気番組のレギュラーをいくつも持つ、人気芸人が事件の真相を語ることなく、ひっそりと自ら幕を引いた。

Dragon Ashの金子賢輔ら大麻所持で逮捕

警視庁組織犯罪対策5課は20日までに、自宅で大麻を所持したとして大麻取締法違反の疑いで、人気ロックバンド、Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)のベース担当、金子賢輔容疑者(33)ら男女3人を現行犯逮捕した。組対5課によると、金子容疑者は「大麻だとは何となく分かっていた。拾ったものだ」と供述し、容疑を一部否認している。

他に逮捕されたのは金子容疑者の友人の無職女(25)と、JESSEの名前で音楽活動している米国籍のマック・ファーデン・ジェシー・ソラト容疑者(38)。ジェシー容疑者はギタリストCharの息子で、ロックバンドのRIZE(ライズ)でボーカルを務めている。

金子容疑者と女の逮捕容疑は19日午前、金子容疑者の自宅で若干量の大麻を所持した疑い。女は「誰のものか分からない」と否認している。

ジェシー容疑者の逮捕容疑は19日午前、自宅で約4グラムの大麻を所持した疑い。組対5課は1カ月ほど前から金子容疑者らが大麻を持っているとの情報を基に捜査していた。19日に家宅捜索し、大麻を発見した。

ドラゴンアッシュは、1996年(平8)に結成。「FANTASISTA」などの楽曲がヒットした。KenKenの名前で活動する金子容疑者は、RIZEのメンバーでもあり、ジョシー容疑者とは古くから親交があるとみられる。

松山2年連続予選落ち「自信持って打てなくなった」

18番、通算3オーバーで予選落ちとなり、インタビューに答える松山(撮影・加藤諒)

<米男子ゴルフ:全英オープン>◇第2日◇19日(日本時間20日未明)◇北アイルランド・ロイヤルポートラッシュGC(7344ヤード、パー71)◇賞金総額1億50万ドル(約110億5500万円)優勝賞金189万ドル(約2億800万円)

日本男子として初の海外メジャー優勝を目指した松山英樹(27=LEXUS)が2年連続で予選落ちした。

42位から出た1番パー4で、いきなりティーショットをOBとしてトリプルボギー。前半のパー5で2つバーディーを奪ったものの、最後までショットの乱れを修正できず。10番でV字の崖に入れてボギーをたたいた後も、何度も深いラフにボールを飛ばした。

3バーディー、3ボギー、1トリプルボギーの74で回り、通算3オーバーの87位。

松山は「うまくいかなかったです。途中から修正できると思っていたけれど、後半の10、11番くらいから自信を持って打てなくなった。悪いスイングをした結果。なかなか思ったプレーができないのは自分のせい。悔しいです」と淡々と話した。

8人が出場した日本勢では稲森佑貴と、浅地洋佑の2人が、ともに通算1オーバーの58位で予選を通過した。

18番、松山はバーディーパットを外す(撮影・加藤諒)
10番、顔に手を当ててラインを読む松山(撮影・加藤諒)
9番、ティーショットを放つ松山(撮影・加藤諒)

川崎F中村憲剛MVPの100万「仲間にズルいと」

川崎F対チェルシー MVPを獲得し笑顔を見せる川崎F・MF中村(撮影・足立雅史)

<明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019:川崎F1-0チェルシー>◇19日◇日産ス

Jリーグ2連覇中の川崎フロンターレが、チェルシーに1-0で競り勝った。後半43分からピッチに入ったMF中村憲剛(38)が決勝点をアシストし、MVPを獲得した。世界の強豪撃破で、リーグ3連覇へはずみをつけた。

   ◇   ◇   ◇

川崎FのMF中村が出場わずか7分でMVPを獲得し違いを見せつけた。後半38分にピッチに入ると、相手の裏をつくスルーパスで攻撃のスイッチを入れ、後半42分にFWレアンドロダミアンのヘディング弾をアシスト。MVP賞金の100万円を手にした。中村は「仲間にズルいと言われました。賞金はチームに寄付しようと思ってます」と苦笑した

チームが発展途上だった15年夏、ドルトムントに0-6で惨敗した。球際、スピード、プレーの質。世界との差を体感し、中村は「翌日の練習から、みんなの顔色が変わった」と振り返る。それから4年。

この日も相手の速いパス回しにプレスがはまらず、中村は「普段、Jリーグでうちがやっていることをやられた。蹴る、止める、パススピードの部分はまだまだ世界とは差があった」と課題をあげる。それでも、劣勢ながら体を張り、失点を防ぎ続けたことで“金星”につなげた。

相手はシーズン前で始動したばかりだが、しっかり勝った。中村は「簡単に失点せず、ゲームを壊さなかったことは成長。小さくない勝利」と手ごたえを口にした。リーグ3連覇へ向け、最高の刺激をもらった。【岩田千代巳】

川崎F対チェルシー 後半、ゴールを決めた川崎F・FWレアンドロ・ダミアン(中央右)と抱き合い喜ぶMF中村(同左)(撮影・足立雅史)

マー君4連勝へ「感触がいいから、ってことです」

先着2万5000万人に配布されたヤンキース田中の特製カップ

ヤンキース田中将大投手(30)が、20日(日本時間21日午前2時5分開始予定)のロッキーズ戦へ向けて抱負を語った。

現在、球宴を挟んで3連勝中。前半戦で課題に挙げてきたスプリットも本来のキレを取り戻し始めており、「感触がいいから、ってことです」と明るい表情で話した。

7勝目をかけた本拠地ニューヨークのマウンドは、予報によると最高気温38度前後となる見込みで、しかもデーゲーム。体調管理、水分補給について「しっかりと意識していつもより多めに取って投げられたらいいと思います。汗の出る量も違うでしょうから」と冷静に話した。

また、前日の19日には、田中の写真入り特製カップが先着2万5000人に配布された。

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。