日刊スポーツ

注目コーナー

スコア速報

  • ツインズVSアストロ
    29日14:08開始(日本時間30日3:08)
  • アスレチVSホワイト
    29日15:08開始(日本時間30日4:08)
  • レイズVSブルージ
    29日17:00開始(日本時間30日6:00)
  • インディVSヤンキー
    29日19:00開始(日本時間30日8:00)

9月29日(火)
本日は試合がありません

9月29日(火)
本日は試合がありません

新着ニュース

桑田氏次男のMatt「Matt Rose」に改名

Matt Rose(2020年3月26日撮影)

元プロ野球巨人軍投手の桑田真澄氏(52)の次男でタレントのMatt(26)が30日、アーティスト名を「Matt Rose」に改名した。

Mattの本名は桑田将司。ブログで改名を予告、1年以上前から家族や周囲の人に相談をしていた事を明かしていた。テレビで嵐に相談したり、23日放送のフジテレビ系「突然ですが占ってもいいですか?」では占い師の星ひとみ氏に「名前を変えた方がいい。Mattだと音楽で短命になっちゃう」とアドバイスを受けていた。

Mattは「Mattという名前は多く存在しラストネームをつけることで差別化することができると思い色んなきっかけがあり改名することになりました」と説明していた。

関連するニュースを読む

山口俊が出場登録選手外 レイズ筒香と対戦かなわず

ブルージェイズ山口俊(2020年2月15日撮影)

ブルージェイズ山口俊投手が、ワイルドカードシリーズの出場登録選手から外れた。シーズン最終戦で4敗目を喫し、課題を残していた。

27日のオリオールズ戦で、同点の5回から2番手で登板したが、2イニングを投げ4安打3失点で負け投手。メジャー1年目を2勝4敗、防御率8・06で終えていた。筒香の所属するレイズと戦うが、無念の登録外となった。

関連するニュースを読む

先制点生んだ近本の足を矢野監督称賛「チカらしい」

阪神対中日 1回裏阪神2死三塁、勝野(右)の暴投で先制の生還を果たす近本(中央)。左は打者サンズ(撮影・前田充)

<阪神7-3中日>◇29日◇甲子園

阪神は近本光司外野手の足で、先制点を生み出した。

初回に初球を振り抜き右越え二塁打とし、北條史也内野手のバントで三進。2死からジェリー・サンズ外野手への3球目がワンバウンドして捕手がはじいたのを見逃さず、本塁へ生還した。矢野燿大監督も「チカ(近本)が1人で取ってくれましたし。本当にチカらしいチカならではの足で点を取ってくれました」と称賛した。

阪神対中日 1回裏阪神無死、近本は右越え二塁打を放つ(撮影・加藤哉)
阪神対中日 1回裏阪神無死、右越え二塁打を放った近本はベンチに向かって手をあげる(撮影・前田充)

関連するニュースを読む

棚橋弘至が待望初白星 ロビンソン破り巻き返し誓う

棚橋弘至(2019年2月撮影)

新日本プロレスの「G1クライマックス」Bブロック5試合が29日、東京・後楽園大会で行われ、3度の優勝経験を持つ棚橋弘至(43)が開幕3戦目で待望の初白星を挙げた。

2連勝と好調のジュース・ロビンソンと対戦。雪崩式ブレーンバスターでピンチを迎えるも、得意のスリングブレイドで反撃。最後は、パルプフリクションを狙ったロビンソンの足首を捕獲し、前方回転エビ固めで3カウントを奪った。永田に並ぶ歴代最長の19年連続出場となる「エース」は「まず1勝。これでどれだけ気持ち的に勢いづけるかを経験として知っているから」と巻き返しを誓った。

関連するニュースを読む

DeNA梶谷「尊敬する」佐伯に並んだ月間41安打

DeNA対ヤクルト 勝利しタッチを交わすDeNAの、左から佐野、梶谷、神里(撮影・足立雅史)

<DeNA8-4ヤクルト>◇29日◇横浜

DeNA梶谷隆幸外野手が一挙4安打で、4年間一緒にプレーした先輩と肩を並べた。

ヤクルト戦の4回、この日3安打目となる左翼ポール際への16号アーチ。これで月間40安打とすると、6回には右中間への二塁打。90年パチョレック、96年佐伯貴弘と並ぶ球団タイ記録の月間41安打をマークした。今月7度目の猛打賞も球団タイ記録。

「僕の尊敬する佐伯さんに肩を並べたのはすごい喜ばしいこと。コツコツ自分のことを必死にやっていた。ああいう野球を一生懸命やっていた方と同じ記録ができたのがすごいうれしい」と笑顔を見せた。

今季12度目の猛打賞、4度目の4安打で打率も3割2分まで上昇。好調の要因は1月からずっと取り組んできたという逆方向への打撃だという。この日も本塁打と1打席目の安打はレフト方向。「1月から徹底してやってきた。そこが少しずつでも身になってきている」と手応えを口にした。ラミレス監督も「球を良く見て、引きつけてしっかり捉えることができている。だから逆方向に打てる」という。首位巨人の背中は遠いが、梶谷は先輩佐伯のように日々懸命にバットを振り続ける。【千葉修宏】

▼梶谷が4安打を放ち、今月通算41安打。DeNA選手の月間41安打は90年8月のパチョレック、96年5月の佐伯に並ぶ球団最多となった。月間7度の猛打賞も07年8月の金城に並ぶ球団最多。30日のヤクルト戦で、2リーグ制後のプロ野球最多となる月間8度に並ぶことができるか。

DeNA坂本(球団では86年相川以来の新人で開幕から無傷の3連勝)「先頭打者に本塁打を打たれた後、うまく切り替えることができず追加点を与えてしまいました。投球リズムも悪く守備の時間が長くなってしまったことは反省点」

DeNA対ヤクルト お立ち台で笑顔を見せる佐野(右)と梶谷(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

山口俊が出場登録選手外 レイズ筒香と対戦かなわず

ブルージェイズ山口俊(2020年2月15日撮影)

ブルージェイズ山口俊投手が、ワイルドカードシリーズの出場登録選手から外れた。シーズン最終戦で4敗目を喫し、課題を残していた。

27日のオリオールズ戦で、同点の5回から2番手で登板したが、2イニングを投げ4安打3失点で負け投手。メジャー1年目を2勝4敗、防御率8・06で終えていた。筒香の所属するレイズと戦うが、無念の登録外となった。

関連するニュースを読む

先制点生んだ近本の足を矢野監督称賛「チカらしい」

阪神対中日 1回裏阪神2死三塁、勝野(右)の暴投で先制の生還を果たす近本(中央)。左は打者サンズ(撮影・前田充)

<阪神7-3中日>◇29日◇甲子園

阪神は近本光司外野手の足で、先制点を生み出した。

初回に初球を振り抜き右越え二塁打とし、北條史也内野手のバントで三進。2死からジェリー・サンズ外野手への3球目がワンバウンドして捕手がはじいたのを見逃さず、本塁へ生還した。矢野燿大監督も「チカ(近本)が1人で取ってくれましたし。本当にチカらしいチカならではの足で点を取ってくれました」と称賛した。

阪神対中日 1回裏阪神無死、近本は右越え二塁打を放つ(撮影・加藤哉)
阪神対中日 1回裏阪神無死、右越え二塁打を放った近本はベンチに向かって手をあげる(撮影・前田充)

関連するニュースを読む

DeNA梶谷「尊敬する」佐伯に並んだ月間41安打

DeNA対ヤクルト 勝利しタッチを交わすDeNAの、左から佐野、梶谷、神里(撮影・足立雅史)

<DeNA8-4ヤクルト>◇29日◇横浜

DeNA梶谷隆幸外野手が一挙4安打で、4年間一緒にプレーした先輩と肩を並べた。

ヤクルト戦の4回、この日3安打目となる左翼ポール際への16号アーチ。これで月間40安打とすると、6回には右中間への二塁打。90年パチョレック、96年佐伯貴弘と並ぶ球団タイ記録の月間41安打をマークした。今月7度目の猛打賞も球団タイ記録。

「僕の尊敬する佐伯さんに肩を並べたのはすごい喜ばしいこと。コツコツ自分のことを必死にやっていた。ああいう野球を一生懸命やっていた方と同じ記録ができたのがすごいうれしい」と笑顔を見せた。

今季12度目の猛打賞、4度目の4安打で打率も3割2分まで上昇。好調の要因は1月からずっと取り組んできたという逆方向への打撃だという。この日も本塁打と1打席目の安打はレフト方向。「1月から徹底してやってきた。そこが少しずつでも身になってきている」と手応えを口にした。ラミレス監督も「球を良く見て、引きつけてしっかり捉えることができている。だから逆方向に打てる」という。首位巨人の背中は遠いが、梶谷は先輩佐伯のように日々懸命にバットを振り続ける。【千葉修宏】

▼梶谷が4安打を放ち、今月通算41安打。DeNA選手の月間41安打は90年8月のパチョレック、96年5月の佐伯に並ぶ球団最多となった。月間7度の猛打賞も07年8月の金城に並ぶ球団最多。30日のヤクルト戦で、2リーグ制後のプロ野球最多となる月間8度に並ぶことができるか。

DeNA坂本(球団では86年相川以来の新人で開幕から無傷の3連勝)「先頭打者に本塁打を打たれた後、うまく切り替えることができず追加点を与えてしまいました。投球リズムも悪く守備の時間が長くなってしまったことは反省点」

DeNA対ヤクルト お立ち台で笑顔を見せる佐野(右)と梶谷(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

ロッテ石川7勝、苦手の移動対策で8回途中2失点

日本ハム対ロッテ 7勝目を挙げ笑顔の石川(撮影・黒川智章)

<日本ハム3-4ロッテ>◇29日◇札幌ドーム

ロッテ石川歩投手(32)は力強かった。8回途中2失点で、今季7勝目を挙げた。

札幌ドームに、ミットを強くたたく音が何度も響く。「今日は良かったですね、まっすぐ」と、普段は辛口気味の自己評価もこの日は高まる。最速は149キロ。7個の三振のうち、5個を直球で奪った。三振の少ない日本ハム近藤にも、フルカウントからの高め直球を空振りさせた。

前回登板した22日の楽天戦(楽天生命パーク)は、6回途中9安打8失点と打ち込まれた。「自分は移動があんまり好きじゃないというか、それで崩れていたんで…その対策はしっかりできたかなと思います」。開幕から12週連続で金曜日の先発が続き、前々回から火曜先発にチェンジ。月曜日の調整も工夫し、2度のミスはしなかった。

優勝争いに、投手陣の柱として挑む。「自分はコンディションを整えて、マウンドに行ければという感じなので」と、趣味のサウナも楽しみながら1週間のサイクルを作る。トレードマークのひげも伸びてきた。「楽天に入った人(DJ・ジョンソン)がいるので。負けないように」。自分の味を出しながら、タフな季節を迎える。【金子真仁】

日本ハム対ロッテ 試合後、笑顔を見せる石川(撮影・黒川智章)
日本ハム対ロッテ ロッテ先発の石川(撮影・黒川智章)
日本ハム対ロッテ 3回裏日本ハム無死、清宮(右奥)を投ゴロに仕留めるロッテ石川(撮影・佐藤翔太)
日本ハム対ロッテ 後続を抑えロッテ石川に声をかける沢村(中央)(撮影・佐藤翔太)

関連するニュースを読む

栗山監督「野球は結果論」天敵マーティン止められず

日本ハム対ロッテ ベンチで渋い表情の栗山監督(中央)(撮影・黒川智章)

<日本ハム3-4ロッテ>◇29日◇札幌ドーム

また、天敵にやられた…。日本ハムはロッテ19回戦(札幌ドーム)で1点差負けを喫した。攻守でロッテ・マーティンに試合の流れを奪われた。3点を追う初回1死二、三塁では、犠飛による三塁走者の生還を阻止され、9回には右翼席へ24号ソロを打たれて大きな4点目を失った。上位2チームと戦う大事な6連戦初戦を落としたチームは、30日にも自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅する。

   ◇   ◇   ◇

どうしても、日本ハムがロッテ・マーティンの躍動を止められない。栗山監督は「野球は結果論だから。(元巨人の)藤田監督が過程は大事、でも全ては結果だと。その通りなんだ。けど、過程を大事にしないと結果にはつながらない」と試合後に言った。結果として1点差負けの試合だったからこそ、相手助っ人の活躍ぶりが際だってしまう。

3点を追う初回は、その強肩で1点を阻止された。1死二、三塁の好機で中田が右飛。やや浅めの飛球ではあったが、三塁走者の平沼はタッチアップし、ストライク送球で本塁憤死に。ロッテ先発の石川にもリズムを与えて、8回途中まで快投を許してしまった。

9回には、最も警戒しなければいけなかった本塁打を浴びた。3番手でマウンドに上がった秋吉がリズムよく2死を奪い、迎えたのがマーティン。1ボールからの2球目、131キロのチェンジアップが甘く入ったところを捉えられた。右翼席へ24号ソロを被弾。8回に1点差に詰め寄った直後だけに、手痛い失投で試合の流れを引き戻された。

初回の攻撃も送球がそれれば1点入る可能性はあったが、今季は同様のケースでレーザービームを食らった試合もあった。9回はブルペンに左投手の公文、現状は抑え役を務める宮西も残っていた。今季は要所で手痛い目に遭っているマーティンを抑え込む手はあったかもしれない-。結果論だが、余力を残したままに見える敗戦は悔しさが大きい。「1つ1つ(の勝敗)が重くなっていく時期。まだまだ、これからなので頑張ります」と栗山監督は言った。今季はCSに進出できるのが2位まで。アクセルを踏む時期だ。【木下大輔】

日本ハム対ロッテ 9回表ロッテ2死、マーティンは右越え本塁打を放つ。投手は日本ハム秋吉(撮影・佐藤翔太)
日本ハム対ロッテ 1回裏日本ハム1死二、三塁、中田の右飛で三塁走者の平沼を本塁で補殺するマーティン(撮影・黒川智章)

関連するニュースを読む

バルサ1週間で最低3選手の放出目指す 地元紙

バルセロナDFサミュエル・ウムティティ

スペインの今夏の移籍市場終了の10月5日まで1週間を切る中、バルセロナが最低3選手を他クラブに移籍させることを目指していると、スペイン紙ムンド・デポルティボ電子版が29日に報じた。

同紙はバルセロナには残りわずかな期間でメンバーに多くの動きがあると推測。実際、クーマン監督は27日のビリャレアル戦後の記者会見で新たな選手補強および放出の可能性を認めていた。

バルセロナは新型コロナウイルの影響により、今季の収入が昨季よりも30%減収すると予想しており、給与総額を減らし続ける必要があり、すでにアルトゥール、ラキティッチ、ビダル、ルイス・スアレスを放出し、ワゲを期限付き移籍に出してきた。しかしバルセロナの動きはこれに止まらず、残り1週間を切る中、最低3選手の完全移籍および期限付き移籍の可能性を模索しているとのこと。

そんな中、今季、クーマン監督指揮下で出場時間を得るのが難しく移籍候補に挙がるのはアレニャ、トディボ、ブライトバイテ、ウムティティ、ラフィーニャの5選手。

この中で、期限付き移籍から戻ってきたばかりのアレニャとトティボは現在、すでに移籍市場に出されており移籍先を探している最中であるという。一方、負傷中のブライトバイテは残留を希望しており、膝に問題を抱えるウムティティは給与が高く移籍が非常に困難になっている。

また来年6月で契約の切れるラフィーニャは他クラブへの完全移籍を望んでおり、バルセロナは1600万ユーロ(約20億円)に設定している契約解除金を免除するとのことである。

バルセロナは1週間を切る中で最低3選手の放出の仕事に努めているため、10月5日までに大きな動きがあると推測されている。(高橋智行通信員)

関連するニュースを読む

身長2m札幌中野小次郎デビュー戦の悔しさを成長へ

キーパー練習に参加する札幌GK菅野孝(右)と法大GK中野小(中央)(撮影・保坂果那)

北海道コンサドーレ札幌に来季加入が内定している法大GK中野小次郎(21)が、次節10月3日ベガルタ仙台戦(札幌ド)でホームデビューを見据えた。

29日、札幌市内で2日間のオフから明けたチームの練習に参加。26日アウェー・ヴィッセル神戸戦(0●4)でJ1初出場を果たした若き新戦力は、2度目のチャンスを狙い「一人の札幌のキーパーとして、チームを勝利にどうやって導けるかというところ、戦力として勝ちにいくというところを見せられたら」と意気込んだ。

4失点のホロ苦デビュー戦で得た収穫と課題を成長につなげる。正式に先発を告げられたのは当日朝だった。「いつ出てもいいように準備はしていた。そんなに緊張することなく、自分の力を出すだけだと思って試合に臨んだ」と落ち着いてプレー。攻撃の組み立てにも参加し、プロの世界でも通用すると、手応えを感じた場面もあった。試合後、周囲からは防ぐのは難しい失点だったと励まされた。それでも「僕の中では止められるシュートもあった。そこを止めていかないと勝てるキーパーにはなれない」と、悔しさを募らせる。

札幌本拠地に、J1初の2メートル選手が初お目見えするか。リベンジを目指す中野小は「ゴールをどれだけ守れるかというところを重点的にやっていきたい」と出場に向けてアピールする。【保坂果那】

キーパー練習に参加する法大GK中野小次郎(左から3人目)と札幌GK陣(撮影・保坂果那)

関連するニュースを読む

清水が次世代育成プロジェクト、高木純平氏が講演

講演する清水の高木氏

清水エスパルスが29日、ホームタウン次世代育成プロジェクト「エスプラス」を静岡市立千代田小で開催した。

第1回は元清水MFで現広報の高木純平氏(38)が、キャリア教育をテーマに講演。選手時代に移籍を決めた理由や広報へ転身した経緯などを振り返り、参加した6年生の児童166人は真剣な表情で耳を傾けた。

高木氏は「何事も主体的な姿勢が大切。進路決めなど人生のターニングポイントで、自分で判断と決断をしてください」と訴えた。同プロジェクトは全10回を予定。静岡市内の各小学校で行われる。

関連するニュースを読む

川崎F小林「絶対取りたい」複数タイトル奪取へ意欲

小林悠(2020年9月20日撮影)

川崎フロンターレFW小林悠が「複数タイトル奪取」への意欲をあらためて示した。

23日に誕生日を迎えて33歳となった抱負を聞かれ「複数タイトルを取れていないので絶対取りたいですし、自分もその力になれれば」と語った。リーグ戦、ルヴァン杯、天皇杯と3冠の可能性を残す。10月3日には勝ち点11差をつける2位C大阪と対戦。「特別な試合になる。そのための覚悟、準備をしたい」と力を込めた。

関連するニュースを読む

森保監督が久保建英ら史上初の「オール海外組」編成

森保一監督(2020年1月16日撮影)

東京五輪(オリンピック)代表も指揮する日本代表の森保一監督(52)が、10月5日からのオランダ遠征のメンバーをほぼ想定通りで編成できる見通しを示した。29日、オンラインで対応。

欧州では新型コロナウイルスの感染が再拡大しているが、森保監督はMF橋本(ロストフ)のロシアとFW浅野(パルチザン)のセルビア以外の国はオランダへの入国が可能と説明。他国リーグに所属する選手については「今招集できる状況の中ではだいたいの選手は招集できるようになると思っている」と話しており、現時点ではMF久保(ビリャレアル)らの招集は問題ない模様だ。

史上初のオール海外組となるメンバー発表は10月1日の予定。「選考後も(状況が)変わるかもしれないので合わせて対応していければ」。状況が日々変化する中、今年の初陣となる9日のカメルーン戦と13日のコートジボワール戦に向けて臨機応変に対応を取る。

関連するニュースを読む

山県亮太、ウォルシュ、高橋萌木子ら日本選手権欠場

山県亮太(2019年5月6日撮影)

日本陸連は29日、来月1~3日に行われる日本選手権(新潟)の欠場選手を発表した。

男子100メートルは、自己記録10秒00の山県亮太(28=セイコー)が右膝の痛みと違和感のため。男子400メートルを2連覇中のウォルシュ・ジュリアン(24=富士通)も出場を見送る。8月のセイコー・ゴールデングランプリのレース中に左太もも裏を肉離れしており、回復へ向かっているが、大事をとった。

男子1500メートルは日本歴代2位3分37秒90の自己ベストを持つ戸田雅稀(27=サンベルクス)、森田佳祐(24=小森コーポレーション)。女子100メートルは2年前の覇者・世古和(29=クレイン)、日本歴代2位の11秒32の自己ベストを持ち、7年ぶり出場の期待が懸かった高橋萌木子(31=ワールドウイング)。女子7種競技の日本選手権(26~27日・長野)で負傷したヘンプヒル恵(24=アトレ)は、女子走り幅跳びと100メートル障害にエントリーとしていたが、回避となった。また女子走り高跳びの高橋渚(日大3年)も欠場する。

ウォルシュ・ジュリアン(2020年8月23日撮影)

関連するニュースを読む

本田真凜が右肩の脱臼で今季初戦ジャパンOP欠場

本田真凜(2019年12月21日撮影)

日本スケート連盟は29日、ジャパンオープン(10月3日、埼玉)に出場予定だった女子の本田真凜(19=JAL)が右肩の脱臼のため、欠場すると発表した。国際スケート連盟後任大会で、今季初戦になるはずだった。

大会は例年、日本、北米、欧州の3地域からプロとアマチュアの男女混合チームで対抗戦の形式を取ってきた。今年は新型コロナウイルス感染拡大により国内選手のみで行われることになっていた。各5名の2チーム(レッド/ブルー)で行い、シングルのフリー演技の合計点をチームの総合点とした団体戦となる。

山下真瑚(17)が代わりに出場し、チーム分けは以下。

レッド:川畑和愛、山下真瑚、、浦松千聖、本田ルーカス剛史、日野龍樹

ブルー:樋口新葉、横井ゆは菜、吉田陽菜、山本草太・佐藤洸彬

関連するニュースを読む

日比野菜緒が天才少女下し全仏初勝利、本戦3度目で

日比野菜緒(17年8月31日撮影)

<テニス・全仏オープン>◇29日◇フランス・パリ◇シングルス1回戦

世界72位の日比野菜緒(25=ブラス)が、全米3回戦で大坂なおみを苦しめた天才少女に快勝し、全仏初勝利を挙げた。

15歳で全豪ジュニアを制した同119位で予選勝者のマルタ・コスチュク(18=ウクライナ)に6-4、6-0のストレート勝ち。次戦では同35位のジャバー(チュニジア)-同77位のディアス(カザフスタン)の勝者と対戦する。

全米3回戦で、大坂に「最も学んだ試合」と言わせたコスチュクだが、日比野がうまくミスを引き出した。全米のハードコートと違い、全仏の赤土は、打ってもなかなか決まらない。打ち焦る相手に、日比野はじっくりと応戦。先週の前哨戦で4強入りした好調さを持続し、本戦3度目の挑戦で、全仏初の勝利となった。

関連するニュースを読む

B1新潟柏倉デビューへ「瞬時に判断すること意識」

1対1の攻防で五十嵐(左)とペアを組む柏倉

新潟アルビレックスBB柏倉哲平はB1デビューを迎える楽しみをコートで表現した。ドリブルでの1対1の攻防、ハーフコートの攻守、攻撃のフォーメーションの確認。各メニューで試合を想定し集中力を高め、体を刺激した。

「積極的に聞きに行く」と五十嵐に師事している。新潟はプレシーズン7試合で1勝6敗。柏倉もパスミスからの失点をはじめ、いくつかの課題を感じた。プレシーズンが終わり、五十嵐、SF池田雄一主将(37)、SG佐藤公威(36)らベテランに攻撃の組み立て方について相談。同じポジションの五十嵐から「考えすぎず、シンプルに」とアドバイスされた。

「言われるまでは、判断に迷うことが多かった。今は瞬時に行うことを意識している」と助言を練習の土台に組み込んだ。「圭さんはどこで自分たちが主導権を取れているか、誰に打たせるように形を作るか、常に数歩先を見ている」。一緒に汗を流し、迷いなく話ができる環境を、実力アップに生かそうとしている。

B1でのプレーは目標の1つだった。B2東京Zでの3年間を糧にB1へ上がってきた。「やっとスタートラインに立つことができる」。横浜戦で第1歩を踏み出す。相手はPFレジナルド・ベクトン(29)を軸にしたインサイドの強さが特徴。「簡単にやらせない。ガード陣もリバウンドに飛び込まなければ」。

五十嵐の姿を間近で見て「これから結果を残してチームに貢献しないと」と決意、チームの勝利に向け、意欲はさらに高まっている。【斎藤慎一郎】

◆柏倉哲平(かしわぐら・てっぺい)1995年(平7)1月20日生まれ、山形県出身。山形南高から青学大へ。16-17年は東京Zの特別指定選手で17-18年に正式入団。19-20年は25試合出場、1試合平均4・8得点、同2・1アシスト。ポジションはPG。180センチ、82キロ。背番号13。

関連するニュースを読む

タイブレークない全仏ならでは、6時間超えの激戦

<テニス:全仏オープン>◇28日◇フランス・パリ◇男子シングルス1回戦ほか

男子シングルス1回戦で、大会史上2番目に長い6時間5分の大激戦があった。

予選勝者で世界157位のジウスティノ(イタリア)が、同71位のムーテ(フランス)を0-6、7-6、7-6、2-6、18-16で下した。04年1回戦で記録された大会最長の6時間33分に続く2度目の6時間超え。同52位の西岡良仁(25)は初戦突破。同94位の杉田祐一(32)は敗れた。

   ◇   ◇   ◇

歴史に残るタフマッチは、もう全仏でしか起こらないかもしれない。最終セットだけで34ゲーム、3時間の激戦。これは現在、全仏でしかあり得ない死闘だ。最終セットにタイブレークや制限がなく、2ゲーム差をつけるまで行うのは、4大大会の中で、全仏だけになっている。

ジウスティノは最終セット、「タイブレークがないと知って、まじって思った」。テニスは元々、タイブレークがなかった。プロ化が進んでテレビで放送されると、試合時間が不明で、長時間は嫌われる。そこでタイブレークが生まれた。

全米は70年に最終セットに採用した。遅れること約50年。19年から全豪は最終セット6ゲームオール後に10点先取タイブレークの使用を決めた。同年、ウィンブルドンは最終セット12ゲームオール後に、タイブレークを採用したため、最終セットが古典的なシステムは全仏だけとなった。

○…杉田が、進境著しい21歳の前に完敗だ。相手は、新型コロナでツアーが中断する前とはいえ、2月のブエノスアイレスでツアー初優勝。再開後も、全仏の前哨戦で2大会連続4強で、杉田は勢いに押された形だ。「スタートが悪かった。自信を持ってプレーできなかった」と悔やんだ。

◆WOWOW放送予定 30日午後5時50分から。10月1日午前0時から。ともにWOWOWライブ。男女シングルス2回戦ほか。生放送。WOWOWメンバーズオンデマンドでもライブ配信。

関連するニュースを読む

桑田氏次男のMatt「Matt Rose」に改名

Matt Rose(2020年3月26日撮影)

元プロ野球巨人軍投手の桑田真澄氏(52)の次男でタレントのMatt(26)が30日、アーティスト名を「Matt Rose」に改名した。

Mattの本名は桑田将司。ブログで改名を予告、1年以上前から家族や周囲の人に相談をしていた事を明かしていた。テレビで嵐に相談したり、23日放送のフジテレビ系「突然ですが占ってもいいですか?」では占い師の星ひとみ氏に「名前を変えた方がいい。Mattだと音楽で短命になっちゃう」とアドバイスを受けていた。

Mattは「Mattという名前は多く存在しラストネームをつけることで差別化することができると思い色んなきっかけがあり改名することになりました」と説明していた。

関連するニュースを読む

賞金1000億円?ジャルジャルが9組の架空芸人に

「第17回祇園お笑い新人大賞presented byジャルジャル」に出演した右から東野幸治、ジャルジャルの後藤淳平と福徳秀介、川島海荷(吉本興業提供)

26日に行われたコント日本一決定戦「キングオブコント2020」で優勝したジャルジャルが29日、京都・よしもと祇園花月で「第17回祇園お笑い新人大賞presented byジャルジャル」を開催した。

ジャルジャルのコントから生まれた「芸人キャラ」によるお笑い賞レース。ジャルジャルが9組の架空の芸人を演じ、優勝を競った。タイトルの「第17回」は芸歴17年にかけており、実際は初の試みとなる。

出場資格は新人芸人で、ジャンルは不問。予選を勝ち抜いた8組と敗者復活1組の設定。会場の観客と生配信の視聴者が審査員となる。

「ブラックデビル」「諸田・津沼」「ヤングマッスル」「OSANANAJIMI」「キューティキャンディ」「タッチワゴン」「松ノ家座笑」「エンジェルキュート」「パワージャングル」の芸人キャラが登場。

「タッチワゴン」は敗者復活として、有料ネタサロン「ジャルジャルに興味ある奴」の会員による投票で決定した。そのまま優勝し、1000億円のボードとトロフィーが贈られた。

司会は東野幸治(53)と川島海荷(26)が務めた。

ジャルジャルは26日のキングオブコントで、エントリー総数1707組の中から優勝。初回から13年連続出場し、4回目の決勝進出で王者に輝いた。東野から感想を聞かれ、後藤淳平(36)は「貫禄を見せつけないとっていうのはあった」と振り返った。

今公演は10月5日午後7時まで視聴できる。

関連するニュースを読む

NMB山田寿々が卒業発表「女優さんになりたい」

山田寿々(2018年10月9日撮影)

NMB48山田寿々(18)が、同グループを卒業することが29日、分かった。この日、大阪・NMB48劇場で行われた山田の冠ライブ「~ずっとずっと~」内で発表された。

山田はグループの公式ブログでもコメントを発表。アイドルになる夢をかなえられた感謝とともに、今後について「去年の生誕祭で言った通り、女優さんになりたいと思っています。その為に少しずつ勉強をしようと思い、NMB48を卒業しようと思います」と決意をつづった。

NMB48ではチームB2の副キャプテンを務めており、「役割をいただいて、メンバーのみんなにもすごく支えられたなと思います」と振り返った。

卒業時期は未定だが、10月のコンサートには全て出演するといい「残り少ない期間にはなりますが、最後まで精いっぱい頑張るので、最後まで応援よろしくお願いします」と呼び掛けた。

山田は16年に5期生として加入。姉は同グループのOGで、タレントの山田菜々(28)。

関連するニュースを読む

ミスジャパンの小川千奈さん「洗濯機新しくしたい」

記念撮影に臨むミス・ジャパン小川千奈さん(撮影・山崎安昭)

国内を代表するミスコンテスト「2020ミス・ジャパン」日本大会が29日、都内のホテルで開催され、岩手県代表の岩手医科大学看護学部3年の小川千奈さん(21)がグランプリに輝いた。昨年のグランプリの土屋炎伽(ほのか)さん(28)がプレゼンターを務め、賞金1000万円が贈られた。

小川さんは「本当に夢を見ている気持ちです。テレビで見ている土屋さんが隣にいて信じられません。このようなチャンスをいただいたことに感謝し、この1年、ミス・ジャパンとしての活動を頑張りたい」と喜んだ。アナウンサーを志望しており「ホスピタリティーのあるオピニオンリーダーになるのが夢です。看護師資格を持ち、知識をもって発信したい」。目標は同じ岩手県出身のTBS山形純菜アナだという。

小川さんはコロナ禍の中、自分にできることをやろうと、手作りマスク1300枚を医療機関に寄付したという努力家。また、地元の子ども食堂を取材。貧困や孤食の問題を実感したといい「子どもたちが笑顔の世の中にしたい」と訴えた。

賞金の1000万円の使い道を聞かれると「家の洗濯機が22年も使っている古いものなので、新しくしたい」と笑顔を見せた。

ミスター・ジャパンには、東京都代表でテレビ局に勤務する坂田航樹さん(26)が選ばれた。

ミス・ジャパン小川千奈さん(右)は土屋炎伽さんと記念撮影(撮影・山崎安昭)
ミス・ジャパンに選ばれ笑顔の小川千奈さん(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

伊勢谷被告、過去には「大麻で人生崩壊は難しい」

伊勢谷友介被告(2017年1月8日撮影)

自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反の疑いで逮捕された俳優伊勢谷友介容疑者(44)が「昨年9月ごろから使用を再開した」と供述していることが29日、捜査関係者への取材で分かった。東京地検が同日、同法違反の罪で起訴。伊勢谷被告の弁護人は東京地裁に保釈を申請しており、地裁は30日以降に可否を判断する。

起訴状によると、今月8日、自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持したとしている。警視庁組織犯罪対策5課が同日に現行犯逮捕。尿鑑定の結果、大麻の陽性反応が出ていた。同課によると、伊勢谷被告は乾燥大麻を手で砕いてたばこの葉と混ぜ、巻き紙に包んで吸っていたと説明しているという。吸引に使ったとみられる巻き紙約500枚と、アルミホイルで自作したパイプなども押収されている。

捜査関係者によると、取り調べに対し、入手先に関しては「黙秘する」としている一方で、「大麻は自分が吸うために持っていたもの」と容疑を認めている。「リラックスするために吸っていた」と供述するなど、常習的に吸引していた疑いもある。03年の初監督映画「カクト」では大麻を買いに行く少年を描き、12年には公式ツイッターで「大麻で人生崩壊するのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ」などとつぶやいている。

東京都出身の伊勢谷被告は東京芸術大在学中に俳優デビュー。99年の映画「ワンダフルライフ」を皮切りに「あしたのジョー」「翔んで埼玉」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」など多数の作品で活躍してきた。

関連するニュースを読む

マンション一室で風俗店営む 風営法違反疑いで逮捕

子育て世帯が多い賃貸マンションの一室で「メンズエステ」と称し風俗店を営み、性的なサービスを提供したとして、大阪府警は29日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、大阪市西区北堀江の性風俗店「隠家」経営永井良知容疑者(47)と従業員山崎美幸容疑者(29)を逮捕した。

北堀江は繁華街の心斎橋が近く、カフェやアパレルショップなどが立ち並び、若い世代から居住エリアとしても人気がある。

府警によると、永井容疑者らは10年以上、営業していたといい、ツイッターやホームページで「セラピストによるマッサージ」などと宣伝、客を集めていた。看板はなく、マンション居住者らは営業の実態に気付いていなかったとみられる。

逮捕容疑は共謀して8月23日、マンションの一室で店舗型風俗を営み、50代の男性客にわいせつな行為をした疑い。(共同)

関連するニュースを読む

横田滋さんお別れの会10月24日 出席は関係者に

北朝鮮による拉致被害者家族の支援組織「救う会」の西岡力会長は29日、被害者横田めぐみさんの父で6月に亡くなった滋さんの「お別れの会」を10月24日に東京都内で開くと明らかにした。新型コロナウイルス対策で出席は関係者に限定するが、一般の人も参加可能な集会を同じ日に実施し、献花の場を設ける予定という。(共同)

関連するニュースを読む

ゴーン元会長が異例の会見 裁判に対する回答は拒否

レバノンの首都ベイルート郊外で記者会見を行ったカルロス・ゴーン被告(AP)

元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告が29日、レバノンの首都ベイルート郊外で記者会見し、同国の大学でビジネス教育支援を行うと発表した。ゴーン元会長は昨年12月のレバノン逃亡後、地元メディアなどのインタビューにたびたび登場しているが記者会見は異例。ただ、日産を巡る裁判など教育支援以外の質問に対する回答は拒否した。

レバノンでは逃亡当初、同国で少年時代を過ごしたゴーン元会長に同情する声が大きかったが、レバノンの経済危機の深刻化や8月の大規模爆発を受け「元会長は資産家にもかかわらず社会貢献を行わない」として市民から批判を受けていた。

元会長は会見で、地元のキリスト教系大学のビジネス教育事業に参加すると表明した。若者らが経営や起業のノウハウを学び、優れた事業案は投資も受け入れるという。会見には記者数十人が参加し、元会長は「雇用創出や起業支援でレバノンの再建に役割を果たす」と述べた。

ゴーン元会長は今年1月、ベイルートで記者会見を行い、日本の司法制度を批判し無罪を主張した。(共同)

レバノンの首都ベイルート郊外で記者会見を行ったカルロス・ゴーン被告(AP)

関連するニュースを読む

抗争事件で裁判員裁判へ 除外請求却下、安全課題に

神戸市の路上で昨年4月、神戸山口組系組長(66)が襲撃され、山口組系組員らが殺人未遂などの罪で起訴された事件で、裁判員裁判の対象から除外するよう求めた神戸地検の請求を、神戸地裁(小倉哲浩裁判長)が却下したことが29日、地裁への取材で分かった。23日付。地裁は請求を却下した理由を明らかにしていない。地検は決定を不服として即時抗告した。

両組は対立抗争が激化しているとして兵庫県公安委員会など、各地の公安委が特定抗争指定暴力団に指定しており、裁判員裁判となれば安全確保が焦点になりそうだ。

神戸地検は2月、昨年に兵庫県内で起きた今回の事件を含む、両組の抗争4件について「組織性が疑われる事件で、関係者が裁判員に報復行為に及ぶ恐れがある」として地裁に除外を請求していた。

裁判員法では、裁判員の生命、身体、財産などに危害が加えられる恐れがある場合、裁判員裁判の対象から除外すると規定。これまでに除外されたケースの多くは暴力団関係の事件だった。

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる一連の事件では、一般市民が襲われた殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの裁判で福岡地裁が裁判員裁判から除外する決定をした。一方、2013年には、さいたま地裁が指定暴力団住吉会と山口組の抗争事件の裁判で、さいたま地検の請求を却下した例がある。

今回の事件では、組長の背中や腰を包丁で刺したとして、いずれも山口組系組員の呉光弘被告(57)と堀田幸弘被告(53)が昨年5月に起訴された。(共同)

関連するニュースを読む

政府14万人分保育サービス整備へ 待機児童解消で

政府は29日、希望しても認可保育所などに入れない待機児童の解消に向け、2021~24年度の4年間で、新たに14万人分の保育サービスを整備する方向で検討に入った。政府は20年度末までに待機児童をゼロにするとの目標達成を事実上断念。21年度以降の達成を目指し、女性の就業率上昇も踏まえ、さらに必要となる量を確保する。20年末までにまとめる保育の受け皿拡充に関する新たな計画に盛り込む方針。

保育の受け皿は毎年増えており、全国の待機児童は20年4月時点で1万2439人と過去最少となった。ただ、女性の社会進出に伴って利用申し込みも右肩上がりとなっている。

政府は女性の就業率を現在の77%から25年に82%にする目標を掲げている上、幼児教育・保育の無償化によるニーズの高まりも予想され、整備の大幅な積み増しを新計画に明記する必要があると判断した。

現在の計画では、保育の受け皿は20年度末に計324万7千人分を確保する見込み。21年度以降の新計画は未定だった。菅義偉首相は「待機児童問題に終止符を打つ」としている。

内閣府は、有識者らによる子ども・子育て会議を近く開催し、21年度以降の新計画の議論を本格化させたい考えだ。会議では全国の市町村が想定する保育サービスの需要量を示し、保育所などの整備数を検討。地域ごとの人口増加率や保育士不足の状況なども考慮する。20年末の予算編成過程で新計画を決定する。(共同)

関連するニュースを読む

棚橋弘至が待望初白星 ロビンソン破り巻き返し誓う

棚橋弘至(2019年2月撮影)

新日本プロレスの「G1クライマックス」Bブロック5試合が29日、東京・後楽園大会で行われ、3度の優勝経験を持つ棚橋弘至(43)が開幕3戦目で待望の初白星を挙げた。

2連勝と好調のジュース・ロビンソンと対戦。雪崩式ブレーンバスターでピンチを迎えるも、得意のスリングブレイドで反撃。最後は、パルプフリクションを狙ったロビンソンの足首を捕獲し、前方回転エビ固めで3カウントを奪った。永田に並ぶ歴代最長の19年連続出場となる「エース」は「まず1勝。これでどれだけ気持ち的に勢いづけるかを経験として知っているから」と巻き返しを誓った。

関連するニュースを読む

時津風親方が急性膵炎で手術 正代の伝達式は欠席

時津風親方(2019年1月17日撮影)

大相撲の時津風親方(元前頭時津海)が29日夜、急性膵炎(すいえん)により手術を受けることが判明した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が明らかにした。

30日に行われる関脇正代(28=時津風)の大関昇進伝達式は、師匠代行の枝川親方(元前頭蒼樹山)と、時津風親方のおかみさんが出席する。

時津風親方は29日朝から吐き気があり、受診して急性膵炎と診断された。秋場所前に協会作成の新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに基づく行動に違反したとして、同場所を休場、謹慎していたが、伝達式の出席は認められていた。

関連するニュースを読む

元安美錦がZOOMイベント「断髪式前陣中祭」開催

安美錦断髪式前陣中祭のPR画像

元関脇安美錦の安治川親方(41)が29日、オンラインイベント「安美錦 断髪式前陣中祭」(10月10日午後8~9時)をPRした。

当初、10月4日に予定していた引退相撲が、新型コロナウイルスの影響で来年5月30日に延期。これをきっかけに「お待たせしてしまうので、何かできないか考えました」。今回の「陣中祭」はZOOMを使ってファンとつながり、親方への質疑応答、景品付きゲーム大会などを予定している。

チケットは1000円、3000円、1万円の3種類で、販売は10月4日まで。3000円以上のチケットには、安美錦オリジナルタオル、オリジナルマスクなど記念品がつく。

安治川親方は「断髪式前に皆さんにお会いできる機会がないので、何かできないか考えました。当日、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。施されたら、施し返す。1000倍、お返しします!」と話している。

詳しくは、「安美錦オフィシャルブログ」まで。

元安美錦の安治川親方=2019年8月13日

関連するニュースを読む

「一生懸命」「勇往邁進」どうなる正代の四字熟語

秋場所を制し優勝賜杯を手にする正代(2020年9月27日撮影)

「大関正代」が四字熟語で生き様を示す。大相撲秋場所で初優勝を果たし、大関昇進を確実にした関脇正代(28=時津風)が29日、報道陣の電話取材に応じた。

30日に行われる、11月場所(8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を経て、大関昇進伝達式が行われる。同式で述べる口上について「今後の自分の生き方」を示す、四字熟語を用いることを明かした。

   ◇   ◇   ◇

初優勝から2日。祝福の嵐は収まり、正代は「連絡も落ち着いた」という。しかし、同時に「また緊張感が出てます」とポツリ。翌日の番付編成会議と臨時理事会で大関昇進が承認されれば、昇進伝達式が行われる。優勝が懸かった秋場所千秋楽の前夜は2時間しか寝られず。その時と比較して「いい勝負かも」と、すでに高い緊張感に包まれていた。

注目の口上では、四字熟語を用いる。28日にオンラインで行われた優勝一夜明け会見後に、伝達式で述べる口上を決めたという。「4文字熟語です。今後の自分の生き方に当てはまる言葉」を、3つの候補から選択。師匠の時津風親方(元前頭時津海)からも「いいんじゃない」とお墨付きをもらった。「(当日は)緊張すると口の中が渇くからずっと水を飲んでるかもしれない」と話し、報道陣を笑わせた。

午前9時開始の理事会後の伝達式は、日本相撲協会の公式YouTubeチャンネルで生配信されることになった。これで地元・熊本のファンも伝達式の様子を見ることが可能に。その熊本・宇土市では、祝賀パレードの準備が進んでいる。関係者によると、パレードの場所は宇土市役所から宇土市民体育館までの約1キロ間。新型コロナウイルスの影響や、正代の予定などを考慮して開催される予定で「どこかで時間をつくりたい」と凱旋(がいせん)パレードを心待ちにした。 「まずは明日の伝達式を終えてから」。今後の相撲人生を期した四字熟語の口上で晴れの舞台を務めあげ、大関としての第1歩を刻む。【佐々木隆史】

◆四字熟語を使った大関昇進時の口上 初代貴ノ花、北の湖、千代の富士、今年の朝乃山は「一生懸命」というシンプルな四字熟語を入れてきた。難解な四字熟語の代表例は、貴花田の「不撓不屈(ふとうふくつ)」や貴ノ浪の「勇往邁進(まいしん)」、琴奨菊は「万理一空」。四字熟語ではないが、近年では11年九州場所後に稀勢の里が「大関の名を汚さぬよう、精進します」と簡潔に述べた。

秋場所千秋楽、翔猿を突き落としで破る正代(2020年9月27日撮影)

関連するニュースを読む

新日本プロレス新任代表取締役に大張高己氏が内定

大張高己氏(2019年10月21日撮影)

新日本プロレスは29日、現・代表取締役社長兼CEOのハロルド・ジョージ・メイ氏が退任し、新任代表取締役として大張高己(おおばり・たかみ)氏が内定したと発表した。

親会社の株式会社ブシロードの取締役会で決まった。10月23日に開催を予定する新日本プロレスの第50期定時株主総会及び同総会後に開催される取締役会での決議をへて、正式に決定される。大張氏は18年12月に親会社のブシロードに入社。19年1月に新日本に出向となり、現在は経営企画部長を務めている。

ハロルド・ジョージ・メイ氏(2020年1月6日撮影)

関連するニュースを読む

来年2月に第2回サウジカップ開催へ、主催者が発表

2021年サウジカップの公式記者会見がズームで行われた

サウジカップを主催するサウジアラビアジョッキークラブは29日、2021年開催へ向けた公式記者会見を行い、来年2月20日に第2回サウジカップ(ダート1800メートル、キングアブドゥルアジーズ競馬場)が行われることが発表された。総賞金は今年と同じ2000万米ドルとされている。

第2回のサウジC開催は2月19、20日の2日間で行われ、今年と同様に初日は騎手招待競走「インターナショナルジョッキーチャレンジ」が行われる(今年は武豊騎手が参加)。

会見では第1回開催となった今年の出走馬のその後の活躍やフルフラットが制した“サウジダービー”の賞金増額、地元サウジアラビア所属の女性ジョッキーが育っていることなどが紹介された。

関連するニュースを読む

川崎・池谷騎手が地方所属東日本1位に浮上/YJS

池谷匠翔騎手(2020年3月14日撮影)

2020ヤングジョッキーズシリーズ・トライアルラウンド船橋が29日、船橋競馬場で行われ、第1戦をJRAの秋山稔樹騎手(19=蛯名利)が、第2戦を川崎の池谷匠翔騎手(18=内田)が制した。

池谷騎手は第1戦2着でトライアルラウンド合計56ポイントとなり、地方競馬所属騎手の東日本1位に浮上。また第1戦5着で合計76ポイントとした原優介騎手(20=小桧山)がJRA所属騎手の東日本1位をキープ。東日本地区の次回は10月21日にトライアルラウンド浦和が行われる。

関連するニュースを読む

ブックMの1番人気にエネイブルが再浮上/凱旋門賞

凱旋門賞に出走したエネイブルとL・デットーリ騎手(19年10月6日撮影)

凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=パリロンシャン)ウイークを迎え、ブックメーカー各社の単勝前売りオッズに大きな動きが出た。

月曜午後の時点でパリロンシャン競馬場は重馬場となっており、週末にかけても降雨の予報が出ていることで、道悪実績の豊富なエネイブル(牝6、J・ゴスデン、父ナサニエル)が1番人気に再浮上。ここまで1番人気に推されてきた英オークス、ヨークシャーオークス覇者ラブ(牝3、A・オブライエン、父ガリレオ)が2番人気に評価を下げている。

火曜(29日)朝の時点でウィリアムヒル社はエネイブルの単勝前売りオッズを2・625倍、ラブを同3・25倍に設定。パディパワー社はエネイブルを2・625倍、ラブを3・75倍に設定している。

ラブの評価を下げた要因として、レーシングポスト電子版はヨークシャーオークス後のエイダン・オブライエン師のコメントを紹介。師は「彼女は低い姿勢の走法なので、フランス(凱旋門賞)がひどい馬場になったときのことが心配です。グッドトゥソフト(やや重)なら対応できますが、ヘビー(不良)になったときはわかりません」と話している。

関連するニュースを読む

ルジェ厩舎主戦C・デムーロはソットサス/凱旋門賞

ソットサスとクリスチャン・デムーロ騎手(2019年9月15日撮影)

凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=パリロンシャン)へ向け、地元フランスのジャン・クロード・ルジェ厩舎2頭の鞍上が決まった。29日、フランスの競馬専門チャンネル「エキディア」が伝えている。

厩舎の主戦騎手、クリスチャン・デムーロは昨年の凱旋門賞3着馬ソットサス(牡4、父シユーニ)を選択。C・デムーロがデビューからコンビを組んできた仏オークス4着、ヴェルメイユ賞2着の3歳牝馬ラービアー(牝3、父シーザスターズ)は新たにマキシム・ギュイヨンとコンビを組むことになった。

今シーズンのソットサスは4戦1勝。始動戦のG2アルクール賞4着後、G1ガネー賞を勝利したが、その後、G3ゴントービロン賞2着、前走愛チャンピオンS4着で評価を下げている。未知の魅力を秘めた3歳牝馬ラービアーではなく、実績馬ソットサスにクリスチャン・デムーロを起用。ルジェ師の采配にも注目だ。

関連するニュースを読む

ディアドラは英名手スペンサーと新コンビ/凱旋門賞

ジェイミー・スペンサー騎手(08年11月27日撮影)

凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=仏パリロンシャン)に出走する日本代表ディアドラ(牝6、橋田)は、新たにジェイミー・スペンサー騎手(40=アイルランド)を鞍上に迎えることが決まった。

05、07年に英国リーディングを獲得した名手で、ジャパンCなどで5度の来日騎乗経験もある。今日30日の追い切りにまたがる予定。橋田助手は「フランスの騎手からもオファーがありましたが、今回は追い切りに乗ってレースに向けて話し合える騎手でいきたいと考えていました。そんな中で『検疫覚悟で(英国から)行く』と言ってくれたので」と説明した。

関連するニュースを読む

ランキング

マンション一室で風俗店営む 風営法違反疑いで逮捕

子育て世帯が多い賃貸マンションの一室で「メンズエステ」と称し風俗店を営み、性的なサービスを提供したとして、大阪府警は29日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、大阪市西区北堀江の性風俗店「隠家」経営永井良知容疑者(47)と従業員山崎美幸容疑者(29)を逮捕した。

北堀江は繁華街の心斎橋が近く、カフェやアパレルショップなどが立ち並び、若い世代から居住エリアとしても人気がある。

府警によると、永井容疑者らは10年以上、営業していたといい、ツイッターやホームページで「セラピストによるマッサージ」などと宣伝、客を集めていた。看板はなく、マンション居住者らは営業の実態に気付いていなかったとみられる。

逮捕容疑は共謀して8月23日、マンションの一室で店舗型風俗を営み、50代の男性客にわいせつな行為をした疑い。(共同)

桑田氏次男のMatt「Matt Rose」に改名

Matt Rose(2020年3月26日撮影)

元プロ野球巨人軍投手の桑田真澄氏(52)の次男でタレントのMatt(26)が30日、アーティスト名を「Matt Rose」に改名した。

Mattの本名は桑田将司。ブログで改名を予告、1年以上前から家族や周囲の人に相談をしていた事を明かしていた。テレビで嵐に相談したり、23日放送のフジテレビ系「突然ですが占ってもいいですか?」では占い師の星ひとみ氏に「名前を変えた方がいい。Mattだと音楽で短命になっちゃう」とアドバイスを受けていた。

Mattは「Mattという名前は多く存在しラストネームをつけることで差別化することができると思い色んなきっかけがあり改名することになりました」と説明していた。

巨人原監督、菅野の開幕12連勝に「歴史は物語る」

広島対巨人 広島を下し、原監督(左)とグータッチを交わす菅野(撮影・河野匠)

<広島1-6巨人>◇29日◇マツダスタジアム

巨人原辰徳監督は、開幕から12連勝を飾った菅野智之投手の投球について「先制されても、やっぱり自分を見失わずにしっかりゲームをつくれる。かなり早い段階で逆転したっていうのも、攻撃陣も見事だったと思いますね」と評価した。

5回無死二、三塁のピンチを無失点で切り抜けるなど、勝負どころで崩れない強さがある。

「やっぱり、ランナーを背負った時には慎重に投げるというのはね。2ナッシングからでも2-2、3-2カウントまでというかね。そういう慎重さっていうのはピッチャーって大事なんでしょうな」と分析。

無傷の12連勝については「これはもうすごい数字ですよ。先発ピッチャーはいくつ貯金ができるかも大事なとこですしね。それが何十年ぶりかなんかでしょ。(04年の岩隈に16年ぶりに並び)歴史は物語るところでしょうね」と評した。

巨人の優勝マジックは23になった。

広島対巨人 開幕投手からの連勝を12に伸ばし、ボードを手に笑顔を見せる菅野

菅野12連勝「しんどいけど…」次戦前人未到に挑む

広島対巨人 開幕投手からの連勝を12に伸ばし、ボードを手に笑顔を見せる菅野

<広島1-6巨人>◇29日◇マツダスタジアム

巨人菅野智之投手(30)が球団史上初となる開幕投手からの12連勝を達成した。

6回104球を投げ4安打1失点9奪三振の快投で、球団では38年春スタルヒンを抜き、球界では04年岩隈久志(近鉄)に並んだ。「素直にうれしいです。こればっかしは自分の力だけではどうにもならないことで、本当に1勝1勝の積み重ねなので、後ろ守ってくれる野手であったり、トレーナーさんであったり、いろんな人に感謝を伝えたいです」と頭を下げた。

ピンチでギアを挙げ追加点を与えなかった。5回、岡本の失策が絡み、無死二、三塁のピンチを背負った。まずは大盛を141キロのフォークで空振り三振に仕留めると、続く田中広からは150キロ直球で連続三振を奪った。最後は鈴木誠を150キロ直球で右飛に仕留め「毎回野手には助けられっぱなしですし、何とかカバーしたいなという気持ちで。今日はチーム一丸で勝てた1勝だと思います」と笑顔を見せた。

次戦で勝利を収めれば、前人未到の開幕投手からの13連勝となる。次戦に向け「この連勝は1回負けてしまうと記録が止まってしまう。毎回意識しながらマウンドに上がるのは意外としんどいんですけど、そういう期待に応えるのもプロ野球の醍醐味(だいごみ)だと思いますし、自分自身も負けないでシーズンを終えられるように、頑張っていきます」と力を込めた。

広島対巨人 広島を下し、原監督(左)とグータッチを交わす菅野(撮影・河野匠)

山口俊が出場登録選手外 レイズ筒香と対戦かなわず

ブルージェイズ山口俊(2020年2月15日撮影)

ブルージェイズ山口俊投手が、ワイルドカードシリーズの出場登録選手から外れた。シーズン最終戦で4敗目を喫し、課題を残していた。

27日のオリオールズ戦で、同点の5回から2番手で登板したが、2イニングを投げ4安打3失点で負け投手。メジャー1年目を2勝4敗、防御率8・06で終えていた。筒香の所属するレイズと戦うが、無念の登録外となった。

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。